学生でもカードローンでお金を借りることはできる ~審査に通る条件は?~

学生でもカードローンでお金を借りることはできる ~審査に通る条件は?~

学生でもカードローンでお金を借りることはできます。最初にポイントをまとめると、下のようになります。

  • アルバイト収入があって、20才以上ならOK
  • 大手の消費者金融は全てこの条件で借りられる
  • 銀行カードローンは「学生不可」の所も一部ある

これが基本。さらに補足すると―。

  • 20才未満でも、クレジットカードのキャッシングなら、18才以上からキャッシングできるものがある
  • ただ、限度枠は5万円~10万円と小さい

以下、詳しくまとめます。

自分の収入があって、20才以上の学生ならOK

これは学生のカードローンに限らず、フリーター・アルバイト・パート・会社員など、すべての職業・属性の人について言えること。学生というよりカードローンでお金を借りられる人の条件が、この―。

  • 自分の収入がある
  • 20才以上

こういうことなのです。先に書いた通りクレカのキャッシングという例外はありますが、大手の消費者金融でも銀行カードローンでも、あるいは中小業者でも、ほとんどがこのルールでやっています。

大手の消費者金融はすべて、この条件でOK

大手の消費者金融というのは、下のような業者・ブランドです。

  • プロミス
  • アコム
  • モビット
  • ノーローン
  • アイフル

これらの消費者金融のブランドであれば、先に書いた20才以上で、アルバイト収入があるという条件で、学生でも借り入れできるようになっています。

銀行カードローンは、学生借入不可のところもある

一方、銀行カードローンについては、上のような条件(アルバイト収入・成人)を満たしていても、「学生は最初からキャッシングできない」というところもあります。

そのように「学生融資不可」の銀行カードローンを一覧にすると下の通りです。

  • 三井住友銀行カードローン
  • イオン銀行カードローンBIG
  • 横浜銀行カードローン
  • 静岡銀行カードローン「セレカ」
  • オリックス銀行カードローン

このようになっています。静岡銀行・横浜銀行という地方銀行が2つ入っていますが、基本的に地方銀行のカードローンの方が、学生融資不可の割合は高くなっています。

銀行だと、親権者の同意書が必要なこともある

「学生融資不可」とはなっていなくても学生の融資には、親権者の同意が必須というルールにしている銀行カードローンもあります。大手の銀行カードローンの中では三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」が一番有名です。

この条件だとつまり「親にキャッシングの相談をしなければいけない」ということなので、必ず親バレするということです。それでもOKという学生さんならいいですが、実際には「借金が親バレしてもOK」ということは、なかなかないでしょう。

ということで、実質的には「三菱東京UFJ銀行も、学生では借入不可」と考えていいかと思います。少なくとも親の同意書不要で借りられる銀行カードローンが他にあるわけなので、あえて親バレ必至の三菱東京UFJ銀行で申し込む必要もないでしょう。

中小の消費者金融は、親権者の同意が必要なことが多い

この「親権者の同意書が必須」という条件ですが、大手の消費者金融ではまったく見られないものの中小の消費者金融では、この融資条件を設定しているところがかなりあります。

大手の消費者金融と比較して、中小業者は「一件貸し倒れが起きた時のダメージが大きい」からですね。なので、学生融資に対しても慎重にならざるを得ず、結果的に「親権者の同意書が必須」など、条件が厳しくなるわけです。

ちなみに、当然ですが、親権者の同意書を偽造するというのは、禁止行為です。犯罪かどうかと言われると、一応私文書偽造等罪という犯罪ですが、それで警察に通報されるというレベルではありません。

ただ、消費者金融・銀行カードローンにとって重大な審査規約違反なのは間違いないので、その業者・銀行でも、業界全体でもおそらく「半永久的なブラックリスト」に入れられる可能性があります。

そもそも、このような虚偽の申告をしても―。

  • やっている本人も楽しくない(もっと良いことをした方がいい)
  • そもそも、そこまでしてお金を借りなければいけない、という状況自体が間違っている
  • 親権者の同意書を偽造してまでお金を借りるより、生活の見直しの方がよほど大切

と言えるでしょう。こういう根本的な理由からも、当然ですが、親権者の同意書の偽造はしてはいけません。

クレカのキャッシングなら未成年の学生でも借入可能

ここまで書いてきた「銀行カードローン・消費者金融」の場合は、未成年・10代では借入不可というルールになっています。しかし、「クレカのキャッシング枠」を使うのであれば、10代・未成年でもお金を借りることができます。

最初に要点を整理すると、下のようになります。

  • クレジットカードには、買い物専用の「ショッピング枠」と、現金の借り入れ専用の「キャッシング枠」がある
  • 消費者金融などと同じように「現金を借りる」のは、キャッシング枠
  • 18才以上なら、この「キャッシング枠」が使えるクレジットカードがある

以下、詳しく説明していきます。

クレジットカードは、10代・未成年でも発行できる

クレジットカードは消費者金融・銀行カードローンと違い、未成年・10代でも申し込める(新規発行できる)というルールになっています。理由は下の通りです。

  • 現金の借り入れと違い、ネットショッピングなど「生活に必要」な部分が多い
  • 買い物だったら「投資・ギャンブル」にはお金を使えないので、キャッシングに比較して「破産のリスク」が少ない

なので少なくとも「ショッピング枠」については18才でもクレジットカードを持てるようになっているわけですね。

キャッシング枠がついてくる場合もある

これはその人の信用度(クレジットスコア)にもよるのですが、信用度が一定以上であれば、ショッピング枠だけでなく、キャッシング枠もついてくるということがあります。

その時の金額(限度額)は、5万円~10万円と少額ですが、とりあえず少額であろうと18才・19才でも、キャッシングでお金を借りられるというのは事実です。

また、小口借入とはいうものの「そもそも、18才・19才で、これ以上の金額は借りない方がいい」ので、この限度枠で十分と言っていいでしょう。

「働いていたら、もっと借りても大丈夫なのでは?」という意見もあるかも知れません。その通りです。実は未成年・10代で、働いている人の借り入れについては、「ろうきんカードローン」という選択肢があります。

学生でなく、働いていれば労働金庫から借りられる

20才未満でも、仕事をしていて自分の収入がある…という場合には「ろうきんカードローン」でお金を借りることができます。労働金庫で融資を受ける条件をまとめると―。

  • 年収が「150万円」以上ある
  • 勤続年数が「1年以上」ある

こういう条件です。ほとんどの仕事なら年収150万円は超えるので、簡単に言うと働き始めて、1年以上経っていればいいということです。

ろうきんカードローンは銀行より低金利

このろうきんカードローンのメリットとして銀行カードローンの半分程度の低金利という点があります。それぞれの平均的な金利を比較すると、下のようになります。

  • 銀行カードローン…14.5%(実質年率)
  • ろうきんカードローン…7~8%(実質年率)

これは借入総額が100万円未満の時の適用金利ですが、見ての通り、労働金庫の方が半分程度に安くなっています。

もちろん、安い分先に書いたような「勤続1年以上」などの条件があるわけですが、もしこれらの条件を満たせるのであれば―。

  • 18才・19才でも、お金を借りることができるし、むしろ消費者金融・銀行カードローンよりも得

なので「仕事をしている未成年の方」は、ろうきんカードローンで申し込むことをおすすめします。

学生専用ローンのメリットは特にないので注意

学生のキャッシングについては、学生専用ローンの業者から借りるという選択肢もあります。しかし、これはあまりおすすめしません。理由は下の通りです。

  • 学生専用ローンといっても、金利は普通の消費者金融と同じ
  • 学生に対して審査が甘い・緩いということもない

こういう「金利面・審査面」での理由が1つ目。2つ目は―。

  • 中小業者は、コンビニ・提携銀行のATMが使えない
  • 借入・返済のたびに「電話連絡」をしなければいけない
  • また、振込手数料も自己負担になる

このように借入・返済が不便ということ。ちなみに、借り入れが不便なのは別にいいのですが、返済が不便というのは問題です。理由をまとめると、下のようになります。

  • たとえば「3000円」だけ臨時返済したい時、「事前に電話連絡が必要」というルールだと、「3000円程度で電話するのも申し訳ない」と思ってしまう
  • そうして返済しないと、その3000円は大抵使ってしまう
  • 使わなくても、返済しなかった分利息は増える
  • こうして、どんどん利子総額が多くなっていく

それに中小業者は大手の消費者金融のような「会員ページ」がないので、「今の正確な借入残高も、電話で問い合わせないとわからない」というデメリットがあります。(これは業者によって多少違いますが)

このように、「学生専用ローン」というのはありとあらゆる面で大手の消費者金融に比較して不利なんですね。基本的に貸金業というのは「資本があるほど有利」な仕事なので、これは仕方がないのです。

このような理由から、学生がキャッシングする場合にも「学生専用ローン」はあまりおすすめしません。アルバイト収入があるなら、大手の消費者金融・銀行カードローンでお金を借りることをおすすめします。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP