みずほ銀行カードローンのメリットは? ~三大メガバンクで一番低金利、融資枠が大きい~

みずほ銀行カードローンのメリットは? ~三大メガバンクで一番低金利、融資枠が大きい~

みずほ銀行カードローンでお金を借りるメリットは、

  • 三大メガバンクの中で、一番低金利で借りられる
  • 借入可能金額が、最大で1000万円と大きい
  • みずほ銀行の口座を持っていなくても借入可能

という三点になります。以下、詳しくまとめていきます。

三大メガバンクの中で、一番低金利

三大メガバンクというのは、

の3つです。これらのカードローンの金利を一覧にすると、

  • みずほ銀行…3.5%~14.0%
  • 三井住友銀行…4.0%~14.5%
  • 三菱東京UFJ銀行…4.6~14.6%

という風に、上限金利でも下限金利でも、みずほ銀行カードローンが一番安い…という状態になっています。

下限金利については、みずほ銀行カードローンは借入枠が最大1000万円と大きいので、その分下限金利も安くなる…というのは当然です。なので、これは別に比較しなくてもいいのですが、上限金利が他の2つの銀行カードローンより大幅に安い…というのはメリットです。

なぜ上限金利の比較が重要なのか

これはキャッシングの基本中の基本ですが、金利比較をする時は、常に上限金利(高い方の金利)で比較する必要があります。理由は、

  • 上限金利というのは、
  • 基本的に100万円以下で適用される金利である
  • 多くの人の借り入れは100万円以下である
  • ↑(それだけしか融資してもらえない)
  • だから、ほとんどの人に関係する金利は、上限金利だけである

ということです。そして、その上限金利だけ比較した時、

  • みずほ銀行…14.0%
  • 三井住友銀行…14.5%
  • 三菱東京UFJ銀行…14.6%

というように、みずほ銀行カードローンが断然安くなっているので、三大メガバンクの中で、一番低金利なのは、みずほ銀行カードローン…ということができるわけですね。

最大で1000万円まで融資可能

みずほ銀行カードローンのもう一つのメリットは、与信枠が、最大で1000万円までもらえる…ということ。これはもちろん、ほとんどの人にとっては関係ないのですが、それでも、

などに役立つでしょう。もちろん、事業性資金として使うのは、みずほ銀行カードローンは禁止なのですが、事業をやっていると、たとえば、

  • 会社経営者本人が、
  • 会社の連帯保証人になっているので、
  • 会社の経営がピンチになった時、
  • 連帯保証人として、代わりに払う必要がある

というようなことがあります。(簡単に書くと…で、厳密には少々違いますが)

何はともあれ、こうした支払いの場合は、

  • 確かに目的は「事業用」だけど、
  • 支払いはあくまで「個人」だから(法律的にも)
  • 事業性資金でなく、個人のキャッシング

という扱いになるわけですね。なのでこういう理由で数百万円レベルの高額キャッシングをする…ということもあり得るわけです。また、会社経営者・法人代表者と書きましたが、個人事業主自営業の方々でもこれは当然あるでしょう(事業の規模がある程度大きかったり、あるいは仕入れの金額が大きいビジネスなどですが)

みずほ銀行の口座を持っていなくても借入可能

みずほ銀行カードローンの3つ目のメリットとして、みずほ銀行の口座を持っていなくても、借り入れできるという点があります。ポイントをまとめると、

  • 銀行カードローンで最短即日借入をするためには、
  • その銀行の口座を持っている…という条件が必要なことが多い
  • しかし、みずほ銀行カードローンは、
  • みずほ銀行の口座を持っていない人でも、最短即日融資が可能

…という風になっています。完全になしのままでいいわけではなく、

  • みずほ銀行の口座を持っていない場合、
  • 当日口座開設してから、キャッシングの申し込みをする

という条件ですが、それでも「口座なし」という理由で、門前払いにならない…というのは、大きなメリットでしょう。

という点で、最短即日キャッシングにあたって、銀行口座の制限がない…というのも、みずほ銀行カードローンを選ぶ理由の一つになります。

無収入の専業主婦が借りやすいのもメリット

また、みずほ銀行カードローンは無収入の専業主婦の方々にとっても、借り入れしやすい銀行カードローンとなっています。理由は、

…です。で、みずほ銀行カードローンはその「夫・旦那の同意書」を提出しなくていいので、夫・旦那に内緒で借り入れがしやすい…ということですね。

婚姻関係の証明書を提出するだけでOK

で、みずほ銀行カードローンで自分の収入がない専業主婦が借り入れする時、どんな必要書類があるのかというと、

だけでOKです。身分証明書は、夫・旦那のものではなく、自分のものだけでOKです。

婚姻関係の証明書というのは、具体的には住民票のことです。住民票でなくても、戸籍抄本戸籍謄本でもいいのですが、要は「確かに、結婚していることがわかる書類」ということです。

なぜ結婚証明書が必要なのか?

理由は、

  • 専業主婦として生活できているということは、
  • 誰かがその女性を養っているということ
  • そして、本人が専業主婦といっている以上、
  • 夫・旦那が養っている可能性が高い

ということです。そして、結婚証明書を確認すれば、

  • 確かに夫・旦那がいることがわかる
  • そして、女性が専業主婦として生活している以上、
  • その夫・旦那は、一般的な月収年収を得ているだろうし、
  • 勤続年数なども、一般的な数値だろう

と想像できるわけですね。要は、日本人の普通の生活をしている人だろう、と。でないと奥さんを専業主婦として養うことは不可能ですからね。

というわけで、みずほ銀行カードローンなどの専業主婦のキャッシングでは、

  • 婚姻関係の証明書を提出すれば、
  • 後は夫・旦那の収入証明書などを提出しなくてもOK

という風になっているのです。もちろん、夫・旦那の職場に在籍確認をする…ということもありません。

専業主婦が借り入れできない銀行カードローンは多い

みずほ銀行カードローンだと、このように「配偶者の同意書も不要」という条件で、専業主婦が借り入れできるのですが、銀行カードローン全体で見ると、収入がない専業主婦のキャッシングは、かなり難しくなっています(それだけ、みずほ銀行カードローンは借りやすいということです)。

たとえば、「専業主婦の借り入れは不可」という条件になっている銀行カードローンは、

などがあります。三井住友銀行カードローンのようなメガバンクのカードローンでも、専業主婦のキャッシングが不可…という点で、少々驚く人もいるかも知れません。

また、大手の銀行カードローンではこれだけですが、これが地方銀行のカードローンになると、もっと「専業主婦は借入不可」という条件の銀行カードローンが増えます(というより、多数派かも知れません)

というように、専業主婦のキャッシング自体が難しい中で、みずほ銀行カードローンは婚姻関係の証明書すら無しでOKというルールですから、専業主婦がお金を借りたい時に、極めて有利な選択肢なんですね。

みずほ銀行カードローンは、学生でも融資可能

また、みずほ銀行カードローンのキャッシングのメリットとして「学生のキャッシングでもOK」という点があります。学生でも、

という2つの条件をクリアしていれば、融資可能となっています。学生がこのようにして借入可能になっているというのは、無収入の専業主婦以上に、銀行カードローンでは珍しいことで、

  • 三井住友銀行
  • イオン銀行
  • 静岡銀行
  • 横浜銀行
  • オリックス銀行

などの銀行カードローンは、すべて「学生融資不可」となっています。このように、学生の借り入れが全体的に厳しい中で、学生でも問題なく借り入れができるという条件のみずほ銀行カードローンは、この点でも有利なわけです。

(もちろん、職業・属性で弾かれないという意味の「借りやすい」ということであり、決して審査が甘いとか審査がゆるいという意味ではありません。その点は注意して下さい。)

パート・アルバイト・フリーターでも借り入れできる

また、これはみずほ銀行カードローンだけに限ったメリットではありませんが、パート・アルバイト・フリーターなどの非正規雇用の方々でも、借り入れできる…というのがみずほ銀行カードローンの審査基準のメリットといえます。ポイントをまとめると、

  • 大体月収8万円程度あればギリギリ審査に通る
  • できれば月収10万円ほどあった方がいい

となります。ギリギリのギリギリで、月収5万円でも審査に通ったという体験談もあるようですが、それはクレジットヒストリーなど、その他の条件が相当良かった場合と推測できるので、基本的に月収8万円は必須…と思っておいた方がいいでしょう。

自分の収入があれば、どこでもキャッシングは可能

ちなみに、みずほ銀行でもそれ以外の銀行カードローン・消費者金融でも、自分の収入があればキャッシングは可能…というのが基本です。お金を借りたい人は、自分が借りることしか考えていないので、

  • 金融機関の側は融資したくない、
  • という勘違いをしているが、
  • 実際には融資をしたい
  • 彼らはそれによってしか利益を得られないのだから、
  • むしろキャッシング業者の側は、融資したがっている

ということ。つまり、一定の条件さえクリアしていれば、融資してもらえるのは当たり前なんですね。キャッシング審査が厳しい、厳しい…という体験談・口コミが多いのは、「多重債務者」など「落ちて当たり前」の方々が、書き込んでいるだけなのです。

(私も多重債務者だったので気持ちはわかりますが、要は普通の生活をしている人であれば、カードローン審査はそれほど難しいものではない、ということです)

で、パートでもあるいはフリーター・アルバイトでも、自分の収入があるというのは、この「一定条件をクリアしている」ということになるので、それで問題なく借り入れできるわけですね。なので、非正規雇用ということはまったく気にしなくていいのです。

みずほ銀行で即日借入するには、何時までに申し込む?

何時までに審査申込みをすれば、みずほ銀行カードローンで最短即日借入ができるのか―。これは「平日の午前中」というのが基本です。これについてポイントをまとめると、

  • みずほ銀行は銀行振込によって融資するので、
  • 銀行の営業時間でないといけない
  • つまり、平日の15時までである
  • 15時までに振り込むということは、
  • 14時30分程度には、審査通過している必要がある
  • そこから逆算すると、どれだけ遅くても午前11時くらいには、審査申込みする必要がある

ということです。三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行などは「最短30分」という審査の所要時間になっていますが、みずほ銀行ではそういう「最短の時間」は書かれていません。なので、どのくらいになるのかは、わからないわけですね。

銀行カードローンの審査の平均的な所要時間としては、大体「数時間」(2時間~3時間程度)なので、「14時30分」から3時間逆算すると「11時30分」となります。もう少し余裕を持って、大体11時までには申し込む…と考えた方がいいでしょう。


以上、みずほ銀行カードローンでキャッシングするメリットや、即日審査に申し込む時間などについてまとめてきました。低金利で信頼できる借入先からお金を借りたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP