借入審査に関する用語のまとめ ~審査落ち・融資不可となる条件など~

借入審査に関する用語のまとめ ~審査落ち・融資不可となる条件など~

このページでは、キャッシング用語の中でも、特に「借入審査」に関する用語と「審査落ち」に関する単語をまとめていきます。少々ネガティブかも知れませんが、借入審査に落ちないための参考にしていただければ幸いです。

キャッシングで「融資不可」となる条件

カードローン審査で融資不可となる条件は、大体下のようなものです。

というもの。要は一般的に想像されるような内容です。これらの内容に合致していると、審査落ちの可能性が高まってしまう…というわけですね。

キャッシングの「属性」とは

キャッシングの属性とは「信用情報」のこと。信用情報とは「年収・職業・住居・ローンや公共料金などの支払い情報」のことです。これらを総合して、「その人物は、経済的に信用できるのか」…ということを判断するための情報ですね。

ただ、これは「辞書的」な定義であって、キャッシング審査の世界では、

  • 属性情報…職業・収入・自宅など
  • 借入情報…他のローンや、公共料金の支払いなど

という風になっています。つまり、辞書の定義では「借入情報」も「属性」に含めているのですが、カードローン審査の世界では、これは分ける…ということですね。

なぜ分けるのか?

これは、

  • 能力
  • 実績

の2つに分けているということ。つまり、

  • 能力…年収・職業など
  • 実績…支払情報

ということですね。日常生活を想像するとわかりますが、

  • 能力はあっても、実績は出せない人
  • 能力はないけど、実績は出している人

の両方がいるでしょう。もちろん、「能力があって、実績を出している」という人もたくさんいますが。

要は「実績と能力は別物」ということなんですね。で、これは分けて審査すべきということで、キャッシング審査の領域では、辞書の定義と違い、この2つは分ける(ことが多い)わけです。

「公共料金」の支払いとキャッシング

公共料金とキャッシングの関わりで一番気になるのは、やはり延滞すると、ブラックリストに入るのか…ということでしょう。これは、

  • 滞納しても、ブラックリストには入らない
  • 電気・ガスなどを止められるだけ
  • ただ、「クレジットカードでの支払い」にしている場合は、
  • 「クレジットカードで遅延した」という扱いになるので、
  • 異動情報として記録される

ということです。クレジットカードでの支払いにしていなければ、

  • 電気・ガスや水道などの公共料金は、
  • まず「供給を止める」のが基本であって、
  • 個人信用情報機関への報告や登録などはしない

…という風になっているんですね。ビジネスとしてやっているわけではありませんから。(正確には東京電力などの企業として、ビジネスをしているわけですが、それでもクレジット会社などとは、少々性質が違う…というのはわかるでしょう)

ただ、公共料金の中でもたとえば、

  • インターネット料金
  • 携帯電話の料金

などの「通信系」は違います(これらはもともと公共料金とは言いませんが)。これらの場合、

  • プロバイダがクレジット会社に「収納代行」を依頼していることがある
  • その場合、そのインターネット料金などの支払いに遅れると、
  • そのクレジット会社が「指定信用情報機関」に報告するので、
  • ブラックリストとして記録されることがある

ということ。また、携帯通信会社については、

  • NTTドコモ・ソフトバンク・auともに、
  • CIC(シーアイシー)などの個人信用情報機関に加入しているので、
  • これらの携帯通信会社が直接「報告」する

ということで、これもやはり「ブラックリスト入り」する可能性があります。

借入審査の「審査落ち」

借入審査で審査落ちする原因は、上の「融資不可」の部分で書いた内容と同じです。要は総合的に信用度クレジットスコアが低い…ということですね。

基本的にキャッシング審査というのは特別なことは何もなく、一般的な常識にかなり近いものがあります。つまり、

ということです。なので、客観的に自分を見つめて「自分が業者・銀行・クレジット会社の側だったら、この人に融資するだろうか」と考えてみるといいでしょう。

「借入審査」について

借入審査という言葉はかなり広いですが、キャッシングだけではなく、クレジットカードや分割払い、あるいは住宅ローンなど、ありとあらゆる内容を含む…と考えていいでしょう。

で、これらの借入審査で必ずチェックされる情報は、下の2通りに分かれます。

という2通りです。それぞれの意味・内容は、

  • 属性情報…氏名・生年月日などの個人情報や、年収・職業などの仕事の情報
  • 借入情報…これまでの借入・返済の履歴、現時点の借入状況など

というもの。つまり、

  • 属性情報…「どんな人」か
  • 借入情報…「どんな借入・返済」をしてきたか

ということ。

  • 人間としてはいまいちでも、
  • 「借入・返済の履歴は抜群」

と言う人なら審査に通ることもあるし、逆に、

という人の場合は、借入不可となる…ということも多いわけですね。

というように「どんな人か」「どんな支払いをしてきたか」という二面によって、判断するわけです。音楽を「作詞と作曲」で判断するのにも近いですね。メロディとリズムでもいいですが。

「借入・返済の履歴」について

その人の借入・返済の履歴は、すべて個人信用情報機関に記録されています。個人信用情報機関は日本では3つあって、

となっています。基本的に、これらが管轄する情報の違いは特にありません。いわゆるブラックリストに記録されるような「返済事故」を起こすと、これらの指定信用情報機関のどれかに記録され、それがCRINというネットワークを通じて共有され、新規の借入審査に通らなくなる…ということですね。

「指定信用情報機関」とは

指定信用情報機関は、上に書いた「借入・返済の履歴」を記録している組織のこと。「個人信用情報機関」とも呼ばれます。

「指定」というのは何かというと、

などの、借り入れを管理する法律で、「指定」されている組織…ということですね。つまり、たとえば貸金業法を見ると「個人信用情報を管理する組織は、JICCとする」のように、「指定」されているわけです。

ちなみに、

  • 貸金業法…JICC
  • 銀行法…KSC

と指定されているのですが、CIC(シーアイシー)だけは、

  • 貸金業法
  • 割賦販売法

の両方から指定されています。これは、

  • CIC(シーアイシー)は主にクレジットカードの情報を扱っている
  • クレジットカードは「キャッシング」が貸金業法にあたり、
  • ショッピング枠が「割賦販売法」に該当するので、
  • 両方の法律から「指定信用情報機関」とされている

というわけです。なので、KSCやJICCが一つの法律からしか指定されていないからといって、別にCIC(シーアイシー)に劣る…というわけではありません。

「借り入れ」について

「借り入れ」の意味は、『デジタル大辞泉』では下のようになっています。

金銭や品物を借りること。

で、その対義語が「貸出」です。貸出というと図書館を連想する方も多いでしょうが、そう考えると「借り入れ」という言葉も、「お金」だけではなく「物の貸し借り」にも、もっと使われていいわけですね。

(たとえば、ゲームソフトを借り入れするとか…)

「借入」という文字が含まれる専門用語だと、

  • 借入金
  • 借入資本

などがあります。それぞれの意味は、

  • 借入金…企業や政府の借金。約束手形や、借用証書などを作成して、資金調達する
  • 借入資本…借り入れによって作った資本金。「他人資本」とも言う

ということです。と、少々国語的な解説になりましたが、要は借り入れというのは「借金」のことだと思っていただければOKです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP