じぶん銀行カードローンの審査基準 ~学生・無収入の専業主婦・アルバイトも借入可能~

じぶん銀行カードローンの審査基準 ~学生・無収入の専業主婦・アルバイトも借入可能~

じぶん銀行カードローンの審査基準をまとめると、

  • 学生…借入可能
  • 専業主婦…可能(配偶者の同意書も不要)
  • 年齢…20才~69才まで
  • パート・アルバイト・フリーター…融資可能

となっています。以下じぶん銀行カードローンで審査通過するための条件について、詳しくまとめていきます。

じぶん銀行カードローンでお金を借りる条件は?

じぶん銀行カードローンでキャッシングする条件は、

…となっています。この特徴としては、

といえます。そして年齢が20才以上というのは、他の銀行カードローン・消費者金融とまったく同じです。

アコムが保証会社になっている

キャッシングの知識のある人だったら特に驚かなかったでしょうが、特にキャッシングやカードローンの世界を知らない人だと、保証会社がアコムという点で少し驚いたかも知れません。というのは、消費者金融と銀行カードローンというのは、相反するものだと思われているからです。

しかし、これは現代のキャッシングの世界では当たり前のことで、

  • 三井住友系の金融機関の審査だと、
  • SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス・モビットの会社)が保証会社になっていることが多い
  • 三菱東京UFJ銀行系だと、アコムのことが多い

というように、その他オリコなども、多くの銀行カードローンや信用金庫のカードローンの保証会社をしているんですね。

消費者金融が「ノウハウ」や「システム」を提供しているだけ

このように消費者金融が保証会社をしているというと、それだけで「審査が甘い」などと勘違いする人がいますが、それは間違いです。(某大手メディアでも、わざと煽る形で勘違いした記事を書いていましたけどね)

これはあくまで、

  • 審査のノウハウと、
  • 「自動与信システム」などの「システム」を提供するだけであって、
  • どのくらいのクレジットスコアから審査通過させるか
  • という審査基準に関しては、完全に銀行カードローンのレベル

という風になっているのです。なので、じぶん銀行カードローンのように、アコムなどの消費者金融が保証会社になっているからといって、それで審査がゆるくなる…ということはないわけですね。

アコムでの借入・返済の実績がある人は有利

ただ、これはグループブラックの逆で、「グループホワイト」と言いますが、

ということは言えます。もちろん、これはじぶん銀行やアコムに限った話ではなく、どの銀行カードローンでも、どの消費者金融が保証会社になっている場合でも同じです。「監視社会」ではありませんが、その人の借入・返済の履歴が共有されている…というのは、良い方にも悪い方にも、大きく影響するわけですね。その人の借入審査にとって。

じぶん銀行カードローンは学生でも、アルバイト収入があれば借入可能

じぶん銀行カードローンは、大学生などの学生でも借入可能となっています。この点は他の銀行カードローン・消費者金融でも同じですが、

というのが条件になっています。基本的に、消費者金融でも銀行カードローンでも、学生融資可能となっている所は、みんなこの条件になっています。

銀行カードローンでは学生融資不可の所が多いが…

じぶん銀行カードローンは学生でもキャッシング可能ですが、銀行カードローンだと、学生はキャッシングできない…というところがかなりあります。たとえば、

などが、学生のキャッシングは不可…となっています。その他、学生借入自体はできるのですが、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は「親権者の同意書が必須」という条件なので、親バレが必至…となっています。親バレしてもOKな学生というのはいないはずなので、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」も実質、学生の融資は不可能…に近いわけですね。

その点、親権者の同意書などを提出する必要もなく、学生のキャッシングについて特に制限がないじぶん銀行カードローンは、学生のお金が必要になった時、非常にありがたい存在…と言っていいでしょう。

無収入の専業主婦でも、じぶん銀行カードローンは借入できる?

じぶん銀行カードローンは、収入がない専業主婦でも借入可能となっています。そして、特筆すべき点は「配偶者の同意書がなしでOK」…ということ。配偶者の同意書というのは夫・旦那の同意書のことですが、

  • 専業主婦が借り入れする時は、
  • この夫・旦那の同意書を提出しなければいけない

という審査条件になっている銀行カードローンが、結構あるんですね。これも学生のキャッシングの時と同じで、同意書をもらうということは、その人にキャッシングがバレるということ。つまり、こういう条件の銀行カードローンだと、夫・旦那に内緒でお金を借りる…ということができないわけですね。

なので、夫・旦那に内緒でキャッシングしたいという専業主婦の方々は、「配偶者の同意書なし」でOKな銀行カードローンで申し込む必要があります。じぶん銀行カードローンもその一つですが、他にも

などがあるので、これらの銀行カードローンで申し込むようにしましょう。

パート・アルバイトでも、じぶん銀行カードローンは融資可能

また、パート・アルバイト・フリーターの方々でも、じぶん銀行カードローンでは問題なくキャッシングできるようになっています。これらの人は自分の収入があるわけなので、キャッシング審査では、基本的にどこでも職業・属性としては問題ない…という風になっているのです。

もちろん、実際に審査通過できるかどうかは、職業・属性だけではなく、年収月収勤続年数などの諸条件で決まるので、パート・アルバイト・フリーターなら誰でもキャッシング可能…というわけではありません。あくまで職業・属性とか雇用形態としては問題がない…ということです。

パート・アルバイトの月収は、どのくらいあればいい?

フリーターやパート、あるいはアルバイトの人の場合、月収はどのくらいあれば、じぶん銀行カードローンの審査に通ることができるのか―。これは明確な基準はありませんが、大体「月収8万円」が最低ラインと考えて下さい。この「月収8万円」というボーダーラインは、大手の消費者金融・銀行カードローンであればどこでも大体同じで、できれば月収10万円程度あるのが望ましい…といえます。

少額のキャッシングの場合は、月収5万円程度でも通る場合もありますが、これは「その他の審査条件」がかなり整っていた場合であって、平均的なクレジットスコアの人であれば、やはり月収8万円程度はあった方がいい…と思うべきでしょう。

(もし、余裕だったらだったで、その分融資枠与信枠が増えてラッキーとなるだけですからね)

アルバイト・フリーターの勤続月数は、どのくらい必要?

じぶん銀行カードローンでキャッシング審査に通るためには、フリーターやアルバイトなどの非正規雇用の場合、どのくらいの勤続月数が必要なのか―。これは、

という風になります。こう言える理由は、

  • 「3ヶ月」については、
  • たとえば収入確認資料を提出する必要がある時、
  • 直近2ヶ月分の給与明細書を提出することが多い
  • 2ヶ月給与明細書を提出するには、
  • 3ヶ月勤務している必要がある

ということ。つまり、年収証明書の提出が必要なくらい、信用度が問われる場面で「3ヶ月」とい勤続月数が、一つの目安になっているわけです。もちろん、もっと長ければ長いほどいいのは確かですが、一つの目安にはなるでしょう。

そして、「勤続1年」という基準については、銀行カードローンのよりも二倍くらい低金利なろうきんカードローンで、審査条件として設定している…という点が挙げられます。それだけ低金利ということは、当然審査が厳しいわけですが、それで「勤続1年」あればOKなんですね。

ということは、じぶん銀行カードローンなどの銀行キャッシング審査であっても、勤続1年あったら、かなりの確率で審査に通るのではないか…と想像できるわけです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP