新生銀行カードローン・レイクの審査基準は?学生・主婦でも借りられる?

新生銀行カードローン・レイクの審査基準は?学生・主婦でも借りられる?

新生銀行カードローン・レイクの審査基準について、最初にポイントをまとめると、

  • 自分の収入がない専業主婦は融資不可
  • 学生はキャッシング可能(アルバイト収入が必要で、20才以上)
  • 未成年・10代は借入不可(学生でも社会人でも)
  • パート・アルバイト・フリーターは問題なく融資OK
  • 会社経営者・自営業でも借入可能
  • 審査通過率は、銀行カードローンの中で一番高い

という風です。以下、詳しくまとめていきます。

自分の収入がない専業主婦は借入不可

「悪い報告から先に聞こう」という有名なアメリカン・ジョークがありますが、それにならって「新生銀行カードローン・レイクの審査基準のデメリット」から先に書くと、無収入の専業主婦がキャッシングできないということが、最初にあげられるでしょう。

大手の銀行カードローンの中では、収入がない専業主婦が借り入れできないところは、新生銀行カードローン・レイクも含めて、

  • 三井住友銀行
  • オリックス銀行
  • 新生銀行レイク

…と「3つの銀行カードローン」だけとなっています。あとはみんな「収入がない専業主婦でも借入可能」なんですね。こうした点に着目すると、「無収入の専業主婦の借り入れに関しては、新生銀行レイクの審査基準は厳しい」と言えるかも知れません。

パート収入がある主婦なら借入可能

ただ、これはあくまでパート・アルバイトなどを一切していない、無収入の専業主婦の話であって、パートの主婦の方々などは、新生銀行カードローン・レイクでも問題なく融資しています。なので、要は自分の収入があれば借入可能ということですね。(これは主婦の人以外でも、男性でもすべてにおいて言えることですが)

ということで、パート・アルバイトなどのお仕事をしていて、自分の安定収入がある…という主婦の方は安心して下さい。逆にそうした自分の収入が一切ないという主婦の女性の場合、新生銀行カードローン・レイク以外の銀行カードローンで借りることになります。

(アコム・プロミス・アイフル・モビットなどの大手の消費者金融は、自分の収入がない専業主婦ではキャッシングできないようになっているので)

学生は、自分の収入があれば借入可能

無収入の専業主婦と違って、新生銀行カードローン・レイクでは「学生」はキャッシングできるようになっています。融資条件については、他の銀行カードローン・消費者金融(学生に融資している業者・銀行)と同じで、

  • ①年齢が未成年・10代でないこと
  • ②アルバイト収入があること

となっています。②のアルバイト収入については、別にアルバイトでなくても、自分の事業収入や、あるいは「サラリーマンをやりながら学生をしている」ということでも、もちろんかまいません(最も、その場合は「学生」という職業・属性ではなく「サラリーマン・OL」という枠で扱われるでしょうが)

ということで、要は、

  • 20才以上
  • 収入がある

という2つの要素を満たしていれば、新生銀行カードローン・レイクでは学生でも問題なく借り入れができる…とわけですね。なので、学生で銀行カードローンでキャッシングしたいという人には、新生銀行カードローン・レイクはおすすめだといえます。

銀行カードローンでは、学生融資はややしにくい

新生銀行カードローン・レイクだと、このように簡単な条件で、学生でも融資できるようになっています(簡単な条件といっても、もちろん審査がゆるい・審査が甘いということではありません)。

で、新生銀行レイク以外の銀行カードローンの審査基準を見てみると学生だと、少々借りにくいというのが現実です。たとえば「学生融資不可」というシステムになっている銀行カードローンを一覧にすると、

  • 三井住友銀行
  • 静岡銀行
  • 横浜銀行
  • オリックス銀行

…となっています。静岡銀行・横浜銀行が入っていますが特にこうした地方銀行のカードローンは、学生融資に対して厳しいんですね。で、三井住友銀行・オリックス銀行は先の「無収入の専業主婦」の時も登場しましたが、やはり職業・属性に関して、制限が厳しい銀行カードローンとなっています。

学生借入可能だが、親権者の同意書が必要な銀行も

また、上の銀行カードローンのように「学生融資不可」というルールではないものの学生のキャッシングでは、親権者の同意書が必要になるというルールの時もあります。たとえば、大手の中では三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」が、その1つです。

親権者の同意書が必須ということは、当然ながら「親にキャッシングがバレる」ということです。親に相談して、同意書をもらわないといけない…ということですからね。

そして、これもまた当然ですが、子供(学生)のキャッシングを許可してくれる親は、基本的にいません。つまり「親権者の同意書が必須」という条件の三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のような銀行カードローンでは、基本的に学生はキャッシングできない…ということなのです。

なので「学生融資可能」というだけではなく「親権者の同意書もなしでOK」という条件の銀行カードローンを探す必要があるんですね。

そういう点で、新生銀行カードローン・レイクは、

  • 学生キャッシングにも対応していて、
  • 親権者の同意書も提出しなくていい

ということで、「学生が銀行カードローンでお金を借りたい」という時に、最適な借入先の一つとなっています。

10代・未成年は社会人でも借入不可

これも新生銀行カードローン・レイクだけでなく、ありとあらゆる銀行カードローン・消費者金融で共通するルールですが、未成年・10代は借入不可というのが、キャッシングの鉄則です。例外もあるので「鉄則」というと大げさですが、99%の消費者金融・銀行カードローンで、未成年・10代・20才未満の方々は、借入不可だと思ってください。

「クレジットカードのキャッシング枠」を使うのであれば、18才・19才だったらキャッシングできる…という例外はあります。ただ、これは「クレジットカードの発行が必要」ということで、純粋なキャッシングとは少し違いますし、特にクレジットカードの発行は時間がかかるので「即日借入」はほぼ不可となっています。

また、借入可能金額も「5万円~10万円」とかなりの少額なので、やはり本格的なキャッシングとしては、未成年・10代・20才未満では、基本的にできないと考えた方がいいでしょう。

なぜ、10代・未成年・20才未満ではダメなのか

なぜ、新生銀行カードローン・レイクでも他の借入先でも、未成年・10代・20才未満の若者はキャッシングができないのか―。これは実は貸金業法・銀行法・割賦販売法などの法律では、未成年でもOKとなっているのです。では、何の法律によって規制されているのか。

これは民法4条の「未成年者の契約取消権」という条文です。以下、この「未成年者の契約取消権」について解説していきます。

民法4条の「未成年者の契約取消権」とは?

民法4条に書かれている未成年者の契約取消権の内容を簡単に説明すると、未成年者の契約は、自由に破棄できるというもの。つまり「キャッシングで借りたお金を、いつでも踏み倒していい」ということですね。

かなりむちゃくちゃなルールに思われるかも知れませんが、それだけ未成年・10代というのは保護されているのです。実際、この未成年者の契約取消権がなかったら、騙されて多重債務にされる未成年・10代の若者が相次ぐでしょうから。

で、もっと未成年者の契約取消権を正確に書くと、「親権者の同意がなかった場合」となっています。つまり「もし、親権者の同意があったら、それの借金の契約は破棄できない」ということなんですね。

なので、「じゃあ、消費者金融・銀行カードローンも親権者の同意をもらうようにすればいいじゃん」と思う人も多いでしょう。これができない理由を説明します。

親権者の同意をとると、審査コストがかかる

当然ですが、親権者の同意書を提出させるルールにすると、その分審査の手間がかかり、それはコストを圧迫します。手間=スタッフの労働時間=人件費ですからね。で、新生銀行カードローン・レイクでもその他の銀行カードローン・消費者金融でも「私企業」ですから、「コストが増加したら、どこかでそれをカバーする」必要があります。

で、どこでカバーするかといったら、銀行カードローン・消費者金融は「利息で利益を出す」というシンプルなビジネスですから「利息をもっととる」しかないのです。

そのためには、

  • たくさんの人に融資する
  • たくさんの金額を融資する
  • 金利を上げる

の3通りしか、選択肢はありません。以下、この3つの選択肢について解説します。

親権者の同意が必要だと、借り入れ人数は増えない

まず1つ目の「沢山の人に融資して、コストをカバーする」という方法。これは基本的に不可です。というのは、

  • 審査コストが増えた分、
  • 未成年・10代の若者が多く申し込んで、
  • その売上によってカバーできればいい

…ということですが、親権者の同意書が必須という条件がある限り、未成年・10代の若者は、申し込んでこないからです。完全にゼロというわけではありませんが「ほとんどいない」ということはわかるでしょう。

(誰だって、親バレはしたくないからですね)

なので、審査コストの増加をカバーする「1つ目の方法…融資人数を増やす」はできないのです。

「たくさんの金額」も融資できない

「人数」が増やせないなら「たくさんの金額」を融資する…という方法で売上を伸ばすこともできます。普通のビジネスでいうなら「客単価を上げる」ということですね。

しかし、これもできません。というのは「未成年・10代OK」という条件にして、変化が起きるのは、当然「未成年・10代」の部分だけです。つまり、

  • 「融資する金額を増やす」のだったら、
  • 「未成年・10代に融資する」金額を多くしないといけない

ということです。(他の年代に対しては、すでに融資できる金額いっぱいまで、しているはずですから)

で、未成年・10代は「たくさんのお金を借りられる年代か?」というと「当然、違う」わけですね。つまり、

  • コストを増やして、新たな顧客層を確保したものの、
  • 「一人あたりの売上が、非常に小さい」顧客層だった

…ということになるのです。「だった」と過去形にしていますが、もちろんやる前から事前にわかります。

ということで、この客単価=一人あたりの貸付金額でも、未成年・10代は「うまみがない」顧客層なんですね。「うまみがない」というとビジネスライクですが、要するに「審査コストが増えた分を、回収できない」ということです。

なので、この方法でカバーすることも無理…とわけですね。

金利引き上げによって、カバーする

というわけで、最後の手段として残っているのが「金利を引き上げる」という選択肢。これだったら、

  • 未成年・10代への融資によって、
  • 融資する人数も、一人あたりの売上も増えなくても、
  • 一時的に、利息を多くとることが可能

となります。ただ、これは当然一時的なものです。

  • 金利引き上げをしたら、
  • 「新生銀行レイクは高金利」とみんなが思って、
  • 借り換えローンなどを使って、他に乗り換えてしまう

ということ。そうなれば、売上も利益も大幅にダウンするわけです。なので、結局この方法も使えないんですね。つまり、「親権者の同意書を提出させる」ことによって未成年・10代に融資しても、そのコストを回収できないということなのです。


…と、少々ビジネス的な説明が長くなりましたが、こうした理由から、新生銀行カードローン・レイクも含めて大手の銀行カードローン・消費者金融はみんな「未成年・10代・20才未満には融資しない」という条件になっているんですね。

なので、こうした年齢の方々は、残念ながら大手の銀行カードローン・消費者金融ではキャッシングできないと思って、あきらめてください。

クレジットカードなら、未成年でもキャッシングできる

ただ、先に書いた通りクレジットカードのキャッシング機能でお金を借りるという方法だったら、未成年・10代・20才未満の若者でも、(つまり18才・19才でも)キャッシングすることができます。ポイントをまとめると、

  • 「18才以上」なら発行可能なクレジットカードを作る
  • それに「キャッシング枠」がついていれば、
  • 「5万円~10万円」の現金を借りられる

ということです。この時注意することは、

  • キャッシング機能がついてくるとは限らない
  • ついてきても「5万円~10万円」という少額である

ということ。この「5万円~10万円」という融資枠は最初だけこのように少額、なのではなく「基本的にずっとそう」なんですね。(18才・19才向けのクレジットカードというのは、かなりグレードが低いので)

なので、20才以上になってから、

  • 新しいクレジットカードを作るか、
  • そのクレジットカードをグレードアップ刺せる

…というどちらかをしない限り、「借入可能金額は、5万円~10万円」という少額のまま、ということです。もちろん、それでもいいなら全然OKですが、もっと高額のキャッシングをしたいという場合は、最終的には消費者金融・銀行カードローンのどちらかで借りることになる…ということを覚えておいてください。

パート・アルバイト・フリーターは問題なく借入可能

これも新生銀行カードローン・レイクだけでなく、どの銀行カードローン・消費者金融でも(あるいはクレジットカードでも)共通する審査基準です。一般的な感覚だとパート・アルバイト・フリーターは、こうした借入審査に通ることができないと思われがちですが、実際にはそのようなことはありません。こうした非正規雇用の方々であっても、問題なく借入審査には通ることができます。

そもそも、今の時代は昔の日本と違って非正規雇用の方々が、労働者のかなりの主流となっています。正確なデータは業界によって異なりますが、とりあえずパーセンテージとしては相当上がっている…というのは誰もが実感しているでしょう。

少し前は、「マクドナルドなどのファーストフードの店員さんが、ほとんど非正規雇用になった」といって問題・話題になっていました。しかし、現代ではそれを通り越して、

  • ほとんど外国人になった
  • しかもマクドナルドレベルなら、
  • アフリカ人やアラブ人など「今までほとんど見なかった人種の方々」で、
  • 「中国人」などは、アパレルの店員さんにまでなっている

という風です。実際、東京のアパレルショップに入るとかなりの確率で、中国人の店員さんがいる店に当たるというのは、東京人だったら経験しているでしょう(ユニクロは当然ですが、もっと小さな専門店でも)。

こういう時代なので「非正規雇用」とか「アルバイト・パート・フリーター」というだけで敬遠していると、もうキャッシング業界は、融資するお客さんがいなくなってしまうのです。なので、こうした非正規雇用の方々でも、審査に通らないということは全然ないんですね。

もちろん、限度額は多少小さくなる

もちろん、こうしたパート・アルバイト・フリーターの方々の場合、新生銀行カードローン・レイクでも、それ以外の借入先でも借入可能金額が、多少小さめになるということはあります。そういう意味では「非正規雇用は、審査が厳しくなる」ともいえますが、とりあえず「借り入れ自体」は問題なくできるわけです。

また、「借入枠が小さくなる」と言っても、

  • 最低でも10万円は大体借りられる(審査に通る時は)
  • 多くの人が「お金が必要」な用事は、10万円あれば大体OK
  • それ以上の場合、非正規雇用だと借りたら返済が大変になる
  • だから、借りられないのは、デメリットではない

といえます。特に重要なのは実際に返済できる金額を借りなければ、困るのは自分ということです。当たり前ですが、実はキャッシングする人の大部分は、これが把握できていないんですね。

限度枠が大きいのは、良いこととは限らない

基本的に、キャッシングで「一番いい借入枠」というのは何かというと、「無理なく返済できる金額」です。これは本来、当たり前のことなんですね。

そして、新生銀行カードローン・レイクでもその他の銀行カードローン・消費者金融でも、彼らはこの道のプロです。自分たちの生活のために、その申し込み者が、無理なく返済できる金額を設定し、融資してくれるわけです。

ということは、もうそれに従うしかないんですね。これは後ろ向きな意味ではなく、それがベストの選択肢…ということです。どう考えても「返済できない金額をキャッシングする」ほど、愚かなことはないですから。

そして「じゃあ、返済できる金額っていくら?」となると、これは「自分では判らない」のです。本人はわかっているつもりかも知れませんが、「そもそも、多くの人はそんなに借金をしたことがない」のですから、こういうのは「プロの統計・判断にまかせた方がいい」わけですね。

消費者金融・銀行カードローンには50年以上のデータがある

人間は、自分のことすらあまりわかっていない…、というのは、ものを考えて生きる人であれば痛感していることでしょう。そして、キャッシングに関しては、

  • どういう人が、
  • どのくらいの金額まで、
  • どのくらいの確率で返済できる

…ということは、日本という国で誰よりも、銀行カードローン・消費者金融の人々が知っているのです。消費者金融というビジネスは、1960年代から本格化しているので、実に半世紀の歴史があるわけですね。

半世紀にわたって、消費者金融の人々はこうした統計をとり、あらゆる分析を経済学者などと行い、

  • こういう条件の人だったら、
  • この金額までは融資していい

という完璧な基準を作ってきたのです。なので、それに従えばいいだけ…と考えると「むしろ楽」であり「むしろいいこと」なんですね。

なのでアルバイト・パート・フリーターだから、融資枠が小さくなるということがあったとしても、それはデメリット・短所でもなんでもない…と考えてください。ビートルズの名曲ではありませんが「Let it Be」(すべてなすがままに)ということです。

具体的に、どれくらいまで借りられるのか?

で、パート・アルバイト・フリーターの方々の場合、新生銀行カードローン・レイクでどのくらいの金額までキャッシングすることができるのか。これは、具体的に決まっているわけではありませんが、参考になるデータとして「総量規制」というルールがあります。

知っている人もいるかも知れませんが、総量規制というのは、

  • 年収の3分の1までキャッシングできる
  • それ以上は借りてはいけないし、
  • 融資する側も貸し付けてはいけない

というものです(もともとは、不動産の取引を制限する特殊な用語だったのですが、一時期、武富士などの大手の消費者金融の過剰融資が問題になったので、これがキャッシング業界にも使われる言葉となりました)。

で、この総量規制から計算すれば、パート・アルバイト・フリーターの方でも「自分の年収の3分の1」が最大だと思えばいいわけです(思えばというか、そうなるのですが)。

で、もっと具体的な数値を書くと、初のキャッシングの場合、

  • 月収5万円程度のアルバイト…融資枠10万円
  • 月収10万円程度のアルバイト…融資枠30万円
  • 月収15万円程度のアルバイト…融資枠50万円

というのが1つの基準になります。最後の「50万円」については、ここまで行かないかも知れません。あくまでこのレベルのパート・アルバイト・フリーターの方々ならこのくらい借りられる可能性もある…という話です。

「50万円以上」借りられることは、最初はない

逆に言えば、新生銀行カードローン・レイクでもどこでも初めてのキャッシングで、50万円以上キャッシングできることは、基本的にないと考えてください。実際、ここまで書いてきている通り「それ以上借りたら、自分が危険」と考えた方がいいでしょう。

(危険というと大げさですが、例えば「何かの交通事故や病気で入院してしまった時、返済できるか」ということを考えるべきです)

ということで、新生銀行カードローン・レイクでアルバイト・パート・フリーターの方がキャッシングできる金額というのは、大体上のような数字が目安になりますが、これを参考に、キャッシングの計画を立ててください。

もちろん、実際にいくらキャッシングできるかは、

  • その人の勤続年数
  • 職場の安定性

などにもよるので、一概に上の目安が正しいとは限りません。しかし、とりあえずの参考にはなるでしょう。

個人事業主・自営業でもキャッシングできる?

新生銀行カードローン・レイクは、冒頭に書いた通り個人事業主・自営業の方々でもキャッシングできるようになっています。類似の肩書(職業・属性)を一覧で書くと、

  • 会社経営者
  • 法人代表者
  • フリーランス
  • 自営業
  • 個人事業主
  • 商店主

…といった職業・属性の人々は、「オール借入可能」となっています。

新生銀行カードローン・レイクでも、それ以外の借入先でも基本的には自分の収入があればキャッシングできるというのが、この業界の基本ですから、こうした独立系の職業、事業所得者の方であっても、「十分な年収」さえあれば、問題なくキャッシングできるわけですね。

収入確認資料の提出が必須になる

ただ、これも新生銀行カードローン・レイク以外の銀行カードローン・消費者金融、すべてで共通するルールですが、

  • これらの事業所得者の方々がキャッシングする時は、
  • 必ず所得確認資料を提出する

というのがルールになっています。新生銀行カードローン・レイクの場合、

  • 通常は「借入金額100万円までは収入証明書なしでOK」
  • しかし、事業所得者に限って、
  • 「融資希望金額がいくらであっても、収入証明書が必須

…というルールになる、ということです。これは新生銀行カードローン・レイクだけが事業所得者に厳しいというわけではなく、どの大手の銀行カードローン・消費者金融で申し込んだ場合も、同じ規約が適用されます。

この辺は個人事業主・自営業・会社経営者・法人代表者の方であれば、自らの事業を通じて、いやというほど痛感していることでしょう。つまり「独立して事業をしている以上、大手のサラリーマンのような信用を得ることは難しい」ということです。人によっては「賃貸マンションの部屋を借りるのすら、苦労した」という経験があるでしょう。

(最近は、マンションの賃貸も「買い手市場」になってきたので、それほどの苦労はないようですが)

なので、新生銀行カードローン・レイクでキャッシングするにしても、その他の借入先でお金を借りるにしても「自営業・個人事業主などの方々は、収入証明書が必要になる」というのは、鉄則に近いくらいのルールなんですね。しかし、裏を返せば「所得証明書さえ出せば借りられる」ということですから、問題なく稼いでいる人であれば、大したことではないでしょう。

どんな収入確認資料を提出すればいいのか?

では、そのように所得確認資料の提出が必要になった時、新生銀行カードローン・レイクではどのような収入証明書を提出すればいいのか?これは新生銀行カードローン・レイクだから特別という書類は何もなく、他の銀行カードローン・消費者金融の審査と同じ所得証明書を提出すればOK…というようになっています。

で、他の消費者金融・銀行カードローンでも(あるいはクレジット会社でも)求められる所得確認資料とは、どのようなものか。それを一覧にしていきます。

新生銀行カードローン・レイクで認められる年収証明書

新生銀行カードローン・レイクのキャッシング審査で認知される年収確認資料は、下のようになります。

  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 課税通知書
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書

…という風です。で、個人事業主・自営業の場合、基本的に源泉徴収票はないか、多すぎるので、その他の収入確認資料を提出することになります。他の所得確認資料であれば、その年の年収が完全にまとめられていますからね。

一番有利なのは「確定申告書」

で、これらの年収確認資料の中で、一番キャッシング審査で有利になる収入証明書は「確定申告書」です。個人事業主・自営業の方なら想像がつくと思いますがすべての経費の内訳がわかるからです。

経費の内訳がわかるということは、

  • ただの「収支」だけではなく、
  • 「どんな経営」をしているかもわかるし、
  • 最悪の場合「脱税」も見抜ける

ということ。もちろん、確定申告書だけで脱税を見抜くのは困難ですが、「同業種・同程度の規模」の他の申込者と比較して、「この人の確定申告書は、不自然だ」と思ったら「とりあえず、審査から落とすか、いろいろ質問してみる」という選択肢もあるわけですね。

何にしても、確定申告書が一番「その自営業・個人事業主の方を丸裸にできる」ので、信用度が高いのです。もちろん、まともに経営している人であれば、これは逆に「審査に通りやすい」ということでもあります。

なので、要は、

  • 嘘偽りのない経営をしている
  • しっかり稼いでいる

という2つの条件を満たせば、後は確定申告書を提出するだけで、新生銀行カードローン・レイクでもどこでも、個人事業主・自営業の方はキャッシングできる…と思ってください。

(当たり前と言えば当たり前のことですが…)

年金生活者(年金受給者)でも融資可能?

新生銀行カードローン・レイクは年金生活者(年金受給者)でも借入可能となっています。ポイントをまとめると、

  • 「年金以外の収入がない」場合、やや厳しくなる
  • しかし「年金の振込先」を新生銀行にすると、かなり審査に通りやすくなる
  • 年齢は「70才」まで借入可能

…ということです。以下、それぞれ詳しく説明します。

年金以外の収入がないと、やや厳しい

これも常識で考えれば当然ですが、年金受給者で、年金以外の収入がないというのは、キャッシング審査ではやや不利となります。

  • 多くの人は、年金で生活するだけでも厳しい
  • そこに「借金返済」まで加わったら、
  • 他でアルバイト・パートをしない限り、
  • 普通は返済できない

ということです。で、加えて、

  • 高齢者は、いつ病気や怪我をするかわからない
  • 最悪、そのまま寝たきりになる可能性がある
  • なので「健康状態」が非常に重要になる

ということ。で、

  • パート・アルバイトをしていれば、
  • していない人より「心身が健康」と判断できる
  • ということは「寝たきり・入院」のリスクが下がり、
  • 安心して融資できる

となるわけです。つまり年金以外の収入がある、ということは、

  • 「金額」の問題だけではなく、
  • 「健康」の証としても意味がある

ということですね。どちらかというと、むしろ「健康」の方を、銀行カードローン・消費者金融は重視している、と考えていいでしょう。

実際、パート・アルバイトをしていないと厳しい

実際、新生銀行カードローン・レイクの審査に通るだけではなく「借りた後返済していく」ことを考えると、どう考えても「年金以外の収入が必要」なはずです。

どういう事情で新生銀行レイクでキャッシングしようとしたかは人それぞれでしょうが、

  • 現時点ですでにお金が足りていない
  • ということは、今後も「年金だけ」では足りない
  • そこにさらに「借金の返済」まで加わる

となった時、年金以外の収入がない人が、どこまで年金の収入だけで持ちこたえられるか…と言ったら、かなり厳しいでしょう。

若い世代の方と違って、年金受給者(年金生活者)の方になると、

  • 収入が今後増えることはなく、
  • 逆に「健康状態の悪化」によって、
  • 支出は「劇的に増える」可能性がある

ということです。こうした事実を鑑みても、やはり年金以外の収入がないと借りにくいのは当たり前と考えていいでしょう。

(むしろ、そうした人に対して簡単に融資する方が、非良心的だといえます)

なので、新生銀行カードローン・レイクでもその他の消費者金融・銀行カードローンでも、「年金以外の収入がゼロ」という高齢者の方々の場合、キャッシング審査に通るのはやや厳しくなりますが、それはパート・アルバイト・フリーターの方々の借入枠で述べたのと同様「その方がいい」と思ってください。

(株式投資の「市場は効率的である」という発想とも同じですが、世間のルールは「なるべくして、そうなっている」わけです)

年金の振り込み先に新生銀行を指定する

ただ、例外として年金以外の収入がない人でも、キャッシング審査に通りやすくする方法があります。これは消費者金融ではできないことで、銀行カードローンだけができる方法ですが「年金の振り込み先の口座を、その銀行にする」というやり方です。

(レイクの場合は、当然「新生銀行」に指定する…ということですね)

なぜこの方法だとキャッシングしやすくなるのか。理由を箇条書きすると、

  • 年金は毎月必ず振り込まれる
  • そして、振り込まれた瞬間「天引き」する方法にすれば、
  • 絶対に返済が遅れることはない
  • むしろ「国が返済してくれる」ようなもの

ということです。つまり実は会社員・OL・公務員の「自分の収入」に期待するより、遥かに効率的な回収方法なんですね。「年金の振り込み先の口座にしてもらう」というのは。

なので、新生銀行カードローン・レイクをはじめとして、銀行カードローンの場合、「年金の振り込み先に設定するなら、年金以外の収入がない高齢者の方でもOK」というルールになっていることが多いのです。もちろん、例外もありますし、この条件で絶対に誰でも審査に通るというわけではありませんが、「かなりの確率で審査に通るようになる」という希望は、持ってもいいでしょう。

新生銀行カードローン・レイクは70才まで借入可能

これは新生銀行カードローン・レイクの審査基準の大きなメリットの1つで、年齢制限が「70才まで」となっています。これがどれだけ年齢条件として有利かポイントをまとめると、

  • 大手の消費者金融の年齢条件は「69才まで」である
  • 他の銀行カードローンは「65才まで」である
  • 楽天銀行スーパーローンなどは「62才まで」である

…ということ。これらの年齢制限と比較すると新生銀行カードローン・レイクの「70才まで」というのは、かなり高齢者の方に有利な条件なんですね。

なので「高齢者だけどキャッシングしたい」という人には、年金以外の収入がなくても借りられる、という点も含めて「新生銀行カードローン・レイクは非常におすすめ」といえます。

(大手の消費者金融は69才までOKという点で、年齢的には近いですが「年金以外の収入がないとダメ」というルールなので)

なぜ、大手の消費者金融は年金以外の収入がないとダメか

これは先程の説明の逆バージョンです。つまり、

  • 年金以外の収入がなくても、
  • 「年金の振り込み先」にしてもらえればいいが、
  • 消費者金融は銀行ではないので、
  • それができない

ということです。シンプルな理由ですね。こうした点を見ても、預金業務を扱う銀行という業種は「かなりの特権を持っている」ということがわかります。

消費者金融が絶頂期だった2000年代前半、アイフルの社長が「銀行を買収したい」という意欲をチラリと見せて、それが原因で消費者金融のバッシングが始まった…という経緯があります。

この頃の消費者金融に対するマスコミの批判はかなりゆがんでいて、たとえば「アイフルの脅迫テープ」として連日テレビで流された音声は、アイフルのものではない、ということが、数年後に最高裁の判決で確定しました。

ということで、アイフルは無実の罪を着せられていたのですが、そのような不当なバッシングが起きるくらい、銀行にとって「消費者金融がこの特権を脅かす」というのは、脅威だったんですね。

…と、少々迂遠な話になりましたが、消費者金融にはそういう銀行が持つ「特権」がないのです。なので「年金以外の収入がない年金生活者(年金受給者)」の方に対しては、「融資したくてもできない」ということですね。

(消費者金融だってビジネスですから、本当は融資したいのです)

70才以上でも借りたい場合、どうすればいい?

先に書いた通り、新生銀行カードローン・レイクは大手の消費者金融・銀行カードローンの中で「一番年齢条件がゆるい」のですが、それでも「70才まで」しかキャッシングできません。では「70才以上でもキャッシングしたい」という場合、どこで借りれば異異のか。

これは「プランネル」の「フリーローン100」というコースでキャッシングすれば、OKとなっています。このプランネルのフリーローン100の場合、年齢条件は「79才まで」となっているので、「70代の方であれば、全員借入可能」となっているのです。

これ以外でも、中小の消費者金融で多少そういう借入先があるかも知れませんが、一定の融資実績があって、信用できる借入先となると、やはり「プランネルだけ」となるでしょう。

銀行の「リバースモゲージローン」もあるが…

もう少し特殊なキャッシング方法だと、70才以上でも借りられる方法として「リバースモゲージローン」があります。これは三井住友銀行・みずほ銀行などの銀行が提供しているものですが、ポイントをまとめると、

  • マイホームを持っている人限定
  • その自宅を「死後に、銀行のものにする」という契約
  • その条件で融資する(金利や金額は、状況・条件による)

というものです。ちなみに金利は一切払わなくていい、返済もしなくていいというルールのリバースモゲージが多いです。

理由は簡単で「死後に、その人の自宅を回収すれば、それで元が取れる」からですね。その自宅や土地の不動産としての価値にもよりますが、十分な価値があるなら、それで簡単に回収できるので「毎月の返済は必要ない」ということ。

要するに、リバースモゲージローンというのは、

  • 生きて、
  • その自宅に住みながら、
  • ゆっくり「自宅を売却」してる

ようなものなんですね。なので返済をしなくていい(ことが多い)のです。「借りている」のではなく「自宅を売却」しているわけですからね。

というように、70才以上の高齢者の方がキャッシングするのであれば、こうした選択肢もあります。あくまで「マイホームを保有している人」に限られますが、自分の自宅を持っている方は、こうした資金調達の方法も、検討してみてください。

契約社員・派遣社員だと、レイクは不利になる?

会社員・OL・公務員の方々の中でも、正社員の方もいれば、契約社員・派遣社員・嘱託社員の方もいるでしょう。こうした方は、新生銀行カードローン・レイクの審査では不利になるか―。結論を言うと不利になることは、特にないといえます。

これは、ここまでの文章を読んでいただければわかりますが、新生銀行カードローン・レイクでもどこでも「パート・アルバイト・フリーターですら、問題なくお金を借りられる」わけですね。なので、それよりも「職業・属性が良好」な契約社員・派遣社員・嘱託社員の方々が、審査に落ちることはないのです(その職業・属性だけが理由では)。

正社員より、多少は不利になるが…

もちろん、言うまでもないことですが、派遣社員・契約社員の場合正社員のキャッシング審査よりは、多少不利になるという点は否定できません。当落線上ギリギリの時は、審査に落ちる確率もゼロではないですし、借入可能枠が小さくなる…ということもあるでしょう。

ただ、当然フリーター・アルバイト・パートの方々よりは有利です。そして、新生銀行カードローン・レイクだったら、アルバイト・パート・フリーターの人々でも特に問題なく借り入れできている以上、契約社員・派遣社員などの方々も、彼ら以上に普通にキャッシング審査に通る…と考えていいでしょう。

融資枠についても、多少正社員の方より小さくなったとしても、ここまで書いてきた通り、それはプロが判断した「その人にとって、一番安全な金額」なわけですから、喜んでありがたく受け取るようにしましょう。キャッシングで一番悲惨なのは、

  • 借入可能枠が小さくなる、ことではなく
  • 借りすぎて、多重債務・借入超過になる

ことですから。何でも「最悪の事態」を避けられるというのが、一番いいことなのです。

会社員・OL・公務員だと、いくら借りられる?

先ほど、アルバイト・パート・フリーターの人々の場合の、借りられる金額の目安を書きました。会社員・OL・公務員の人々は、職業自体が彼らより安定しているので、融資可能な金額は、もっと大きくなります。

大体の目安としては、主に勤続年数で決まるのですが、

  • 勤続1年未満…30万円まで
  • 勤続1年~3年未満…50万円まで
  • 勤続3年~…50万円~100万円

となります。ただ、これはあくまで目安なので、参考程度にしてください。当然ですが、同じ勤続年数でも、

  • 民間より公務員の方が有利
  • 中小企業より、大企業の方が借りやすい
  • 年収が少ないより、多い方が金額が大きくなる

ということで、やはり最終的には「総合的な条件」によって決定します。なので、上の「勤続年数による融資枠」はあくまで参考ですが、それでも大体の目安としては、使っていただけるでしょう。

まとめ「新生銀行レイクの審査基準」

以上、新生銀行カードローン・レイクのキャッシング審査の基準について、職業・属性別の情報など、多角的にまとめてきました。最後に要点を整理すると、

  • アルバイト・パート・フリーターは問題なく融資可能
  • 自分の収入がない専業主婦はキャッシングできない
  • パートの主婦だったら借りられる
  • 学生はアルバイト収入があって、20才以上ならOK
  • 10代・未成年・20才未満は借入不可(会社員でも)
  • 年齢制限は「70才までOK」、それ以上は不可
  • 年金受給者(年金生活者)でも借入可能
  • 年金の振込先に新生銀行を指定すると、借りやすい
  • 契約社員・派遣社員・嘱託社員なども、借入可能
  • 審査通過率は、大体30%~35%程度
  • 大手の銀行カードローンの中では、一番審査通過率が高い

…という風になっています。高金利な分、大手の銀行カードローンの中では一番キャッシングしやすい借入先となっているので、「審査に通りやすい銀行カードローン」を探している方は、ぜひ新生銀行カードローン・レイクをチェックしてみて下さい。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP