今すぐ30万円借りたい!大手の消費者金融なら最短即日融資が可能

今すぐ30万円借りたい!大手の消費者金融なら最短即日融資が可能

今すぐ30万円借りたい―。という場面でも、キャッシングだったら簡単に資金調達することができます。30万円の最短即日借入についてポイントをまとめると、下のようになります。

  • 大手の消費者金融で当日キャッシングできる
  • 会社員・OL・公務員なら、大体30万円借りられる
  • フリーター・アルバイト・パートでも、シフトが多い人なら借りられる

フリーター・アルバイト・パートというのは、学生や自分の収入がある女性の方ももちろん含みます。なので、若年層でも「フリーター並にアルバイトしている人」であれば、30万円今すぐ借りることも可能です。

今すぐ30万円、最短即日融資で借りるには月収はいくら必要?

消費者金融で30万円キャッシングするには、月収はいくらあればいいのか―。大体の目安としては大体8万円となります。理由は下の通りです。

  • 月収が8万円あれば、年収は96万円である
  • その3分の1は「32万円」である
  • 貸金業法第13条の2第2項の規定というルールによって、年収の3分の1までは借り入れできる
  • なので、月収8万円あれば、30万円はキャッシングできることになる

ただ、見ての通りこれだと法的に借りられる、ほぼマックスの金額を借りることになります。「最初のキャッシングでいきなりマックスの限度枠までもらえる」ということは少ないので、「月収8万円だと、少々ギリギリ」と思ってください。あくまで「最低限、これだけは必要」というルールです。

月収10万円あれば、かなりの確率で借りられる

これがもっと増えて「月収が10万円」になると、30万円をすぐ借りるのはかなり簡単になります。これも先ほどの計算と同じです。

  • 月収10万円なら、年収は120万円になる
  • その3分の1まで借りられるので、40万円までOK
  • 30万円なら「10万円余裕がある」金額なので、特に問題なし

もちろん、これも絶対ではないのですが、8万円の時よりは、大分確率が高くなる…といえます。

月収10万円の場合、「すぐに辞めない」というのが大きい

実は「月収10万円だと審査に通りやすい」というのは、金額的な理由もありますが、一番の理由は「それだけ働いていたら、すぐに仕事を辞めることはないという「安定性」なのです。

まず、それだけ働いているということは、下のように言えます。

  • 今から他の仕事を探すより、それを続けた方が楽
  • 職場からも、ある程度必要とされている

こうした理由から、下のように言えます。

  • 「自分から辞める」こともないし
  • 「クビにされる」こともない

このようにいえます。どちらにしても今の仕事・今の年収が、ある程度続くと予想できるわけですね。これは消費者金融・銀行カードローン・クレジット会社にとって、大きな関心事の1つなのです。

関心事といっても、別にその人の人生をそれほど心配しているわけではありません。要は今の収入と仕事が続くのであれば、返済不能になることはないだろうという理由ですね。要は、消費者金融にしても銀行カードローンにしても「貸し倒れにならなければ、いくらでも貸す」のです。

ということで、月収10万円以上ある人の場合、「収入」と「安定性」の2つの理由から、アルバイト・パート・フリーターでも、30万円の借り入れはしやすくなる…というわけです。

30万円を今すぐ借りると、月々の利息はいくらになるのか?

30万円を消費者金融や銀行カードローン・クレジットカードで借りた場合、毎月の利息はいくらになるのか。これは概算で一覧にすると下の通りです。

  • 消費者金融…4500円
  • 銀行カードローン…3600円
  • クレジットカード(キャッシング枠)…4500円
  • クレジットカード(ショッピング枠)…3600円
  • 消費者金融とクレカのキャッシング枠は同じ
  • 銀行カードローンと、クレカのショッピング枠は同じ

このような水準ですね。それぞれの利息が同じになる理由は、実質金利が同じだからで―。

  • 消費者金融・クレカのキャッシング枠…年率18%(実質年率)
  • 銀行カードローン・クレカのショッピング枠…年率14.5%~15.0%(実質年率)

このようになっています。クレジットカードのショッピング枠は、銀行カードローンより0.5%高金利ですが、このくらいは実際の利息にはほとんど影響しません。少なくとも、30万円程度の少額借り入れであれば、影響しません。

(もっと高額で、100万円前後の借り入れになったら、影響します)

ということで、再度まとめると、30万円を借りた時の1ヶ月の利息くは、3600円~4500円となります。

30万円の返済には、どのくらいかかるのか?

実際に30万円を借りて、これを完済するにはどれだけの期間がかかるのか。簡単に返済シミュレーションしてみましょう。消費者金融・銀行カードローンの公式サイトで返済シミュレーションのソフトを使うのが一番正確ですが、こういう時概算できるようにすると、その後の人生でも資金繰りに強くなるので、ここでは概算の方法を、順を追って説明していきます。

  • 消費者金融で借りたとしたら、月々の利息は4500円である
  • 振込手数料なども考え、これを「5000円」と考える
  • たとえば「月1万円」の返済だったら「元本は5000円減る」ということ
  • それを1年繰り返すと「元本が6万円減る」ということ

これが一年目の返済シミュレーションです。この結果をまとめると、下のようになります。

  • 借入残高…24万円
  • 経過年数…1年
  • 支払った金額…12万円
  • そのうち、利子…6万円

このようになるわけです。

「2年目」の返済シミュレーション」

次に「二年目」をシミュレーションすると、まず「24万円借りている時の利息」を計算する必要があります。その計算方法は、下のようになります。

  • 消費者金融の「1万円」の利息は、1ヶ月「150円」である
  • 6万円の場合は「900円」である
  • 30万円の時の「4500円」から、900円を引く
  • 「3600円」になります。これが「24万円の時の利息」

先ほど「4500円を、5000円」と多めに計算したので、今回は「3600円→3500円」として、計算しましょう。

今回も「毎月1万円」支払うとすると下のようになります。

  • 元本…6500円
  • 利息…3500円

このような割合で支払うことになります。そして、これを1年続けると、「6500円×12=6万5000+1万3000=7万8000円」となります。つまり「2年目は、元本が7万8000円減る」ということです。そして、こうなります。

  • 借入残高…16万2000円
  • 経過年収…2年
  • 支払った金額…24万円
  • そのうち、利子…10万2000円

これが二年目です「利子総額が、10万円を超えている」ということに、少々驚くでしょう。さらに「三年目」も計算します。

「3年目」の返済シミュレーション

三年目は「借入残高16万2000円」の時の利息を、まず計算します。16万として計算すると下のようになります。

  • 1万円の時、150円
  • 10万円で、1500円
  • 6万円で、900円
  • 1500円+900円=2400円
  • 月々の利息は、2400円

そして、これまでと同じように計算していきましょう。

  • 月々1万円払うと、元本は「7600円」減る
  • 7600円の1年分は、「7万6000円」と、「1万5200円」である
  • 200円はカットすると、「9万1000円」である
  • 3年目は「9万1000円」元金を減らせる

そして、三年目の返済結果は下のようになります。

  • 借入残高…7万1000円
  • 経過年数…3年
  • 支払った総額…36万円
  • そのうち、利息…13万1000円

ようやく完済が見えてきました。そして同時に利子総額も、15万円の大台が目前となっています。そして、最後の四年目です。

4年目の返済シミュレーション

借入残高7万1000円なので、「7万円」としましょう。そして利息は「1050円」です。これも「1000円」としましょう。なので、下のようになります。

  • 毎月「9000円」ずつ元本が減っていく
  • 借入残高は「71000円」なので「8ヶ月」で完済できる
  • 8ヶ月なので、利息は「1000円×8=8000円」

そして、四年目の返済の結果を書くと下の通りです。

  • 借入残高…0
  • 経過年数…3年8ヶ月
  • 支払った総額…44万円
  • そのうち、利子…14万円

これが30万円かりて、毎月1万円ずつ支払った場合の、返済シミュレーションです。もう一度ポイントをまとめると、下のようになります。

  • 30万円を、消費者金融・クレカのキャッシングで借りてる
  • 「月々1万円」ずつ払う

これが借入・返済の条件。そして、その結果は下のようになります。

  • 返済期間…3年8ヶ月
  • 利子総額…14万円
  • 支払総額…44万円

30万円借りて、14万円を利息で払うということですね。つまり「借りた金額の、ほぼ半分の利子を払っている」ということです。

これを読んで、まさか「少ない」と思う人はいないでしょう。その人がお金がなければ、当然「多い」と思うはずですし、お金がある人だったとしても、そういう人ほど金銭感覚がしっかりしているのでこんな馬鹿げた利息を払うのはあり得ないと感じるはずです。(むしろ、お金がない人よりも、お金がある人の方が、こういう感覚は強いものです)

最短即日融資で30万円を借りるなら、最低でも「毎月2万円」は支払うこと

当然強制ではありませんが、この計算・シミュレーションからわかることは30万円キャッシングするなら、最低でも月々2万円は返済しなければいけないということです。上の計算は「月々1万円」だったので、単純計算で「すべて上の半分」になります。

  • 返済期間…22ヶ月(1年10ヶ月)
  • 利子総額…7万円
  • 支払総額…37万円

これでもやはり7万円、利息だけで飛んで行くということで、個人的にはかなり多いと思います。

かと言って「月々3万円」というのはかなり厳しいでしょう。これは「お金がある人でも厳しい」金額なのに、30万円借りる人というのは「そもそもお金がない」わけですから。

お金がある人でも厳しい返済が、お金がない人にできるわけがない…とまでは言いませんが「1年程度、それを継続するのは不可能」と考えるべきです。

自信を持つのは大事だが、仕事を過小評価はしない

私もそういう部分が多々ありますが、人間がよくやってしまう間違いで仕事のハードさを、過小評価するというものがあります。つまり、この返済の場合、「毎月3万円返済する」というのが、どれだけ大変かわからず「月々3万円くらい返せば、1年くらいで終わるでしょ」と、軽く考えるということです。

先に書いた通り毎月3万円払うというのは、お金がある人でも大変です(大変でなくても、いやです)それを、「お金がない自分が、果たして一年間継続できるだろうか」という疑問は多いに持つべきです。

なので、どう考えても「2万円」が限度なのです。普通の場合。そして、2万円ずつ支払う場合のシミュレーションは、先に書いた通りです。もう一度書くと下の通りです。

  • 返済期間…1年10ヶ月
  • 利子総額…7万円

「毎月2万円払っても、これだけの負担になる」ということを、OKできるか考えた上で、30万円のキャッシングをするようにしましょう。

まとめ「30万円の最短即日キャッシング」

以上、30万円を今すぐ借りたいという人のための、利息の計算方法など、関連知識をまとめてきました。ポイントを最後にまとめると、下のようになります。

  • 30万円は、消費者金融で即日借入できる
  • フリーター・アルバイト・パートでもOK
  • 会社員・OL・公務員だったら、かなりの確率で30万円借りられる
  • アルバイトの場合、月収8万円は最低でも必要
  • できれば10万円の月収があると、申し込みやすい
  • 毎月2万円支払っても、完済まで約2年で、利子総額は7万円
  • 毎月1万円の支払いの場合、約4年で、利子総額は14万円

特に返済シミュレーションをしっかり確認した上で、それでも30万円借りたいかどうか考えてください。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP