日曜日に即日キャッシングする方法 ~消費者金融がおすすめな理由~

日曜日に即日キャッシングする方法 ~消費者金融がおすすめな理由~

日曜日でも即日キャッシングする方法―。これは消費者金融で申し込むというのが基本です。銀行カードローンでもいいのですが、消費者金融の方がおすすめな理由は、

  • 審査に通りやすい
  • 日曜日でも、即日審査の受付時間が長い
  • 指定の銀行口座が必要ということがない

…ということです。以下、詳しくまとめます。

消費者金融の方が、断然審査に通りやすい

まず、即日キャッシングで一番重要なことは、日曜日でも平日でも審査に通ることです。当たり前ですが「どれだけ受付時間が長かろうと、審査が厳しくて借りられないなら、意味が無い」ということです。それよりは「受付時間は短くても、審査に通って確実に借りられる」という方が、よほど重要なんですね。

という点で、日曜日の即日借入でも「審査の通りやすさ」は一番重要なのですが、大手の消費者金融の審査通過率は、大体銀行カードローンの2倍あるので、この点で銀行カードローンより消費者金融の方が有利…というわけですね。

もちろん「自分はクレジットスコアに自信があるから、銀行カードローンでも大丈夫」という人もいるでしょう。しかし、そもそも、そこまで銀行カードローンにこだわる必要が、日曜日のキャッシングではないという点も考えてください。

日曜日にお金が必要なら、まず「急ぐ」ことを考える

日曜日にお金が必要というのは、かなり切羽詰まった用事でしょう。ということは「銀行カードローンで借りたい」などというこだわりを貫くよりも確実に借りて、その問題をとりあえず終わらせるということが大事なのです。

これは最近ビジネスの世界で流行りの「エッセンシャル思考」にも似ていますが、要は絶対に重要な部分だけを、絶対に満たすようにして、後のこだわりは全部捨てる…ということなんですね。

で、日曜日にキャッシングが必要な用事がどんなものかは人それぞれですが、おそらく「そんなに高額ではない」でしょう。つまり少額融資ということですが、少額のキャッシングであれば消費者金融と銀行カードローンの利息差は、ほとんどないのです。

少額キャッシングだったら、両者の利息差はない

たとえば「5万円」を借りたとしましょう。この場合、消費者金融・銀行カードローンのそれぞれの1ヶ月の利息は、

  • 消費者金融…750円
  • 銀行カードローン…600円

ということで「150円」になります。1ヶ月借りた場合の利息差が、150円ということですね。

つまり、缶ジュース1本分の金額しか差がないのです。これだったら迷う必要はないでしょう。すぐに問題を解決できる消費者金融で借りる方が、よほど正しい判断です。「すぐに問題を片付ける」というメリットを、わずか150円で買えるわけですから。

多くの人はこの利息差の計算を知らないので「できるだけ低金利な銀行カードローンで借りたい」と思い、余計な時間をかけたり、ストレスを増やしたりしてしまうのです。たった150円の利息差のために、そこまでする理由は何もありません。日曜日に急ぎでお金が必要な時は、迷わず消費者金融で借りるべき…というのはこういう理由からなのです。

日曜日でも、消費者金融は夜間まで即日審査している

日曜日でも、即日審査の受付時間が長い―、というのが消費者金融のメリットです。大手の消費者金融の日曜日の当日審査の受付時間を一覧にすると、

  • プロミス…22時
  • アコム…22時
  • モビット…21時
  • アイフル…21時
  • ノーローン…21時

…となっています。つまり21時~22時(夜9時~夜10時)まで即日審査しているということですね。

平日でも日曜日でも、大体この1時間か2時間前に審査申込みをすれば、当日キャッシングが間に合うようになっています。なので、2時間前に申し込むのであれば、19時~20時、1時間前に申し込むのであれば、20時~21時に審査申込みすればいい…ということです。

銀行カードローンの受付時間はもっと短い

消費者金融はこのように日曜日でも夜遅くまで即日審査しています。しかし、銀行カードローンの受付時間かはもっと遅く終わってしまうんですね。それぞれの銀行カードローンの大体の時間を一覧にすると、

  • イオン銀行…14時程度
  • 楽天銀行…15時程度
  • オリックス銀行…14時程度
  • 三菱東京UFJ銀行…17時

…となっています。三菱東京UFJ銀行の締切時間はハッキリわかっていますが、その他の銀行カードローンはアバウトな時間です。この時間でも即日借入に間に合ったという口コミが見られるという時間であり、実際にこの時間で間に合うという保証はありません。

もっと日曜日の審査時間(受付時間)が長い銀行カードローンとしては、

  • 新生銀行レイク…21時まで
  • 三井住友銀行…21時まで

…という2つの銀行カードローンがあります。この2つの銀行は、消費者金融並みに受付時間が長いので、日曜日に銀行カードローンで即日借入するのであれば、この2つの銀行が特に借りやすいです。

ただ、この新生銀行レイク・三井住友銀行には、欠点もあります。

三井住友銀行・新生銀行レイクは専業主婦不可

この2つの銀行カードローンは無収入の専業主婦ではキャッシングできないという致命的な欠点があります。致命的というと大げさかも知れませんが、自分の収入がない専業主婦の方にとって、これはかなり痛い(というか借りられないのだからどうしようもない)でしょう。

またさらに三井住友銀行は、学生もキャッシング不可という条件になっています。借りられる職業・属性について、三井住友銀行カードローンは特に厳しい銀行カードローンの1つなのです。

ということで、新生銀行レイク・三井住友銀行は確かに「日曜日でも夜間遅くまで当日借入できる」という利点があるのですが、専業主婦・学生の方にとっては、そもそも借り入れできないという欠点があるわけですね。

このような点を見ても、やはり日曜日の即日キャッシングは、断然消費者金融の方が向いているといえます。

消費者金融は、ローン契約機でカード発行をする

日曜日の即日キャッシングを消費者金融でする場合、覚えておくべきことはローンカードを無人契約機で発行する必要があるということ。ローンカードというのは、銀行の預貯金でいう「キャッシュカード」と同じようなものです。これを使ってATMを動かし、借入・返済をするわけですね。

で、なぜ日曜日に即日借入する時、このローンカードが必要になるのか。理由を箇条書きすると

  • キャッシングで借り入れする方法は、
  • 「銀行振り込み」か「ATM」の2通りが基本
  • 日曜日は銀行が営業していないので「振り込み」で借りられない
  • だから「ATMで借りる」ことになる
  • そのATMを動かすための、ローンカードが必要になる

…ということです。そして、次に気になる点はなぜそれをローン契約機で発行するのか?ということでしょう。

ローンカードをマシンで発行する理由

ローン契約機・自動契約機などのマシンで、ローンカードを発行することが、なぜ日曜日の即日キャッシングでは必要なのか―。これも理由を箇条書きすると、

  • 他の発行方法としては「郵送」「来店」がある
  • 郵送の場合、早くても数日かかるので、即日融資は当然不可
  • 来店は、消費者金融も日曜日は閉店しているので、できない
  • だから、消去法でローン契約機・無人契約機になる

…ということです。日曜日などの休日に、ローンカードを即日発行する方法は、自動契約機しかないということです。なので、消費者金融で日曜日に当日キャッシングする場合は、「その消費者金融の自動契約機まで、足を運ぶ必要がある」ということですね。

審査は自宅のネット申込みでOK

ここで重要なのは、別に自動契約機で審査を受ける必要はないということ。

  • 審査は自宅で、パソコンやスマートフォンで終わらせる
  • 審査結果が出てから、無人契約機にカード発行に行く

…というやり方でいいんですね。もちろん「無人契約機で、審査もカード発行も両方する」というのもありなのですが、それだと「審査結果が出るまで、無人契約機・自動契約機で待っている時間が退屈」ということで、やはり審査申込みだけは、自宅でネットからした方がいいといえます。

自動契約機が閉まる時間に注意する

こうして「ネット申込みをしてから、カード発行だけ自動契約機でする」というやり方の場合、自動契約機の営業時間に注意する必要があります。大手の消費者金融の場合、

  • 即日審査の締切時間
  • 自動契約機の営業時間(閉まる時間)

は、同じになっています。つまり、

  • モビット・アイフル・ノーローン…21時まで
  • アコム・プロミス…22時まで

…ということですね。なので、ギリギリの時間で審査完了するように申し込むと、「審査通過したけど、無人契約機に行く時間がなかった」ということになりかねないのです。

なので、この「無人契約機に行く時間」という点でも、審査申込みを早めにするというのは特に重要なんですね。平日のキャッシング以上に、日曜日の即日借入の場合、こうした早めの行動が必要になるのです。

新生銀行レイクだったら、審査完了後も時間がある

唯一例外なのは、新生銀行レイクです。レイクだけは

  • 即日審査の締切時間
  • ローン契約機が閉まる時間

…この両者が違う時間になってるんですね。それぞれ、

  • 即日審査…21時まで
  • ローン契約機…24時まで

…となっています。新生銀行レイクは、すべての消費者金融・銀行カードローンの中でも、ローン契約機の営業時間が異様に長いのです。ただ、これは平日と土曜日の時間であり、日曜日は「22時まで」なので注意してください。

(また、レイクも自動契約機・店舗によって多少時間が変わるので、この点も要注意です)

まとめ「日曜日の当日キャッシング」

以上、日曜日の当日審査・即日融資についてまとめてきました。最後に再度要点を整理すると、

  • 日曜日の即日借入は、消費者金融が一番
  • 銀行カードローン・消費者金融の利息差は、少額の借り入れならほとんどない
  • 5万円を1ヶ月借りた場合、「150円」の利息差しかない
  • つまり、日曜日に急ぎでお金が必要なときに、銀行カードローンを選ぶ理由はない
  • 消費者金融なら19時~21時までに申し込めば審査に通る

…ということです。ちなみに、ここで書いた内容は、土曜日や祝日の即日借入でも、大体共通します。なので、休みだけどお金を借りたい!という場面になったら、ぜひこれらの知識を参考にしてみてください。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP