審査のポイントは?気になる金利や体験談を美人が解説!

モビット

モビット
  • WEB完結
  • 郵送物無し
  • 土日審査
  • 無利息期間
  • 専業主婦
  • フリーター
  • 学生
  • 未成年

実質年率3.0%~18.0%借入限度額800万円返済方式残高スライド

診断 審査時間 融資時間 収入証明書
10秒簡易審査 最短で30分 最短即日 必要
今すぐ「10秒の簡易審査」へ
女性講師

モビットの即日融資・まとめ

モビットの即日審査・当日融資について、金利・融資枠・勤務先への在籍確認・借りられる職業・属性など、すべての情報をまとめています。他の消費者金融や銀行カードローンとの比較もあるので、お金を借りる時の参考にしてみてください。

Q.モビットの金利は安い?高い?

A.他の大手の消費者金融と並んで、トップの安さ

モビットの金利(実質年率)は、3.0%~18.0%という数字。これは他の大手の消費者金融と並んで、キャッシング業界でトップレベルの低金利となっています。

下限金利(安い方の金利)の「3.0%」については、他の大手の消費者金融よりも安くなっていますが、これは、モビットだけ「最高限度額が800万円」と、金額が大きいため。キャッシングの下限金利というのは「限度額が大きいほど安くなる」のです。

なので、限度額が大きいモビットの下限金利が安いのは、当たり前なんですね。モビットの最高限度額が500万円だった頃、下限金利は「4.8%」だったことを考えると、「モビットだけ、特別下限金利が安い」というわけではありません。

もちろん「高い」わけでもありません。要は「他の大手の消費者金融と同じ」ということです。大手なので、当然中小消費者金融よりは低金利になりやすいですし、キャッシング業界全体でも、トップレベルの安さといえます。

Q.モビットは即日キャッシングもできる?

A.モビットは特に即日借入しやすい消費者金融の一つ

当日キャッシングに関しても、モビットは大手の消費者金融の中で「特に借りやすい」ブランドの1つとなっています。理由は在籍確認の代替措置があるということ。

消費者金融でも銀行カードローンでも、即日借入の一番の障害となるのは「在籍確認」なのです。土日・祝日・夜間など、勤務先が閉まっている時は、在籍確認が必須だとそれが原因でキャッシング審査に通らないということになりますからね。実際、年収・職業などの条件はまったく問題ないのに、「在籍確認が原因で審査落ちした」という人は多くいます。

ということで、この「在籍確認の回避ができる」ということは、「その消費者金融は当日借入をしやすいか」をはかる時に「人によっては一番重要な要素」の一つなんですね。

で、それをモビットは、プロミスとともに満たしている(在籍確認の代替措置をとることができる)ということで、「即日キャッシングがしやすい消費者金融の一つ、なのです。

Q.モビットの融資枠・極度額はいくら?

A.最高で800万円、実際には10万円~50万円

モビットの最高限度額は、大手の消費者金融の中で一番高く「800万円」となっています。他の消費者金融は全部500万円か300万円なので、モビットの「800万円」という最高限度額の高さは、ダントツです。

ただ、当然ですが実際に800万円や500万円という金額を借りることはできないですし、借りる必要もありません。「実際にキャッシングする金額」としては、ほとんどの人は10万円から50万円の間になります(モビットで初めてのキャッシングをする場合)。

もし、モビット以前にもどこかの消費者金融やクレジット会社などからキャッシングしていて、それを完済した経験がある…というクレジットヒストリーを持っている場合、そのクレジットスコアの高さに応じて、もっと大きな融資枠をもらえる…ということもあります。

ただ、とりあえず最初は「最高でも50万円」と思っておいてください。

Q.モビットは土日・祝日でも即日借入できる?

A.土日・祝日でも21時まで即日審査&当日借入可能

モビットは土日・祝日でも即日キャッシングできます。それも一番、土日・祝日に当日借入しやすい消費者金融です。

理由は先にも書いた「在籍確認を回避することができる」という点。土日・祝日の即日融資で一番の障害となるのが「勤務先への在籍確認」なんですね。当然ですが、土日・祝日で職場が閉まっていると、在籍確認が取れないからです。

なので、書類の提出によって、在籍確認を回避する(ことも場合によってはできる)プロミスとモビットは、土日融資に関しては「一番借りやすい」といえるのです。

Q.モビットは年末年始や連休でもキャッシングできる?

A.モビットは休業日が一番少ない消費者金融

年末年始やお盆・ゴールデンウィークなどの連休の即日キャッシングについては、モビットは文句なしの最強といえます。ポイントをまとめると、

  • ゴールデンウィーク・お盆・クリスマスは全日営業
  • 年末年始は「1月1日(元旦)」のみ休業
  • 残りの年末年始(大晦日・正月三が日)などはすべて営業(休みなし)

という風になっています。ちなみに、プロミスも同様に、元旦以外全日営業ですが、プロミスは「大晦日のみ、受付時間が短く」なっています。

しかし、モビットは大晦日でも時短がないんですね。「完全にいつも通り」の営業を、紅白歌合戦の最中もやっているということです。

ということで、このような「特別な祝日・休日」の即日借入に関しては、消費者金融の中でも、モビットは単独で有利ということです。

Q.モビットに「無利子期間」はある?

A.無利子期間や利息キャッシュバックはありません。

モビットには、プロミス・アコムの「初回30日間無利息」のような無利子期間はありません。モビットだけでなく、大手の消費者金融の中ではアイフルも「無利息期間なし」となっています。

ノーローンは「30日間無利息」はありませんが、「何度でも1週間無利息」というシステムはあります。ということで、大手の消費者金融5ブランドの中では、「モビット・アイフルのみ」が無利息期間なし、ということですね。

(この点は、モビットのデメリット・短所の一つといえます)

Q.モビットの「在籍確認の代替措置」の条件は?

A.主に「書類の提出」と「指定の口座を持っている」こと

モビットの在籍確認の代替措置を、簡単に書くと下のようになります(ただし、代替措置で許されるかどうかは状況・条件による、ということは、最初に知っておいてください)。

  • 指定の口座がある…三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行のどちらか
  • 在籍証明書…社会保険証・組合保険証など(給与明細書などでOKという説も、一部あり)
  • 指定の身分証がある…運転免許証・パスポートのどちらか(顔写真があるので)
  • 収入証明書…源泉徴収票・確定申告書・納税通知書など(これはいろいろOK)

という風です。もっと簡単に書くと、下の4つの内容を証明する、ということです。

  • 在籍
  • 収入
  • 身分(顔写真つきで)
  • 口座(お金の世界では、口座=身分に近い)

ということです。で、この代替措置の条件はプロミスよりかなり厳しいものになっています。

プロミスは主に「会社の保険証・給与明細書」を出せばOKと言われているので(総合的なその人の信用度にもよりますが)モビットよりは代替措置の条件が少なくなっています。

このように「条件はプロミスより厳しい」のですが、代わりにモビットの代替措置は条件を満たせば、特別な申し込みをしなくても、WEB申し込みでそのまま回避できるという強みがあります。いわゆる「WEB完結申込」というやつですね。

そのように「WEBだけ」で回避するには、どうしても「いろいろ調べなければいけない」ということです。それで厳しいわけですが、逆に言えば一般的な会社員・OL・公務員だったら、問題なく回避できる内容ですので、そうした職業・属性の方は安心してください。

(フリーター・アルバイト・パートの方など、「会社の保険証」がない場合は、少々難しいかも知れません)

Q.モビットの返済方法・手数料は?

A.銀行引き落とし・ATM返済・銀行振り込みなど

モビットの返済方法は、キャッシングでメジャーなやり方がすべて使えます。注意点としてはモビットの専用ATMはないということ。

よく勘違いされていますが、

  • 自動契約機
  • 専用ATM

の2つは違います。自動契約機はあくまで「審査」と「カード発行」をするためのマシンであり、ATMのように「借入・返済」はできないのです。

(お金を中で保管するかどうかというのは、大きな違いなんですね)

ということで、再度強調しますが、モビットに専用ATMはありません。たまに勘違いした(あるいはわざと間違えている)キャッシングの情報サイトがありますが、こうした情報は鵜呑みにしないでください。

で、その他の返済方法について書くと、月1回の銀行引き落としは、基本的に指定した方がいいでしょう。ただ「それ以外の時で臨時返済をして」「それが次の返済分を満たしていたら」銀行引き落としはされない、ということもあります。

臨時返済のやり方ですが、モビットは専用ATMはなくても、コンビニ・銀行のATMが全部使えるので、それらでいつでも返済できます。ATMの利用手数料については、

  • 三井住友銀行…無料
  • その他のコンビニ・銀行…有料(100円~200円)

となっています。三井住友銀行は「今だけのキャンペーン」といつも書かれていますが、長いこと続いているので、今後も無料で使えると考えていいでしょう。

Q.モビットの審査は厳しい?甘い?

A.消費者金融の標準レベル、アコム・アイフルよりやや厳しい?

モビットの審査通過率は消費者金融の標準レベルです。プロミスと並んで、審査通過率は大体40%~42%くらいです。

審査の難易度がプロミスに近い理由は、どちらも「三井住友銀行系」の消費者金融だからです(SMBCコンシューマーファイナンスのブランドですね)。

なので、プロミスのモビットの審査はほぼ同じ難易度なのですが、アコム・アイフルはそれより少し、審査に通りやすくなっています。それぞれの審査通過率を書くと、

  • アコム…47%程度
  • アイフル…45%程度
  • プロミス・モビット…40%~42%程度

となっています。審査通過率というのは、時期によって変動があるので、必ずしもこの通りにはなりません。しかし2013年~2015年を通算して見ると、大体このくらいになっています。。

ということで、審査の通りやすさだけ見るとアコム・アイフルの方が借りやすいといえるのです。ただ、このくらいの数%の違いは、

  • 普通の人にとっては、それほど大きくない
  • 借入状況・年収・職業などが一般的な人は、どの消費者金融でも審査に通るのが普通

ということで、あまり意識する必要はありません。逆に、

  • 職業が不安定だったり、年収が少ない
  • 軽度のブラックリストである
  • 現時点で他の借り入れが多い

などの条件を抱えている人の場合は、この数%の審査通過率の違いで、合否が決まるということもあるかも知れません。

…といろいろ書きましたが、モビットでも他の消費者金融でも落ちたとしたら、もう、

  • 債務整理をするか
  • 国の生活福祉資金などの支援を受けるか
  • 思い切りお金を稼いで、生活を立て直す

などの努力が必要な段階に来ています。間違っても、ヤミ金やクレジットカードの現金化業者などからは、借りないようにしてください。

Q.モビットは、フリーター・アルバイト・パートでも借入可能?

A.フリーター・アルバイト・パートでも、問題なく融資できます

モビットは、アルバイト・パート・フリーターなどの、いわゆる「非正規雇用」の人であっても、問題なくキャッシングできるようになっています。ポイントをまとめると、

  • 自分の収入があれば、基本的に誰でもOK
  • 勤続年数・月数は、大体3ヶ月以上(が最低ライン)
  • 月収は5万円程度が最低ライン
  • クレジットスコア(過去の借入・返済の履歴)などとの兼ね合いもある
  • なので、一概には言えないが、大体上のような基準

ということです。アルバイトで同じ「月収5万円」という条件でも、

  • 不安定なデザイン事務所
  • 市役所などの官公庁

という二箇所で働いている人だったら、断然後者の方が、モビットでも審査に通りやすいです。というように、月収や勤続年数・職業・属性などの条件が同じだったとしても「勤務先の業界・業種」などによって変わるので、一概には言えないんですね。

もちろん、これ以外でも「過去の借入・返済の履歴」など、ありとあらゆる条件がキャッシング審査には関わってきます。なので、あくまで大体の目安ですが、とりあえずフリーター・アルバイト・パートの人でも、

  • 勤続実績…3ヶ月以上
  • 月収…5万円以上

あれば、ギリギリ審査に通る可能性はある、と思ってください。

Q.モビットは、個人事業主でもキャッシングできる?

A.個人事業主・法人経営者でも借入可能です

モビットは、下のような「独立系」の職業の方でもキャッシングできます。

  • 個人事業主
  • 法人経営者
  • 自営業
  • フリーランス
  • 商店主
  • 会社代表者
  • 店舗経営者

…と、どれに分類される職業・属性の方でも、借入可能です(検索してくださる方の、どの立場にも該当するように、全部書かせていただきました)。

ただ、これら独立系の職業の人がキャッシングする条件として収入証明書の提出が必須ということがあります。ポイントをまとめると、

  • 本来「50万円」までは収入証明書なしでOK
  • しかし、これら「独立系の職業」の融資は、
  • 「借入金額がいくらでも」収入証明書が必須になる

ということです。これはモビットだけでなく、どの消費者金融・銀行カードローンでも同じルールです。やはり不安定な職業なので、せめて「年収だけでもしっかり確認しなければいけない」ということです。

Q.モビットで収入証明書として認められる書類は?

A.源泉徴収票・確定申告書・課税証明書などすべて

モビットで収入証明書として認められる書類も、他の銀行カードローン・消費者金融と同じです。種類を一覧にすると、

  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 源泉徴収票
  • 課税通知書
  • 納税証明書
  • 住民税決定通知書

…などとなっています。給与明細書は、公的な書類ではないので、NGになることがほとんどです。(役所など官公庁の場合、例外もあるかも知れません。それ自体が「公的機関の発行した書類」ですからね)

とりあえず、迷ったら「確定申告書・源泉徴収票」のどちらかと思っておけばOKでしょう。

  • 自営業…確定申告書
  • 会社員…源泉徴収票

を出せばOKです。(サラリーマンの場合、確定申告は基本的にしていないですからね)

Q.モビットは収入がない専業主婦でも融資OK?

A.モビットは専業主婦ではキャッシングできません

残念ながら、モビットは自分の収入がない専業主婦に対しては融資していません。これもモビットだけでなく、大手の消費者金融すべてで共通しているルールです。

無収入の専業主婦がキャッシングしたい場合は、基本的に「銀行カードローン」で借りるしかありません。消費者金融でも信販系・中小は「専業主婦に融資している」ところもあります。

しかし、それら信販系などは「配偶者の同意書必須」という条件のことが多くこれはつまり「夫バレ・旦那バレ必須」となっています。(相談なしで勝手に同意書を偽造してはいけないですからね)

ということで「夫バレ・旦那バレしないで借りられる」という点では、無収入の専業主婦の場合、やはり銀行カードローンしかないという結論になります。それも「夫・旦那の同意書なしでOK」という銀行カードローンですね。

たとえば「みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行・イオン銀行」など、主要な銀行カードローンの中では大体6つほどの銀行が、そのルールでやっています。なので、専業主婦の女性がお金を借りたい場合は、モビットなどの大手の消費者金融ではなく、これらの銀行カードローンを検討してみてください。

Q.モビットは学生でもキャッシングできる?

A.「自分の収入がある」「20才以上」の学生なら融資可能

モビットは学生でもお金を借りることができます。条件は2つで、

  • 自分の収入がある
  • 年齢が20才以上

ということ。収入はもちろん、アルバイトでOKです。月収は先の「アルバイト・パート」の欄で書いた通り、月5万円以上あれば、最低限のラインはクリアしている…と考えてください。(あくまで最低限です)

当然ですが、学歴などはあまり関係ありません。つまり「東大」だろうと「Fランク大学」だろうと、関係ないということ。こういうのは「学生専用ローン」の場合は多少関係ありますが、モビットのような大手の消費者金融になると、まったく審査に影響しません。

(そんなところまで見ていたらコストが掛かりますし、万が一その審査基準が外に漏れた時、イメージが悪化しますから)

ちなみに、大学生でなくて、

  • 専門学校生
  • 大学院生
  • 高専生

などの場合も、20才以上という条件を満たしていれば、もちろんOKです。

Q.モビットは、10代・未成年でも借り入れできる?

A.未成年・10代・20才未満は、モビットでも借入不可

これもやはり、モビットだけでなくどの消費者金融でも同じ審査基準ですが、20才未満・未成年の人は、キャッシング不可となっています。ポイントをまとめると、

  • 大学生でも不可
  • 働いていて、正社員だったとしても不可

ということです。高卒で働いていて、正社員だったらいいのではないか?と思う人も多いかも知れませんし、気持ちはわかりますが、これは大手の消費者金融や銀行カードローン、全てで共通のルールです。

未成年でしっかり働いているということは、とても立派なことだと思います(学生も、学業をしっかりしているなら立派ですが)。ただ、やはり未成年は金銭感覚がまだ未熟ということで、「破産者を出さないという社会的意義」のためには、どうしても「未成年には融資しない」という方針が必要なのです。

なので、これは別に貸金業法・銀行法で決まっているわけではありませんが、どの消費者金融・銀行カードローンも「自主的に」未成年に対しては融資しないようになっています。

(クレジット会社のみ、18才でも持てるクレジットカードには、5万円~10万円のキャッシング機能がつきます)

なお、余談ですが、「18才・19才で、すでに働いている」という人の場合、ろうきんカードローンでお金を借りることができます。ろうきんカードローンなら、

  • 年収150万円以上
  • 勤続1年以上

という条件を満たせば、18才以上ならお金を借りられるのです。つまり「働いている未成年」が、しっかり評価される金融機関はある、ということですね。

今すぐ「10秒の簡易審査」へ

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP