横浜銀行カードローンのメリット ~限度額が大きい・下限金利が低い~

横浜銀行カードローンのメリット ~限度額が大きい・下限金利が低い~

横浜銀行カードローンでキャッシングするメリットは、下の通りです。

  • 横浜銀行をメインバンクにしている人にとって、特に便利
  • 最高1000万円まで借入枠があるので、高額キャッシングをしたい人に、おすすめ
  • 横浜銀行の口座がなくても、最短即日借入可能
  • 下限金利が大手の銀行カードローンで一番安いので、高額借入の時に低金利になる

このような点です。以下、それぞれ詳しくまとめていきます。

横浜銀行がメインバンクの人にとって、横浜銀行カードローンは特に便利

横浜銀行カードローンでお金を借りる一番のメリットはこれでしょう。他のメリットもたくさんありますが、それらは別に「横浜銀行」だけのものではないのです。

というより、キャッシングのようなシンプルなビジネスは「差別化がしにくい」ので、実はどこで借りてもあまり違いはないんですね。家電製品などと違って「工夫の余地」が小さいわけです(これはわかるでしょう)。

なので、ぶっちゃけどこでも「似たようなもの」なのですが、決定的に違うのは―。

  • 横浜銀行をメインバンクにしている人だったら、横浜銀行カードローンでお金を借りるのが、借入・返済ともに一番便利

これも納得できるでしょう。

  • しょっちゅう、横浜銀行のATMを利用するわけだから、思い出した時についでに返済できたり、あるいは借り入れできたりする

このように「返済をいつでも気軽にできる状態」になっていると、キャッシングでは早期完済がしやすいものです。そして、今でもなく早期返済をすればするほど、最終的な利子総額は小さくなっていくので、金銭的にも得するわけですね。

なので、特にこのように臨時返済任意返済がしやすくなるという点で、横浜銀行をメインバンクにしている人だったら、大手の銀行カードローンの中でも、横浜銀行カードローンで借りるのが、特にいいわけです。

横浜銀行カードローンは、最高借入限度額が一番大きい

また、横浜銀行カードローンは最高借入限度額が大手の銀行カードローンの中でも最大になっています。「最高1000万円」という与信枠ですが、これだけ高額のキャッシングができるのは、他だと下のように言えます。

これらしかありません。なので、あまりいないとは思いますが、もし800万円~1000万円というような高額キャッシングをする人がいたら、横浜銀行カードローンは特におすすめということですね。(おすすめというより、他の選択肢がほとんどないので)

なお、「800万円」と書いたのは、横浜銀行やみずほ銀行以外の銀行カードローンは、ほとんど最高借入枠が800万円だからです。なので、それ以上の金額を借り入れしようと思ったら、横浜銀行カードローンやジャパンネット銀行カードローン、あるいはみずほ銀行カードローンでないとダメ…ということなんですね。

そんな高額借入をする人がいるのか?

上の説明を読んで、そんな高額キャッシングをする人間がいるのか?と思った人もいるでしょう。もちろん、めったにないケースではありますが、たとえば法人経営者会社代表者の方々だと、これはよくあります。というのは、下のように言えるからです。

  • これらの人は、常に大金が動く世界にいる(業界によっては)
  • そして、公式の取引でなくても、信用を示すために、多額の現金を用意しなければいけない場面がある

そういう時は、個人でも1000万円近い大金を用意しなければいけない…ということがしばしばあるわけですね。そして、多くの人は「銀行で下ろせばいいじゃん」と思われるかも知れませんが―。

  • 資産がある人でも、それを「預貯金」にしているとは限らない
  • 不動産や株券など、すぐに現金化できない形で、保有していることも多い

なのでそういうケースで急に数百万円のお金が必要になったら、キャッシングに頼る…ということもあるわけです。

事業だったら1000万円近いお金が必要になるというのはわかるでしょうが、会社経営者などの方々は、プライベートと仕事の線引きが曖昧なので、プライベートでも急に数百万円のお金が必要になることはよくあるのです。

(あくまで、その人の業種や経営のスタイル、キャラクターにもよるのですが)

横浜銀行カードローンは、下限金利が大手の銀行の中で一番安い

また、横浜銀行カードローンの下限金利(安い方の金利)は、大手の銀行カードローンの中で一番安いものとなっています。下限金利だけで、大手の銀行カードローンの金利を一覧にしてみると、下の通りです。

横浜銀行カードローン 1.9%
じぶん銀行カードローン「じぶんローン」 2.4%(実質年率)
ソニー銀行カードローン 2.5%(実質年率)
ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」 2.5%(実質年率)
オリックス銀行カードローン 1.7%(実質年率)

このようになっています。見ての通り、横浜銀行が唯一の「1%台」というのがわかるでしょう。キャッシングの知識のある人だったらよくご存知でしょうが、下のように言えます。

  • 下限金利というのは、最高借入枠によって左右される
  • だから、最高融資枠が同じ金融機関で比較するべき

これが、キャッシングの世界の基本です。なので、その条件で比較すると、横浜銀行カードローンと最高借入限度額が同じなのは、ジャパンネット銀行・みずほ銀行なので、下のようになります。

横浜銀行カードローン 1.9%
ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」 2.5%(実質年率)
みずほ銀行カードローン 3.5%(実質年率)

見事に松竹梅と分かれましたね(笑)。もちろん、実際に1000万円やその近くまで借りた時、この通りの金利になる…と確定しているわけではありません。しかし、大体それに近くなるのは確かなので、単純にこのように―。

  • 横浜銀行…一番安い
  • ジャパンネット銀行…普通
  • みずほ銀行…一番高い

となると考えていいでしょう。ちなみに、これは下限金利の比較であて、上限金利になるとだいぶ変わります。

みずほ銀行カードローン 14.0%(実質年率)
横浜銀行カードローン 14.6%(実質年率)
ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」 18.0%(実質年率)

こういうことでみずほ銀行が一番低金利になるわけですね。そして横浜銀行は普通で、ジャパンネット銀行が、消費者金融並の高金利…という風になっています。

(この実質年率18.0%という金利は、アコムアイフルSMBCモビットなどの大手の消費者金融と同じです)

なので、下限金利の比較だけでその銀行カードローンが高金利か低金利かを決めることはできないということですね。みずほ銀行カードローンは下限金利はやや高いですが、上限金利はこのように非常に安いのです。

(そして、ほとんどの人のキャッシングで一番重要なのは上限金利です)

横浜銀行カードローンは資金使途が自由

これは横浜銀行カードローン以外でも、全てのフリーローンで言えることですが、資金使途が自由というのも、便利な点です。たとえば横浜銀行カードローンの公式サイトには、下のような利用用途が、例として書かれています。

  • 旅行・レジャー
  • 家具・家電製品
  • エステ・自分磨き
  • 返済計画支援のための融資
  • カー用品の購入費
  • 引っ越しの費用、敷金・礼金
  • ブライダル費用
  • 入院費・治療費
  • 資格取得・塾代・学費
  • インプラント・歯科矯正

ちなみに、これらの利用目的の場合、それぞれに適した目的別ローンもあるので、それでお金を借りることもおすすめします。ここでは目的別ローンについて簡単にガイドしましょう。

目的別ローンとは

目的別ローンは名前通り、使い道が決まっているローンのことです。たとえば上に一覧にした横浜銀行カードローンの利用用途の例だと下のように言えます。

このような選択肢があります。そして、これらの目的別ローンのメリット・デメリットをまとめると、

審査が厳しいというのは、下のように言えるからです。

  • 請求書や領収書などによって、その資金使途を証明しないといけない
  • また、内容によっては「金融機関が代わりに振り込む」ということもある

後者についてはたとえばそれが「授業料」だったとして、その払込用紙があったら―。

  • 銀行や信用金庫などがそれを預かって、本人の代わりに「本人の名義で」、その銀行口座に振り込む

こういう形での「融資」をするんですね。つまり融資というよりは「代わりに振り込む」ということです。

つまり、その資金使途にしか使えない

本当に当たり前のことですが、そもそも「その利用目的で借りたんだから、これで問題ないだろ」ということですね。銀行カードローンなどの貸し手の側からしたら。全くその通りなのですが、下のように言えます。

  • 万が一「教育ローンとして借りて」、それを「投資などに流用しよう」と思っている人がいたら、目的別ローンではそれはできない

低金利な借入方法なので、こういう選択肢を考えたことがある人は、かなりいるはずですが、これは破産のリスクが高いので、金融機関の側としても、許可していないのです。(当然ですが)

そういう点で、「何か、認められていない利用用途で使おう」と考えている方にとっては、目的別ローンは不便なのです。しかし、下のようにも言えます。

  • あらかじめ使い道が決まっている
  • 本当にそれに使うために借り入れする
  • という「正しい人」の場合―。
  • 目的別ローンのデメリットは特にない

強いて言うなら「最短即日融資は、基本的にできない」ということくらいでしょう。支店長決済などいろいろな手続きがあるので、大体最短でも3日程度となります。

(すでにその銀行で住宅ローンを組んでいたり、あるいは銀行の主要な取引先の社員である…などの条件があって初めて、2日くらいで融資してもらえる(かも知れない)という程度です。

なので、利用用途が明確に決まっている場合でも、もし最短即日借入を希望するのであれば、フリーローンを選ぶようにしましょう。

(要は、普通のキャッシングにする…ということです)

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP