プロミスのメリット ~最短即日融資がしやすい・30日間無利息・低金利~

プロミスのメリット ~最短即日融資がしやすい・30日間無利息・低金利~

プロミスでキャッシングするメリットは、下の通りです。

  • 大手の消費者金融の中で一番低金利
  • 初回30日間無利息でキャッシングできる
  • 三井住友銀行の提携ATMが無料で使える

こういう三点が主なものになります。(プロミスでキャッシングするためには、WEB明細利用・メールアドレスの登録が必要です)

という注意書きをした上で、以下、それぞれ詳しくまとめていきます。

プロミスは消費者金融で一番低金利

プロミス実質年率は、「4.5%~17.8%」となっています。この金利のうち、多くの人のキャッシングで適用されるのは、上限金利の「17.8%(実質年率)」の方ですが、これは大手の消費者金融の中で一番低金利になっています。

プロミス 17.8%(実質年率 *上限金利のみ記載)
他の消費者金融 18.0%(実質年率)

こういうのが大手の消費者金融の上限金利で、プロミスだけが唯一、18.0%でないんですね。

もちろん、0.2%違っても、それほど利子総額は変わらない…という指摘もあるでしょう。実際その通りですが―。

  • 融資する消費者金融の側からしたら、0.2%の違いはものすごく大きい
  • 年間の利益が「5000億円」だとしたら、その0.1%は5億円なので、0.2%の違いは「10億円」になる

金額が大きすぎてピンと来ないでしょうが、下のように言えます。

このような点で「想像難しい」ことは、想像できるでしょう。そして、このような「大変な」サービスをしているということは、下のように言えます。

  • プロミスがそれだけ「顧客本位」でやっている証であり、利息自体はそれほど変わらなくても、サービス全般で、使いやすさが全然違う

と言えるわけです。そういう「利用者を第一に考えているか」という点で、この0.2%の金利差は大きいわけですね(第一で考えていないと、これだけ負担の大きいことは、できませんから)。

なお、プロミス以外の大手の消費者金融の金利(実質年率)については、下の記事で詳しく書いています。こちらもよろしければ、参考にしてみてください。

0.2%の金利差というのは、どのくらいなのか

実際、上限金利が0.2%違うというのは、実際の利子総額にするとどのくらいの違いになるのか。この計算のやり方を書いていくと、下のようになります。

  • たとえば「10万円」借り入れしていたら、「実質年率0.2%」というのは、一年間で、10万円の「0.2%」の利息がかかる、という意味
  • 10万円の1%は1000円
  • 0.2%は「200円」
  • つまり、10万円を1年借りた時、「200円」の利息差が生じる

「それだけ?」と思うかも知れませんが、それだけです。ちなみに―。

  • 1年で「200円」なので、1ヶ月だと「18円」程度

つまり、上限金利が0.2%違っても、実際の利子総額としては、全然違わないわけですね。

金額ではなく「顧客本位」に意味がある

つまり、プロミスの「大手の消費者金融で一番低金利」というのは、実は「金額」の問題ではなく、上に書いたような「顧客本位の経営をしている」という所に、意味があるわけです。金額だけ見たら、ハッキリ言って、まったく違いはないわけですね。

なので「プロミスは一番安く借りられます!」という、一部のキャッシングの情報サイトが書いている宣伝は、間違っているわけです。確かに「一番安い」ですが、金額に注目するなら、違いはないも同然なのです。

それより大事なのは―。

  • 利用者にとっては大した違いでなくても、企業の側からしたら「ものすごく痛い」金利差を、経営努力によって、実現している

このような点なんですね。「顧客本位」と口でいうのは簡単ですが、少なくとも「金利」で見れば、大手の消費者金融でそれをやっているのはプロミスだけ…ということになるのです。

「いや、金利を下げただけじゃん」と思う人もいるかも知れませんが、その「金利を下げるだけ」が、どれだけ難しいか(どれだけ巨額になるか)ということは、先に書いた通りです。

その難しいことを実際にやっているという点で、プロミスが一番低金利であることは、下のように言えます。

  • 金額以上に、「顧客本位」を実際に行動で示している

こういうことに意味があるのです(まとめとして、再度書くと)

プロミスは初回30日間無利息で借入可能

また、プロミスは初回30日間無利息でキャッシングできるようになっています。(この条件で借りるには、WEB明細利用・メールアドレスの登録が必要です)

これは大手の消費者金融では―。

もやっていますが、プロミスはここまで書いた通り「通常金利も一番安い」ので、利息面で大手の消費者金融のナンバーワンは、プロミスということになります。

初回30日間無利息については、新生銀行カードローン レイクなどもやっています。大手の銀行カードローンでは他に楽天銀行スーパーローン(カードローン)もやっていたのですが、今公式サイトを見る限り、やっていないようです。

(一時的はキャンペーンだったのかも知れません。2015年の6月に開始したのは確かなのですが)

その他、しずぎんカードローン「セレカ」が「最大45日間利息キャッシュバック」などの無利息サービスを提供していましたが、これも2016年の6月30日で終了します。

というように、銀行カードローンの無利息期間がどんどんなくなっていく中で、プロミスやアイフルなどがやっている初回30日間無利息の価値は、さらに高まっていくでしょう。

*アイフルの初回30日間無利息については、下の記事でも解説しています。

プロミスは三井住友銀行の提携ATMが無料で使える

また、プロミスでお金を借りるメリットの一つとして、三井住友銀行のATMが、借入・返済ともに利用手数料なしで使える…という点があります。これについてポイントをまとめると、下のようになります。

  • 消費者金融は、提携銀行のATMを基本的に無料で使えない
  • SMBCモビットが期間限定で三井住友銀行の提携ATMを無料で使えるが、常時無料で使えるのは、今のところプロミスだけ

こういう条件になっています。つまりプロミスは―。

  • プロミスの自社ATMだけではなく、三井住友銀行の提携ATMも無料で使えるので、借入・返済が、一番しやすい消費者金融である

借入・返済のしやすさでも、プロミスは大手の消費者金融の中でトップなんですね。

返済がしやすいのは大きい

借り入れの手数料はそれほど重要ではないのですが、返済の手数料が無料になる…というのは、非常に大きいことです。理由は下の通りです。

  • 何度返済しても手数料がかからないとなると―。
  • 1000円などの少額でも、余裕がある時はどんどん追加返済臨時返済をしようという気になる
  • そうやって小まめに臨時返済をすると、返済することが習慣になっていき、さらに簡単になり、モチベーションが上がる

要は「好循環が生まれる」ということですね。「習慣は、第二の天性である」という言葉もありますが、人間の行動は―。

  • 行動すると習慣になり、習慣になるから、さらに行動する

このように、常に循環するのです。つまり、好循環にもなるし、悪循環にもなる…ということですね。

でプロミスのように返済手数料がかからない(三井住友銀行とプロミスの提携ATM)という条件だと、当然返済に関して、この好循環が起きやすいのです。少なくとも、「返済手数料がかかる」というよりは、起きやすいのは間違いないでしょう。

そして、そうやってどんどん任意返済をしていけば、最終的な利子総額が安くなる…ということも言うまでもありません。なので、みずから早期返済することに酔って、低利息にできるという意味でも、プロミスは有利なんですね。

(初回30日間無利息など、あらかじめ決まっているサービスだけではなく)


以上、プロミスでキャッシングするメリットについてまとめてきました。最後に箇条書きで整理すると、下のようになります。

  • 上限金利が大手の消費者金融の中で一番安い
  • 金額にすると大した差ではないが、難しいサービスを実現しているという点で、「顧客本位」を実践しているといえる

これが、まず一つ目のメリット。

これが、2つ目のメリット。そして3つ目のメリットが―。

  • 三井住友銀行の提携ATMが無料で使える
  • 返済手数料も無料なので、どんどん臨時返済でき、最終的な利息総額が安くなる

このように、キャッシングのどのポイントを見ても、大手の消費者金融の中で一番有利なのはプロミス…といえます。どこかでお金を借りたいと思っている方には、真っ先におすすめすべき消費者金融と言えるでしょう。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP