キャッシングの用語まとめ 「都市銀行・預貯金取扱金融機関・リース会社・実質年率」など

キャッシングの用語まとめ 「都市銀行・預貯金取扱金融機関・リース会社・実質年率」など

この記事では、キャッシングの知識として、「金融機関」に関連する用語や「金利」に関わる単語をピックアップして解説していきます。金融の世界に興味がある人は、特に参考にしてみて下さい。

「リース会社」とは

キャッシングに関連する会社…特に個人信用情報機関に参加している業態の一つとして「リース会社」というものがあります。リース会社とは何かというと、

リースとは,企業が機械,設備を調達する場合に,自社で購入する代りにリース会社にその物件を購入してもらい,それを借りて使用する,というシステムである。その物件を貸し出す産業をリース業という

…と、世界大百科事典(コトバンク)には書かれています。↓

https://kotobank.jp/word/リース会社-1435924

で、要約すると、

  • 企業の設備を「レンタル」する会社
  • その産業のことを「リース業」という

ということ。つまり設備のレンタル会社です。意外と簡単ですね(笑)。

なぜレンタル会社が、個人信用情報機関に参加するのか?

で、何でレンタル会社(リース会社)が、JICC(日本信用情報機構)などの個人信用情報機関に参加するのか。これは、

  • 企業がレンタルを申し込んできた
  • しかし「信用できる企業かどうか」がわからない
  • そうだ、個人信用情報を見よう

となるわけですね。で、その企業が過去に銀行などの融資で異動情報などを記録していないかどうか(いわゆるブラックリストになっていないかどうか)、

などの指定信用情報機関の情報をチェックして、確認するわけです。そして、もし代位弁済任意整理などの債務整理をしたことがある企業だったら、当然レンタルはしない…ということですね。

よく考えたら、リース会社のような業態で個人信用情報をチェックしない…ということの方が、相当危険なわけです。

「預貯金取扱金融機関」とは

簡単に書くと、

などのことです。で、何でわざわざ「預貯金取扱」という難しい言葉が入るのかというと、

  • 金融機関」だけだったら、
  • 実は「消費者金融」も入るし、
  • 「保険会社」や「リース会社」「投資会社」なども入る

ということ。「金融」に関する会社だからですね。で、

  • 一方、これらの金融機関は「預貯金業務」は取り扱えない
  • しかし、銀行や信用金庫はできる
  • だから「預貯金取扱」という言葉をつけて区別する

ということです。なので、世間的に、

  • 「金融機関」といったら、
  • 銀行や労働金庫・信用金庫だけだと思っているが、
  • それは「預貯金取扱金融機関」のこと

…となるわけです。

「都市銀行」とは?

都市銀行とは、簡単に一覧にすると、

となっています。で、Wikipediaの「都市銀行」から定義を引用すると、

都市銀行(としぎんこう)とは、普通銀行のなかで、東京・大阪などの大都市に本店を構え、広域展開している日本の銀行である。

となります。箇条書きで要約すると、

  • 普通銀行である
  • 「大都市」に本店がある
  • 広域展開している

ということ。で、さらに続きも要約すると、

  • 法的な根拠はない
  • 明確な基準もない
  • しかし、対象だけは限定されていて、
  • 上の一覧の5つの銀行に絞られる

となります。もう少し、Wikipediaの解説を見ていきましょう。

都市銀行の歴史と流れ

まず「都市銀行」という言葉が誕生したのが、1968年です。その時の定義は、

  • 普通銀行のうち、
  • 6大都市か、それに準ずる都市を本拠にし、
  • 全国か、複数の地方にまたがる

というもの。つまり、

  • 本拠地が「6大都市」のどこか
  • 広めに展開していること

ということです。意外と簡単な定義ですね。で、この定義に該当した当時の都市銀行の一覧は、まず今の三菱東京UFJ銀行だと、

  • 三菱銀行
  • 三和銀行
  • 東海銀行
  • 東京銀行

…となっています(これらは全部合併して、三菱東京UFJ銀行になったわけですね)。

で、「三井住友銀行」だと、

  • 三井銀行
  • 住友銀行
  • 神戸銀行

…という風。で、「みずほ銀行」系は、

  • 日本勧業銀行
  • 富士銀行
  • 第一銀行

となります。で「りそな銀行」系は、

  • 大和銀行
  • 協和銀行

…の2つ。もう一つ「北海道拓殖銀行」も都市銀行だったのですが、これは「普通に破綻」しました(つまり、今の銀行として、どこかに残っていることはありません。北洋銀行と合併する…という話もあったのですが、北洋銀行も断念するくらい、経営が悪化していました。

(この時期、山一證券や日本長期信用銀行も破綻しましたが、それと並んで「拓銀」の名前を覚えている方も多いでしょう)

というわけで、現在こそ「わずか5つ」しかない都市銀行ですが、

  • もともとは「13」あって、
  • それが「合併」していく中で、5つに集約された

ということなんですね。

「借りやすい銀行カードローン」とは

借りやすい銀行カードローンは、当然「うちは借りやすいです」とか「審査に通りやすいです」と公言している所は、どこにもありません(そんなパンクな銀行カードローンはありません)。

しかし、金融の世界の常識として、

  • 「金利が高い」ということは、
  • 多少「貸し倒れが起きてもカバーできる」ということなので、
  • 審査基準を下げることができる

というのは常識です。つまり、審査が甘いとか、審査がゆるいという意味ではありませんが、

  • 金融工学的に言えば、
  • 原理的に「金利が高い銀行カードローン」は、
  • 「少なくとも低金利な銀行カードローンより」
  • 若干借りやすい…かも知れない

といえます。(回りくどい言い方をしている大人の事情は、推察していただけたらと思います。ここで書いているのは、あくまで「金融の原理」の話です)

で、どの銀行カードローンが「金利が高い」のか

これも補足しておくと、

  • あくまで「上限金利」が高いだけである
  • 今から書く銀行カードローンはすべて「下限金利」は低金利
  • だから、高額借入だったら、低利息になる

ということ。その前提で読んでください。で、そんな上限金利が高い銀行カードローンは、

となっています。それぞれの上限金利を書くと、

  • 新生銀行カードローン・レイク…18.0%
  • オリックス銀行…17.8%
  • じぶん銀行…17.5%
  • ジャパンネット銀行…18.0%

という風。参考までに大手の消費者金融の上限金利も書くと、

となっています。この2つの消費者金融以外の、

の3つの消費者金融は、すべてアイフルと同じ「18.0%」です。つまり、

  • ジャパンネット銀行・新生銀行レイクは、
  • モビット・アコムなどと同じ金利であり、
  • プロミスより高金利である

ということ。そして、

  • オリックス銀行は「プロミスと同じ」であり、
  • じぶん銀行はこれらの消費者金融より「0.3~0.5%低金利」というだけ

なわけですね。つまり、これらの銀行カードローンの金利は「消費者金融並み」なのです。ということは、あくまで金融の論理からいったらですが、

  • 少なくとも他の「上限金利が低金利」な銀行カードローンよりは、
  • これらの銀行カードローンの方が「比較的」借りやすい可能性がある

ということですね。あくまで「金融の理論から推測すると」というだけです。

「上限金利」とは

上限金利とは「その消費者金融・銀行カードローン・クレジットカードで、一番高い金利」のこと。つまり、

  • それ以上は上がらない金利
  • 100万円以下の借り入れの時に、適用される金利

となります。つまり、ほとんどの人のキャッシングでは、上限金利が適用される…というわけですね。なので、

  • その消費者金融銀行カードローンが低金利かどうか知りたい…という時は、
  • 実質年率…4.5%~18.0%、というような数字を見るのではなく、
  • 「上限金利だけ」を見ればいい

ということなのです。下限金利というのは、最低でも500万円~800万円程度キャッシングしないと適用されないものなので「ほとんどの人にとっては、関係ない」わけですね。

「下限金利」とは

で、上限金利の反対となるのが下限金利です。つまり、

  • 一番安い金利
  • 最高限度額近くまで借りた時の、適用金利

ということです。例えばプロミスアイフルなどの大手の消費者金融の下限金利を一覧にすると、

  • プロミス…4.5%
  • アイフル…4.5%
  • モビット…3.0%
  • ノーローン…4.9%
  • アコム…4.7%

という風になっています。こうして見るとモビットが一番低金利なようですが、

  • モビットの最高融資枠は「800万円」である
  • キャッシングというのは、借入金額が増えれば増えるほど、低金利になっていく
  • モビット以外の消費者金融は、最高借入枠が「500万円」である
  • ↑(ノーローンは300万円)
  • だから、最高融資枠が最大のモビットが、
  • 下限金利が一番安いというのは、当たり前

ということなんですね。もちろん、当たり前だからといって「モビットは低金利ではない」というわけではありません。要は大手の消費者金融の金利は、下限金利でも大体同じ…ということです。

「実質年率」とは

これは、「年間に、借入金額の何パーセントの利息が発生するか」という数値です。たとえば、

  • 「実質年率20%」だったら、
  • 「100万円」借りていたとすると、
  • その20%…つまり「20万円」が、
  • 年間利息になる

ということです。で、「1年で20万円」ということは、1ヶ月で大体「1万8000円」となります。そして、

  • 1ヶ月で1万8000円なら、
  • 1日あたり、600円の利息である

ということですね。なので単純計算ではありますが、

  • 100万円を実質年率20%でキャッシングしたら、
  • 1日あたり、600円の利息がかかる

ということです。

「法定金利」とは

法定金利とは、文字通り「法律で決められている金利」で、キャッシング金額ごとの上限金利となっています。一覧にすると、

  • 10万円未満…20%
  • 10万円~100万円未満…18%
  • 100万円以上…15%

という風になっています。つまり、上の実質年率の計算では「100万円を実質年率20%で借りる」というシミュレーションをしましたが、実際にはこれはありえないわけです(遅延利率だったらありえますけどね)。

で、消費者金融の金利が軒並み「上限金利…18.0%」となっているのも、この法定金利に合わせたものなんですね。こう書くと「法定金利ギリギリなんてけしからん」と思う人がいるかも知れません。しかし、

  • この18.0%は、すべて利益になるわけではない
  • ここから、人件費や地代などのコストを、すべて差し引かないといけない

ということなので、実際の利益率は、それほど高くないのです。なので、世間の人が思うほど、消費者金融というのは「儲かるビジネス」ではないんですね。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP