キャッシング審査で借入不可・審査落ちとなる条件(職業・属性・年収・月収などのまとめ)

キャッシング審査で借入不可・審査落ちとなる条件(職業・属性・年収・月収などのまとめ)

キャッシング審査で「融資不可」「審査落ち」となる原因はいろいろありますが、ここではその条件について、年収・月収・職業・属性などの観点から、詳しくまとめていきます。

キャッシングで「借入不可」となる条件

キャッシング審査で借入不可とされる条件は、要は総合的に信用度クレジットスコアが足りない…ということ。具体的には下のような内容になります。

というもの、一般的に大体想像がつく内容だとは思いますが、このように総合的に見て信頼性に問題がある人は、カードローン審査でも落ちやすくなっています。

カードローンで必要な「年収」

カードローンやクレジットカードの審査を通過するために、必要な年収はいくらか―。これは、

  • 貸金業法的には、
  • 借入希望金額の3倍の年収(総量規制のルールより)
  • 実際には5倍から10倍は必要

という風になっています。つまり、たとえば「10万円」キャッシングしたいのであれば、「50万円~100万円」の年収は必要…ということです。こうして年収で書くと大きい金額のようですが、「月収に換算すると」それほどでもないことがわかります。

  • 年収50万円…月収4万円
  • 年収100万円…月収8万円

ということですからね。なので、月収で言うなら「大体8万円」あれば、とりあえず10万円という最低ラインの借り入れくらいはできる…と考えていいでしょう。会社員・OL・公務員のの方々はもちろん、パート・アルバイト・フリーターなどの非正規雇用の方々でも。

「非正規雇用」のキャッシング

非正規雇用の方々でも、キャッシングはもちろんできます。非正規雇用というのは、

  • パート
  • アルバイト
  • フリーター

などの「社員」でない方はもちろん、

  • 契約社員
  • 派遣社員
  • 嘱託社員

といった「正社員でない会社員」の方も含みます。もしこれらの方々がキャッシングできないとなったら今の日本では、大部分の人がお金を借りることができないということになります。なので、非正規雇用でもキャッシングできるというのは、当たり前なんですね。派遣社員や契約社員の方々はもちろん、アルバイト・パート・フリーターの方々でも、当然可能です。

(もちろん、一定の年収や最低限のクレジットヒストリーなどは必要になりますが)

「パート」の借り入れ

パートの方々でも、もちろんキャッシングは可能です。パートというと大体主婦の女性を指すことが多いですが、

  • 一般に「主婦は借入不可」と言われる時は、
  • 「無収入の専業主婦」のことを指していて、
  • 自分の収入がある「パートの主婦」の場合は、
  • 借入可能となっていることが多い

というわけです。パートでもアルバイトでも、要は「自分の安定収入」があればいい…というのがキャッシング審査を通過するための基本なんですね。

そして、パート収入がどのくらいあればいいかですが、大体「月収8万円か7万円程度が、最低ライン」と思ってください。ギリギリのギリギリだと「月収5万円」でもOKな場合がありますが、

  • これはかなり勤続年数が長い人や、
  • 官公庁などの安定した職場で勤務している人

など、かなり「好条件」の方に限られます。

借入審査で必要な「月収」

借入審査を通過するために必要な「月収」はいくらか。これは、

  • ギリギリのギリギリで「5万円」
  • 基本的には、最低でも7万円~8万円程度
  • できれば「10万円」は欲しい
  • 「12万円」程度あれば、かなりの確率で審査に通る

という風に言えます。これらの根拠は、まず「5万円」から書くと、

  • 月収5万円ということは、年収に換算して「60万円」である
  • 総量規制のルールによって「年収の3分の1」までは融資可能なので、
  • この人は「20万円」までは借り入れできる…ということになる

ということ。ただ、総量規制はあくまで「これ以上はキャッシングできない」という「マックス」のラインなので、それよりやや下げて「10万円」になることが多いです。

しかし、何にせよ単純計算から行けば「月収5万円」ある人であれば、一応「10万円」程度の借り入れはできる…というわけです。

で、あとはそれより多めということで、7万円や8万円が「ボーダーライン」となり、「10万円」以上になると、かなり安定する…というわけですね。

「月収12万円」については、

  • 銀行カードローンよりも低金利な「ろうきんカードローン」がある
  • この審査基準は「年収150万円以上」というもの
  • 月収が12万円あったら、ほぼ年収150万円である

ということで、月収12万円あったら、

  • 銀行カードローンの半分程度の低金利である、
  • 労働金庫のカードローンの審査で問題なく通るので、
  • 銀行カードローンでも消費者金融でも、クレジット会社でも、
  • 大体審査通過できる…と考えられる

というわけです。もちろん、これも絶対ではありませんが、かなりの確率で借りられる…と考えていいでしょう。

(当然ですが、これまでに債務整理自己破産などの異動情報を記録していない…というのが条件です)

キャッシング審査の「ボーダーライン」

キャッシング審査のボーダーラインは、いろいろありますが、まず年齢制限については、

  • 未成年・10代・20才未満は基本的に借入不可
  • 高齢者については、
  • 消費者金融だと「69才まで」
  • 銀行カードローンだと「65才まで」

というのが基本になっています。また、年収・月収については、

  • 月収…5万円が超ギリギリ、8万円程度がボーダーライン
  • 年収…60万円は最低でも必要、できれば90万円程度欲しい

という風になります。また、その他の職業・属性については、

  • 学生は、銀行カードローンだと借りられないことが半分程度
  • 大手の消費者金融だったら、アルバイト収入さえあればOK(あと、20才以上であること)
  • 無収入の専業主婦は、銀行カードローンだったら借りられる
  • ↑(大手の消費者金融では借入不可)

という風になっています。まだ、借入審査の「ボーダーライン」はたくさんありますが、ひとまずこれらを参考にしていただけたら幸いです。

「事業用」の借り入れ

事業用の借り入れ、つまり「事業性資金」ですが、これは普通の消費者金融銀行カードローンのキャッシングだと、大体禁止されています。「事業性資金は借入不可」ということですね。

しかし、これはあくまで「普通のカードローン」の話であって、

  • 事業用は事業用で、
  • それ専用のビジネスローンがあるので、
  • 消費者金融でも銀行でも、そちらで借りればいい

ということ。ちなみに、消費者金融のビジネスローンだと、

というものが、それぞれ提供されています。銀行のビジネスローンだと、三菱東京UFJ銀行の「融活力」など、消費者金融よりさらに与信枠が大きく、低金利な事業者向けローンが提供されています(ただし、審査基準は消費者金融よりも当然厳しいですが)

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP