横浜銀行カードローンはおまとめ・借り換え・乗り換えも可能!限度額が大きいのがメリット!

横浜銀行カードローンはおまとめ・借り換え・乗り換えも可能!限度額が大きいのがメリット!

横浜銀行カードローンは、借り入れの一本化のための、おまとめローンとしての利用も可能です。最初にまとめると、下のようになります。

  • 最高借入限度額が1000万円と大きいので、かなり高額な多重債務でも、問題なく一本化できる
  • 全体的に低金利なので、低利息にすることも期待できる

さらに説明すると―。

  • おまとめ専用のプログラムはないので、通常の横浜銀行カードローンを、そのまま「おまとめローン」として活用することになる

このおまとめ専用のコース・プランがないので、通常のカードローンを活用するというのは、横浜銀行カードローンだけでなく、どの銀行カードローンでも同じルールとなっています。

なので、キャッシングの知識がある人だったら、すでに知っていることかも知れませんが、横浜銀行カードローンもやはり同様のシステムになっているので、まずこれを理解して下さい。

以下、横浜銀行カードローンをおまとめローンとして活用し、多重債務の一本化をすることのメリットなどを解説していきます。

横浜銀行カードローンは、高額の多重債務の一本化も可能

pixta_20402645_XL

冒頭にも書いた通り、横浜銀行カードローンの最高借入限度額は1000万円となっているので、800万円や900万円というような「膨大な金額の多重債務でも、問題なく一本化できる」…というメリットがあります。

「そんな莫大な金額の多重債務を抱えている人間がいるのか?」と思う人もいるかも知れません。しかし、実はこうした多重債務者の方々は結構いるんですね。

たとえば、近年東京都が開設した「多重債務の相談窓口」では、相談に訪れた人々の平均の借入総額は「1000万円」を超えていたそうです。大体400人くらいが相談に来ていたと思いますが、それだけの人数で平均値をとった時の借入総額が、1000万円を超えていた…というわけなんですね。なので、1000万円レベルの多重債務を背負っているという人は、実は意外と多いのです。

そして、そうした方々でも問題なくその高額の多重債務を一本化できるという点で、横浜銀行カードローンのように「最高借入枠が大きい銀行カードローン」は、非常に有利なんですね。

こうした点から、まず「どんな人でも、借入総額に関わらず借金の一本化ができる」という点で、横浜銀行カードローンをおまとめローンとして利用することは、多くの人におすすめだと言えます。

特に消費者金融からのおまとめで、低金利になる

横浜銀行カードローンの金利は、100万円~500万円あたりまで、「大手の銀行カードローンの平均的な金利」となっています。800万円~1000万円あたりになると、大手の銀行カードローンの中で一番安いレベルの金利となるのですが、そこまで借りる人はめったにいないので、これについては特に関係ないと思ってください。(つまり、横浜銀行カードローンの金利は、銀行カードローンの標準レベル、ということです)

そして、それをおまとめローンとして利用する時は、下のような展開になります。

  • 銀行カードローンの平均レベルということは、消費者金融よりはかなり低金利である
  • なので、消費者金融で複数借りている場合は、横浜銀行カードローンに移すだけで、低金利になる

もちろん、これは、下の通りです。

  • 横浜銀行カードローンの金利が、「銀行カードローンの標準レベル」である以上、横浜銀行カードローンではなくても、他の銀行カードローンでも同じ

こういうことはいえます。ただ、全ての銀行カードローンが、平均レベルの金利を保っている訳ではないんですね。そうした銀行カードローンと比較すると、消費者金融での複数ローンを横浜銀行カードローンでまとめるメリットは大きいです。以下、これについて説明します。

消費者金融並みに高金利な銀行カードローンもある

「消費者金融並みに高金利な銀行カードローン」…というと、やや悪い表現のようですが、これについては後でフォローします。(あくまで「上限金利だけ高い」という意味です。)

そして、そうした「高金利な銀行カードローン」とはどこかというと、下の通りです。

  • ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」
  • 新生銀行カードローン レイク
  • オリックス銀行カードローン
  • じぶん銀行カードローン「じぶんローン」

繰り返しますが、あくまで上限金利が高いだけであって、下限金利は十分低金利なので、この点は誤解しないで下さい。(これらの銀行カードローンは、下限金利で勝負しているので、上限金利が高いからといって、それでマイナスになる…ということはないわけですね。高級店とファーストフードが違うようなものです。最初から経営方針が違う、サービスの方針が違う…というわけですね)

そして、何はともあれ「上限金利が高い」ことは確かなのですが、多くの人の多重債務では「上限金利が適用されている」ので―。

  • 上の4つの銀行カードローンで多重債務を抱えている場合―。
  • 「消費者金融で借りている」のと同じなので、ここから横浜銀行カードローンで一本化する場合も、消費者金融の複数ローンの時と同様に、低金利にする効果がある

そのため、まとめると、下のようになります。

  • 多重債務の借入先が、「全部消費者金融」か、上の「4つの銀行カードローン」だった場合―。
  • 横浜銀行カードローンで一本化すると、かならず低金利になる

では、逆に「低金利にならない」ケースはどのようなものかも、説明していきましょう。

一本化しても低金利にならないケース

横浜銀行カードローンで一本化しても低金利にならないケース…。これは、他の借入先が、すべて一般的な銀行カードローンだった場合です。一般的というのは金利帯のことですね。

たとえば、例を出すと下の通りです。

  • 三井住友銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 静岡銀行カードローン「セレカ」
  • 東京スター銀行カードローン

このような「標準的な実質年率(金利)の銀行カードローン」で借りていた場合は、それを横浜銀行カードローンで一本化しても、低利息に切り替わることはない…ということですね。

(言うまでもなくわかると思いますが、これらの銀行カードローンの金利と、横浜銀行カードローンの金利は、同じだからです)

逆に横浜銀行カードローンの方が高くなる時も

また、大手の銀行カードローンの中には実質年率(金利)が、横浜銀行カードローンより安いという所もいくらか見受けられます。

  • ソニー銀行カードローン
  • イオン銀行カードローンBIG
  • みずほ銀行カードローン

と言ったものですが、これらの銀行カードローンと横浜銀行カードローンの金利を(上限金利で)比較すると、下のようになります。

横浜銀行カードローン 14.6%(実質年率)
イオン銀行カードローンBIG 13.8%(実質年率)
ソニー銀行カードローン 13.8%(実質年率)
みずほ銀行カードローン 14.0%(実質年率)

このように、明らかに横浜銀行カードローンより低金利となっています。なので、もしこれらで多重債務を抱えている(なんてことはめったにないですが)という状態から、「横浜銀行カードローンでまとめる」ということをしても―。

  • 逆効果
  • 藪をつついて蛇を出す
  • 草を打って蛇を驚かす
  • 寝た子を起こす

こうした事態になってしまうわけですね。要は「余計なことをして、かえって結果が悪くなる」ということです。

(最近、ちょっとことわざにハマっているので、ことわざの連発になりましたが…)


このように、横浜銀行カードローンで一本化しても低金利にならない…という状況・条件を書いては見ましたが―。

  • そもそも、イオン銀行・ソニー銀行・みずほ銀行の審査は厳しい
  • というより、銀行カードローン全体の審査が厳しい
  • なので、消費者金融の多重債務と違って、「銀行カードローンでの多重債務」というのは、基本的にあり得ない
  • ジャパンネット銀行・新生銀行カードローン レイクなどでそうなることすら、めったにない

そのため、横浜銀行カードローンで借金の一本化をしたのに低金利にならなかった…ということは、よほどの例外を除外すれば、まずないと考えて下さい。

横浜銀行カードローンはおまとめだと「フリーローン」になる?

pixta_21217267_XL

横浜銀行にもいくつかのカードローンがありますが、主だった種類を一覧にすると下の通りです。

  • 横浜銀行カードローン
  • ライフサポートローン
  • フリーローン

そして、この中で横浜銀行の公式サイトで「おまとめ資金におすすめ」と明記されているのは「フリーローン」だけなんですね。

http://www.boy.co.jp/kojin/loan/multi/

「お借り換え、おまとめ資金もOK」と書かれていますが、これは他の横浜銀行のカードローンには書かれていません。

  • 横浜銀行カードローン
  • ライフサポートローン

の2種類には「おまとめ・借り換えOK」ということは、書かれていない…ということなんですね。もちろん、そう書かれていないというだけであって、「事業性資金」以外ならOK、と書かれているし、「幅広い利用用途でご利用いただけます」と書かれているので、実質的に「おまとめローンとしても利用可能」と考えていい…とは思います。ただ―。

  • 明記されている方
  • 明記されていない方
  • 両者の、どちらがおまとめ審査に通りやすいか

と言ったら、断然「明記されている方」でしょう。つまり、フリーローンの方が、おまとめ審査に通りやすいのではないかということですね。あくまで推測ですが。

ということで、ここでは横浜銀行カードローンでの借金の一本化を本気で考える方のために、このフリーローンについても詳しく解説していきましょう。

横浜銀行のフリーローンの実質年率(金利)は?

横浜銀行フリーローンの実質年率(金利)は、完全に「固定金利」となっています。つまり借入金額によって、金利が変動する…というスタイルではない…ということですね。また、金利情勢がどれだけ変動しても、それによって横浜銀行フリーローンの金利が変わることはない…ということですね。(わかりやすくていいですね)

そして、その横浜銀行フリーローンの固定金利ですが、三段階に分かれています。

  • 4.8%(実質年率)
  • 9.5%(実質年率)
  • 14.5%(実質年率)

こういう三段階です。これらの金利についてポイントをまとめると、下のようになります。

  • 「借入金額」によって決まるわけではない
  • 審査によって、どれかの金利が適用される
  • もちろん、借入金額も影響するが、年収や職業の安定性などのクレジットスコアも影響する

通常の横浜銀行カードローンの方が「キャッシング金額によって適用金利が(基本的に)決まっている」ということを考えると、わかりやすさでは一般的な横浜銀行カードローンの方がいいかも知れません。

(もちろん、通常の横浜銀行カードローンの方でも、状況・条件によっては、同じ借入金額でも適用される金利が変動する…ということもあるのですが。横浜銀行フリーローンほど大きくは変わらない、というのは確かです)

そして、この14.5%という「一番高い金利」ですが、これは通常の横浜銀行カードローンの上限金利とほぼ同じです。あちらの横浜銀行カードローンの上限金利は「14.6%」なので。

この「14.5%」という実質金利は大手の銀行カードローンの上限金利で一番多い金利設定なので、高くも低くもないと考えてください。銀行カードローンとしては普通ということなので、大手の消費者金融と比較したら、当然安い上限金利です。

(大手の消費者金融の上限金利は18.0%ですからね)

横浜銀行フリーローンの借入可能限度額は?

横浜銀行フリーローンの最高借入限度額は、300万円です。つまり、最高で300万円までの多重債務であれば、一本化できるということですね。逆に言うと「300万円を超える借入総額をおまとめローンで一本化する」…という場合には、通常の横浜銀行カードローンを利用する必要がある…ということです。

(通常の横浜銀行カードローンだったら、最高融資枠が1000万円と、大手の銀行カードローンの中でトップの金額になっていますからね)

そして、横浜銀行フリーローンの最高借入枠が300万円ということは、何を意味するのかというと、下の通りです。

  • 一番安い金利である「4.8%」は、「300万円」かその近くまで借り入れした時の適用金利である

つまり「同様に300万円が最高借入限度額になっている」銀行カードローン・消費者金融と比較すると、この下限金利が高いのか、低いのかわかる…ということなんですね。そして、同様に「300万円まで借入可能」というキャッシングを考えると、大手の消費者金融では「ノーローン」が唯一となります。

ノーローンの下限金利と比較すると?

ノーローンの下限金利(一番安い金利)は、「4.9%」となります。なので、これを横浜銀行フリーローンと比較すると、下のようになります。

  • 横浜銀行…4.8%(実質年率)
  • ノーローン 4.9%(実質年率)

    こういうことで、ギリギリ、横浜銀行フリーローンの方が低金利となっています。0.1%という僅差ではありますが、それでも銀行カードローンの面目躍如といったところでしょう。

    ちなみに、「300万円キャッシングした時、0.1%金利が違うとどうなるのか」をシミュレーションすると―。

    • この金利は「実質年率」である
    • つまり「1年間で発生する利息」を表している
    • それが「0.1%」小さくなる、ということ
    • つまり「300万円」の0.1%である

    そして、計算すると―。

    • 300万円の1%は3万円である
    • その10分の1なので、「3000円」である
    • つまり、「1年で、3000円」の利息差になる

    で「1年で3000円」だったら、1ヶ月だと―。

    • 「3000円÷12」=「250円」
    • 1ヶ月の利息差…250円

    つまり300万円を1年間キャッシングして、月々250円の利息差ということですね。つまり「0.1%の金利差は、ないも当然」なのです。

    もしこれが「200万円・100万円」…と借入金額が下がっていったら、それぞれ3分の2、3分の1と、どんどん利息差が小さくなっていくわけですからね。

    ということで、下のように言えます。

    • 横浜銀行フリーローンとノーローンは、確かに0.1%の下限金利の差があるが、これは「実際に支払う利子総額」で計算すると、ほとんどないも同然の金利差になる

    もちろん、それでも横浜銀行フリーローンの方がノーローンより低金利…というのは間違いないので、これは別に横浜銀行フリーローンで借金の一本化をすることを、否定するような見方ではありません。

    消費者金融のおまとめローンと比較すると?

    今度は「消費者金融のおまとめローン」と比較してみましょう。消費者金融のおまとめローンと比較する理由は下の通りです。

    • 消費者金融のおまとめローンの借入枠は「最高300万円」である
    • 横浜銀行フリーローンの融資枠も「最高300万円」である
    • よって、下限金利の比較がしやすい

    となるわけですね。そして、まず消費者金融のおまとめローンの下限金利を比較していきます。

    プロミス 6.3%(実質年率 *下限金利のみ記載)
    アコム 7.7%(実質年率)
    アイフル 12.0%(実質年率)

    これらは全部300万円まで借りた時の金利と推測されるので、横浜銀行フリーローンの下限金利とそのまま比較することができます。

    そして、横浜銀行フリーローンの下限金利は「4.8%」なので、比較するまでもなく、横浜銀行フリーローンの方が低金利…ということがわかるでしょう。もちろん、「銀行カードローンなので当たり前」といえば確かにそうかも知れませんが、とりあえずどのくらい、消費者金融のおまとめローンよりも低金利なのかということを知る上でも、この計算は役立つかと思います。

    保証会社(審査担当)はクレディセゾン

    この横浜銀行フリーローンの保証会社(審査担当となる会社)は、クレディセゾンです。

    • クレディセゾンのクレジットカードなどで、これまでに返済の延滞・滞納などがあった場合―。
    • それがいわゆるブラックリストとなって、横浜銀行フリーローンの審査でも不利になる

    このようなことは考えられます。あくまで可能性があるというだけで、絶対にそうなるということではありません。ただ―。

    • これまでにクレディセゾンを利用してきた
    • その期間中に遅延・延滞をした経験がある

    こういう人の場合、もしかしたらそれが原因で審査落ちする…ということもゼロではないので、この点は注意してください。

    横浜銀行フリーローン・まとめ

    ということで、横浜銀行カードローンとは別の横浜銀行のキャッシング方法である「横浜銀行フリーローン」について、金利や限度枠などをまとめてきました。最後に要点を整理すると、下のようになります。

    • 横浜銀行フリーローンは、他の横浜銀行のローンと違って、「おまとめ・借り換えにおすすめ」と明記されている
    • なので、通常の横浜銀行カードローンよりも、借り入れの一本化の審査は、おそらく通りやすい
    • 最高借入枠は300万円なので、300万円以内の借金の一本化のみ可能
    • もっと大きい金額の借り入れの一本化をするなら、通常の横浜銀行カードローンがおすすめ
    • ↑(というより、そうでないとできない)
    • 実質金利は固定金利で、三段階に別れる
    • 4.8%、9.5%、14.5%である
    • この4.8%という下限金利は、消費者金融のおまとめローンなどと比較しても、かなり低金利

    もし300万円以下の多重債務を一本化したい…というニーズであれば、横浜銀行で整理する場合、こういう「横浜銀行フリーローン」という選択肢もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

    おまとめローンとして横浜銀行カードローンを利用する時のデメリット・注意点

    pixta_21169013_XL

    これは横浜銀行カードローンに限った話ではなく、どの銀行カードローン・消費者金融で借金の一本化をする時でも言えることなのですが、おまとめローンにも当然、デメリット・注意点があります。

    そのうちの1つが「おまとめローン詐欺」というものですが、ここではそのおまとめローン詐欺の手口について解説していきます。

    おまとめローン詐欺の手口

    おまとめローン詐欺の手口を箇条書きすると下のようになります。

    • 通常の銀行カードローン・消費者金融では、おまとめローンの審査に通らないような人に、DM・電話などで勧誘をかける
    • そして「うちなら借金の一本化をできますよ」と言う

    そして、大体の人はこれに乗ってくるわけです。もちろん、乗ってくるように「うちで借り入れの一本化をすると、かなりの低金利になりますよ」ということも、しっかり宣伝しています。そして―。

    • 実際には低金利にならない
    • 低金利になるが、代わりに膨大な手数料をとる

こうした方法で、申込者から搾取します。そして、何で断れないのかというと、下の通りです。

  • 白紙委任状などに、最初にサインさせる
  • 白紙委任状というのは、白紙で「何も書かれていない」もの
  • それにサインしたということは、その後、その白紙委任状に何を書かれても、「その内容についてサインした」というのと同じ意味になる
  • なので、どんな無茶苦茶な契約でも、同意したことになる

このようなわけです。「そんな馬鹿な」と思うかも知れませんが、これは事実です。なので、『ナニワ金融道』の作者の青木雄二氏も白紙委任状の意味くらい、義務教育で教えなあかんと、『ゼニの人間学』などの複数の著書で語られているわけです。

もちろん、おまとめローン詐欺の手口がこれだけ(白紙委任状を使う方法だけ)とは限りません。他の手口もいろいろあるでしょう。ただ、とりあえず「こうした代表的な手口がある」ということは知っておいて下さい。

その他のおまとめローンのデメリット・注意点は?

おまとめローンのデメリット・注意点は、もちろん、「おまとめローン詐欺」以外にもあります。おまとめローン詐欺を除外したデメリット・注意点としては、次に重大なのは過払い金の返還請求ができなくなるということでしょう。これはどういうことかと言うと―。

  • おまとめローンで一本化するなら、それぞれの借入先で「全額返済」するだけではない
  • 「解約」もしないといけない

こういうのが前提。

  • 解約した借入先に対しては、過払い金の返還請求はできなくなる

つまり「おまとめローンが悪い」というより「解約」をしないといけないのが悪い…ということなんですね。

「じゃあ、解約しないで全額返済するだけにしておけばいい」「契約はそのまま残しておけばいい」…と思う人もいるでしょう。しかし、残念ながら借り入れの一本化(おまとめローン)では、それはできないのです。理由を説明します。

なぜ「全額返済」だけではダメなのか?

なぜ、多重債務の一本化では、全額返済するだけではダメなのか。理由を箇条書きしていくと、下の通りです。

  • 契約が残っているということは、そこで借り入れできる「融資枠」も残っているということ
  • つまり、この人はいつまた「そこで借り入れする」かわからない
  • それでは安心して、その人の借金の一本化を引き受けることはできない
  • だから、「うちで借金の一本化を引き受ける以上」、「他の借入先はすべて解約してもらう」…となる

これはよく考えたら「当たり前」のことですよね。おまとめローンというのは、そもそも―。

  • 金額自体も大きくなるし、しかも借りるのは「全員多重債務者」ということで、リスクがさらに大きくなる
  • ただでさえ危険な金額を、ただでさえ危険な人物に融資する

こういうことで、「二重に危険」なわけですね。それだけのリスクを背負って、銀行カードローン・消費者金融側はおまとめローンの融資をしてくれるわけですから、借りる側もそれなりの誠意を見せる必要があるわけです。

なので、すべての借入先(おまとめローンで一本化する借入先以外)をすべて解約するのは当然というわけです。こうして順を追って考えていくと、ごくごく普通のこと…というのがわかるでしょう。

融資枠が残っていると「借りている」扱いになる

「誠意」という表現を使いましたが、これは心証の問題だけではなく、もっと物理的な「ルール」の問題もあるんですね。

  • そこでの借入可能枠が残っていると、たとえそこでのキャッシング金額が現時点でゼロでも、その「借入枠の分だけ、キャッシングしている」のと同じ扱いになる

つまり、わかりやすく具体的な数字を入れながら話すと―。

  • アイフルで「40万円」の借入枠をもらっていたとする
  • しかし、もうアイフルでは全額返済したので、現時点では「1円も」借りていない

という状態です。普通だったら、これは「キャッシング金額ゼロ」として計算されると思うでしょう。しかし、それが違っていて、この人は、アイフルから40万円借り入れしていると判断されるわけですね。なぜなのか理由を説明します。

融資枠が残っているだけで、「借りている」とされる理由

これも箇条書きで理由を説明していくと―。

  • キャッシング業者や銀行カードローンは、一度その利用者に与えた限度枠を、よほどのこと(規約違反など)がない限り、期間の途中で取り消すことはできない

こういうのがまず前提です。

  • 途中で取り消せない以上、たとえば上の例の人であれば、アイフルでの「40万円」という借入枠は、そのまま「保持される」ことになる

こういうわけです。ここまではいいでしょう。そして―。

  • 「保持されている」以上、その人が借りたいと思えば、いつでも借りられる
  • 新たに(おまとめローンを)融資する側からしたら、「この人が、いつアイフルから追加借入をするかわからない」
  • …というリスクとして、計算される
  • だから、「すでに借りている」のと、同じ扱いになる

もちろん、「実際に借りている」よりは少しはマシでしょう。何かしら参考マークがついて、審査部でも「実際に借りているわけではない」というような補足が注記される…ということもあり得ます。

しかし、何にしてもおまとめローンを融資する側にとって、これがリスクであるというのは、わかるでしょう。なので、「すでに借りている」という扱いになるわけです。

なので、おまとめローンを利用するために「他の借入先をすべて解約するする」というのは、道義的な理由だけではなく、こういう「物理的なルール」もあるわけですね。

この「借りている扱い」というルールは、おまとめローン以外の新規の借入審査に申し込む時でも関係することなので、ぜひ覚えておいて下さい。

横浜銀行カードローンのおまとめ・一本化のメリット・利点は?

pixta_16466926_XL

そして、デメリット・注意点ばかり書くと「おまとめローンは悪いこと」のようなので、もちろん、そんなことはない以上、ここからは「おまとめローンのメリット・利点」についても書いていきます。

まず最初に一覧にすると下の通りです。

  • 低金利になる(ことが多い)
  • 正確な借入状況がわかる
  • 返済の手間・手数料がなくなるか、減る

以下、詳しくまとめていきます。

おまとめローンによって低金利になる

まず、これは多くの人が知っているでしょうが、宣伝などに書かれている通り、おまとめローンによって借金の一本化をすると、それまでよりも総合的な金利が下がる…ということがほとんどです。

ビフォー・アフターの金利によっては、下がらないこともありますが、しっかり「下がるような」借り入れの一本化をした場合は、低金利になるのが基本です。

たとえば、どのようなケースで借金の一本化をすると低金利になるのか、それらの状況・条件を整理していきましょう。

消費者金融の複数の借り入れを、銀行カードローンでまとめる

まず、一番わかりやすいのは―。

  • 消費者金融での複数ローンを、銀行カードローンで一本化する

これは「普通の銀行カードローン」でかまいません。というのは、下のように言えるからです。

  • もともと、銀行カードローンの金利は消費者金融より安い
  • なので、それをただ「移動させる」だけで、自然と低金利になる

どのくらい低金利になるのかというと、下の通りです。

  • 借入総額が100万円だとしたら、全部消費者金融で借りていた場合は、月々の利息が1万5000円である
  • それを銀行カードローンでまとめるだけで、月々の利息は1万2000円になる

単純計算ですが、大体こうなります。つまり、100万円の場合は、月々3000円低利息になるということですね。

月々の利息が3000円安くなるということは、年間に換算すると「3万6000円低利息になる」…ということです。これを大きいと考えるか、小さいと考えるかは人それぞれでしょう。

しかし、基本的には多重債務者の人は、この金額は大きいと考えるべきと思います。理由は下の通りです。

  • これは全て「借金の利息」である
  • お金がある人は借金をしない
  • つまり、「お金がある人」だったら、払わなくていいお金である
  • それを、「お金がない自分」が払っている
  • これはどう考えても、おかしい

こういうことに気づかなければいけない…ということです。

  • お金がない人の方が、出費は減らさないといけない
  • なのに、逆に「払うはずがないお金」を払っている

どう考えてもおかしいですよね。実はこれは実生活の至る所で見られる現象なのです。こうした理由からもこの「年間で3万6000円」という利息差を、多重債務者の方々は「大きい」と思わなければいけないのです。そう思わないということは、下のように言えます。

  • 金銭感覚が欠如しているというよりも、人生に関する勝ち負けのアンテナが鈍化している

「勝ち負けのアンテナ」というのは、下のように言えるからです。

  • 勝ち組
  • 負け組

こういう話ではなく、望んでいるものを手に入れられなくても、何も感じなくなっているというような印象です。つまり「負け癖がついてしまっている」ということですね。

  • 他人と比較しての勝ち負けではなく、「自分に対する勝ち負け」ということ

つまり「金銭感覚うんぬん」という小さい話を超えて「負け癖が付いている」ということが行けないのです。上で書いた利息差を「大きい」と感じなということは、その人は、すでに負け癖が染み付いているという可能性が高いわけですね。なので、これを改善しないといけない…ということです。

何はともあれ、おまとめローンはそういうことに「気づかせてくれる」メリットもあると考えて下さい。

(こういう足かせの類は、なくなると気づくのです。それがどれだけ自分の負担になっていたかということに。ちなみに、もっと良いもの・大事なものも、「なくして初めて気づく」ということが、よくあるんですけどね。歌謡曲の歌詞みたいですが。笑)

正確な借入残高がわかるようになる

これは意外に重要なことです。私の経験からいうと―。

  • 多重債務の平均が4件として、その人の「全部の借入総額」のカウントは、大体5000円~1万円程度ずれている

こういうことがほとんどです。もちろん、大体「下方修正」されています。つまり実際よりも小さい金額で、借入総額を見積もっているということですね。

そうでないならないで(つまり、大きく見積もっているならそれで)これは問題があります。というのは、下のように言えるからです。

  • 現実以上に、借金を脅威だと感じてしまっているので、それがストレスになって、さらに衝動買いをしてしまったり、仕事に集中できなかったり、健康を害してしまったりする

そのため、どちらにしても「低い方に見積もるにしても、大きい方に見積もるにしても」借入残高を正確に把握していないというのは問題なのです。

なので、多重債務を完済したいと本気で思うなら、まずは「借入状況を正確に把握する」ことから始めないといけないのですね。スラムダンクでも、桜木花道がジャンプシュートの特訓を始めた時、安西先生が下のような短歌?を詠んでいます。

「下手くその 上級者への 道のりは 己が下手さを 知りて一歩目」

…というもの。井上雄彦先生の作品は、『リアル』でも何でもよく「短歌」が登場するのですが、これは特に有名(ファンの間で)のものですね。

そして、この安西先生も歌っている通り、多重債務者の方々が借金完済をしようと思う時にも、まず「自分の正確な借入状況」を知ることから始まるわけです。現在地を正確に知らなければ、「どれだけ歩けばゴールに着くか」も、当然わかるわけがないわけですね。

そして、その当たり前のことが、ほとんどの多重債務者の方々はできていないのです(私も昔そうでしたが)。なので、まずはこの基本中の基本をするために、おまとめローンで一本化をする…ということは重要なんですね。

(ちなみに、最初に書いた「平均で5000円~1万円ずれている」というのは、本当です。試しにしっかりカウントしてみてください。もしそこまでずれていなかったら、割としっかりした方です。その方は安心していいでしょう。といっても油断しないようにしていただきたいですが)

返済にかかる手間・手数料が減る

これも地味に重要なものです。キャッシングの返済というのは、下のように言えるからです。

  • 提携ATMでやっても、銀行振込で払っても、手数料がかかることが多い

たとえば消費者金融の専用ATMや、銀行カードローンの場合、その提携銀行のATM、提携ATMなどは、確かに手数料がかからないようになっています。しかし、下のようにも言えます。

  • それらの提携ATMを探して、そこだけで借入・返済する…というルールにすると、そこまで歩く時間がロスされる
  • その時給も考えると、実はかなりの機会費用の損失である

この「機会費用」という考え方は、お金持ちだったら、必ずしているものです。そして、普通の人(普通というのは、あくまで経済的に普通という意味であり、悪い意味ではありません)に欠けているものです。これについて、少し説明しましょう。

機会費用の考え方

機会費用というのは、下のように言えるからです。

  • その時間や労力を、「利益が出る所」に費やしていたら、「これだけの利益を出せていただろう」
  • でも、それを得られなかった
  • だから「これだけロスしたのと同じ」

こういう考え方です。具体的に言った方がわかりやすいので、具体的な例え話をしましょう。

  • Aさんの時給は「1万円」である
  • Aさんは今日、女性と「10時間」デートした
  • Aさんは「10万円」ロスしたことになる

ものすごくドライな考え方かも知れませんが、Aさんはこの女性とのデートに、10万円払ったのと同じなんですね。直接払っていないだけで、Aさんはこの時間仕事をしていたら、10万円を得ていたわけですから。

そして、一応こういう計算は「貧乏人」(に分類される方々)もしています。しかし、お金持ちの方々と決定的に違うのは―。

  • 時給が安い
  • だから、機会費用を計算した時も、その大きさをあまり実感しない
  • だから、時間を平気でムダにする

こういうことなのです。なので、わざわざ行列に並んでまで、安いお店で買い物したり「話題のお店」(本当は味なんてわからない)に並んだりするわけですね。

お金持ちにもいろんな人がいますが、お金持ちは絶対に行列に並ばないという特徴があります。リサーチのためにどうしても必要…という時は並びますが、そうした明確な目的(リターンのある目的)がない限りは、お金持ちは絶対に行列に並ばないのです。

お金持ちになったつもりで振る舞う、ということの本当の意味

よくお金持ち本で、「お金持ちになるためには、すでになったと思って振る舞いましょう」ということが書かれています。これは、下の通りです。

  • 高い店で食事しろ、とか
  • 高い服を着ろ、という意味ではなく、「機会費用」を考えろ

こういう意味でとらえるべきだと私は考えます。つまり、たとえば「時給1万円」になりたいとしたら―。

  • 時給1万円なら、分給は約170円である
  • つまり、10分ムダにしたら1700円払ったのと同じである
  • それでも、自分はこの行動に10分使うだろうか?

こういう「分給」で計算すると、すでにお金持ちだったとしたら、絶対にしない行動を、自分が毎日している…ということに気づくでしょう。これが「すでにお金持ちだったらと想像する」ということなのです。

そう考えると、返済に時間をかけるのは絶望的である

そう考えると、多重債務の返済で「提携ATMの手数料」を節約するために、いちいち遠くの専用ATMまで返済に行く…というのは、非常に「ありえない」ことなんですね。その移動で「20分」かかったとしたら、たとえば上の「時給1万円」の人だったら「3300円」を失った…ということなのです。

これだったら、返済手数料を払ってでも、「近くの提携ATM」で返済した方がいいのです。利用手数料がかかってもいいなら、そこらへんのコンビニの提携ATMですぐに返済できますからね。(あるいは、スマートフォンでインターネット返済をしてもOKです)

インターネット返済は、手数料がかからないケースも多いですけどね。

何はともあれ、このように「多重債務のそれぞれの返済に時間をかける」というのは、本当にムダなのですが、かといって「手数料をガンガン払う」というのも、痛いでしょう(現時点ではお金がないわけですから)。

なので、やはり一番いいのは―。

  • おまとめローンによって借金の一本化をし、借入先を一箇所だけにし、仮に返済手数料がかかっても、月1回だけにする

こういうのが一番いいわけです。こういう点でも、少々地味ではありますが、おまとめローンのメリットが存在するわけですね。

横浜銀行のおまとめローンに関する豆知識

pixta_14273418_XL

ちなみに、おまとめローンに関して、キャッシングの知識に興味がある人のために、ちょっとした豆知識(というか歴史)の話も書きましょう。

少し考えるとわかりますが、おまとめローンというのは、下のように言えるからです。

  • 融資する銀行カードローン・消費者金融の側にとって、リスクもある反面、メリットも大きい

こういう「ハイリスク・ハイリターン」な要素があります。

  • 数百万円の高額を、多重債務者に融資するという点で、ハイリスクである
  • しかし「他社の売上を奪い、自社の売上に変換する」という点で、ハイリターンでもある

たとえばバスケで「ディフェンスリバウンド」をとると―。

  • 相手の攻撃を止める…マイナス2点を防ぐ
  • 味方の攻撃が始まる…プラス2点のチャンスが増える

こういうことで、「4点分の働き」となるわけです。スラムダンクの名場面ですね。

これと同じで、おまとめローンも「他社のシェアを奪って、自社のシェアを伸ばせる」という点で、ディフェンスリバウンドに非常によく似ているのです。なので、これをうまく使うと、その消費者金融・銀行カードローンの利益を爆発的に伸ばせるということなんですね。そして、これによって急成長したのが、東証一部に上場する頃のアイフルだったのです。

アイフルはおまとめローンによって急成長した

アイフルがやったおまとめローンは不動産担保ローンです。

  • ただのおまとめローンではなく、自宅や土地などの「不動産」を担保(人質のようなもの)にして、それで確実に回収できる見込みをたてて、数百万円~1000万円の、高額な多重債務を、建て替える

普通の「無担保」のおまとめローンだと、なかなかこれだけの莫大な融資はできないのですが「不動産担保」だとできるわけですね。

そして、こう書くと「人質をとって、貸し付けるなんてあざとい」などという人がいるかも知れませんが、こういう世論やメディアに刷り込まれた反応をするのは、やめましょう(こういう、自分でものを考えない反応をしていると、どんどん平凡かつ実は非道徳な人生に埋没していきます)。

  • アイフルがおまとめローンで融資したのは、他では一本化ができなかった、人たちである
  • 他ではできなくてもアイフルではできたので、むしろ喜んでいた(当たり前ですが)

そして、逆にアイフルは他社から借り入れの一本化を断られるような人に融資したことで、リスクを抱えたわけです。これはかなり「勇気のいる行動」なんですね。

先程はわかりやすく「不動産を担保としてとっているので、回収できる」ということを書きましたが、実際には―。

  • 不動産を現金化するには、かなりの時間がかかる
  • また、査定した段階では「1000万円」と出ても、バブルの崩壊のような「市場の変動」があると、不動産の価値は、いとも簡単に変わってしまう

こういうことで、たとえ不動産を担保にとっても、高額のおまとめローンがリスキーであることは、変わらないのです。

事実、バブルの時期は銀行が不動産を担保にして、企業を中心に「これでもか」というほど、次々と融資をしていたのです。しかし、下のようにも言えます。

  • バブルが弾けた
  • 担保の不動産の価値も、一気に下がった
  • 融資したお金が回収できなくなった
  • 銀行がことごとく倒産の危機に貧した
  • 事実、長銀(長期信用銀行)などは破綻した
  • それを救うために、莫大な税金が投入された

こういう歴史は、知っている人も多いでしょう(知っておいた方がいいです)。

なので、これを見ても「不動産を担保にしたからといって、決して安泰ではない」ことがわかります。そうしたリスクを背負ってアイフルが多重債務の一本化を引き受けてくれたからこそ、救われた人も多くいたわけですね。

(もちろん、そのまま返済できなくて不動産を回収された人もいますが、それは厳しい言い方ですが、本人の問題です。この方は、アイフルで一本化をしなくても、どの道、もしかしたらもっとひどい条件で、キャッシング業者から不動産をとられていたでしょう)


このように、横浜銀行カードローンの記事で少々アイフルの話が長くなりましたが、おまとめローンにはこういう歴史もあります。こうした不動産担保のおまとめローンで、アイフルは急成長したということですね。キャッシングの歴史の一部として、参考にしていただけたら幸いです。

まとめ「横浜銀行のおまとめローン」

pixta_17050620_XL

以上、横浜銀行カードローンをおまとめローンとして活用し、多重債務の一本化をすることについてまとめてきました。アイフルがおまとめローンによって躍進した件など、関連知識をだいぶ盛り込みましたが、最後に要点を整理します。

  • 横浜銀行カードローンにおまとめ専用のコース・プランはない
  • しかし、普通のキャッシングをそのまま転用できる
  • 横浜銀行フリーローンと言うコースは、「おまとめ・借り換え」での利用が推奨されている
  • こちらの方が審査に通りやすいかも知れない
  • しかし、横浜銀行フリーローンは「300万円が限度枠」なので、高額の多重債務の一本化だったら、通常の横浜銀行カードローンを、そのまま利用した方がいい

このようになるわけです。

  • 横浜銀行カードローンの金利は、銀行カードローンの標準レベルなので、特に消費者金融での多重債務を一本化する時、低金利になる
  • 逆に「銀行カードローンでの借り入れ」をまとめる時は、それほど低金利にならないかもしれない(そんなことはめったにないが)

こういうのが金利面の話。そして、キャッシング可能枠について書くと下の通りです。

  • 最高借入限度額が1000万円と、大手の銀行カードローンの中で最大なので、↑(みずほ銀行と並んで最大)
  • 900万円や800万円のような「超高額の多重債務」でも、問題なく一本化できる

こういう最高借入枠についてもメリットもあります。これらのメリットを見て、自分にとって利益があると判断したら、ぜひ横浜銀行カードローンでの借金の一本化も、検討してみて下さい。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP