楽天銀行の目的別ローン(ブライダル・トラベル)の金利・限度額などのまとめ

楽天銀行の目的別ローン(ブライダル・トラベル)の金利・限度額などのまとめ

楽天銀行のローンと言ったら、多くの人が利用するのも知っているのも「楽天銀行スーパーローン」でしょう。当サイト・美人キャッシングでも楽天銀行スーパーローンについて多く紹介しています。

ただ、楽天銀行には他にも多くのローンがあり、特に利用目的がハッキリ明確に決まっているなら、それらの方が低金利だったり、あるいは審査に通りやすくなったりします。ということで、ここではそんな楽天銀行スーパーローン以外の、楽天銀行のローンを紹介していきましょう。

まず、楽天銀行のローンを一覧にすると?

まず全体像を把握するため、楽天銀行スーパーローン以外の、楽天銀行のローンを、一覧にします。

  • ブライダルローン
  • トラベルローン
  • 不動産担保ローン
  • 教育ローン
  • 住宅ローン

…という風です。以下、

  • ブライダルローン
  • トラベルローン

の2種類について、それぞれ詳しくまとめていきます。

楽天銀行のブライダルローン

楽天銀行のブライダルローンは、正式名称を楽天銀行目的別ローンブライダルといいます。で、どのような内容か箇条書きしていくと、

  • 金利は固定で実質年率7.0%
  • 借入可能金額は、最高で300万円
  • 月々の返済は1万円から

という風になっています。で、たとえばどのような利用用途で使えるかというと、

  • ハネムーン・新婚旅行の費用
  • ウェディングドレスの料金
  • 式場の予約費用
  • 結婚指輪・婚約指輪の購入費用

…といったものに使えます。なお、新婚旅行・ハネムーンについては、楽天銀行は「トラベルローン」も提供しているので、もし「新婚旅行・ハネムーンだけで使う」というのであれば、トラベルローンでキャッシングする…ということになります。

(その方が便利だし、借りやすくなっています)

楽天銀行のブライダルローンの借入条件・申込条件は?

楽天銀行のブライダルローンの融資条件は、下のようになっています。

  • 年齢が20才以上、60才以下
  • ↑(完済時に「65才以下」であること)
  • 日本国内に住んでいる(海外在住では借入不可)
  • 借り入れ者本人に安定収入があって、定職に就いている
  • 楽天カード株式会社が保証会社なので、その審査に通る

ということ。最後の「楽天カードが保証会社」という部分は、特に関係ないと思って下さい。(どんなブライダルローンやキャッシングでも、必ず「保証会社○○の保証を受けられること」と書いています。外部の保証会社に審査を委託している場合は)

なので、実際に借りる人にとって関係ある部分は、

  • 年齢…20才~60才
  • 住所…日本国内
  • 収入…安定収入がある

ということですね。これらの融資条件を満たしていれば、楽天銀行のブライダルローンでは、とりあえず最低限の申込条件を満たしている…となるわけですね。この条件で必ずしも審査に通るとは限らないのですが、それでも一定の収入があって、勤続年数や職業の安定性などの条件もクリアしていれば、この楽天銀行のブライダルローンを借りられる確率は、かなり高くなります。

ブライダルローンの返済方法は2通り

楽天銀行のブライダルローンの返済方法は2通りで、

  • 毎月の銀行引き落とし
  • 振り込みでの臨時返済

となっています。つまり、

  • 毎月の定期返済を引き落としでしつつ、
  • お金に余裕がある時に、銀行振込によって任意返済する

…という風ですね。で、毎月の引き落としをする日は、

  • 1日
  • 12日
  • 20日
  • 27日

のどれかから選ぶことができます。こうしたあらかじめ決まっている返済日を約定返済日(やくじょうへんさいび)

というのですが、それを4通りの中から選ぶことができる…ということですね。

なので、たとえば、

  • 自分の給料日に合わせて決める
  • 他のクレジットカードなどの引き落としと、ずらして決める

など、何でも「自分に都合のいい約定返済日」を設定することができます。なので、例えば借り入れ直後に余裕がなく、できるだけ最初の返済日を先に伸ばしたいという時でも「一番遠くなる返済日」にすればいいわけですね。

…という風に、それぞれのニーズや事情に合わせて、ベストの約定返済日を決めるといいでしょう。

楽天銀行 目的別ローントラベル

これはいわゆる「トラベルローン・旅行ローン」です。まず、スペックを箇条書きすると、

  • 金利…実質年率11.5%(固定金利)
  • 限度額…最大100万円
  • 月々の返済…最低1万円から
  • 利用用途…旅行に関係する費用全般
  • 申込条件…20才以上60才以下、日本在住、年収300万円以上、仕事についている、楽天カードの保証が受けられる
  • 借入方法…振り込み
  • 返済方法…口座振替・振込返済(臨時返済の場合)
  • 提出書類…身分確認資料・収入証明書・資金使途確認書類

という風になっています。以下、それぞれ解説していきます。

金利は、楽天銀行スーパーローンよりも安い

銀行の目的別ローンは何でもそうですが、通常のキャッシングで使う楽天銀行スーパーローンよりも、このトラベルローンの方が低金利になっています。

  • 楽天銀行スーパーローン…14.5%
  • トラベルローン…11.5%

という風ですね。で、3%の金利差があると、実際の利子総額はどう違うのかというと、

  • トラベルローンは、最大100万円まで借りられる
  • なので、「100万円」借りたとする

という設定でシミュレーションしましょう。で、この金利は「年利」なので、

  • 年間で、
  • 100万円の「3%」の
  • 利息差が生まれる

ということ。で、

  • 100万円の1%は1万円
  • その3倍なので、3万円

ということ。つまり、

  • 楽天銀行スーパーローンと、
  • トラベルローンの利息差は、
  • 「100万円」を1年借りた時、
  • 「3万円」の利息差

ということですね。

この利息差は、大きいのか小さいのか

で、この利息差は大きいのか小さいのか―。これは人によって感じ方が違うでしょう。試しにいろいろ計算してみると、

  • 100万円、1年で、3万円なので、
  • 「10万円・1年」…3000円
  • 「50万円・1年」…1万5000円
  • 「70万円・1年」…2万1000円

…という風になります。で、これは金額を変えてシミュレーションした場合ですが、「借り入れ期間」を変えてシミュレーションすると、

  • 「100万円・半年」…1万5000円
  • 「100万円・3ヶ月」…7500円
  • 「100万円・1ヶ月」…2500円

となります。つまり一度で100万円の大金を使うような、ゴージャスな旅行でも、1ヶ月で完済したら、利息差は2500円だけ…ということです。これはかなり安く感じますね。

これはあくまで「利息差」である

ここまで計算してきたのは、あくまで、

  • 「利息差」であって、
  • 「利息そのもの」ではない

という点に注意してください。では、楽天銀行のトラベルローンの利息自体はどうなるのか。

もう一度計算方法を箇条書きすると、

  • 100万円キャッシングしたら、
  • 「1年」で「100万円」の「11.5%」の利息が発生する
  • 1年で「11.5%」ということは、ほぼ「12%」として、
  • 「毎月1%」の利息が発生する(と考えるとわかりやすい)

もちろん、これは「数学的」にわかりやすい概算の仕方です。実際の楽天銀行トラベルローンの金利は、もっと安くなります。で、計算を続けると、

  • 借入金額がいくらでも、
  • 毎月「その1%」の利息が発生するので、
  • 借入金額ごとの利息は、下のようになる

で、どのようになるかというと、

  • 10万円…1000円
  • 20万円…2000円
  • 30万円…3000円

というように10万円ごとに、ほぼ1000円の利息ということですね。実際には、先に書いた通りこれより安くなります。

で、50万円だったら5000円、80万円だったら8000円…というように、ひたすら掛け算すればいい…ということですね。で、実際の利息がこれよりどのくらい安くなるかですが、

  • 実際の楽天銀行トラベルローンの金利は、
  • 「11.5%」である(年利)
  • で、これを「12%」で計算した(わかりやすく)
  • なので、「0.5%」、この計算より低利息になる

ということです。つまり、ここまでは、

  • 「金利12%」で計算してきた
  • それで「10万円につき、1000円」の利息だった(1ヶ月あたり)
  • それが「0.5%」安くなる
  • 1000円の0.5%なので、
  • 1000円の1%は「10円」
  • その半分なので「5円」
  • つまり、「5円」低利息になる

…ということ。整理すると「10万円」を1ヶ月借りて「995円」程度の利息になるということです。楽天銀行トラベルローンは。

借入金額ごとの利息を、再度一覧に

で、複雑になってきたので、もう一度「借入金額ごとの利息」を一覧にしましょう。

  • 10万円…995円
  • 20万円…1990円
  • 30万円…2985円

…という風です。(1ヶ月当たりの利息です)

で、これだとわかりにくいので「12%」でとりあえず計算した方がいいんですね。それだと大体、

  • 10万円…1000円
  • 20万円…2000円

…という風に「キリよく1000円ずつ増えていく」わけです。で、あとは、

  • 実際は「10万円につき5円」ほど低利子になるので、
  • 10万円なら「マイナス5円」、20万円なら「マイナス10円」…

とやっていけばいいわけです。ただ、そこまで細かい金額を計算しても仕方がないし、それより「もっと稼ぐことを考えた方がいい」ので、こういうのは「概算」でいいのです。なので、「12%として計算する」という概算の仕方を、ここで紹介したわけですね。

資金用途は、旅行に関係する費用全般

で、これは楽天銀行トラベルローンに限らず、どの銀行が提供するトラベルローン・旅行ローンでも同じですが、資金用途は、旅行に関連する費用・料金なら、全てOKとなっています。具体例をあげると、

  • パック旅行費用
  • 宿泊費用
  • 交通機関に関わる費用
  • 旅行そのものの費用

という風になっています。パック旅行だと、一番わかりやすいですね。交通費も宿泊費も、すべて含まれているわけですから。

で、こういうものをすべて自分で計画する旅行の時も、個別に、

  • 宿泊費
  • 交通費
  • その他の費用

というものを証明できれば、それで楽天銀行トラベルローンは適用できる…ということですね。

楽天銀行トラベルローンの資金使途確認書類は?

楽天銀行に限らず、そしてトラベルローンに限った話ではなく、目的別ローンというのは常に「資金使途確認書類」というものが必要になります。つまり、本当にその目的に利用する、ということを証明する書類…ということですね。たとえば、

  • 自動車ローン・マイカーローンだったら、
  • 購入する予定の車のカタログや、
  • ディーラーから出された見積書・請求書など
  • 車検の費用だったら、やはりその領収書など

という風になります。要は何でもいいので、

  • 該当する利用用途の、
  • 見積書・請求書・領収書・払込書・商品案内

などを提出すればいい…というわけですね。「本当にこの用途に使うんだ」ということを証明できればOK、ということです。

その他の提出書類は、何を出せばいいのか

楽天銀行トラベルローンの審査を受ける時、

  • 収入確認資料は何を出せばいいのか
  • 本人証明書類は、何を出せばいいのか

ということを疑問に思っている方もいるでしょう。これについてそれぞれ書いていくと、

  • 収入証明書は、
  • 個人事業主・自営業…確定申告書・課税証明書のどちらか(の写し)
  • 会社員・OL・公務員やパート・アルバイト・フリーター…給与明細書・課税証明書・源泉徴収票のどれか(の写し)

となっています。とりあえず一般的な年収確認資料としては、

  • 個人事業主・自営業…確定申告書
  • 会社員・OL・公務員など…給与明細書か源泉徴収票

と思っておけばいいでしょう。課税証明書は、持っていない、処分してしまった、あるけどすぐに出てこない…という人も多いかも知れないので、これは特に意識しなくていいかと思います。

(パート・アルバイト・フリーターや会社員・OL・公務員の方々だと、特に課税証明書は、あまり縁がないと思います。源泉徴収票がほぼそれのようなものですからね)

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP