学生がキャッシングする場合、大手の消費者金融・銀行カードローンがおすすめ

学生がキャッシングする場合、大手の消費者金融・銀行カードローンがおすすめ

学生がキャッシングする場合も、大手の消費者金融や銀行カードローンがおすすめです。理由は下の通りです。

  • 大手なら、コンビニ・提携銀行のATMでの借入・返済ができる
  • 提携ATMの手数料も、無料になるものが多い
  • ネットバンキングを使った「インターネット返済」もできる
  • 最短即日融資・最短即日審査のスピードが早い

このようなものです。以下、詳しくまとめます。

大手なら、自社・自行ATM&提携ATMでの借入・返済がやりやすい

学生のキャッシングでも、当然借入・返済には提携ATMを使うことが一番多いです。そして、提携ATMを使った借入・返済について、中小業者と大手を比較すると、下のようになります。

  • 中小業者…自社ATMがない。コンビニの提携ATM・提携銀行のATMも使えない
  • 大手…自社ATMが多数あり、無料。コンビニ・銀行の提携ATMも使えて、無料が多い

提携ATMを使った借入・返済については、大手と中小業者では比較にならないというのが、率直なところです。(別に中小業者の方々を否定するわけではないのですが、物理的にそういう比較結果になります)

提携ATMでの返済・借入ができないとは、どういうことか?

「自社・自行ATM&提携ATMでの借入・返済ができない」というのは、ポイントをまとめると、下のようになります。

  • 指定された口座への振り込み、によって返済する
  • 自分で、その口座の支店名・口座番号などを入力する

このように、この振り込み作業の時点でまず面倒なのですが、もっと面倒なのは―。

  • 返済でも借り入れでも、「事前に電話連絡」しなければいけない
  • 返済の場合は「今日、○○円振り込む」という連絡が必要
  • 借り入れの場合「○○円融資してほしい」と電話し、あちらが簡単な審査(というよりチェック)をしてから振り込む
  • このように、借入・返済どちらにしても手間・時間がかかる

特に返済でも毎回事前連絡をしなければいけないというのが、一番厄介なところ。もし大手の消費者金融・銀行カードローンのように提携ATMでの返済ができたら―。

  • 「返済金額」を入力する
  • その分のお金(お札)を入金する

こういうだけで返済の作業が完結するのです。

  • 「口座番号などの入力も必要ない」し、「事前に電話連絡する」必要もない

そのため、この自社・自行ATM&提携ATMでの借入・返済が自由にできるという点で、まず中小業者よりも大手の消費者金融・銀行カードローンを選ぶべきなのです。

大手の提携ATMでの返済だったら手数料もかからない

大手の消費者金融・銀行カードローンの提携ATMでの返済についてポイントをまとめると、下のようになります。

  • コンビニの提携ATM・提携銀行のATMはほぼ全部使える
  • 自社・自行のATMは当然無料
  • 消費者金融の自社ATMも、かなりの数ある
  • 自社・自行のATM以外でも、手数料無料のものが多い

特にここからは銀行カードローンの提携ATMについてまとめます。

銀行はコンビニの提携ATMが全部無料、他行も一部無料

銀行カードローンの借入・返済の場合―。

  • コンビニの提携ATM…全部無料(大体の銀行カードローンで)
  • 他の銀行の提携ATM…一部無料

コンビニの自社・自行ATM&提携ATMでの借入・返済については下の通りです。

  • みずほ銀行カードローン
  • 横浜銀行カードローン

などは手数料がかかるとなっていますが、その他の主要な銀行カードローンはすべてコンビニの提携ATMは無料となっています。

そして「他の銀行の自社・自行ATM&提携ATMでの借入・返済」ですが、これはネット専業銀行ほど、無料になりやすいという傾向があります。これについて詳しくまとめます。

ネット専業銀行は、他の銀行の提携ATMが無料になりやすい

ネット専業銀行というのは、楽天銀行・オリックス銀行・ソニー銀行などです。

  • 三菱東京UFJ銀行などのように実店舗を持っていない
  • セブン銀行のような「専用ATM」も持っていない
  • コンビニや他の銀行の提携ATMを「間借り」している

このようなスタイルの銀行です。そして、これらのネット専業銀行が提供するカードローンは無料で使える他の銀行の提携ATMが多いのです。理由は下の通りです。

  • 普通の預貯金の業務から、すでに「自行ATM」がないので、「他行提携ATM」と提携するしかない
  • この「他行の提携ATM」の利用料は無料にしておかないと、新規のユーザーを獲得するのは難しい

こういう理由で、まず預貯金の段階から、すでに他行の提携ATMが無料で使えるようになっていたわけですね。そして、「カードローンの借入・返済でも、それをそのまま応用する」ということです。

一応、三井住友銀行・みずほ銀行など「自行ATMが大量にある」という銀行の場合―。

  • 自行ATMが無料で使えれば、それで十分な数になる
  • これに加えて、コンビニの提携ATMも無料だったら、それでOK

こうした理由で他の銀行の提携ATMまで無料にはならないわけですね。なので、「無料で使える提携ATMの多さ」に関しては、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行などのメガバンクよりも、むしろ楽天銀行・オリックス銀行などの「ネット専業銀行」の方が有利なのです。

大手なら「インターネット返済」も可能

学生だったら、インターネットは完全に駆使しているでしょう。パソコンでもスマートフォンでも同じです。

インターネット返済とは―。

  • 「銀行振り込み」による返済(口座番号などを自分で入力して返済)を、提携ATMからするのではなく、ネットでする

このようなもの。そして、これを利用する条件として自分が使っている銀行のオンラインバンキングに登録しているという条件が必要です。オンラインバンキングというのは、ネットバンキングとも言いますが、具体的な例をあげると―。

  • みずほ銀行…みずほダイレクト
  • 三井住友銀行…SMBCダイレクト
  • 三菱東京UFJ銀行…UFJダイレクト
  • ゆうちょ銀行…ゆうちょダイレクト

このようなものです。要は「○○ダイレクト」というサービスですが、これに登録している人の場合、大手の消費者金融や銀行カードローンでは、インターネット返済が利用できるという条件が多いです。(どの大手の銀行カードローン・消費者金融でもできる、というわけではなく、一部の例外があるので注意してください)。

インターネット返済ができると、早期完済しやすい

このようにインターネット返済ができるメリットとして、早期完済がしやすくなるということが挙げられます。早期完済に必要な条件はいくつかありますが―。

  • 収入が増えること
  • できれば「日払い・週払い」の収入が増えること
  • 支出を抑えること
  • できるだけ小まめに返済すること

そして、このうちインターネット返済は、できるだけ小まめに返済することという条件を満たせるのです。

人間やはり「めんどくさいこと」はしたくないものです。「簡単な方」にどんどん流れるものです。しかしこれは逆に良い方向に進むことが簡単になると「自動的に努力できる」ということなのです。

実際、イチロー選手など長く継続して活躍するアスリートは、毎日のトレーニングなどが完全に「ルーティン化している」と言われます。つまり、まるで判で押したかのように、毎日「まったく同じ」練習・生活をするのです。

心理学的にも、人間の行動は「9割が習慣で自動的に決まる」と言われているので、このイチロー選手のような生活の場合、何も考えなくても、必要な行動の9割を、自動的にやってしまうということなのです。

…このように、何かを達成しようと思ったら「大した意志力がなくても、それをやってしまえる環境」を整えるといい…ということなんですね。なので、学生のキャッシングの返済でも、インターネット返済によって、大した努力をしなくても返済できるようになると、完済が早くなる、ということなのです。

大手は最短即日審査・最短即日融資のスピードが速い

大手の消費者金融・銀行カードローンは、どちらも中小業者・地方銀行と比較して、最短即日融資・最短即日審査のスピードが早くなっています。大手の消費者金融では、審査時間が最短30分が普通ですし、銀行カードローンでも最短即日融資が普通。三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行などは消費者金融と同様「最短30分」で審査できるようになっています。

これはあくまで「審査の所要時間」であり、実際の融資までの手続きを全部入れると、最短1時間となることが多いですが、何はともあれ大手の消費者金融や銀行カードローンはこのように「急ぎでお金を借りる」こともしやすいわけです。

地方銀行や中小業者では、こうは行きません。中小業者でも「当日キャッシング可能」という業者はたくさんありますが―。

  • 実際にはあくまで「最短の場合」というだけで、ほとんどは数日
  • 最短即日キャッシングは可能だが、かわりに審査が厳しい

…などのケースが多く、なかなか「急ぎで借りる」というのは難しくなっています。この点でも、急ぎでお金が必要な人々は、学生借入の場合でも「できるだけ大手で申し込む」ようにした方がいいでしょう。

大手の消費者金融は毎日22時まで最短即日審査

ちなみに、大手の消費者金融の場合毎日何時まで最短即日審査しているのかというと、夜の10時、つまり22時までです。これはその時間まで審査しているという時間なので、申し込みはも少し早くしましょう。

大体1~2時間前には申し込む…というのが、確実に即日借入するために必要な申し込みのペースです。これは学生のキャッシングでも社会人の借り入れでも変わりません。

なお、「22時まで最短即日審査」しているのはプロミス・アコムであり、その他のモビット・アイフル・ノーローンは21時までとなっています。なので、申し込みの時間もプロミス・アコムより1時間早くするようにしてください。

(これらの最短即日審査の締切時間は、平日でも土曜日・日曜日・祝日でも変わりません)

銀行カードローンは午前中に申し込む

銀行カードローンの場合は、消費者金融のように最短即日審査の時間は長くなっていません。銀行カードローンによって最短即日審査の締切時間は異なっていますが、大体午前中に申し込むようにしたら間に合うと考えてください。

銀行カードローンの即日借入の場合、消費者金融より難しいのはその銀行の口座を持っている必要があるという条件の銀行が多いということ。たとえば、例を出すと下の通りです。

  • イオン銀行カードローンBIG
  • みずほ銀行カードローン
  • 横浜銀行カードローン

などのカードローンが、その代表となっています。もっとも、このうち―。

  • イオン銀行カードローンBIG
  • 横浜銀行カードローン

については、もともと学生は借入不可というルールなので、口座が必要だろうとなかろうと、別に関係ないのですが…。

関係あるみずほ銀行については、口座がない場合、当日開設可能となっています。なので、学生キャッシングをみずほ銀行でしたい場合、口座がない人は「当日開設してから申し込む」ということを意識しておいて下さい。

まとめ「学生借入では大手の消費者金融・銀行がおすすめ」

以上、学生キャッシングでは大手の消費者金融・銀行カードローンがおすすめ、という内容をまとめてきました。最後に再度、ポイントを整理すると、下のようになります。

  • 大手なら、自社・自行ATM&提携ATMでの借入・返済がしやすい
  • 特に手数料なしで使える提携ATMが多いのがメリット
  • 中小業者だと、返済・借入の度に事前に電話連絡する必要がある
  • 大手なら、インターネット返済も可能
  • 気が向いた時にいつでも返済できるので、完済が早くなる
  • 最短即日融資・最短即日審査のスピードも、大手の方が断然早い

これらの理由によって、学生がお金を借りる場合でも、大手の消費者金融・銀行カードローンがおすすめ…ということです。学生でキャッシングしたいという方は、参考にしてみてください。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP