審査に通りやすいキャッシング(独自審査・闇金業者など)のまとめ

審査に通りやすいキャッシング(独自審査・闇金業者など)のまとめ

この記事では、キャッシングの用語の中でも、特に「審査が甘い審査がゆるい」系の単語をまとめていきます。当然ですが、こういう「審査に通りやすい」借入先というのは、それだけ高金利だったり、反社会勢力とつるんでいるなどのリスクもあるので、その点はくれぐれも注意して下さい。

(まずは「借入枠」などの「普通の単語」から始めます)

「借入枠」とは

借入枠とは「与信枠」「融資枠」と同じ意味です。つまり「いくらまで借り入れできるか」という、借入可能金額のことですね。

で、正式なキャッシング用語なのかというと、『デジタル大辞泉』などの辞書には載っていないので、違います。ただ、信用できるサイトでも一部使われているので、慣用的に利用する分には、問題ないでしょう。

信用できる企業などのサイトさんで、「借入枠」という言葉を使っているサイトを、一部紹介します。

ファースト・ハワイアン・バンク

「ファースト・ハワイアン・バンク」は、カンタンに言うと、ビジネスローン専用の銀行です。つまり法人経営者、あるいは会社代表者などの方々のための融資ですね。

(法人のお客様と書かれているので、個人事業主や、もしくは自営業フリーランスの方々など、法人化していない場合は、対象外のようです)

名前が何となくタックスヘイブン関連のようですが、そういう怪しい銀行ではなく、しっかりとした、信用できる金融機関さんです。

で、紹介が長くなりましたが、このファースト・ハワイアン・バンクでは「クレジットライン(借入枠)」という表現で「借入枠」という言葉を使っています。クレジットは英語で「信用」のことなので、直訳すると「信用のボーダーライン」ということになりますね。

(ラインはもはや日本語なので、訳す必要はないでしょう)

というように、事業者向けローンの銀行でも使っている単語なので「借入枠」という言葉も、カードローンの世界で、正式な単語と考えていいでしょう。(基本的には、融資枠か、限度額などの方がよく使われますが。)

「買い物」とキャッシング

買い物とキャッシングの関連をまとめると、

となります。たとえば海外だと、

  • JCBのクレジットカードは使えない場所が多いので、
  • そういう場合は、JCBが使えるATMで、「現地通貨」をキャッシングして、
  • その現金を持ってお店に行き、支払う

…という風になります。ちなみに、JCBのクレジットカードはアジアだったら大体使えます。私はカンボジアで生活していましたが、カンボジアにはイオンやダイソーなども進出しているので、JCB一枚で普通にOKです。

(VISAやMASTERの方が、より便利ですけどね)

で、日本の国内だったら、当然どのクレジットカードでもOKです。強いて言うなら、アメックスがやや不便かも知れません(ステータスは高いんですけどね)。その他、ディスカバーなども使えない場所が多いです。

買い物をクレジットカードでするメリットは、

  • 支払いがしやすい(小銭をジャラジャラ出さなくていい)
  • ポイント・マイルが貯まる

ということでしょう。特に高還元率のクレジットカードだったら、1%~2%程度ポイント・マイルとして還元されるので、年間200万円ショッピングしたら、2万円~4万円程度得する…ということになります。もちろん、一つのクレジットカードに買い物を集中させるというのは、それはそれで結構大変なのですが、フリーランスの方など、生活をすべて自分でコントロールできる…という人は、割とやりやすいかもしれませんね。

「審査に通りやすい」キャッシング

審査に通りやすいキャッシングは、一応ありますが、おすすめはできません。「独自審査の業者」というもので、簡単に書くと、

…というわけです。つまり自己破産したような人でも、割とすぐに融資可能となる…ということですね。(本来は5年~10年か一切新規の借入審査に通らない…というルールになっているのですが。

「独自審査」とは

「独自審査」とは何かを説明すると、

などの指定信用情報機関に加盟せず「独自の審査基準」によってキャッシング審査をしている…という意味です。

これは「自主的に」そうしているという貸金業者もあるのですが、中には「ただ、個人信用情報機関に加盟させてもらえないだけ」といこともあります。

「加盟させてもらえない」理由は、

ということです。なので、一定のレベルに達していないキャッシング業者の場合、参加させてもらえない…ということなんですね。なので、怪しい中小業者が「やむを得ず」独自審査をしている…ということもあり得るわけです。

なので、審査に通りやすい借入方法を探している方でも、あまり安易に独自審査の金融会社に飛びつく…ということはおすすめできません。

(もちろん、中にはしっかりした業者さんも多数あるでしょうが…)

「学費」の借り入れ

学費を借りる方法は、下の一覧の通りです。

という風です。他にもいろいろありますが、主だったものではこれらです。

「生活福祉資金」は「生活資金全般に関する支援」ですが、その中で「教育支援資金」というジャンルがあり、これが「学費」の借り入れに該当します。

  • 入学時の費用…制服代・入学金・教材費など
  • 通学のための費用…教材費・学費など

と、どちらの段階でも利用することができます。大学・大学院・高校など、どの種類の学校でも基本的にOKなので、どんな学校にお子さんが進学する場合でも(あるいはご自身が進学する場合でも)安心して利用してください。

母子福祉資金は、名前通り「シングルマザー」や「母子家庭」のための融資です。これは学費や教育費の支援だけではなく、日常生活全般で、必要な金額を借りることができます。

また、シングルファザー(父子家庭)の場合も、同様に「父子福祉資金」というものがあるので、これを学費の借り入れに充当することもできます。

「借りてはいけない」業者

当然ですが、借金の世界では、「借りてはいけない業者・借入先」というのも存在します。一覧にすると、

…となっています。ショッピング枠の現金化というのは、具体的には、

の2つに、主にわかれます。どちらも、

  • 本来「買い物」にしか使えないショッピング枠で、
  • 新幹線のチケットなどを買わせて、
  • それを「現金で買い取る」ことによって、
  • 「現金を融資」する…というやり方

になっています。これは違法かどうかギリギリのやり方で、法律的にはグレーゾーンとなっています。ただ、クレジット会社はどこもこれを規約違反としているので、バレたら確実に強制解約強制退会になります。

こうして「悪質な」強制解約になった人は、その後永久ブラックになるので、少なくともそのクレジットカード会社や、関連企業の中では、社内ブラックグループブラックと呼ばれる「内部ブラックが、ずっと続くと思ってください。

「闇金業者」とは

闇金業者はいわゆる「ヤミ金」です。定義をまとめると、

  • 違法な「金利」で融資する業者のこと
  • 貸金業者登録の有無は、実は関係ない

ということ。後ほど詳しく書きますが、ヤミ金は「貸金業登録業者」ということが多いんですね。正式な貸金業者として、しっかり登録されている…ということです。

なので、登録の有無で判断できない以上、「金利が違法かどうか」で判断する…ということになるわけですね。つまり、

  • 利息制限法
  • 出資法

という2つの法律に、違反しているかどうかです(ちなみに、刑事罰にできるのは「出資法」だけなので、警察がヤミ金を摘発する時は「出資法違反」という容疑になります)

ヤミ金は「貸金業登録業者」である

ヤミ金の定義で「無登録・無許可のキャッシング業者」というものがありますが、これは半分間違いです。確かに無登録だったら当然違法業者ですが、上に書いた通り「正規の登録をしていても、違法な金利で貸し付けをしている」闇金業者は、たくさんいるからです。

で、何のために彼らがこうして「貸金業者登録」をするのかというと「広告を出稿する」ためです。

  • まともな消費者金融として、広告を出す
  • それに釣られて来た申込者に対して、
  • 「残念ながらうちでは貸せません。しかし、いい業者を紹介します」
  • と言って、ヤミ金を紹介する

という手口を使うわけですね。これが「紹介屋」と呼ばれるもので、貸します詐欺と呼ばれることもあります。

あるいはわざわざ「紹介屋」にならなくても、そのままその場で「違法な暴利」を持ちかけることもあります。これは『闇金ウシジマくん』の第一巻で、丑嶋馨(ウシジマ)が村田久美子に対してやることです。

ヤミ金までお金を借りに来る人というのは、もう完全に多重債務者、あるいは借入超過者なので、もう銀行カードローンはもちろん、アコムアイフルなどといった、一般的な消費者金融でも、もうお金を借りることができないんですね。(これらの大手はもちろん、中小業者でも借りられなくなっています)

なので、その弱みにつけこんでヤミ金は「嫌なら借りなくていいんだよ?」というわけです。あくまで借り手が自分の意志で借りた…ということですね。(私はウシジマは好きですが、現実にこれをやっている闇金業者は、やはり良くないと思います。当然ですが)

かと言って「他で借りられない」のは事実なので、もうこういう状態になった方は、

ということ。相談すれば、とりあえず道は開ける、というのは確かです。(少なくとも、クレジットカードの現金化業者やヤミ金などに手を出すよりは)

…ということも、お金がないピンチの時には、ぜひ参考にしてみてください。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP