クレジットカードで借りたお金でも、おまとめローンで一本化できる?

クレジットカードで借りたお金でも、おまとめローンで一本化できる?

クレジットカードで借りたお金でも、おまとめローンで一本化はできるのか―。ポイントをまとめると、下のようになります。

  • 「キャッシング枠」なら可能
  • 「ショッピング枠」は断るおまとめローンもある

理由は下の通りです。

  • クレカのショッピング枠は「総量規制の対象外」である
  • それも含むと「その人の年収の3分の1を超える」可能性が高い
  • おまとめローンをやっている業者も、そこまで融資はできない

以下、詳しくまとめます。

キャッシング枠ならクレジットカードでも問題なく可能

クレカのキャッシングは消費者金融と同じ

クレジットカードのキャッシング枠は、法的な扱いは完全に「消費者金融と同じ」です。なので、消費者金融の借り入れを一本化するのと、まったく同じようにおまとめローンでも一本化できるようになっています。

キャッシング枠が「消費者金融と同じ」というのは、金利などの面でもいえます。実質年率でいうと、消費者金融は「18%」が基本ですが、クレジットカードのキャッシング枠もやはり「18%」です。

「クレジットカードは15%」という人もいますが、これは「ショッピング枠の金利」です。ショッピング枠は―。

  • 破産のリスクがキャッシング枠より低い
  • 加盟店に利益をもたらすためにも、利用を促進したい

こういう理由で、キャッシング枠よりも低金利にしているんですね。というように、クレジットカードは「標準的な金利」が2通りある、ということです。

何はともあれ、このように「クレカのキャッシング」と「消費者金融」は、法的にも金利的にも「ほぼ同じ物」です。ということで、おまとめローンでも同様に一本化できます。

クレカのショッピング枠は、総量規制の対象外

クレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象ですが、ショッピング枠は対象外です。

  • キャッシング枠…借入金額が、年収の3分の1を超えることはない
  • ショッピング枠…借入金額が、年収の3分の1を超えることがある

そのため、おまとめローンを提供する業者が「ショッピング枠の分まで受け入れた」場合、まとめた総額が、年収の3分の1を超えてしまう危険があるのです。

おまとめローンを提供するのが銀行カードローンだったら問題ありません。銀行カードローンはもともと総量規制の対象外なので、別に一本化によって年収の3分の1以上のお金を貸しても、問題ないのです。

しかし、おまとめローンを提供するのが「消費者金融」だった場合、話は別です。

  • 消費者金融は「総量規制の対象」である
  • 一本化した後の融資金額が「年収の3分の1を超える」のは不可
  • だから、超える可能性がある「ショッピング枠」は含められない

これについては「おまとめローンだったら、消費者金融でも総量規制を超えていい」という指摘もあるでしょう。これについて、詳しくまとめます。

総量規制を超えていいのは「一時」だけ

「おまとめローンだったら、消費者金融でも総量規制を超えていい」というのは、一時的なルールです。つまり一本化の作業をする時だけということですね。

どういうことかというと、「借金の一本化をする時は、一時的に必ず総量規制を超えないといけない」のです。理由は下の通りです。

  • 一本化するには「消す予定の業者」を、「一件ずつ完済」しないといけない
  • 完済するには、当然お金がいる
  • しかし、多重債務者に貯金はない
  • それ以上「借金」することもできない

つまり「最初の一歩を踏み出すお金がない」のです。そして、この「最初の一歩」のお金を提供するのが、消費者金融のおまとめローン、ということなんですね。

わかりやすく「50万円×3件」で借りているとしましょう。

  • アコム…50万円
  • アイフル…50万円
  • モビット…50万円

そして、この人はもう「1円も借りられない」状態です。そこで「プロミス」のおまとめローンで「150万円」を借ります。こうすると―。

  • アコム…50万円
  • アイフル…50万円
  • モビット…50万円
  • プロミス…150万円

こういうことで、一時的に、この人の借金総額は「300万円」になるわけです。これが「一時的な総量規制のオーバー」です。

そして、この人はすぐに「アコムなどを全て返済」するので―。

  • アコム…0万円
  • アイフル…0万円
  • モビット…0万円
  • プロミス…150万円

このように、「150万円だけ残って、総量規制の範囲内に戻る」わけですね。消費者金融のおまとめローンは、こういう仕組みになっているのです。

このように「まとめた後も総量規制の範囲内でおさまる」のは、「3件の借り入れの合計が、最初から総量規制の範囲内」だったからです。全部「貸金業法の対象」なので、どの業者も、3分の1を超えないように注意して、融資していたということですね。

ここに「クレカのショッピング」が入ると「そこだけ金額が大きい」せいで「全体で、総量規制を超えてしまう」可能性がある…ということです。だから、「ショッピング枠はダメ」なんですね。

ショッピング枠などでもおまとめローンがOKになるケース

ショッピング枠の借り入れが少額な場合

「ショッピング枠がNGな理由」は、上にも書いた通り「金額が大きい可能性がある」ということ。ということは少額だったら、ショッピング枠もまとめていいのでは?と思う人も多いでしょう。これは実際、OKです。

なので「ショッピング枠だったら、絶対に一本化できない」というわけではありません。少額だったらOKというおまとめローンも一部あります。

このあたりは、相談してみないとわかりません。最初から「ショッピング枠はダメ」とハッキリ書いている消費者金融ではダメですが、そうでない消費者金融を見つけたら、そこのおまとめローンで相談してみるといいでしょう。

分割払いの支払いも、同様に少額ならOK

クレジットカードではなく、何らかの商品の分割払いの支払いも、おまとめローンで一本化することは可能です。これも「最初からおまとめローンの対象外」としている業者はありますが、「一緒に一本化してくれる」業者もあります。

この場合もやはり一本化した後の総額が、年収の3分の1を超えないという条件です。ただ、基本的に「商品の分割払い」で、そこまで高額な買い物をする人は少ないので、大体大丈夫なはずですが…。

商品の分割払いで一番高額なのは「自動車ローン」でしょう。さすがに自動車ローンまで含めるかというと、少々厳しいものがあります。下手をすると、そのマイカーローン1件の借入金額で、消費者金融などの借り入れの合計を超えてしまっているかも知れないですから…。

銀行のおまとめローンだったら、OKなことが多い

消費者金融は総量規制を超えてはいけませんが、先に書いた通り銀行は最初から、総量規制の対象外です。つまり、「一本化した後の借入総額が、年収の3分の1を超えていても問題ない」ということですね。

そのため、「クレジットカードのショッピング枠も含めて一本化したい」という場合には、銀行カードローンでまとめる、というのが一番いいでしょう。銀行でおまとめローンに積極的なのは―。

  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)
  • イオン銀行カードローンBIG
  • みずほ銀行カードローン
  • 東京スター銀行カードローン
  • 横浜銀行カードローン

などとなっています。他の銀行カードローンでもOKではありますが、より積極的な銀行カードローンの方が審査に通りやすいのでおすすめです。

まとめ「クレカの借り入れも一本化できる?」

以上「クレジットカードの借り入れも一本化できるか」をまとめると、下のようになります。

  • キャッシング枠は、普通にできる
  • ショッピング枠は、受け付けていないおまとめローンが多い
  • 少額の場合、ショッピング枠もOKなことも
  • 銀行のおまとめローンだったら、ショッピング枠もOK

クレジットカードも含めて、多重債務状態にある方など、参考にしていただけたら幸いです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP