SMBCモビットの最短即日融資のメリット ~10秒簡易審査・限度額が大きい・低金利~

SMBCモビットの最短即日融資のメリット ~10秒簡易審査・限度額が大きい・低金利~

SMBCモビットでキャッシングするメリットは、下の通りです。

  • 簡易審査の結果が、10秒で出る(すぐに大体の審査結果がわかる)
  • 消費者金融の中で唯一、800万円まで借入可能
  • 下限金利が大手の消費者金融の中で一番安い
  • WEB完結申込によって、ネット申込みでの借り入れが、一番しやすい

以下、それぞれ詳しくまとめていきます。

SMBCモビットは10秒簡易審査ができる

10秒簡易審査というのは、書類審査のようなものです。

などの基本的な情報を、ネット申込みのフォームから送信して、それでSMBCモビットが自動与信システムによって行う審査ですね。(こうした年収月収勤続年数などの「数値化できる情報」については、自動で審査できるのです。というより、自動でした方が間違いや偏見が入り込まなくて、いいのです)

そして、その簡易審査の結果を、10秒で知ることができる…というのがSMBCモビットの借入審査のメリット。10分ではなく、10秒です。つまり、申し込んだらすぐ「大体審査に通るかどうかがわかる」ということですね。

簡易審査はあくまで「仮審査」なので、下のようになります。

  • 「借りられる」という結果でも、本当に借入可能かどうかはわからない
  • 融資不可」という回答でも、実は借りられるかも知れない

こういうことで、一応「参考程度」となっています。しかし、下のようにも言えます。

  • 簡易審査とはいえ、勤務先情報から自宅情報まで、全て細かく書いている
  • それを審査した結果なのだから、大体は正しい

と考えていいでしょう。「それでも覆るケース」を今から書いていきますが、それに該当しない人であれば、大体簡易審査の結果が、そのまま本審査の結果にもなる…と思ってください。

簡易審査の結果が覆るパターン

一番多いのは「個人信用情報に問題があった」というもの。つまり、いわゆるブラックリストだった…ということですね。

日本では、指定信用情報機関という組織があり、JICC・CIC・KSCという3つの団体が、貸金業法・銀行法・割賦販売法などで、その「指定」の組織となっています。

そして、これらの団体が、個人の借入・返済の履歴を管理していて、そこに返済トラブル異動情報)が記録されていると、それがいわゆるブラックリストとなるわけです。

ブラックリストの具体的な例

ブラックリストとは具体的にどのような事故情報なのかというと、下の通りです。

これらのどれかを過去に経験した人であれば、SMBCモビットの簡易審査でも「受かっていたはずなのに、本審査で落ちた」という風になります。(もちろん、これはSMBCモビットが悪いのではなく、個人信用情報は、その消費者金融の社員さんなど、人間がアクセスしないと見れないものだから、当然なのです。これをコンピューターが自動的に見られるようにしたら、漏洩やハッキングのリスクが非常に高まりますからね)

ということで、過去に返済事故を起こしたことがある…という人の場合、下のようになります。

  • SMBCモビットの仮審査では通っていたけど、本審査では審査落ちになった

こういうこともありえます。逆に言えば、そういうクレジットヒストリーがなければ、SMBCモビットの簡易審査と本審査の結果が食い違うことは、少ないということです。

その他の食い違うケース

その他、本審査と仮審査の結果が違うケースとしては、これはSMBCモビット以外でも共通することですが、身分確認資料に問題があった…ということもあります。つまり、提出書類として出した、運転免許証パスポート個人番号カード保険証…といった書類に、問題があった…ということですね。たとえば、例を出すと下の通りです。

  • 有効期限が切れていた
  • 不鮮明だった
  • 現住所と記載住所が違っていた

などです。この最後の「現住所と違う」というのは、割とよくあることでしょう(私も今、運転免許証の住所と現住所が違います。パスポートも違います。)

これは「引っ越した後で、運転免許証やパスポートの更新をしていない」という時に起こる現象ですが、これは割とよくあることなので、これだけで即審査落ち…という風には、基本的になりません。

現住所が違う時は、公的書類を合わせて出す

こういう時は、大体「公的書類」を一緒に提出するよう、求められます。つまり、電気・ガスの料金など、公共料金の請求書(あるいは領収書)ですね。

それを出せばOKという風なので、本審査が「少々複雑になる」ことはあっても、「審査に通らない」ということは、あまりありません。もちろん、本人確認資料についてはOKでも、その他の部分で問題があって、審査に通らない…ということはあるでしょう。

なので、必ずしも公的書類を提出すれば審査に通る…というわけではないのですが、何にせよ、必要書類が原因で、本審査で落ちる…という例は、少ないということです。

(不鮮明だった時なども、再提出になるだけですからね)

結論…簡易審査の結果は、大体正しい

少々長くなりましたが、こうした理由から―。

  • SMBCモビットの簡易審査の結果は、大体正しい
  • その「ほぼ正しい審査結果」が、10秒でわかる
  • 急ぎでお金が必要な時に、こうやってすぐ結果がわかるのはありがたい

これは、他のプロミスアコムアイフルなどの消費者金融にはない、SMBCモビットならではのメリットです。

こうしてすぐに審査結果がわかると―。

  • もし落ちてしまった場合に、次に申し込むキャッシング業者への
  • 申し込みの準備をする

などの対策を打つことができます。情報がリアルタイムで伝わるというのは、そういう風にありがたいことなんですね。

なので、特に緊急でお金が必要になったら、まずすぐに審査結果を知りたい…という人は、SMBCモビットでお金を借りるようにするといいでしょう。

SMBCモビットは800万円まで借入可能

また、SMBCモビットの借り入れのメリットとして、最高借入限度額が大きい…という点も挙げられます。他の消費者金融は―。

こういうことで、借入可能金額は小さめになっています(最高の金額でも)。しかしSMBCモビットは「800万円まで融資可能」ということで、数百万円以上の高額キャッシングをしたい…という人でも、問題なく対応できるわけですね。

もちろん、800万円の借入審査に通るというのは、並大抵のことではありません。

年収の3分の1までという制限つきで、800万円を借りるには、年収2400万円が必要…ということです。当然無理ですよね(笑)。年収3000万円で、世界的なレベルで見ても「富裕層」になるわけですから。

(世界的な基準でみたら、日本人はランクが上位になると思っている人がいるかも知れませんが、逆です。世界各国の富裕層が勝負すると、日本人はかなり不利なのです)

という富裕層の話はさておき、そのくらいの年収が必要なので、SMBCモビットで800万円借りられる人はハッキリ言っていないのですが、それでも―。

  • 場合によっては必要なこともある
  • その時、最初から借入不可なのと、借りられるだけの与信枠があるのとでは、やはり後者の方がいい

こういうことは確かでしょう。大は小を兼ねるではありませんが、最高限度額も大きければ大きいほどいい…という考え方もあるわけです。

(もちろん、ほとんどの人にとっては関係ないメリットですけどね)

SMBCモビットは、下限金利が大手の消費者金融の中で一番低い

SMBCモビットの下限金利は「3.0%」ですが、これは大手の消費者金融の中で最安となっています。下限金利だけで大手の消費者金融を比較してみると、下のようになります。

SMBCモビット 3.0%(実質年率 *下限金利のみ記載)
プロミス 4.5%(実質年率 *下限金利のみ記載)
アイフル 4.5%(実質年率)
アコム 3.0%(実質年率)
ノーローン 4.9%(実質年率)

このように、アコムと並んで一番低金利となっています。

WEB完結申込によって、SMBCモビットはネット審査がしやすい

また、SMBCモビットはWEB完結申込というシステムが整備されていて、ネット申込みでの借り入れが、もっともしやすい金融機関の一つとなっています。

WEB完結申込とはどんなシステムかというと、下の通りです。

  • 来店不要
  • 郵送も不要
  • 電話審査も不要

こういう内容です。

このようになっています。WEB完結といっても、一応「自分の携帯への確認電話」だけはあります。これだけはやらないと誰かが成りすましで申し込んでいる…という可能性もあるので、これだけはむしろ「やらない方が不安」と思ってください。

(また、勤務先への在籍確認の電話もありますが、これはSMBCモビットでもどこでも同じなので、これも理解してください。ちなみに、キャッシング業者によっては、特に中小業者だとこれを回避する方法や、いわゆる代替措置などもあるようです。


以上、SMBCモビットのキャッシングのメリットについてまとめてきました。特に簡易審査の結果が10秒で判明するというのは、急ぎでお金を借りたい人にとって(急ぎで審査結果を知りたい人にとって、大きなメリットでしょう。そうした方を含めて、多くの人におすすめです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP