他社借入件数・異動情報・借入可能な条件のまとめ ~キャッシングの用語~

他社借入件数・異動情報・借入可能な条件のまとめ ~キャッシングの用語~

キャッシングの用語について、特に頻出するものの意味や、関連知識をまとめていきます。借り入れに関する知識を深めたい方に、参考にしていただけたら幸いです。

キャッシングで「借入可能」となる条件

キャッシングで借入可能となる条件は、主に

などとなります。大体この辺りは、誰でも想像がつく内容でしょう。つまり普通の生活をしている人であれば、キャッシング審査は基本的に通る…ということなんですね。

「他社借入件数」について

キャッシング審査での他社借入件数について、ポイントをまとめると、

  • 銀行カードローンや教育ローンなど、
  • 「真面目な借り入れ」は含まないことが多い
  • また、クレジットカードでも、
  • 「キャッシング枠」は含むけど、
  • ショッピング枠」は含まないことが多い

…という風になっています。何が判断の分かれ目かというと、

ということ。いきなり「法律的な話」になりましたが、要は、

  • 買い物などではなく、
  • 現金を直接融資するやり方で、
  • 銀行が関わっていないもの

がすべて、「貸金業法」の管理下になる…ということです。で、そういう「貸金業法」で管理される借り入れのみが
「他社借入件数」に含まれる…(ことが多い)というわけですね。

借入審査でいう「普通の生活」とは

キャッシングやクレジットカードの審査でいう「普通の生活」というのは、

というものです。「普通だな」と思うでしょう。基本的にキャッシング審査というのは「普通の生活をしていれば借りられる」ものなのです。失礼かも知れませんが、キャッシング審査で落ちるというのは、

というような「明らかに問題がある生活をしている」(してきた)というケースのみなんですね。かくいう私自身もクレジットカードの強制解約になったことがあり、今も絶賛ブラックリスト入り中なので、人のことは言えません(笑)。

何にせよ、そういう(私のような)変な生活をしてきた人でなければ、銀行カードローンでも消費者金融でも、普通の借入審査は大体通るのです。

「異動情報」とは

異動情報とは、要は「返済トラブル」の記録です。なぜ「異動」というのかというと、

  • 当初の契約とは「異なる」状態に「動いた」
  • つまり「5月1日」までに返済するはずだったのに、
  • それをオーバーして「当初の契約」が破棄された

ということです。一日の遅延延滞だけでこういうのは大げさかも知れませんが、一応法的には「1日までに返済する契約が、破棄された」ということになるわけですね。

なので「異なる状態に動いた」ということで「異動情報」というのです。

「異動情報」はどこに記録されているのか

で、このキャッシングやカードローンなどの異動情報というのは、どこで記録・保管されているのか。これは、

という3通りの個人信用情報機関となっています。それぞれの違いは、特になく、強いて言うなら、

  • CIC(シーアイシー)は、
  • 「貸金業法」「割賦販売法」の両方で、
  • 指定信用情報機関期間となっている

一方、JICC、KSCについては、

  • JICC…貸金業法のみ
  • KSC…銀行法のみ

ということで「指定信用情報機関とされている」法律が少ない…という違いはあります。また、具体的にいうと、たとえばau(KDDI)は、CIC(シーアイシー)には登録していても、JICCには加入していないという点などが指摘できます。

(この記事の執筆時では加入していなかったのですが、その後変わっているかも知れません)

「CRIN」で情報共有されているから、あまり関係ない

ただ、この「管理する個人信用情報の幅」というのは、あまり関係ないのです。というのは、

  • 3つの個人信用情報機関ともすべて、
  • CRINというネットワークに参加している
  • このCRINを通じて、それぞれの信用情報を共有している
  • だから、どこで返済事故を起こしても、結局知られる
  • なので、それぞれの違いは、借り手にとっては特にない

ということ。もちろん、借り手にとって違いがないというだけであり、参加している企業や業界人からしたら、やはり違いがあります(管理する法律や、上に書いたKDDIのケースのように)。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP