銀行の目的別ローン(住宅・トラベル・リフォーム・マイカー)などのまとめ|キャッシングの用語集

銀行の目的別ローン(住宅・トラベル・リフォーム・マイカー)などのまとめ|キャッシングの用語集

この記事では、銀行の目的別ローンを中心に、キャッシングの用語をいろいろ解説しています。キャッシングの知識を深めたいと思っている方、利用用途が決まっていて、お金を借りる場所を探している…という方は、参考にしていただけたら幸いです。

キャッシングの「借入件数」

キャッシングの借入件数は、意味は当然そのままです。しかし、「何を、その他社借入件数に含めるか」という「範囲」に関して、ルールがあるんですね。

たとえば消費者金融の審査の場合は、「他社借入」に含むものは、下の通りです。

意外と少ないんですね。そして、逆に「他社借入」としてカウントしないものは―。

といったものです。要は「真面目な借り入れ」のことですね。(クレジットカードのショッピングは、真面目な借り入れかどうかわかりませんが…)

「目的別ローン」というのは、下のように言えるからです。

このように「利用用途」が明確に決まっている…というものです。投資ギャンブルなどに使えないし、他社借入の返済にも使えないので、破産のリスクが少ない…ということですね。

なので、このような目的別ローンは借入種別の評価も高くなるのです。なので、こうしたものは消費者金融のキャッシング審査では、「他社での借り入れ」としては計算しない…ということです。

「住宅ローン」とキャッシング

いわゆる「真面目な人」が、キャッシングで破産する原因の最たるものとして「住宅ローンの返済」があります。典型的なパターンは―。

  • ボーナス払いを多めに設定していたが、ボーナスが出ないか、減額されて、払えずにカードローンでお金を借りた

こういうパターン。もちろん、一度だけだったらいいのですが、下のように言えます。

  • 1回ボーナスが出なかった会社は、その後も出ないことが多い
  • それどころか、年収月収自体、減らされることが多い

こうして「全体的」に低収入になっていくと、住宅ローンの返済だけではなく、そもそも日常生活自体が厳しくなってくので、それでそのまま借金地獄になってしまう…ということですね。

もちろん、これはあくまで「最悪のケース」であって、ここまで行く人はめったにいません。(だからみんな、住宅ローンでマイホームを建てても、普通の生活をしています)

なので、あくまで「住宅ローンを甘く見過ぎない方がいい」という程度の注意書きですが、こういうパターンもある…ということは重々意識して下さい。

(なお、この「住宅ローンの返済から破綻するケースが多い、というのはアイフルの元トップセールスマンだった、笠虎崇氏の著書でも、よく指摘されていることです。

「トラベルローン」とは

トラベルローンは旅行に関連する費用をキャッシングする、目的別ローンのこと。銀行が提供するものもありますし、キャッシング業者が提供する場合もあります。

また、クレジット会社ももちろんありますし、他のカードローンとの違いとして、「旅行会社が直接提供するケースがある」という点も指摘できます。

  • JTBやHISなどの旅行会社が、「うちのツアーを利用する」などの条件で、業者・銀行などの旅行ローンよりも、低金利で融資する

こういうパターンですね。旅行会社としては、下の通りです。

  • トラベルローンの利息をもらえる上に、そもそも、自社のツアーやパッケージが売れて、そちらの「販売収益」も出ているわけだから、多少低金利にしてもOK

そのため、すでに利用する旅行会社が決まっている場合は、銀行や消費者金融のトラベルローンを使うよりも、旅行会社が提供するものの方がいいかも知れません。

「リフォームローン」とは

リフォームローンは、名前通り「リフォームの資金調達をするための目的別ローンです。主に銀行が提供しています。

リフォームに関する費用であれば、大掛かりなものから小規模なものまで、何でもOKです。請求書などによって利用用途を証明する必要がありますが、別に虚偽申告でリフォームローンを借りようとする人はいないはずなので、これは特に問題ないでしょう。

そして、具体的にどのような実質年率借入可能金額となっているのか、スペックの一例を見てみましょう。

三井住友銀行のリフォームローンの概要です)

  • 限度額…1000万円(最高)
  • 担保…無担保でOK
  • 年齢制限…20才~70才まで
  • 年収200万円以上
  • 最低金額…10万円から(1万円きざみ)
  • 返済期間…1年~15年以内
  • 融資利率…変動金利(案件ごとに変わる)

普通の三井住友銀行カードローンなどとは違い、「実質年率が一律に決まっている」というわけではないんですね。

ちなみに、リフォームローンもトラベルローン同様に、「住宅会社が提供している」ということもあります。場合によっては、そちらの方が低金利になる可能性もあるので、そちらも合わせてチェックしてみて下さい。

「マイカーローン」とは

マイカーローンとは、自動車ローンのことです。自動車やバイクの購入はもちろん、自動車に関連する費用であれば、すべての資金用途がOKとなっています。たとえば、例を出すと下の通りです。

  • 自動車学校に通う学費
  • 車検の費用
  • 車のパーツ
  • カーナビなどのオプション
  • 修理代・メンテナンス費用

といったものですね。もちろん、「暴走族のようなカスタマイズ」の場合は、審査に通らないかも知れませんが、何はともあれ、一般的な自動車関連の費用であれば、大体借入可能となっています。

ちなみに、これもやはり自動車学校であれば「教習所が提供するローン」もあるので、通う自動車学校が決まっているなら、それを利用する…という方法もあります。(餅は餅屋ではありませんが、やはり商品を売る人間が一番、それを安く売れるので、どこでそのサービスを受けるか決まっている場合は、そこでローンを組んだ方がいいのです。もともと、日本の分割払いもそうやって発生したものですからね)

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP