審査が甘いキャッシング会社はある?独自審査の業者なら借りやすいが…

審査が甘いキャッシング会社はある?独自審査の業者なら借りやすいが…

審査が甘いキャッシング会社―、というのはあるのか。これについてポイントをまとめると、下のようになります。

  • 消費者金融は銀行カードローンと比較すると、やや審査が甘い
  • しかし、「消費者金融同士で比較して」審査が甘い会社・ブランドはない
  • 「独自審査」の中小業者だったら審査が甘いが、そうした業者は裏でヤミ金などとつながっている可能性がある

つまり審査が緩いキャッシング会社は確かにあるけど、あまりおすすめは出来ないということです。以下、詳しくまとめます。

独自審査の中小キャッシング業者って?

そもそも独自審査とは何かというと、個人信用情報を照会せず「独自基準で審査する」というもの。「個人信用情報を照会する」とはどういう意味かというと、下の通りです。

  • その人が、これまでどんな借り入れを、いくらしてきたか
  • その返済状況はどうなっているか(現時点でいくら残っているか)
  • 遅延・延滞・債務整理などの返済事故はなかったか

こうしたものをチェックするんですね。その申し込み者の返済能力を正しく見極めるためには本来この個人信用情報が必須なのですが、「独自審査の業者はそれを使わない」ということです。

個人信用情報を使わないと、なぜ審査が甘いのか?

理由は簡単で、個人信用情報に、ブラックリストの情報があっても大丈夫ということ。つまり、「ブラックリストに載っている人にとっては、独自審査の業者は審査に通りやすく申し込みやすいキャッシング会社」というわけですね。

一見利用者にやさしくていいようですが、よく考えてみてください。

  • 財力がある大手の消費者金融すら、二の足を踏むブラックリストの人
  • 彼ら・彼女らに対して、平気で融資している
  • 中小業者だから、大手の消費者金融より資本力がないはずなのに

このように考えると「少々おかしい」ということに気づくでしょう。1件当たりの貸し倒れのダメージが、大手の消費者金融より大きいはずの中小業者が、大手の消費者金融よりゆるい審査基準で融資するというのは、本来矛盾していることなんですね。

なぜ中小業者なのに、大手より審査が緩いのか

この理由を考えると、2通りの答えが出てきます。

  • 大手で借りられない人に対し、最後のチャンスを与えようとしている
  • 裏でヤミ金とつるむなど、何らかの悪どいことを考えている

このような2通りです。善悪正反対の理由ですが、もちろんほとんどの場合は、前者の正しい理由でしょう。しかし、中には後者のような悪どい独自審査の業者もいるので注意してください。

「最後のチャンスをあたえる」という考え方は確かに正しいものです。元アイフルのトップセールスマンだった笠虎崇氏の小説『サラ金トップセールスマン物語』でも、サラ金(消費者金融)という仕事の存在意義を、主人公の先輩が人生をやり直す最後のチャンスを与えると定義しています。

つまり「最後」ということは「この借りたお金で、生活を立て直せなかったら相当ヤバい」ということなのですが、何はともあれ、独自審査の業者でもそういう存在意義を、自身の仕事に見いだしている…ということはあり得るでしょう。

なので「審査が甘い=悪どい・危険」というわけではありませんが、「中にはごく一部危険な業者もいる」ということは注意してください。

完全にブラックリストでも通るのか?

独自審査の業者だったら、自己破産などの完全なブラックリストに載っている人でも審査に通るのか―。これは半々です。まとめると、下のようになります。

  • 独自審査といっても2通りある
  • 完全に個人信用情報を見ない業者、一応見る業者
  • 「完全に見ない業者」…ブラックリストでも通る
  • 「一応見る業者」…ブラックリストだと落ちることも

「完全に個人信用情報を見ない」のであれば、当然そこに何が書かれていようと問題ありません。なので、ブラックリストに載っている人でも問題なく審査に通るわけです。(収入・職業に問題なければ)

しかし、中には一応、個人信用情報もチェックするという独自審査の業者もあるので、そうした業者の場合は、ブラックリストに載っている人が借りるのは難しいと考えて下さい。

個人信用情報を完全に見ない業者は危険

上に書いたような「個人信用情報をまったく見ない」という独自審査の業者は、かなり危険です。というのは、個人信用情報を「見ない」のではなく「見せてもらえない」だけの可能性があるからです。

個人信用情報というのは、「個人の借入・返済の履歴が見られる」という点で、ありとあらゆる種類の個人情報の中でも、「特に機密情報」と言えるもの。いわばトップシークレットです。

なので、それを閲覧・参照できる業者も、当然個人信用情報機関が、信用できると判断した業者だけとなるわけですね。そして、「個人信用情報を完全に見ない」という独自審査の業者は、「個人信用情報機関から、信用されていない」という可能性があるわけです。

独自審査というと聞こえは良いですが、要は「信用度の足りないキャッシング会社」ということですね。なので、そのように「個人信用情報をまったくチェックしない」というキャッシング業者があったら、そこからは借りないようにして下さい。

大手の消費者金融の中で一番申し込みやすいのは?

大手の消費者金融の中で一番申し込みやすいのは、審査通過率からいけば「アコム」です。大手の消費者金融の審査通過率を比較すると、下のようになります。

  • アコム…約45%
  • アイフル…約43%
  • モビット…約42%
  • プロミス…約42%
  • ノーローン…約30%

このようになっています。アイフル・モビット・プロミスについては僅差ですがアコムは少々、審査通過率が高くなっているわけですね。

と言っても「2%程度」の違いなので、いわゆる「誤差の範囲内」です。審査に通るか落ちるかギリギリの当落線上にいる人でなければ、これで審査結果が分かれるということは、基本的にないと考えて下さい。

普通の人にとっては、どこのキャッシング会社も「審査が甘い」

そもそも、キャッシング会社というのは大手でも中小でも、いわゆる「普通の生活」をしている人にとっては「審査が甘い」ものです。これは本当に甘いのではなく普通の人だったら、特に問題なくすんなり即日借入できるという意味で「甘く感じる」ということです。

具体的に「普通の生活」の条件を書くと下の通りです。

  • 現時点で借金をしていない
  • していても「クレジットカードのショッピング」などである
  • 働いていて、安定収入がある(フリーターでもOK)

これだけの条件だったら、別に満たすのはそれほど難しくはないでしょう。学生のアルバイトでも、10万円くらいの借入審査なら通るので難しいことは何もないのです。

そういう意味では、銀行カードローンではなく消費者金融系のキャッシング会社の場合、「どこもある意味、審査が緩い」わけですね。

在籍確認を回避したいなら、モビット・プロミス

「審査が緩い」と一言に言っても、その人が求める条件によって、どの消費者金融が一番申し込みやすいかは変わってきます。決して「審査が甘い」わけではありませんが、もし「在籍確認を回避しながら借りたい」というのであれば、プロミス・モビットがいいでしょう。

理由は、プロミス・モビットなら、在籍確認の代替措置をとれる場合もあるからです。あくまでそれぞれの審査担当の方が認めた場合ですが、もし認められたら「代替措置の条件を満たす」ことによって、電話連絡なしで借りる…ということも可能になっています。

モビット・プロミスの在籍確認の代替措置の内容は、主に勤務先の保険証・給与明細などの書類の提出となっていますが、その人の条件に応じて変わったり、条件が追加されることもあります。内容については完全に確定しているわけではありませんが「大体は、書類の提出で決まる」と思ってください。

このような「在籍確認の代替措置」は、他の消費者金融では提供されていないサービスなので、「電話確認なしで借りたい」という人にとって、一番申し込みやすい消費者金融はプロミス・モビットと言っていいでしょう。

このように、同じ大手の消費者金融の中でも「その人が求める条件」によって、「一番申し込みやすい業者・ブランド」は変わります。特に在籍確認については、こうしたモビット・プロミスの代替措置を参考にしてみてください。

「借りられない」時点で、ある意味ブラックリスト

そもそも「審査が甘いキャッシング会社」を探している時点で自分の資金繰りがかなり危険な状況になっているという自覚を持った方がいいでしょう。先に書いた通り「キャッシングというのは、普通の人なら借りられて当然」とも言えるくらい、本来簡単に審査に通るものです。

私も過去に多重債務者で、その「簡単な審査」に通らなかった一人なので気持ちはよくわかりますが、やはりそういう時は、生活自体を根本的に見直すことが必要な時期に来ているわけです。

見直すといっても、もちろんただ考えるだけではありません。

  • 実際に稼ぐこと
  • 実際に支出を削ること

などの努力が重要ですが、とにかくそういう根本的な課題にも着手しなければいけないということは、意識してください。これは一時的には大変なことかも知れませんが、そうして生活が徐々に改善されていくと、生活していても気分がいいものです。

体調不良が「生活を見直すサイン」というのと同じ

これは、病気などの体調不良ともよく似ています。体調不良は「生活を見直せ」という体からのサインということは、最近よく言われます。またこれは事実です。

体調不良は、「体が悪さをしている」のではなく「このままの生活では、この先さらに深刻な事態になるので、早めに修正しろ」という合図なのです。当然ですが、私たちの体は「愚か」なのではなく「賢い」んですね。

借金もこれと似たようなものです。

借金が必要になった、という時点で資金繰りに関して「黄信号」が、「借入審査に落ちるようになった」という時点で「赤信号」が、それぞれ点滅しているということです。なので、借金やキャッシングをするようになったことで、気分的に落ち込むかもしれませんが、お金持ちになった人も、こういう境遇を乗り越えた人が多いと考え(乗り越えたというより、むしろ借金によって覚醒したということを知り)、前向きに考えるようにして下さい。

まとめ「審査が緩いキャッシング会社」

以上審査が緩いキャッシング会社はあるか?というテーマで、情報をまとめてきました。再度まとめると、下のようになります。

  • 「独自審査の業者」なら、大手より審査が甘い
  • しかし、中には危険な業者もあるので注意
  • 大手の消費者金融で一番審査通過率が高いのはアコム
  • しかし、大手の消費者金融の通過率は大体同じ
  • 在籍確認については、代替措置があるプロミス・モビットが有利

過去にブラックリスト入りしたことがある人など、キャッシング審査に通るのが少々厳しい…という場合に、参考にしてみてください。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP