給料日までのつなぎで数千円借りたい!おすすめのキャッシング方法は?

給料日までのつなぎで数千円借りたい!おすすめのキャッシング方法は?

給料日までのつなぎで、数千円を借りたい―。という場面は誰にでもあるでしょう。30代・40代以上のサラリーマン・OLの方でもたまにはあるでしょうし、特に20代の若い方などは、よくあることです(特に最近は日本人の所得がどんどん下がっていますからね)。

そして、こういう給料日までのつなぎには、消費者金融などのキャッシングが特に便利です。ポイントをまとめると、

  • 数千円だったら、断然消費者金融で借りるべき
  • 数千円の利息などゼロに近いので、
  • 消費者金融で借りても利息はほとんど付かない
  • 銀行カードローンで借りるまでもない

…ということです。以下、詳しくまとめます。

1万円借りた時の、消費者金融での利息は?

1万円を消費者金融で借りると、1ヶ月の利息は150円です。缶ジュース一本分ですね。そして、数千円となったらこの半分以下なので、ほとんど利息ゼロに近いのです。

なので、「給料日までのつなぎで数千円借りる」―という場合には、

  • とにかく急ぎでお金を借りることがすべて
  • 金利などどうでもいい(タダ同然なので)
  • なので、銀行カードローンなどは一切検討せず、
  • 大手の消費者金融ですぐに借りるのがいい

…ということです。こういう検討に値しないことは、バッサリ切り捨てるというのは、最近流行りの「エッセンシャル思考」でも重要視されていることですが、キャッシングでお金を借りる場合でも、そういう考え方をおすすめします。

消費者金融だったら、即日借入は簡単

お金を借りたことがない人は、即日借入というのはかなり難しいというイメージを持っているかも知れません。しかし、プロミス・モビット・アイフルなどの大手の消費者金融なら、当日借入は非常に簡単です。ポイントをまとめると、

  • 審査の所要時間は最短30分
  • 必要書類は身分証明書だけ(運転免許証など)
  • アルバイト・パート・フリーターでもOK
  • 収入証明書は必要なし
  • ネット申込みで、自分の携帯への確認が来るだけ
  • あと、勤務先への在籍確認もあるがこれは回避できる

…という条件です。お金を借りたことがない人が考えるよりも、即日キャッシングというのは遥かにカンタンな時代になっているんですね(それだけ借りやすいのが、逆に危険という考え方もありますが…)。

何はともあれ、このように大手の消費者金融であれば即日融資は簡単なので、特に「給料日までのつなぎの数千円」だったら、絶対といってもいいくらい、消費者金融で借りるべきです。

銀行カードローンでも即日借入はできるが…

「消費者金融で借りる」ということ自体に、何となく抵抗がある…という人もいるでしょう。そうした人は銀行カードローンで借りたがるかも知れません。確かに銀行カードローンでも即日キャッシングには対応しています。

ただ、銀行カードローンの即日融資にはデメリットがあり、

  • 消費者金融のように「最短30分」というほど早くはない
  • 「最短即日」の銀行カードローンが多いが、
  • 本当に即日でできるとは限らない
  • また、その銀行の口座が必要という条件が多い
  • 銀行口座を持っていない場合、当日借入できない

…というような難点があります。また土日・祝日・夜間などは、即日審査を受け付けていないという銀行カードローンもあり、こうした曜日・時間帯の時には特に、銀行カードローンより消費者金融の方が即日借入しやすくなっています。

(何しろ、プロミス・モビットなどは「年末年始でも、元旦しか休まない」というくらいですからね)

というように、即日キャッシングに関しては、銀行カードローンは消費者金融と比較して、あまり有利ではないのです。その分低金利というメリットがあるわけですが、先に書いた通り数千円程度の借り入れだったら、利息は消費者金融でもゼロのようなものです。なので、別に低金利を意識する必要などないわけですね。

なので、このような「超小口借入」の場合は、迷うことなく消費者金融一択でおすすめします。

大手の消費者金融の中で、どこを選ぶべきか?

「給料日までのつなぎ」で借りるだけだったら、ぶっちゃけどこでも同じ…というのが実際の所です。ただ、一番大きい違いは勤務先への在籍確認を回避できるかという点でしょう。

というのは、少額借り入れで利息の違いは関係ないにしても、「勤務先への在籍確認があるかどうかの違い」は大きいからです。アルバイト・パートの人など在籍確認の電話があるだけで、職場にキャッシングがバレるということもあり得ますからね。

(在籍確認の電話は、ばれないように細心の注意を払ってくれますが、それでも「電話があること自体、不審に思われる」ということもあるからです)

なので、そういう人の場合、モビット・プロミスを選ぶべきでしょう。プロミス・モビットだったら一定条件を満たした人であれば、在籍確認の代替措置が認められているからです。なので、その代替措置によって、在籍確認を回避しながら借りることができるわけですね。ここではその、モビット・プロミスの代替措置について説明します。

プロミスの在籍確認の代替措置の内容・条件

まず、モビット・プロミスを比較した時、在籍確認の代替措置がより簡単なのはプロミスの方です。あくまで「信用度が高く、在籍確認を回避しなければならない事情がある」とプロミスが判断した人の身ですが、

  • 勤務先の保険証
  • 勤務先の給与明細

の2通りの書類を提出することで、代替措置として認められる…というのが基本です。これはあくまで基本で、実際にはその人の信用度に応じて、条件が追加されることもあります。また、提出した場合も希望に添えない場合はあります。

ということで、ある程度不確定要素はあるものの、プロミスだったらこのように「職場への電話連絡なしでキャッシングする道」も開かれているわけです。(他の消費者金融では、その選択肢自体がそもそもありません)

という点で「電話連絡なしで借りたい」という人にとっては、まずプロミスがおすすめだといえます。

モビットで在籍確認を回避する方法・条件

続いてモビットですが、これもまずプロミスと同じく、

  • 信用度(クレジットスコア)が高く、
  • 回避しなければならない事情がある

…という人に限られます。その条件の上で、プロミスより少し多めの代替措置が、設定されています。

  • 在籍証明…会社の保険証・給与明細などを提出(プロミスと同じ)
  • 年収証明…源泉徴収票・納税通知書・確定申告書などを提出
  • 身分証明…パスポート・運転免許証のどちらかを提出
  • 指定口座…三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行のどちらかを持っている

…という条件です。プロミスと比較して、かなり多いというのがわかるでしょう。

ただ、モビットの在籍確認の代替措置については、キャッシングの情報サイトでも諸説が入り乱れているので、実際の所はどうかわかりません。

  • もっと少ない条件のこともあれば、
  • これらをすべて満たさなければいけない

など、おそらく、その人の信用度によって、代替措置は変化すると思われます。この「その人の信用度によって審査の内容が変わる」というのは、在籍確認の代替措置に限らず、キャッシング審査全般に言えることです。

…以上、プロミス・モビットの在籍確認の代替措置について書きましたが、これは大手の消費者金融の中で、この2ブランドが持っている大きな特色の1つです。これは他の消費者金融ではできないことなので、たとえ数千円という超小口借入であっても、「職場への電話連絡なしで借りたい」という人は、プロミス・モビットを選ぶべきでしょう。

モビット・プロミスの代替措置を満たせない場合

で、在籍確認を回避したいけど、プロミス・モビットの代替措置の条件を満たせない…という場合はどうしたらいいか。これはアコムで借りるというのが一番です。理由は、

  • アコムは、在籍確認の電話自体は、必ずかける
  • しかし、確認が取れなくても「10万円まで」は即日融資してくれる
  • つまり「代替措置」は一切いらない

…ということです。後日あらためて在籍確認して、それで確認が取れたら限度枠を増やすというルールになっています。

アコムの場合「確認電話を必ずかけられる」ということで電話自体をなしにしたい、という人の場合、プロミス・モビットの方がいいといえます。しかし、

  • 別に、在籍確認の電話はされてもいい
  • 借入金額も10万円でいい
  • プロミス・モビットの代替措置は面倒(あるいは満たせない)

…という人の場合、アコムで借りた方が良いでしょう。これもやはり、数千円程度の小口借入でも、大手の消費者金融の中でアコムを選ぶ基準になります。

今後も給料日までのつなぎが必要なら、ノーローンがおすすめ

この「給料日までのつなぎで数千円必要」という状態が今後も続くのであれば、大手の消費者金融の中でもノーローンで借りることをおすすめします。理由は、

  • 何度でも1週間無利息というシステムがある
  • 今後の給料日前のつなぎでも、これを利用できる

…ということです。この「無利息期間」については、大手の消費者金融の中ではプロミス・アコムが「初回30日間無利息」というシステムを提供していますが、これは「初回のみ」しか使えないというデメリットがあります。

なので、給料日が来る度につなぎが必要…とわかっている場合は、ノーローンの「何度でも1週間無利息」が一番便利なわけですね。そのため、こうした事情がある人の場合は、ノーローンもおすすめします。

そもそも、お金が足りない状況を根本的に解決する必要がある

当然すぎるくらい当然ですが、このように「毎月給料日前になるとお金がなくなる」という場合、ノーローンの何度でも1週間無利息を利用するのもいいですが、資金繰りの根本的な改善が一番必要です。言われるまでもないでしょうが、こういう根本的な部分に手を付ける人が少ないので、これはぜひ意識してください。

このようにお金が不足する原因は言うまでもなく、

  • 収入が少ない
  • 支出が多い

…という2つになります。これ自体は当たり前なのですが、これらを改善するためには、たとえば「支出を減らす」に関していうと、

  • 何かの趣味を諦める
  • 不要な人間関係を遮断する
  • 家計簿をまめにつける

…などの努力をしなければいけません。特に、

  • 趣味を諦める
  • 人間関係を整理する

という点については最終的に「自分は何のために生きているのか」という問いと向き合うことになります。つまり、思い切り根本的な課題になるわけです。なので、一朝一夕でできることではないんですね。

しかし、これはどの道やらなければいけないことです。キャッシングするときでも必要がなくなった時でも、これはいつかやらなければ、本当に何のために生きているのかわかりません。「そんなこと考えなくても生きていける」という人もいるかも知れませんし、それはそれでいいのですが、その人は自分が求めているものを、本当に手にしているだろうかと考えるべきです。

あらゆる欲望を「妄想だけ」で終わらせていないか、ということですね。妄想に浮かんだ以上、自分はそれをやりたいわけですから、ある程度まではやはり挑戦すべきだと自分は思います。もちろん「どこかで悟る」ことも重要ですが、それは「およげ!たいやきくん」の歌のたいやきくんのように一度海に出て挑戦した人間だけが、引ける線なのです。挑戦もしたことがないのに、何のために生きているかも考えたことがないのに、悟った「ふり」をすべきではないでしょう。

…と、少々哲学的な話になりましたが、最終的に「資金繰りを見直す」ということは、こういうことになるのです。

まとめ「給料日までのつなぎで数千円借りる」

以上給料日までのつなぎで数千円キャッシングしたいという場合のお金の借り方についてまとめてきました。再度ポイントをまとめると、

  • 数千円だったら、消費者金融でも利息はほとんどない
  • だから、スピードを重視して消費者金融で借りる
  • 銀行カードローンで借りる必要はない
  • 大手の消費者金融だったどこでもほぼ同じだが、
  • 在籍確認を回避したい場合はモビット・プロミスがいい
  • モビット・プロミスの代替措置を満たせない場合は、
  • アコムなら確認が取れなくても10万円まで借りられる
  • 毎月給料日前がピンチになるなら、ノーローンもおすすめ
  • 「何度でも1週間無利息」というシステムがあるので、
  • 短期間のつなぎで何度借りても無利子でいける

…という風です。最後に書いた「そもそもの資金繰りの話」も含めて、参考にしていただけたら幸いです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP