10万円を今すぐ借りるなら、消費者金融のキャッシングがベスト!

10万円を今すぐ借りるなら、消費者金融のキャッシングがベスト!

今すぐ10万円借りたい―。という時には消費者金融でキャッシングするのがベストです。10万円借りる場合の最短即日キャッシングについてまとめると、下の通りです。

  • 消費者金融でも銀行カードローンでも「10万円」は最低金額の融資枠である
  • つまり「審査に通った時点」で10万円借りることは誰でもできる
  • つまり「10万円が借りられるかどうか」ではなく、審査に通るかどうかの問題である

以下、詳しくまとめていきます。

10万円を今すぐ借りる時のキャッシングについて

「10万円を今すぐキャッシングしたい」という時、まず理解しておいていただきたい点があります。それは、銀行カードローンで申し込む時も、消費者金融で申し込む場合でも、10万円というのは最低レベルの融資枠という点。最低レベルというと何やら悪いことのようですがそうではありません。

  • 消費者金融・銀行カードローンとしても、完全に信用していないわけではない
  • ただ、まだ高額を融資するには、不安がある利用者
  • なので、とりあえず10万円融資して様子を見る
  • その10万円の返済で遅延・延滞などがなければ、増枠する

上記のようなシステムです。なので別に「最低レベル」と言っても悪い意味ではありません。要は「挨拶代わり」とか「お近づきの印」のようなものです。

「審査に通るかどうか」の問題である

最低の融資枠が10万円である以上「10万円という金額を借りられるか」という問題ではなく、要はキャッシング審査に通るかという問題になるわけですね。そして、どういう人だったら借入審査に通るかという最低限の基準を示すと、まず消費者金融の場合、下のように言えます。

  • 自分の収入がある
  • アルバイト・パート・フリーターでもOK
  • 月収は5万円以上ある
  • 勤続月数は3ヶ月以上ある
  • 他社借入件数が2件までである
  • 新たに融資する金額も含めて、年収の3分の1を超えない

以下、この基準について説明していきます。

自分の収入があることが、消費者金融の絶対条件

プロミス・アコム・アイフル・モビットなどの大手の消費者金融の審査では、若年層でも自分の収入がある女性でも、自分の収入があるというのが融資の絶対条件となっています。逆に言えば「自分の収入さえあれば、どんな職業・属性でも基本的に借入審査に通る」ということです。ある意味、単純明快でわかりやすい基準と言っていいでしょう。

そして、その「自分の収入」がいくらあればいいかですが、最低でも月収5万円というのが一つの基準となっています。明確にそう決まっているわけではありませんが、それでもこれが大体の目安と考えていいでしょう。

というのは一応計算上の理由がああるのです。

  • 月収5万円あれば、年収は「60万円」である
  • 貸金業法第13条の2第2項の規定という貸金業法のルールによれば「年収の3分の1までは融資できる」
  • 年収60万円の場合、「20万円」までは借りていい
  • キャッシングの最低融資枠は10万円からなので、少なくとも「10万円」の借入枠だったら、法的に問題ない

こういう計算上の根拠から月収5万円あれば、とりあえず最低限、審査に通る可能性が高いと言える訳ですね。

逆に「月収5万円ない」という場合はかなり厳しいでしょう。というのは、金額の問題もありますが、月収5万円レベルのシフトにも入っていない人の場合、その仕事をいつやめるかわからないというリスクがあるからです。つまり「金額」ではなく「勤続の不安定性」が問題になる…ということですね。

なので、とりあえず消費者金融で10万円借りる時の最低限の月収は「5万円」と考えて下さい。

勤続月数は最低でも3ヶ月はほしい

次に10万円借りるのに最低限必要な勤続月数ですが、これは「3ヶ月」といえます。これもやはり計算上の理由があります。

  • たとえば収入証明書を要求される時「直近2ヶ月分」を求められることが多い
  • 2ヶ月分の給与明細書を提出するためには、3ヶ月勤務している必要がある
  • ということは、業者・銀行・ブランドの側でも「3ヶ月」を、1つの「信頼できる期間」の目安にしている

また、常識で考えて、最低3ヶ月は勤めていないと、そのアルバイトや仕事がいつまで続くか分からないという懸念もあります。実際、申し込んでいる本人だって「3ヶ月は続けないと、その仕事を自分がやっていけるかどうかわからない」というのが実際の所でしょう。

(3ヶ月も勤務していないのに、ずっと続ける自信があるという人は、よほどその仕事が向いているか、あるいは楽天的過ぎるかのどちらかのはずです)

ということで、消費者金融で10万円借りる場合もやはり勤続月数は3ヶ月は必要と考えて下さい。

他社借入件数が3件あると審査に通らない

これは「3件規制」「3件ルール」と呼ばれるもので、申し込みした時点で、他社借入件数が3件以上あると、審査に通らないという法則があります。これは貸金業法・銀行法などの法律でハッキリ決まっているわけではありません。

しかし、10年ほど前に、消費者金融の大手5社(プロミス・アコム・アイフルなど)が集まって定めた「自主規制」なので、かなりしっかりしたルールです。

消費者金融の大手が集まって決めたルールなので、銀行カードローンやクレジットカードの審査には適用されないこともあります。しかし、消費者金融ではほぼ確実に適用されますし、クレジットカードや銀行カードローンの審査でも、大体はこの「3件規制」が適用される…と考えて下さい。

(現時点で3件あるとダメ、ということなので「4件目」の申し込みから借入不可ということです)

借入総額が年収の3分の1を超えない

これは貸金業法の「貸金業法第13条の2第2項の規定」というルールで、知っている人も多いかも知れません。本来はキャッシング業者に対する規制でその申し込み者の年収の3分の1以上、融資してはいけないという規制ですが、借り手側からしたら「年収の3分の1までは借り入れできる」ということになります。

そして、これも消費者金融で10万円借りるための絶対条件の1つとなります(法律ですから)。例えば年収300万円だとしたら、下のように言えます。

  • 年収の3分の1=「100万円」である
  • 新たに「10万円」借りるためには、これまでの借入総額が「90万円以下」でなくてはならない

もちろんこれはギリギリの計算なので、もう少し余裕が無いと審査に通らない…ということもあります。とりあえず、10万円借りたい場合、自分の年収と照らし合わせて「まだ10万円借りる余裕があるか」ということをチェックしてください。

(もし借りられない場合、「実際にそれ以上借りたら危険」ということなので、キャッシング以外の方法で資金調達することを考えて下さい。

10万円の最短即日キャッシングは、何時までに申し込む?

10万円でもその他の借入希望金額でも、最短即日キャッシングの審査は20時~21時までに申し込めば借りられるようになっています(これはギリギリの時間なので、できればあと1時間早めることをおすすめしますが)。

この「即日借入の時間」についてまとめると、下の通りです。

  • 大手の消費者金融は、21時か22時まで最短即日審査している
  • アコム・プロミスは22時まで
  • モビット・アイフル・ノーローンは21時まで
  • その「1時間前の申し込み」が遅くとも必要
  • 逆算すると、20時~21時までに申し込む…というルールになる

そして、先に書いた通り1時間前ではギリギリなので、確実にその日中に10万円借りたいという場合は、2時間前には申し込むことをおすすめします。

土曜日・日曜日・祝日でも10万円の最短即日融資はできる?

10万円の最短即日借入は土曜日・日曜日・祝日でもできます。大手の消費者金融は土曜日・日曜日・祝日でも平日でも同じように最短即日審査しているので、土曜日・日曜日・祝日だからといって、最短即日キャッシングの態勢が変わることはないのです。

なので、10万円借りたい場合、土曜日・日曜日・祝日でも大手の消費者金融だったら問題なく借りられます。申込み時間も平日と同じで、20時~21時に申し込めば、ギリギリ間に合うようになっています。

ただ、土曜日・日曜日・祝日ということで、審査時間が平日より遅くなるという可能性もあります。逆に申し込みが少なくて「審査が早くなる」ということもあり得ますが、何にしろ「平日と時間が違う」可能性はあるわけです。

また、土曜日・日曜日・祝日に即日借入したいということは、当然急ぎでお金が必要ということでしょう。なので「確実にその日中に借りる」ということを重視して、できるだけ早めに申し込むことをおすすめします。

銀行カードローンでも10万円は借りられる?

ここまでは消費者金融の話をしてきましたが、銀行カードローンでも10万円を今すぐ借りる…ということは可能です。「今すぐ」という部分を考えると、審査スピードが早い消費者金融の方がおすすめなのですが、それでも「どうしても銀行カードローンで借りたい」という人でも、それはできるということです。これについてポイントをまとめると、下のようになります。

  • 銀行でも、フリーター・アルバイトなどでOK
  • 大手の消費者金融との一番の違いは、銀行カードローンなら「収入のない既婚者の女性」でも借りられる可能性がある、ということ
  • 逆に「学生」については消費者金融より借りづらい

以下、「銀行カードローンでの10万円の融資」について詳しくまとめていきます。

銀行カードローンで10万円を今すぐ借りることは可能?

銀行カードローンで10万円を当日キャッシングする―。これが消費者金融よりも有利になるのはやはり収入のない既婚者の女性の場合です。プロミス・アイフル・ノーローンなどの大手の消費者金融は、みんな収入のない既婚者の女性には融資していないのですが、銀行カードローンだったら収入がない既婚者の女性でも借りられる…ということですね。

この時の審査条件をまとめると、下のようになります。

  • 夫・旦那の同意書はなしでも借りられることがある
  • つまり、夫バレ・旦那バレせずに10万円借りられる(可能性がある)
  • 婚姻関係の証明書(住民票・戸籍抄本・戸籍謄本)は必要
  • 楽天銀行・横浜銀行なら、婚姻関係の証明書もなしでOK(という口コミ・評判がある)

以下、さらに詳しく説明します。

半分程度の銀行は「配偶者の同意書」が必要

上で「夫・旦那の同意書なしでOK」と書きましたが、これは「半分程度の銀行カードローン」です。残り半分程度の銀行カードローンは配偶者の同意書が必須という条件になっているので注意が必要です。

何の注意かというと、当然夫・旦那の同意書をもらうということは、「キャッシングの相談を夫・旦那にしなければいけない」ということだからです。必ず夫・旦那にバレる、ということですね。

夫・旦那に借り入れがバレてもいい…という家庭に入っている女性はまずいないはずなので、もし銀行カードローンで10万円借りたいという場合は、配偶者の同意書なしで借入可能という銀行カードローンから選ぶ必要があるわけですね。ここでは、それらの銀行カードローンを紹介します。

配偶者の同意書不要で借りられる銀行カードローン

配偶者の同意書不要でOK…という条件の銀行カードローンを一覧にすると、下のようになります。

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)
  • みずほ銀行カードローン
  • イオン銀行カードローンBIG
  • 横浜銀行カードローン
  • じぶん銀行カードローン「じぶんローン」

これらの銀行カードローンであれば上に書いた通り「夫バレ・旦那バレなし」で借りられます。三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行のようなメガバンクもあり、イオン銀行のような家庭に入っている既婚女性の方々になじみのある銀行もあるのでこれらの中から選べば、10万円を即日借入する場合でも、特に問題はないでしょう。

一番審査が簡単なのは、楽天銀行スーパーローン(カードローン)

上の銀行カードローンの中で、一番審査が簡単なのは「楽天銀行スーパーローン(カードローン)」です。提出書類が自分の本人確認書類だけというのが特徴で、住民票・戸籍謄本・戸籍抄本などの「婚姻関係の証明書」を提出しなくていい…というルールになっています。

住民票も戸籍抄本・戸籍謄本も、市役所・区役所などに行けば発行できます。これは夫バレ・旦那バレには一切関係ありませんし、もらうのも特に難しくはありません。

  • しかし、役所まで出かけるのが手間
  • 役所の受付で並んでいる可能性もある

こう考えると、やはり提出しなくていいなら、それに越したことはありません。最近は、住民票などの書類については自動的に発行できるマシンもありますが、それでもやはりその機械のある場所までは出かけないといけないわけで、「住民票すらなしで借りられる」という条件の楽天銀行スーパーローン(カードローン)は、一番申し込みやすいと言っていいでしょう。

銀行の最短即日融資には「その銀行の口座」が必要

10万円という金額については、銀行カードローンの最短即日融資でも問題ないのですが、銀行特有の条件として最短即日審査にはその銀行の口座が必要というものがあります。

  • みずほ銀行カードローン
  • イオン銀行カードローンBIG
  • 横浜銀行カードローン
  • じぶん銀行カードローン「じぶんローン」

など、これらの銀行カードローンはその銀行の口座なしでは最短即日融資できないというルールになっていて、「今すぐ借りたい」という場合、口座がない人は諦める必要があります。

みずほ銀行・横浜銀行については当日に口座開設して、それからキャッシング審査に申し込むという裏ワザもあるのですが、これだと時間がギリギリになるので、即日借入が間に合わない…という可能性もあります。

なので、10万円を今すぐ借りたいという場合には、これらの銀行カードローンで申し込むのは控えた方がいいでしょう(口座がある人は、むしろこれらの銀行カードローンもおすすめです)。

口座なしでOKの銀行カードローンなら申し込みやすい

逆に「その銀行の口座なしで最短即日借入できる」という条件の銀行カードローンだったら、10万円を今すぐ借りたい…という場面でもおすすめです。

  • 三井住友銀行カードローン
  • 新生銀行カードローン レイク
  • 三菱東京UFJ銀行・バンクイック

などの銀行カードローンですが、これらの銀行は全部その銀行の口座なしで最短即日融資可能となっています。

特に最短即日融資のスピードが早いのは新生銀行カードローン レイクと言われています。理由は下の通りです。

  • 審査時間は「最短30分」
  • 「最短」というだけでなく、実際にこの時間で終わることが多い
  • ↑(他の銀行の場合、最短30分と言っても実際にはもっと長いこともある)
  • 審査が早いだけでなく、審査通過率も高い
  • ↑(審査が早くても、審査に通らなければ意味が無い)

。「審査が早い」「審査に通りやすい(あくまで他の銀行カードローンと比較して)」という両方の点で、10万円をすぐ申し込みやすい銀行カードローンは、レイクということですね。

10万円という少額借り入れの場合、特に銀行カードローンに拘る必要もないのですが、どうしても銀行カードローンで借りたいという場合には、新生銀行カードローン レイクをおすすめします。

まとめ「10万円を今すぐ消費者金融で借りたい場合」

以上「10万円を今すぐ、今日中に借りたい」という場合のキャッシングについて、消費者金融や銀行カードローンの関連知識をまとめました。最後に再度要点を整理すると、下のようになります。

  • 10万円は、キャッシングで一番小さい融資枠である
  • なので、審査に通れば必ず10万円は借りられる
  • 10万円のような少額なら、消費者金融の方がいい
  • 少額借り入れなら、銀行・消費者金融の金利差は影響しない
  • 消費者金融なら20時までに申し込めばギリギリ間に合う

以上、急ぎでお金が必要な方の参考にしていただけたら幸いです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP