シングルマザー・ファザー(母子父子家庭)の借り入れと、国の融資制度のまとめ|キャッシング用語集

シングルマザー・ファザー(母子父子家庭)の借り入れと、国の融資制度のまとめ|キャッシング用語集

この記事では―。

の女性・男性の借り入れについて、キャッシングだけでなく、母子福祉資金・父子福祉資金などの制度や、債務整理などの手続き費用を国が立て替えてくれる「法律扶助」などを紹介していきます。生活が苦しいシングルの女性・男性に参考にしていただけたら幸いです。

「シングルマザー」の借り入れ

シングルマザーの女性は、当然生活資金を稼ぐのが大変なので、自然とキャッシングが必要になることも多いでしょう。

こうしたシングルマザーの女性の借り入れについてまとめると、下のようになります。

資金用途はたとえば、例を出すと下の通りです。

  • 就学(お子さんの)
  • 修繕(住居などの)
  • 就職(女性本人・お子さんとも)
  • 転居(引っ越し)
  • 生活費(その他全般)

など、ありとあらゆる利用用途が揃っています。そして、それぞれの使い道に応じて、適切な必要金額が融資されるようになっています。そして、金利についても、無利息か、あるいは奨学金レベルの「最安レベルの低金利」なので、かなり日常生活の助けになるでしょう。

また、女性ということで―。

といった女性専用ローンでお金を借りる…という方法もあります。ただ、これらについては下の通りです。

  • 女性だからといって、審査が甘いというわけではないし、普通のカードローンと比較して、特別低金利になるわけでもない

という点は注意してください。

「シングルファザー」のキャッシング

実は、シングルマザーだけではなく、シングルファザーの男性(父子家庭)でも、「父子福祉資金」というものが用意されています。以前は「母子福祉資金しかない自治体が多かったのですが、たとえば、例を出すと下の通りです。

  • 京都府が、2014年10月から「父子福祉資金」をスタートさせるなど、父子家庭に対しても、支援制度を整える自治体が増えた

こういう状態です。(京都府の父子福祉資金の公式ページはこちら↓)

http://www.pref.kyoto.jp/kateishien/news/husikasituke.html

審査基準を簡単にまとめると、下のようになります。

そして、借入可能金額、借り入れの利用用途などについては、シングルマザーの場合と、ほぼ同じです。

「超低金利」の借り入れ

超低金利の借り入れは2種類あって―。

最近「奨学金はサラ金より悪質」などという論調が随所で見られますが、これは完全に間違いで―。

もう、「比較するまでもなく、奨学金が超低金利」というのはわかるでしょう。

(これは別に、消費者金融が金利が高いというわけではなく、奨学金がそれだけ低金利なのです。

もちろん、奨学金の返済に苦しんでいる人が多い…というのは事実ですが、それは奨学金を借りてまで、大学に行く意味がなくなっただけであって、奨学金自体が悪いわけではないのです。

(悪いのは「大学くらい出ないと」という、日本人の「固定観念」です。これだけ国際レベルで競争が激化しているのだから、いい加減、これまでの日本の「世界で一番成功した社会主義」を、早く捨てればいいと思うのですが…)


と、もう一つの「超低金利」である無利息サービスですが、これについて説明していきましょう。

「無利息サービス」とは

これは文字通り「キャッシングの利息をタダにする」というものですが、具体的には下のような無利息サービスがあります。

  • 初回30日間無利息
  • 5万円まで180日間無利息
  • 何度でも1週間無利息
  • 最大45日間利息キャッシュバック

最後の「最大45日間利息キャッシュバック」は、しずぎんカードローン「セレカ」が提供していたものですが、2016年の6月30日で終わってしまうので、注意してください。

何はともあれ、このように「30日」などの期間を区切って利息をゼロにする…というサービスやキャンペーンがあるわけです。たとえば、これを提供しているプロミスアコムアイフルなどの消費者金融でキャッシングすると―。

  • 最初の5ヶ月で完済すれば、一般的な銀行カードローン(実質年率14.5%の銀行)よりも、実際の利子総額が安くてすむ

このようになっています。

(なお、プロミスで初回30日間無利息でお金を借りるためには、WEB明細利用・メールアドレスの登録が必要です)

そして、話を戻すと

  • 「最初の1ヶ月」で生まれた利子総額のリードが、埋まるまでに5ヶ月かかる

そのため、5ヶ月程度の短期間で完済する自信がある人は、これらの30日間無利息のサービスがある消費者金融で借りて、早期返済する…というのが一番いいわけですね。

「資金用途」について

資金用途というのは、利用用途と同じ意味です。要するに「借りたお金の使い道」のことですね。そして、消費者金融やクレジットカードなどでキャッシングしたお金は、基本的に資金用途自由なのですが、下のように言えます。

これらは、当然NGとなっています。また事業性資金についても借入不可となっています。

事業用の資金は「真面目な借り入れなのでいいじゃん」と思われるかも知れませんが、これはこれで、別にビジネスローンというものが用意されているのです。なので、通常のフリーローンではなく、そうした事業者向けローンで借りればいい…ということなんですね。

たとえば消費者金融で展開されているビジネスローンだと―。

といった、ものがあります。これら消費者金融のビジネスローンに加えて、銀行のビジネスローンでも、「三菱東京UFJ銀行の融活力など、ありとあらゆる商品があるので、基本的に借入先はたくさんあるわけです。(普通のキャッシングで借りることにこだわらなくても)

…ということで、ビジネスのための資金調達をする方法は、たくさんあります。会社代表者法人経営者個人事業主自営業の方々は、こうした借入方法もぜひ参考にしてみてください。

「審査が厳しい」キャッシング

多くの人が探しているのは、審査が甘いキャッシングでしょうが、ここではその逆の「審査が厳しい」借入審査について語ります。

簡単に書くと下の通りです。

といえます。協同組織金融機関という名前からしてお堅いですが、要は下の通りです。

こうした組織ですね。銀行よりもさらにローカルな金融機関です。これらもカードローン・クレジットカードをそれぞれ提供しているのですが(何と、漁協でもクレジットカードを発行しています)、これらは基本的に審査が厳しくなるわけですね。(代わりに低金利です)

当たり前ですが、低利子で借りられる借入種別は、すべて審査が厳しくなります。住宅ローンもそうですし、マイカーローンなど、その他の目的別ローンでも何でもそうです。

奨学金にしても、普通は有利子の「第二種」ですが、無利子の「第一種」を借りるには、「成績優秀」でないといけません。(逆に言えば、成績優秀であれば、無利息で借りられる…ということです)

というように、どんな内容の借り入れであっても、低金利で借りる、あるいは「無利息で借り入れる」となると、どうしても「審査基準が厳しくなる」わけですね。これはキャッシングの知識の常識というよりも「この世の常識」なので、この点は理解してください。

(ことわざでいうなら、虎穴に入らずんば虎子を得ず…のようなものです。英語でいうなら「No rain, No rainbow」ですね)

借入金の「使い道」

先に「資金用途」の部分でも書きましたが、基本的にキャッシングで借りたお金というのは、何に使っても自由です。ただ、ギャンブル投資はNG、また「他社借入の返済に使う…というのもNGです。

その他「常識で考えてこれはダメだろ」というものも、当然全部借入不可となります。ただ、そうした例外的なものを除けば、大体の使い道はOKになる…と思って下さい。

「母子家庭」の借金について

母子家庭の女性の借り入れについては、先ほどシングルマザーの部分でも書いた通り―。

こういう結論になります。そして、これではもう間に合わない多重債務者借入超過者になってしまった女性の場合、「法律扶助」を利用して、自己破産などの債務整理をする費用を「国に立て替えてもらう」という方法があります。

箇条書きすると下のようになります。

  • 自己破産をするには、司法書士・弁護士に依頼する費用や、裁判所に収める費用で、最低23万円程度、不動産などの資産を持っている場合は、45万円程度かかる
  • しかし、それを全部国が立て替えてくれる
  • これは「タダ」ではないので、返済が必要
  • しかし、毎月「3000円~5000円」程度の少額でいい

自己破産は実は特にデメリットもないので、もしもう、生活福祉資金母子福祉資金などの国の融資では間に合わない…という状態になっていたら、こうした方法もおすすめします。

  • 若林司法書士事務所「シングルマザーのための借金苦からの脱却」
  • http://www.hayabusa-wakaba.com/借金に苦しむシングルマザーのために/

(詳しくは、こちらのサイトさんを参考にしてみて下さい。)

「住民票」とキャッシング審査

住民票は、キャッシング審査で特に活躍する(必要になる)書類の一つ。といっても「本人確認資料」として使うわけではありません。

  • 無収入の専業主婦の女性が、配偶者貸付という制度を使って、夫・旦那の収入によって借りる…という時、「婚姻関係の証明書」として提出する

こういうものです。婚姻関係の証明書は他に―。

などもありますが、一番簡単なのは「住民票」なので、多くの人が住民票を提出しています。

そして、何で「婚姻関係の証明書」が必要なのかというと、下の通りです。

  • 女性が専業主婦として生活しているのであれば、その配偶者(夫・旦那)は、日本人の平均的な年収月収を稼いでいる…と考えられる

つまり、その女性が今「問題なく生活している」という時点で、それ自体が信用度の証明…となるわけですね。なので後は―。

  • その女性に「夫・旦那がいる」ことが分かれば、「おそらく、この人が女性の生活資金を支えているのだろう、とわかるので、それで借入可能となる

もちろん、キャッシング金額は30万円や50万円というような少額なので(最大でもです)、それだったら「どの家庭でも大丈夫」ということなんですね。平均的な専業主婦のいる、日本人の家庭であれば。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP