横浜銀行カードローンの金利 は低い?高い?無利息期間はないが、下限が安い

横浜銀行カードローンの金利 は低い?高い?無利息期間はないが、下限が安い

横浜銀行カードローンの金利は、最初に実質年率を書くと「1.9%~14.6%」となります。そして、これが高いのか低いのかまとめると、下のようになります。

  • 下限金利…大手の銀行カードローンの中でダントツで安い
  • 上限金利…大手の銀行カードローンの平均レベル

以下、横浜銀行カードローンの金利について、詳しくまとめていきます。

横浜銀行カードローンは、下限金利の安さがダントツ

pixta_6600537_XL

まず、横浜銀行カードローンの金利の一番の特徴・メリットは、上に書いた通り下限金利が圧倒的に低金利ということ。これは、主要な銀行カードローンの下限金利を一覧にしていくと、よくわかります。

横浜銀行カードローン 1.9%
イオン銀行カードローンBIG 3.8%(実質年率)
みずほ銀行カードローン 3.5%(実質年率)
ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」 2.5%(実質年率)
楽天銀行スーパーローン(カードローン) 1.9%(実質年率)
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8%(実質年率)
オリックス銀行カードローン 1.7%(実質年率)
ソニー銀行カードローン 2.5%(実質年率)
新生銀行カードローン レイク 4.5%(実質年率)
三井住友銀行カードローン 4.0%(実質年率)
じぶん銀行カードローン「じぶんローン」 2.4%(実質年率)
静岡銀行カードローン「セレカ」 4.0%(実質年率)

少々煩雑になりましたが、横浜銀行カードローンも含めてトップ5だけを抜き出すと、下のようになります。

横浜銀行カードローン 1.9%
じぶん銀行カードローン「じぶんローン」 2.4%(実質年率)
ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」 2.5%(実質年率)
ソニー銀行カードローン 2.5%(実質年率)
オリックス銀行カードローン 1.7%(実質年率)

こうして見ても主要な銀行カードローンの中で、唯一の1%台ということです。横浜銀行カードローンの下限金利が「非常に低金利」ということがわかるでしょう。

上限金利は大手の銀行カードローンの標準レベル

そして、もう片方の金利である「上限金利」(高い方の金利)についても比較していきましょう。これもまた、ざっと一覧にしていくと、下のようになります。

横浜銀行カードローン 14.6%(実質年率)
楽天銀行スーパーローン(カードローン) 14.5%(実質年率)
イオン銀行カードローンBIG 13.8%(実質年率)
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 14.6%(実質年率)
ソニー銀行カードローン 13.8%(実質年率)
三井住友銀行カードローン 14.5%(実質年率)
静岡銀行カードローン「セレカ」 14.5%(実質年率)
オリックス銀行カードローン 17.8%(実質年率)
じぶん銀行カードローン「じぶんローン」 17.5%(実質年率)
ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」 18.0%(実質年率)
新生銀行カードローン レイク 18.0%(実質年率)
みずほ銀行カードローン 14.0%(実質年率)

このようになっています。結論をまとめると、下のようになります。

  • 主要な銀行カードローンの上限金利は、3つの金利帯に分かれる

こういうことがまず言えます。そして、どのような金利帯かというと、下の通りです。

  • 低金利…13.8~14.0%(実質年率)
  • 普通レベル…14.5%~14.6%(横浜銀行カードローンはここ)
  • 高金利…17.5%~18.0%(消費者金融に近いレベル)

で、横浜銀行カードローンと同じ「普通レベルの金利」の銀行カードローンだけを抜き出すと、下のようになります。

横浜銀行カードローン 14.6%(実質年率)
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 14.6%(実質年率)
三井住友銀行カードローン 14.5%(実質年率)
静岡銀行カードローン「セレカ」 14.5%(実質年率)
楽天銀行スーパーローン(カードローン) 14.5%(実質年率)

となるわけですね。あと、ややマイナーですが東京スター銀行カードローンも、上限金利が「14.6%」ということで、横浜銀行カードローンと同じです。(東京スター銀行という名前だと都市銀行っぽいですが、実は地方銀行のカードローンなんですね)

そして、何はともあれ、このように横浜銀行カードローンの上限金利は「大手の銀行カードローンのちょうど中間」なので、高くも低くもないという結論になります。

下限金利・上限金利の意味は?

pixta_6615246_XL

上限金利・下限金利という言葉が登場していますが、そもそもこれらの金融用語の意味を知らない…という人もいるでしょう。それぞれ解説すると下のようになります。

  • 上限金利…100万円未満のキャッシングで適用される金利
  • 下限金利…その業者・銀行の「最高借入枠」付近まで借りた時の金利

そして、頭の回転が早い人はすぐにわかったでしょうが、ほとんどの人のキャッシングでは、上限金利が使われるわけですね。大体100万円以下しかキャッシングできませんから。

そして、下限金利の方はどうかというと、たとえば横浜銀行カードローンの場合、下のようになります。

  • 最高融資枠は「1000万円」である(これは、大手の銀行カードローンでも最高レベル)
  • そして、1000万円近くまでキャッシングした時、初めて「1.9%」になるので、実は、この下限金利の数字は、ほとんどの人にはあまり関係ない

こういうことなのです。当サイト・美人キャッシングではたびたびガイドしていることですが、下限金利は、一般人のキャッシングではほとんど無関係というのが、キャッシングの知識がある人の間では常識になっているんですね。

なので、大手の銀行カードローン・消費者金融の金利比較をしたい…というケースでは「単純に上限金利だけチェックすればOK」となっているのです。『シンプルに考える』は、ラインの社長だった森川亮氏のベストセラーですが、これと同じで―。

  • 上限金利だけ見て、シンプルに考える

のがいいのです。

借入金額ごとの、横浜銀行カードローンの金利

pixta_6815193_XL

キャッシングというのは借入金額ごとに適用金利が変わるのですが、横浜銀行カードローンの場合、下の一覧のようになっています。

(以下、複数の数字がある金額帯は「○○万円超~○○万円以下」です)

  • 100万円以下…14.6%(実質年率)
  • 100万円~200万円…11.8%(実質年率)
  • 200万円~300万円…8.8%(実質年率)
  • 300万円~400万円…6.8%(実質年率)
  • 400万円~500万円…4.8%(実質年率)
  • 500万円~600万円…4.5%(実質年率)
  • 600万円~700万円…4.0%(実質年率)
  • 700万円~800万円…3.5%(実質年率)
  • 800万円~900万円…3.0%(実質年率)
  • 900万円~1000万円…2.5%(実質年率)
  • 1000万円…1.9%(実質年率)

そして、この金額帯別の適用金利が高いのか低いのか確かめるために、他の銀行カードローンの下限金利と比較していきましょう。下限金利は下のようになります。

  • ほぼ「最高借入枠」まで借りた時の金利、なので、借入金額と適用金利が、すぐに推定できる

からです。というわけで、まず「最高融資枠500万円」の銀行カードローンと比較します。

最高借入枠500万円の銀行カードローン

pixta_7943690_XL

主要な銀行カードローンの中で「最高借入限度額500万円」という銀行カードローンは、下のようになっています。

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 新生銀行カードローン レイク
  • 静岡銀行カードローン「セレカ」

この3つの銀行カードローンとなっています。そして、それぞれの下限金利は下のようになります。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8%(実質年率)
新生銀行カードローン レイク 4.5%(実質年率)
静岡銀行カードローン「セレカ」 4.0%(実質年率)

そして、これを横浜銀行カードローンの「400万円~500万円」の時の適用金利と比較すればいいということですね。

横浜銀行カードローンのその金額帯と比較すると?

そして、その横浜銀行カードローンの金額帯と比較すると、横浜銀行は「4.8%」となっています。先の3つの銀行カードローンと、低金利な順に並べていくと、下のようになります。

  • 横浜銀行…4.8%(実質年率)
  • つまり借入金額が400万円~500万円の時には、横浜銀行カードローンより三菱東京UFJ銀行・新生銀行・静岡銀行の方が低金利…ということですね。

    公式サイトに表示されている実質年率(金利)だけではなかなかわかりませんが、こうして「借入金額ごとの金利」と、よくわかるわけです。

    最高融資枠「800万円」の銀行と比較すると?

    pixta_5898311_XL

    続いて、最高借入限度額が「800万円」の銀行カードローンとも比較していきましょう。800万円まで借りられる銀行カードローンはかなりあるので、比較の対象が多くなっています。

    まず最初に横浜銀行カードローンで「800万円」借りる時の金利ですが、これは「3.5%」です。そして、これと並べて、他の銀行カードローンの金利も一覧にしていくと、下のようになります。

    • 横浜銀行…3.5%(実質年率)
    静岡銀行カードローン「セレカ」 4.0%(実質年率)
    新生銀行カードローン レイク 4.5%(実質年率)
    三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8%(実質年率)
    三井住友銀行カードローン 4.0%(実質年率)
    楽天銀行スーパーローン(カードローン) 1.9%(実質年率)
    イオン銀行カードローンBIG 3.8%(実質年率)
    ソニー銀行カードローン 2.5%(実質年率)
    じぶん銀行カードローン「じぶんローン」 2.4%(実質年率)
    オリックス銀行カードローン 1.7%(実質年率)

    このようになっています。低金利な順に並べ直すと―。

    じぶん銀行カードローン「じぶんローン」 2.4%(実質年率)
    ソニー銀行カードローン 2.5%(実質年率)
    オリックス銀行カードローン 1.7%(実質年率)
    横浜銀行カードローン 3.5%(実質年率)
    イオン銀行カードローンBIG 3.8%(実質年率)
    三井住友銀行カードローン 4.0%(実質年率)
    楽天銀行スーパーローン(カードローン) 1.9%(実質年率)

    つまり、800万円グループの銀行カードローンで比較した時は、横浜銀行カードローンはちょうど中間ということですね。なので、高金利でも低金利でもない、という結論になります。

    横浜銀行カードローンを、大手の消費者金融の金利と比較すると?

    pixta_9401305_XL

    続いて、銀行カードローンだけではなく、大手の消費者金融の金利も、横浜銀行カードローンと比較してみましょう。上限金利ではなく下限金利の方で比較します。

    大手の消費者金融の下限金利は下の3通りに分かれていて(最高借入限度額別に見た場合)―。

    • ノーローン(300万円)…4.9%(実質年率)
    • アイフル(500万円)…4.5%(実質年率)
    • プロミス(500万円)…4.5%(実質年率)
    • アコム(500万円)…4.7%(実質年率)
    • SMBCモビット…(800万円)…3.0%(実質年率)

    これはあくまで目安であって、大手の消費者金融で最高借入枠まで借りたら、必ず下限金利が適用されるとは限らない…という点は注意してください。

    そして、そういう前提に立った上で、それぞれの金額での横浜銀行カードローンの適用金利を一覧にしていくと、下のようになります。

    • 300万円…8.8%(実質年率)
    • 500万円…4.8%(実質年率)
    • 800万円…3.5%(実質年率)

    で、並べて比較していくと、下のようになります。

  • 横浜銀行…8.8%(実質年率)
  • こういうことで、信じられないかも知れませんが、ノーローンの方が、横浜銀行カードローンより大幅に低金利となっているわけですね。どの銀行カードローン・消費者金融でも「下限金利が適用されることが多い、最高融資枠付近は、他より低金利になりやすい」という特徴があるのですが、それでもこれだけ顕著な金利差がつくとは、少々驚きでしょう。

    繰り返しますが―。

    • ノーローンなどの大手の消費者金融の適用金利は、最高借入限度額まで借りた時でも、実はどうなるかわからず、これはあくまで目安にすぎないのですが、こうなる可能性もある、ということは確か

    このように考えてください。これは決して横浜銀行カードローンが金利が高いというわけではなく―。

    • 大手の消費者金融は意外と低金利
    • 特に「最高極度額」まで借りた時は、しばしば銀行カードローンよりも低金利になる

    こういうことが書きたいわけです。(誤解しないようにしていただけたらと思います。)

    横浜銀行カードローンは無利息期間もある?

    pixta_11021296_XL

    横浜銀行カードローンには無利息サービスはありません。無利息期間というのは、下のように言えるからです。

    • 初回30日間無利息
    • 何度でも1週間無利息
    • 5万円まで180日間無利息
    • 最大45日間利息キャッシュバック

    こういったようなサービスですね。残念ながら、横浜銀行カードローンではこれらの無利息期間は設定されていないので、もしこうした無利息サービスを使いたい…という人がいれば、下で案内する銀行カードローン・消費者金融で申し込んでいただくことになります。

    (と、案内人のような口調ですが。笑)

    初回30日間無利息を提供している銀行カードローン・消費者金融は?

    pixta_12653779_XL

    大手の銀行カードローン・消費者金融で初回30日間無利息のサービスを提供している借入先は、一覧にすると、下のようになります。

    • アコム
    • アイフル
    • プロミス
    • 新生銀行カードローン レイク

    そして、その他の無利息期間については下の通りです。

    • 5万円まで180日間無利息…新生銀行カードローン レイク
    • 何度でも1週間無利息…ノーローン
    • 最大45日間利息キャッシュバック…しずぎんカードローン「セレカ」

    そもそも、利息キャッシュバックとは?

    pixta_3237317_XL

    無利息と利息キャッシュバックという2つの単語が出たので、両者の違いで混乱している人もいるかも知れません。両者の違いは下のようになります。

    • 無利息…一度も利息を「払わない」
    • キャッシュバック…一度は利息を「払う」

    キャッシュバックは「バック」という単語でもわかるように一度払った利息が返って来るということなんですね。

    しずぎんカードローン「セレカ」の利息キャッシュバックについて

    おそらく、大部分の人はしずぎんカードローン「セレカ」の「最大45日間利息キャッシュバック」というものがかなり謎だと思うので、この仕組みを説明します。箇条書きしていくと、下の通りです。

    • しずぎんカードローン「セレカ」の返済日は、毎月10日である
    • 「最初にキャッシングした日」(審査通過した日)から、「翌月の10日」までが、本来の利息キャッシュバック期間である

    つまり最初の返済日が来たら、無利息期間は終わりですということ。しかし、下のようにも言えます。

    • たとえば「9日」に借りたとする
    • 翌日が「返済日」である
    • 無利息期間は「わずか1日」しかない

    となったら、誰でも「そんな無利息サービスだったら、ない方がいい」と思いますよね。またしずぎんカードローン「セレカ」としてもそうした利用者に対しては、もう少し無利息期間をサービスしてあげたいと思うわけです。そして、何日サービスするのか。

    • 5日…短かすぎる
    • 10日…まだ短い
    • 15日…このくらいなら、いいか

    となったわけですね。なので、下のようになります。

    • 最初の返済日まで、15日未満の人…翌月まで無利息期間を延長
    • 15日以上の人…最初の返済日で、無利息期間は終わり

    つまり、実は「最初の返済日までの、期間が短い方が」無利息期間が長くなるということなんですね。しずぎんカードローン「セレカ」のシステムでは。

    なので、たとえば「6月」に申し込んだ人の場合、下のようになります。

    • 最初の返済日は、「7月10日」である
    • 「6月26日」に審査通過したとしたら、7月10日まで「14日」である
    • よって、この人は無利息期間が延長される
    • 7月10日までの「14日間」と、8月10日までの「31日間」が合計されて、最大日数となる「45日間」のキャッシュバックが実現する

    そして、これがもし「6月25日」の借り入れだったら下のようになります。

    • 7月10日まで「15日」ある
    • よって、ここで無利息期間は終わり
    • 無利息期間は「最短の15日」になる

    このようになるわけです。

    • 25日か
    • 26日か

    こういう一日だけの違いで「天国と地獄」とでもいうべき開きができたわけですね(少々大げさですが)。

    これはまさに「空白の一日」とでも呼ぶべきマジックですが、とにかくこのようにしてしずぎんカードローン「セレカ」の無利息期間は決定されるわけです。

    30日以上になるタイミングだったら、一番低利息

    pixta_5614120_XL

    そして、このしずぎんカードローン「セレカ」の利息キャッシュバックのシステムは、もし、キャッシュバックの日数が「30日以上」になるなら、大手の銀行カードローンの中で一番低利息となります。理由は下の通りです。

    • しずぎんカードローン「セレカ」は、通常金利が安い
    • 同じく無利息期間がある新生銀行カードローン レイクより断然安いし、楽天銀行スーパーローン(カードローン)とは互角

    こういうことで、まず楽天銀行スーパーローン(カードローン)がライバルとして残るわけですね。そして、下のように言えます。

    • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)の無利息期間は「30日」である
    • ということは「それより日数が長ければ」、最終的な利子総額では、「しずぎんカードローン・セレカが一番安い」となる

    なので、しずぎんカードローン・セレカの利息キャッシュバックの期間が―。

    • 30日…楽天銀行スーパーローン(カードローン)と互角
    • 31日~45日…しずぎんカードローン・セレカがナンバーワン
    • 15日~29日…楽天銀行スーパーローン(カードローン)が最強

    となるわけです(実際の利子総額で)。

    そして、どちらになるにしても、実は金利でなく実際の利子総額に注目した時は、この「楽天銀行・静岡銀行」のどちらかが、一番低利息になるということなんですね。当サイト・美人キャッシングでは、何度か書いていますが、「低利息と低金利は違う」ということなのです。

    • 低金利…表示されている、通常金利で決まる
    • 低利息…無利息期間で決まる

    なので、もし「何でもいいので、とにかく低利息で借り入れしたい」という人がいたら、大手の銀行カードローン・消費者金融の中でも―。

    • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)
    • しずぎんカードローン「セレカ」

    のどちらかをおすすめします。

    (…と、横浜銀行カードローンの金利の記事で、楽天銀行スーパーローン(カードローン)としずぎんカードローン・セレカの宣伝のようになってしまいましたが、横浜銀行カードローンは無利息期間を持っていない以上、仕方ありませんね…)

    まとめ「横浜銀行カードローンの金利」

    pixta_5744249_XL

    以上、横浜銀行カードローンの金利について、無利息期間があるかないか、上限金利や下限金利のレベルは、他の銀行カードローン・消費者金融と比較してどうか…ということを広角的にまとめてきました。最後に要点を整理します。

    • 実質年率は「1.9%~14.6%」である
    • 上限金利はちょうど大手の銀行カードローンの中間レベル
    • 下限金利は一番安い
    • ただ、下限金利は「1000万円近く」までキャッシングした場合の金利なので、一般ピープルには、ほぼ関係ない
    • 初回30日間無利息などの無利息期間はない
    • 無利息サービスなら、楽天銀行スーパーローン(カードローン)か、しずぎんカードローン・セレカの「最大45日間利息キャッシュバック」がおすすめ

    全体的に低金利な銀行カードローンなので、特に神奈川県・東京都・群馬県など、横浜銀行カードローンの営業の対象エリアに在住・在勤している…という方であれば(というか、そもそもこれが大前提なのですが)、ぜひチェックしてみてください。

    今すぐ借りたい!キャッシングランキング

    ノーローン 4.9%(実質年率)
    審査時間最短30分融資時間即日融資
    診断1秒診断収入証明書原則不要(50万以下)

    今日中に借りたい!カードローン

    内緒で借りたい!カードローン

    専業主婦でも借りたい!

    おまとめローン(乗り換え)

    TOP