ノーローンのデメリットは? ~大手の消費者金融の中で一番、審査通過率が低い~

ノーローンのデメリットは? ~大手の消費者金融の中で一番、審査通過率が低い~

ノーローンでお金を借りることのデメリットは何か。これは、

となります。ただ、「審査通過率」以外は、少々「無理して書いた」ようなデメリットであり、実際には、

  • 何度でも1週間無利息は、期間こそ短いものの、
  • 「何度でも使える」という点で、独特のメリットがある
  • ノーローンの最高借入枠は300万円で、
  • 確かの他の消費者金融の500万円800万円よりも小さいが、
  • そもそも、300万円すら、ほとんどの人は借入不可
  • なので、最高融資枠はあまり関係ない

となります。つまり、もしノーローンにデメリットがあるとしたら審査が厳しいということです。これと中心に書いていきます。

ノーローンは、大手の消費者金融で一番審査が厳しい

消費者金融は審査に通りやすいとよく言われますが、ノーローンはやや例外で、消費者金融ではあるものの、やや銀行カードローンに近い審査通過率…と言われています。

もちろん、それでも銀行カードローンよりはだいぶ審査に通りやすいのですが、それでも「とにかく借りやすいキャッシング業者がいい!」という人だったら、他の消費者金融にした方がいいでしょう。

審査スピードは最速だが、その分厳しい

ノーローンのメリットとして「審査時間が最速」という点がよく指摘されます。他の消費者金融がみんな「最短30分」なのに対して、ノーローンは「最短20分」ということです。

確かにスピードキャッシングができる…というのはメリットなのですが、その分クレジットスコアが一定以下の人は、ズバズバ切られる…と思ってください。審査が早い理由は、「信用度が低い人を、どんどん足切りしているから」と言われます。

(本当かどうかはわかりませんが、そういう口コミ・評判があります)

もちろん、これが本当だったとしても見方によってはこれはいいことです。要するに、借入超過者多重債務者が出るのを防止する…ということですから。なので、決してノーローンが悪いことをしているわけではありません。(むしろ良いことです)。

ただ、クレジットヒストリーが悪くて、厳しいキャッシング審査だと審査に通る自信がない…という人にとっては「少々、不都合な借入先」でしょう。もちろん、これもクレジットヒストリーを悪化させてしまったこと自体が悪いのですが…。

何はともあれそのように「できるだけ審査が甘い借入先でお金を借りたい」…という人であれば、ノーローンはおすできないということです。

クレジットスコアが高い人だったら、おすすめ

逆に言えば、

  • クレジットスコア(信用度)が一定以上の人だったら、
  • 問題なく審査に通るし、しかも最短20分で審査できるので、
  • 一番おすすめの消費者金融…ということも可能

となります。なので、要は「その申込者次第」ということですね。

  • クレジットスコアが高い人…おすすめ
  • クレジットスコアが低い人…おすできない

ということです。

ノーローンの最高限度額について

ノーローンの最高限度額は300万円です。他の消費者金融を見ると、

ということで、ノーローンだけが300万円と、少々最高借入限度額が小さくなっているわけですね。しかし、これはほとんどの人にとって、別にデメリットではありません。というのは、

  • 300万円を消費者金融で借りるには、
  • 貸金業法総量規制によって、
  • 年収900万円が必要
  • だから、ほとんどの人は300万円借りることはできない

ということ。つまり一番低い、ノーローンの最高借入枠すら、ほとんどの人にとっては無関係なわけです。まして、500万円や800万円という、アイフル・モビット・アコムなどの最高借入限度額は、全然関係ない…というわけですね。

おまとめローンの場合は?

キャッシングの知識の豊富な人だったら「いや、おまとめローンだったら、300万円くらいは割とよく行く」という指摘もするかも知れません。その通りです。しかし、

  • 消費者金融で借り入れの一本化をするには、
  • おまとめ専用のコースを利用しないといけない
  • そして、おまとめ専用のコース・プランになると、
  • プロミス・アコムなども「限度額が300万円になる」

ということです。もちろん、ノーローンのおまとめローンの「かりかエール」も300万円まで借入可能です。つまり、

  • 唯一、消費者金融で300万円借りる機会である、
  • おまとめローンの場合は、
  • ノーローン以外の消費者金融も、みんな「300万円まで」

ということですね。なので、結局ノーローンの300万円という最高融資枠が「デメリット」になることはない…というわけです。

「何度でも1週間無利息」について

ノーローンの無利息期間は「何度でも1週間無利息」というものですが、この期間の短さを、たまにデメリットとして書いている人がいます。確かにアイフル・プロミス・アコムが提供している初回30日間無利息と比較すると、日数は短くなっています。

しかし、そもそも日数で勝負していないんですね、ノーローンは。名前の通り「何度でも」というのが売りなのです。

  • 人間は、高額キャッシングが必要になることもあるが、
  • 10万円以下の少額のキャッシングを、
  • 「何度も」したい場合もある

ということ。一番わかりやすい例が「給料日前のつなぎ」ですが、これだと、

  • 高額で初回30日間無利息で借りられる、というよりも、
  • 少額で、何度でも1週間無利息で借りられる、という方が良い

…というのは言うまでもないでしょう。なので、ノーローンの「何度でも1週間無利息」というシステムは、人によっては、むしろ「初回30日間無利息」よりも便利な無利息サービス…となるわけですね。

もちろん、これはどっちが上という話ではありません。要は、それぞれ「必要になる・役立つケースが違う」ということです。両方の無利息期間が必要なのです。

(余談ですが、この無利息期間というサービスを最初に始めたのはノーローンです。ノーローンという名前は、無利息という意味なんですね。無利息サービスを広めるために、つけた名前なのです。)


以上、ノーローンでお金を借りるデメリット(実際には、審査が厳しいということ以外はないのですが)について書いてきました。ここまでも書いてきた通り、

  • 審査基準が少々厳し目とはいっても、
  • その分即日借入のスピードが早いし、
  • クレジットスコアが高い人にとっては、
  • むしろ、一番いい借入先かもしれない

といえます。こうしたことも考慮して、他の消費者金融とノーローンを比較してみて下さい。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP