カードローンの用語 ~最短当日融資・営業時間・利用手数料・コンビニATMなど~

カードローンの用語 ~最短当日融資・営業時間・利用手数料・コンビニATMなど~

この記事のまとめ

この記事は、キャッシングやカードローンのトピックス・用語の中でも―。

「最短即日融資」関連
「提携ATM・手数料」関連

というテーマでまとめています。カードローンやキャッシングについて、知識を深めたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

「ローンカード」とは

ローンカードとは、銀行の預貯金でいう「キャッシュカード」のようなものです。これをコンビニの提携ATM・提携銀行のATMや、それぞれの消費者金融の専用ATMなどに差し込むと―。

  • 借入・返済の操作画面が自動で起動して、後は、銀行のキャッシュカードと同様に、操作するだけ

最短即日キャッシングではこの「ローンカード」が非常に重要になるのですが、その理由は下の通りです。

  • 銀行振込で借り入れする場合―。
  • 銀行の営業時間でないといけない
  • つまり、平日の15時まででないといけない

こういう「日時の制限」があるわけですね。一方―。

  • ローンカードを発行して、ATMからお金を借りるという方法であれば、コンビニの提携ATMで利用できる以上、年中無休・24時間借り入れでき、日時の制限がない

もちろん、ローンカードを発行するには―。

が動いている日時(消費者金融だったら、毎日21時~22時頃まで)に発行手続きをしないといけませんし、その時間までに審査通過しているように、早めに審査申込みをする必要があります。

というように、最低限「早めに申し込む」ことは必要なのですが、それでも「振込キャッシングだけ」という状態に比べれば、ローンカードや無人契約機のおかげで、相当「申し込みやすく」なっているわけです。

キャッシング審査の「営業時間」

キャッシング審査の営業時間は2通りあります。

たとえば銀行カードローンだったら―。

  • 審査申込み…午前中にするのが基本
  • 融資…それから15時か17時くらいまでに借りられる

このようになっています。

  • 審査の締切時間と、融資の締切時間で、タイムラグがある

一方、モビットアコムアイフルなどの消費者金融の場合はあまりタイムラグはなく―。

  • 最短30分で審査完了し、早ければすべての手続きを入れて、1時間程度で最短即日融資できるので、ローン申込機の締切時間の、1時間前までに申し込めば(ギリギリだが)間に合う

このようになっています。もちろん、これはギリギリのギリギリなので、確実に即日借入したいのであれば、2~3時間前に申し込むことをおすすめしますが。

キャッシングの「最短即日融資」

キャッシングの最短即日融資についてポイントをまとめると、下のようになります。

  • 「最短即日審査」と「最短即日融資」は違う
  • 「当日中に審査」してくれても、それで「その日中にお金を借りることができるかは、わからない」

そして、当日中にキャッシングできるようにするには、どうすればいいかというと、下の通りです。

  • 消費者金融だったら、それぞれの最短即日審査の締切時間の2~3時間前には申し込む

こういうのが基本。最短即日審査の締切時間というのは、下のように言えるからです。

このようにになっています。なので、この数時間前ということで、18時~17時頃に審査申込みすれば、その日中に審査が完了する可能性が、ある程度高い…というわけですね。

もちろん、、審査の所要時間というのは、一律で決まっているわけではなく―。

こういうことで、必ずしも数時間前に申し込めば、当日キャッシングできるとは限りません。しかし、下のようにも言えます。

  • 普通の生活をしている人で、現時点の他社借入などにも特に問題ないようなら、それほど審査時間が長引くこともない

といえます。何にせよ「どうしても、その日中にお金が必要」という人がいれば、その方はとにかく「早めに審査申込みする」ということを意識してください。

「コンビニの提携ATM」とキャッシング

キャッシングの借入・返済では、コンビニの提携ATMが非常に便利です。特に重要なポイントをまとめると、下のようになります。

そのため、特に銀行カードローンを利用している方の場合、コンビニの自社・自行ATM&提携ATMでの借入・返済は、手数料もかからず非常に有利です。思い立った時にいつでも任意返済臨時返済)できるので、完済までのペースも早まるでしょう。

コンビニでの返済としては、ATMとよく似ている返済方法で、「メディア端末を使う」というものもあります。

  • ファミリーマート…Famiポート
  • ローソン…Loppi

のような端末ですね。あれを使って―。

  • 返済したい金額を入力する
  • レシートが出てくる
  • それをレジに持っていく
  • それで、返済する金額を支払いする

ただ、このやり方は「無駄な作業が多い」ので、個人的には「普通に提携ATMでの返済する」のをおすすめします。

キャッシングの「利用手数料」

キャッシングの利用手数料は、主に「自社・自行ATM&提携ATMでの借入・返済」でかかります。この提携ATMでの返済・借入について整理すると、下のようになります。

  • 消費者金融の場合「自社ATM」がある
  • 自社ATMだったら、手数料は常に無料
  • コンビニの提携ATM・提携銀行のATMだと、手数料がかかる
  • しかし、プロミスで「三井住友銀行」の提携ATMを使う時など、一部、提携銀行のATMで手数料なしになることもある
  • (モビットも、期間限定で三井住友銀行が無料になることがある)

このようになっています。ちなみに、これは消費者金融の場合で―。

  • 銀行カードローンだと、コンビニの提携ATMはほぼ全部利用手数料なしだし、他の提携銀行のATMも、無料で使えることが多い

そして―。

  • 特に「ネット専業銀行」は
  • 無料で使える提携ATMが多い
  • つまり楽天銀行オリックス銀行などである
  • これらの銀行カードローンは、自社・自行ATM&提携ATMでの借入・返済が便利

もちろん、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」などのメガバンクも十分便利なのですが、下のように言えます。

  • もともと自行の店舗や提携ATMがなく、普通の預貯金でも「他の銀行と提携」する必要があるネット専業銀行の方が、提携ATMの数やサービスが充実するのは、当然

そのため、今後も銀行カードローンの世界では、ネット専業銀行の方が、自社・自行ATM&提携ATMでの借入・返済は便利になるでしょう。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP