信用組合・農協・漁協・保険会社からお金を借りる方法&銀行の目的別ローンなど|キャッシング用語集

信用組合・農協・漁協・保険会社からお金を借りる方法&銀行の目的別ローンなど|キャッシング用語集

お金を借りたい時は、消費者金融や銀行カードローンなどのキャッシングを利用するだけではなく―。

  • 農協
  • 信用組合
  • 保険会社

といった、もう少し「お堅い組織」から資金調達する方法もあります。ここではそれらの「お堅い組織」や、関連するキャッシング用語についてまとめていきます。

「貸金業」とは

貸金業とは、個人や事業者、お金を貸す事業のこと。そして、下のように言えます。

などは除外します。正確な定義は、Wikipediaだと下のようになっています。

貸金業(かしきんぎょう)とは、金融の形態の一つで、消費者や事業者を対象に金銭を貸し付ける(融資を行う)ことを行う事業(銀行や協同組織金融機関、保険会社、証券金融会社、短資業者等を除く)です。

(https://ja.wikipedia.org/wiki/貸金業)

要約すると下のようになります。

  • 金融の形の一つ
  • 対象…個人・企業
  • 内容…融資(お金を貸す)
  • 除外…銀行・保険会社・証券金融会社など

で、それを一文でまとめたのが、上のものです。

「協同組織金融機関」とは

協同組織金融機関とは、信用金庫労働金庫などのことです。要は下の通りです。

  • 銀行っぽいけど、銀行ではない、そんな金融機関

ですね。信用金庫・労働金庫以外では―。

要はこういう「ローカルな感じがする」金融機関のことです。

「保険会社」とキャッシングの関係

保険会社でも、実はキャッシングができます。箇条書きすると下のようになります。

  • 契約者貸付制度というシステム
  • 自分が「積み立てたお金」を借りる
  • これは「解約返戻金」といって、満期の時に全額戻ってくるもの
  • つまり「本来、自分のお金」である

このようになるわけです。

  • 「自分のお金」を借りるので、審査はまったくない(無審査)
  • そして、金利も安い(当たり前ですが)

そのため、いざという時、生命保険などに加入している方は、この「契約者貸付制度」を使えば、キャッシング審査などをわざわざ受けることもなく、楽にお金を借りられる…というわけですね。

なので、下のようになります。

などを探さなくても、生命保険でお金を積み立てている…という方の場合は、こうした借り方もあるわけです。

できるだけ、契約者貸付制度は使わない方がいい

ただ、この契約者貸付制度を使うのは、あまりおすすめできません。というのは、下のように言えるからです。

  • もともと自分のお金だから、金利など払う必要がないのに、それをわざわざ払わないといけない

この理屈はわかるでしょう。しかし、もちろん、金利を払うのは当然で―。

  • 保険会社としては、「○○年まで、返済しなくていいですよ」と言われて、預かった
  • それを「やっぱり、今すぐ貸してくれ」と言われた

こういうことですからね。これは当然「困る」わけです。なので「困った代」として、手数料をとるわけです。

より専門的に言うと、下のようになります。

  • 生命保険会社には「期限の利益」があった
  • 期限の利益とは「期限まで、返さなくていい権利」である
  • それを、利用者の都合で「消滅」させた
  • 「利益を消滅」させたので、それに見合った「利益」を渡す必要がある

なので「自分のお金なのに金利が発生する」というわけですね。

「農協」のカードローン

農協にもカードローンがあります。

  • 「JAネットローン・カードローン」というもの
  • 金利は地域の農協によって違う
  • しかし、大体実質年率で11%~14%程度

となっています。その他のスペックなどもまとめていくと、下のようになります。

  • 与信枠…10万円~500万円(10万円単位で決定)
  • 契約期間…契約日から1年後まで
  • 担保…不要
  • 保証人…不要
  • 必要書類…身分確認資料のみ
  • 収入証明書100万円の借り入れまでは原則不要
  • 年齢…20才~70才(未満)

これについてコメントしていくと、下のようになります。

こういう風。大手の消費者金融も、プロミスアコムアイフルなど、すべて「500万円」の限度額になっていますからね。

こういう例外はありますが、何にせよ、最高極度額については、農協のカードローンも、これらの大手の消費者金融・銀行カードローンと大体同じ…ということです。

また、年収確認資料の提出が必要な金額については下の通りです。

  • 三菱東京UFJ銀行と同じ(100万円から)
  • 消費者金融より、提出の基準がゆるい
  • 消費者金融だと「50万円から」提出する必要がある

…という風になっています。

「漁協」でお金を借りる方法

漁協でもお金を借りることができます。

  • カードローンも提供しているし、漁協のクレジットカードもあるので、どちらでもお金を借りることが可能

こういうわけですね。もちろん、住宅ローンや漁業用の融資…といういわゆる真面目な借り入れもあります。

そして、こうした漁協の融資についてポイントをまとめると、下のようになります。

  • 農協は「JAバンク」だが、漁協は「JFマリンバンク」という金融機関がある
  • ここが発行するクレジットカードは「マリンクレジット」
  • カードローンは、特に商品名がない
  • また、詳細もそれぞれの漁協に問い合わせる必要がある

つまり、「カードローン」はあまり熱心に運営されていない印象ですね。代わりにクレジットカードは割と力を入れているので、もし「キャッシング枠」でなく「ショッピング枠」が貰えればいい…という場合は、漁業従事者の方は「マリンクレジット」を発行してお金を借りると良いかもしれません。

「信用組合」のキャッシング

信用組合でもお金を借りることができます。信用組合と信用金庫の違いは下のようになります。

  • 信用金庫は「エリア」のみで分かれる
  • 信用組合は「地域・業種・職場・民族」などでも分かれる

つまり、信用組合の方が、「いろんな人」が集まって、団体を作っているということなんですね。

そして、先にキャッシング・カードローンについて書くと、たとえば、例を出すと下の通りです。

  • 「近畿産業信用組合」が提供する
  • 「カードローンアルファ50」という商品

があります。このスペックを見ていくと、下のように言えます。

  • 金利…13.5%(実質年率)
  • 限度額…最大500万円
  • 審査基準…専業主婦・アルバイト・パートも借入可能(学生は不可)
  • 年齢制限…20才~65才

金利については下の通りです。

  • 銀行カードローンの平均レベルが「14.5%」なので、それより「1%」低金利(つまり、かなり低金利)
  • 大手の銀行カードローンの中で特に低金利なのは、イオン銀行・ソニー銀行で、「13.8%」
  • カードローンアルファ50の金利は、それに近い

このようになっています。そして、年齢条件については下の通りです。

  • 未成年・10代はキャッシング不可…というのは、どこでも同じ
  • 65才までというのは、銀行カードローンの年齢条件と同じ
  • 消費者金融だと「69才まで」になる

なので、これについては特に厳しくも甘くもなく…という印象ですね。(銀行カードローンと同じなので)

また、家庭に入っている女性(自分の安定収入があることが条件)のキャッシングができるという点でも、有利でしょう。銀行カードローンは、三井住友銀行オリックス銀行など、いくつか「無収入の女性では借入不可」という除外あるので。

信用組合の「ジャンル」

キャッシングの知識の一部として、信用組合のジャンルについても書いていきます。信用組合を分けるジャンルとして―。

  • 地域
  • 業域
  • 職域

があります。それぞれ簡単に書くと下の通りです。

  • エリア
  • 業種
  • 職場

そして、具体例を書くと、―。

  • エリア…青森県信用組合・茨城県信用組合
  • 業種…岩手県医師信用組合・新潟鉄道信用組合
  • 職場…神戸市職員信用組合・兵庫県警察信用組合

こうしたものです。

  • お医者さんや、鉄道員…というくくりで組んだり、「神戸市役所」とか「兵庫県警」という枠で組んだり

そして、変わったものとしては「民族」で組むというものもあります。いわゆる民族系信用組合と呼ばれるもので―。

  • 朝銀信用組合
  • 商銀信用組合

この2つがあり、それぞれ―。

  • 朝銀…在日朝鮮人の方々
  • 商銀…在日韓国人の方々

による信用組合となっています。

「銀行」でお金を借りる方法

銀行でお金を借りる方法は、大別すると下のようになります。

正確には「事業者向け融資」もありますが、「消費者向け」はこの3種類に分かれる…ということです。そして、それぞれの内容を簡単に書くと下の通りです。

  • フリーローン…いわゆるカードローン
  • 目的別ローン…住宅ローン、自動車ローンなど
  • クレジットカード…そのまま

銀行が発行するクレジットカードは、銀行系クレジットカードと呼ばれますが、たとえば、例を出すと下の通りです。

  • 三井住友銀行系…三井住友カード
  • 三菱東京UFJ銀行系…三菱UFJニコス
  • 新生銀行系…新生アプラスカード

などがあります。そして、「フリーローン」については、下で詳しく書いていきます。

「フリーローン」とは

フリーローンとは「利用用途が自由」ということ。

  • 住宅ローン…住宅用
  • マイカーローン…自動車用

このように「用途」が決まっていないということですね。一般的なキャッシングのイメージ同様「何でも自由に」使って良いのです。(もちろん、投資ギャンブルなどは利用不可です)

そして、フリーローンにも2種類のタイプがあります。

  • 一度借りたら、後は返済するだけ
  • 限度額の範囲内で、何度でも借りられる

一般的な「キャッシング・カードローン」というのは、後者の方ですね。これを「極度方式」と呼びます。

そして、前者のフリーローンについて解説しましょう。

最初から「必要な金額」だけ借りる

「利用用途が自由」と言っても、「必要な金額」は決まっているわけです(本来は)。なので、たとえば、例を出すと下の通りです。

  • 100万円200万円300万円の3通りが用意されていたら、その中で「自分にとって必要な金額」のコースを選び、審査に通ったらその金額を全額借り入れ、あとはひたすら返済するだけ

こういう風なんですね。住宅ローンなどの仕組みとよく似ています。

  • 最初に「一気に」借りる
  • そして、使う
  • 後は返済するだけ

つまり、こうしたタイプのフリーローンは―。

  • 教育ローンなどの「目的別ローン」と、普通の「キャッシング」の中間

と言ってもいい存在でしょう。

「目的別ローン」とは

目的別ローンとは、利用用途が明確に決められている借り入れ…です。具体例としては、下の通りです。

  • マイカーローン
  • 教育ローン
  • 住宅ローン
  • トラベルローン
  • ブライダルローン
  • リフォームローン

それぞれの利用目的は、言わなくてもわかるでしょう。というように―。

  • 何に使うのかが、ハッキリしているので、通常のキャッシングに比較して「破産のリスク」が低い
  • なので、銀行としても比較的低金利で融資できる

ただ、その分審査が厳しいことは確かです。「本当にその目的に使う」ということを証明できる書類を提出する必要がありますからね。

キャッシングの「利用用途」

キャッシングの利用用途は、消費者金融や自動車ローンなら、基本的に「自由」です。ただ、下のように言えます。

  • 事業性資金は不可(なことが多い)
  • ギャンブル投資も当然不可
  • その他、「他社借入の返済」なども、本来不可

このようになっています。最後のは「借り入れの理由」として不健全なので、審査ではそう言わないはずで、それはつまり「虚偽申告をした」…ということになりますからね。

なお、事業性資金については「ビジネスローン」を借りるという方法があります。ここではこうした「事業性資金の借り入れ」についても書いていきます。

「事業性資金」とは

事業性資金とは、「事業に使うお金」のことです。単純ですね。辞書に乗るような正式な日本語ではなく、あくまでキャッシング業界のみで使われている言葉です。

キャッシングの情報サイトではなく、銀行などの公式サイトで使われている例としては、下の通りです。

  • スルガ銀行「イービジネスダイレクト支店」
  • 「無担保で、最高300万円の事業性資金を、最長5年返済で~」
  • http://www.surugabank.co.jp/ebusinessdirect/financing/
  • みずほ銀行「事業ローン」
  • 法人・個人事業主さまに提供する事業性資金に関して提携を~
  • http://www.mizuhobank.co.jp/corporate/b_support/specific/ji_loan/index.html

などの記述があります。みずほ銀行やスルガ銀行も使っているくらいなので、「正式なキャッシング用語」と考えて下さい。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP