即日融資でキャッシングを利用するためのポイント ~50万円以下なら消費者金融で~

即日融資でキャッシングを利用するためのポイント ~50万円以下なら消費者金融で~

即日融資でキャッシングを利用するためのポイント―。これは、

  • 消費者金融でも銀行カードローンでもどちらでもいい
  • 50万円以下の借り入れだったら、消費者金融でOK
  • それ以上の金額だと、銀行との利息差が大きくなるが、
  • 50万円までなら、両者の利息差はほとんどない

…ということです。以下、詳しくまとめていきます。

消費者金融でも銀行カードローンでもどちらでもいい

まず、即日融資でキャッシングを利用する場合、一番大事なのは確実に借りられるということなのです。ここで重要なのは、

  • 低金利でもなく、
  • 借入種別の評価が高いことでもなく、
  • あくまで「借りられる」こと

…なのです。これは「エッセンシャル思考」というものですが、何が一番重要かを考え、それ以外のことは一切考えないという価値観です。(禅の思想とも似ていますね)

で、そのエッセンシャル思考で考えるなら即日融資で一番重要なのは、審査に通ることであり、金利・その他のサービス・利用条件などは二の次なのです。

人間はあれこれ「同時に考える」くせがありますが「一番大事なことだけを考え、それを絶対に達成し、後のことは一切考えない」という思考法も大事なんですね。キャッシング審査以外のありとあらゆる場面で言えることですが、まずはこれが即日融資でキャッシングするとき、一番重要なポイントといえます。

50万円以下の借り入れだったら、消費者金融でいい

銀行カードローンの方が消費者金融より低利息…というのは知っている人が多いでしょう。知っていなくても、聞かれればどちらが低金利かは何となくわかるでしょう。

確かに銀行カードローンは消費者金融より低金利ですが、その金利差が影響するのは、あくまで50万円以上の高額借り入れだけです。50万円以下の普通のキャッシングの金額であれば、消費者金融・銀行カードローンの金利差は特に関係ないんですね。

実際に「50万円借りた時の、1ヶ月の利息」を書いてみるとわかります。

  • 銀行カードローン…6000円
  • 消費者金融…7500円

ということで1500円の利息差なんですね。1500円という金額だけ見ると、多少大きく感じるかも知れません。しかし、これは「50万円」を借りた場合なのです。

キャッシングで一番多いのは3万円・5万円・10万円

キャッシングの金額で一番多いのは3万円・5万円・10万円です。当たり前ですが急ぎでお金が必要な場面で、50万円も必要になるということは、そうそうないわけですね。大抵は数万円なのです。

で、この中で一番大きい「10万円」で見ても、銀行カードローン・消費者金融の1ヶ月の利息差は、

  • 銀行カードローン…1200円
  • 消費者金融…1500円

ということで、「300円」の差しかありません。吉野家の牛丼すら買えない金額です。10万円借りても、これだけの利息差しかないわけですね。

ちなみに、もっと小さい金額の場合、1ヶ月の利息差を書くと、

  • 1万円…30円
  • 3万円…90円
  • 5万円…150円
  • 8万円…240円

…という風になっています。これらの少額借り入れをする人だったら銀行カードローン・消費者金融の金利を比較すること自体がナンセンスとわかるでしょう。

人間はえてしてこういう「無駄な努力」をしているものです。10円安い卵を買いに行くために、わざわざ時間をかけて遠くのスーパーに行く…とか、そういった努力ですね。当然ですが、こういう時間を凝集させて「その分、時給1000円で働いた方が、はるかに得する」わけです。

カードローンの借り入れ先を選ぶときも同じで、目先の金利で比較してはいけないんですね。要は実際に支払う利息がいくらかが問題なのですから、それで比較して、それで大差がないということがわかったら「簡単に借りられる方で借りる」べきなのです。

「初回30日間無利息」だったら、さらに安くなる

さらに追い打ちをかけるような消費者金融のメリットとして初回30日間無利息で借りられるシステムがあります。プロミス・アコムが採用しているシステムですが、これで借りると最初の5ヶ月は、銀行カードローンよりも利子総額が安くなるという計算になります。(銀行カードローンの金利によっては、4ヶ月だったり6ヶ月だったりしますが)

これは「初回だったら基本的に誰でも適用される」ものであり、条件としては、プロミスでは、メールアドレスやWEB明細利用の登録が必要になるというくらいです。これは当然難しい条件ではなく「要は、登録を忘れないでください」といだけなので、基本的に条件なしのようなものです。

このように初回30日間無利息のシステムを利用して借りれば、借りやすさだけでなく、利息面でも消費者金融のほうが銀行カードローンより上となるのです。こうなれば、ますます即日融資では銀行カードローンより消費者金融を選ぶべき、ということがわかるでしょう。

あえて銀行カードローンを選ぶメリットは?

ここまでは消費者金融をひたすら押してきましたが、あえて即日借入で銀行カードローンを選ぶメリット・理由があるとしたら―。これは下のようなものです。

  • 銀行カードローンの審査に通るほど、信用度が高い
  • 無収入の専業主婦である(専業主婦は消費者金融では借入不可)
  • その銀行で住宅ローン・教育ローンなどを組んでいる
  • ↑(あるいは、今後組む予定である)
  • 特に急ぎでお金が必要というわけではない

…という風です。以下、詳しくまとめていきます。

信用度(クレジットスコア)が高い場合

まず、銀行カードローンの審査は消費者金融より厳しいです。そのため、審査に通るにはある程度高い信用度(クレジットスコア)が必要になります。

これがある…という自信がある人の場合、銀行カードローンでいいでしょう。「利息差はほとんどない」と書いてきましたが、多少なりとも、銀行カードローンの方が低利子なのは確かなので、低利息で借りられるなら、確かにそれに越したことはありません。

なので、「俺、銀行カードローンの審査なんて余裕で通るし」という鼻歌交じりで申し込めるような人の場合、銀行カードローンでお金を借りるメリットはあるでしょう。

無収入の専業主婦は銀行でないと融資不可

もう1つ、銀行カードローンを選ぶ理由として大きなものが「収入がない専業主婦である」ということ。大手の消費者金融では、自分の収入がない専業主婦は借入不可というルールだからですね。

パート収入がある主婦だったらいいのですが、そうでなく無収入の専業主婦の場合は、大手の消費者金融は融資不可となっています。なので、その場合は銀行カードローンで借りるしかないわけですね。この場合は「どちらがいい」という選択の問題ではなく「銀行カードローン一択」となります。

ちなみ、モビット・プロミス・アイフルなどのメジャーな大手の消費者金融ではなく、信販系や中小業者の消費者金融であれば、専業主婦でも借りられることはあります。しかし、これらの消費者金融は、

  • 即日借入がしにくい
  • 夫・旦那の同意書が必要で、夫バレ・旦那バレする

などのデメリットがあり、おすすめはできません。なので、無収入の専業主婦の女性は、基本的に銀行カードローンでキャッシングした方がいいでしょう。

その銀行で、住宅ローンなどを組んでいる

もしその銀行ですでに教育ローン・自動車ローン・住宅ローンなどを組んでいる場合、銀行カードローンで借りるメリットがあります。理由は、

  • 金利の割引がある
  • 審査に通りやすい

というもの。審査に通りやすくなるかどうかは、返済の遅延・延滞をしていないかどうかにもよります。当然ですが返済の延滞・滞納がある場合は、逆に審査に通りにくくなります。

要は、そこでの借入実績というのは「諸刃の剣」なわけですが、その諸刃の剣が「良い方向に向いている」場合は、その銀行カードローンでお金を借りるメリットがあるわけですね。

金利の割引については、

  • カードローンの方の金利が安くなる
  • 住宅ローンなどの方が低金利になる

…という2通りの割引がありますが、どちらにしても通常より低利息で借りやすくなるということは間違いありません。銀行カードローンによってはこの金利引き下げのサービスがない場合もありますし、その人の信用度によっても変わりますが、これが適用される場合は、銀行カードローンで借りるメリットはあります。

とりわけ急ぎでお金が必要ではない

また、これが一番重要ですが、銀行カードローンでキャッシング審査を申し込む時は「急いでいない」というのが最重要な要素です。急ぎでお金が必要な時は、とにかく消費者金融で借りるというのが鉄則なのです。理由は、

  • 消費者金融なら、長くても1~2時間で審査結果が出る(大抵の場合)
  • しかし、銀行カードローンはその日中に審査結果が出ないときもある
  • 「最短1時間」と書かれていても、あくまで「最短」である
  • その人の信用度などによって、翌日の回答になることもある

ということ。要は銀行カードローンの審査時間は、予想ができないのです。この点、大手の消費者金融の審査時間は「かなりの精度で予想ができる」ものです。最短30分で、長くても2時間か3時間あれば、大体は審査完了するんですね。

急ぎでお金が必要なときは、何よりこうしたスピード・確実性を重視すべきです。なので、もし銀行カードローンを選ぶという場合は、まず最初に「急ぎでお金が必要ではない」ということが重要なんですね。

会社経営者で、銀行とのパイプを作りたい

もし会社経営者・法人代表者に該当する方で地方銀行や信用金庫とのパイプを作りたいという場合には、あえて銀行カードローンを選ぶメリットもあります。そこで返済実績を作れば、今後会社の事業に対する融資でも、審査に通りやすくなりますからね。

もちろん、自分の法人・会社を持っている人はあまりいないでしょうし、これは少々特殊な例ではあります。しかし、このような場合も、銀行カードローンで借りることが有利なケースではあると言えるでしょう。

即日融資で必要な書類・用意するものは?

即日借入をする時に必要な書類・用意するものは、自分の身分証明書だけです。つまり、運転免許証・パスポート・保険証などですね。ごくごく基本的な本人確認資料があれば、それでOKです。

多くの人が必要だと思っている年収証明書については必要ありません。これについてポイントをまとめると、

  • 消費者金融なら「50万円まで」は収入証明書なしでOK
  • 銀行カードローンなら、大体「300万円まで」は不要
  • ↑(三菱東京UFJ銀行は100万円、みずほ銀行は200万円まで)
  • 消費者金融で「他社借入を含めて100万円」を超える場合も必要

…という条件で収入証明書が必要になることは、確かにあります。しかし、これらの特殊な条件でなければ、収入確認資料は提出しなくていい…というわけですね。なので「自分の身分証明書だけあればいい」ということです。

専業主婦の場合、夫・旦那の同意書が必須?

無収入の専業主婦が銀行カードローンで借り入れする場合、必要書類は少々変わります。本来は、

  • 夫・旦那の同意書
  • 婚姻関係の証明書(住民票・戸籍抄本・戸籍謄本など)

が必要となりますが、夫・旦那の同意書については、なしでもOKという銀行カードローンが多いです。たとえば三菱東京UFJ銀行・イオン銀行・楽天銀行などですが、これらの銀行カードローンだったら、「婚姻関係の証明書」だけあればいいわけです。

(ちなみに、楽天銀行スーパーローンはその婚姻関係の証明書も不要。自分の身分証明書だけでOKです)

逆に配偶者の同意書必須という銀行カードローンだと、必ず夫バレ・旦那バレするということなので、そうした銀行カードローンで申し込むことはおすすめしません。申し込んでもいいですが、夫バレ・旦那バレして平気という専業主婦の女性はいないはずなので、基本的に誰も申し込まないでしょう。

ということで、無収入の専業主婦の女性が当日借入するのに必要な書類は「婚姻関係の証明書・自分の身分証明書」と考えて下さい。

学生のキャッシングは親権者の同意書が必要?

学生のキャッシング審査について「親権者の同意書が必須」という条件を聞いたことがある人もいるかも知れません。確かに、一部の銀行カードローンや消費者金融ではこれが必須です。しかし、

  • 大手の消費者金融は全部不要
  • 銀行カードローンも大体不要(大手は)
  • 大手で必要なのは三菱東京UFJ銀行・バンクイックくらい
  • その他、地方銀行のカードローンだと必要なことが多い

…という風です。そして、学生のキャッシングは大抵金額が小さいので、消費者金融の金利でも利息は特に高くなりません。なので、あえて銀行カードローンでお金を借りる必要もないでしょう。

そして、大手の消費者金融だったら親権者の同意も不要ということなので、学生の借り入れでも、親権者の同意はいらないと考えて下さい。

まとめ「即日融資でキャッシングを利用するポイント」

以上、当日借入でキャッシングを利用するポイントをまとめてきました。特に重要な点を整理すると、

  • 基本的に消費者金融で借りるべき
  • 50万円以下の借入金額なら、銀行との利息差もほとんどない
  • 10万円を1ヶ月借りて、300円の利子の差しかない
  • 即日融資の必要書類は「自分の身分証明書だけ」
  • 専業主婦の場合、婚姻関係の証明書も必要になる
  • 専業主婦は大手の消費者金融では借入不可なので、銀行で

…となります。急ぎでお金が必要なときには、ぜひこれらのポイントを参考にしてみてください。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP