じぶん銀行カードローンの審査の提出書類(身分確認資料・本人証明書類のまとめ)

じぶん銀行カードローンの審査の提出書類(身分確認資料・本人証明書類のまとめ)

この記事では、じぶん銀行カードローンの審査の中でも、特に「提出書類」についてまとめていきます。じぶん銀行カードローンは、

…となっています。なので、どんな本人確認資料(身分証明書)だったらいいのか、まとめていきます。

じぶん銀行の審査で提出する本人確認資料

じぶん銀行カードローンの審査で提出する本人確認資料は、下のようになっています。下のどれか一点(のコピー)です。

…という風になっています。以下、それぞれの身分確認資料について補足していきます。

「運転免許証」の提出について

運転免許証は、キャッシング審査身分証明書の定番といえるものです。基本的にほとんどの銀行カードローン・消費者金融では運転免許証を一番信用するようになっています。なので、運転免許証を持っている人は、運転免許証を提出するようにしましょう。

で、じぶん銀行カードローンの公式サイトに書かれている、運転免許証に関する注意書きは、

  • 有効期限が切れていない
  • 現住所が記載されている
  • 住所欄に住所が書かれていない場合は、本籍地を塗りつぶさない

ということ。最後の意味がわからないと思うので、補足します。

運転免許証の本籍地は、塗りつぶすのが基本

じぶん銀行カードローン以外の借入審査でも採用されていますが、

  • 運転免許証には「本籍地」という情報が書かれている
  • これはカードローン審査では必要ないので、
  • 個人情報の漏洩を防ぐために、黒く塗りつぶすのが基本

となっています。こうした情報を「センシティブ情報」(敏感な情報)というのですが、そうした「キャッシング審査で必要ない部分」は、塗りつぶすのが審査申込みのルールなのです。

「いや、俺はその情報見られてもいいから、塗りつぶさないよ」というのはダメです。それは審査落ちの原因になります。

ということです。これは日常生活の感覚で何となく理解できるでしょう。なので、

  • じぶん銀行カードローンの審査で、運転免許証を提出する時は、
  • 必ず本籍を塗りつぶすようにする

という点に注意してください。…で、上に書いた内容は、

  • もし「現住所が書かれていない」場合は、
  • 本籍地は塗りつぶしてはいけない

ということなんですね。めったにないケースだとは思いますが、もしそうした方が見えたら、この点は注意してください。

現住所が書かれていないといけない

これは結構重要な部分です。というのは、

  • 引っ越した直後だったり、
  • 長期間の出張に出ている時など、
  • 現住所と、運転免許証の住所が違うことは、よくある

からです。事実、私もまったく違います。引っ越した後、まだ運転免許証の更新をしていないのです。

で、こういう時は、残念ながらじぶん銀行カードローンでは「運転免許証を身分確認資料として使う」…ということはできません。なので、現住所と記載住所が一致している身分証明書を用意する必要があります。

他のキャッシング業者や銀行カードローンの場合、一致していなくても、

  • 電気・ガスの料金の請求書など、
  • いわゆる「公的書類」であればOK

ということもあるのですが、じぶん銀行カードローンでは、それは通じないというわけですね。なので、このルール(公的書類を合わせて提出すればOK)というのに慣れてしまっている方は、じぶん銀行カードローンでもそれが通用するとは、思わないようにして下さい)。

「保険証」の提出について

次に、運転免許証についで信用度が高い保険証についてです。これは、

  • 国民健康保険証
  • 社会保険証
  • 組合保険証

などの、どの種類でもOKです。そして、じぶん銀行カードローンの公式サイトの内容では、

  • カード型保険証
  • 紙の保険証

という風に、分けて説明されています。で、それぞれの注意点は、

  • カード型は、
  • 裏面に今の住所を記載する(まだ記載していない場合)
  • もし現住所と違う場合は、公共料金の請求書などを、合わせて提出することがある

という風になっています。運転免許証だと「現住所と一致していないとダメ」という条件だったけど、保険証だったらOKなわけですね。

一方「紙の保険証」については、

  • 現住所が書かれていないとダメ
  • 保護者や配偶者などの扶養に入っている場合は、
  • 自分の名前が記載されているページのコピーも、必要

となっています。つまり、

  • 同じ「保険証」でも、
  • 紙のタイプと、カードのタイプで、
  • チェックの条件が違う

ということです。この点少々面倒かも知れませんが、公式サイトで一度チェックしてから、提出するようにしてください(ほとんどの人は、特に問題ないとは思いますが)

個人番号カードの提出

個人番号カード(いわゆるマイナンバーカード)の場合は

  • 表面だけ出す
  • 裏面は出さない
  • 現住所が書かれている必要がある

…となっています。これについては、

  • 個人番号カード自体が、最近発行されたもの(が多いはず)なので、
  • 大体現住所と一致しているから、問題ない

と考えていいでしょう。

「パスポート」の提出

続いてパスポートを選ぶ場合ですが、

  • 旅券番号・写真が記載されているページ
  • 現住所(所持人)が記載されているページ
  • 外務大臣の印鑑があるページ

という、3つのページのコピーが必要です。特に忘れがちなのは「外務大臣」のページかも知れません。そしてパスポートの場合もやはり「現住所」でないといけないので、現住所と違っているという人は、保険証を提出するようにしましょう。

(じぶん銀行カードローンの場合、保険証だったら現住所と記載住所が違ってもOKなので)

「住民基本台帳カード」の提出

住民基本台帳カードを提出する場合の条件は、

  • 顔写真があること
  • 有効期限が切れていないこと
  • 共通ロゴマークが印刷されているもの
  • ↑(ロゴマークがシールで貼られているものはダメ)

…という条件になっています。顔写真がない住基カードが何でダメかというと、

  • 顔がわからないというのもあるが、
  • このタイプの住基カードは、住所や生年月日が書かれていない

というのが理由です。顔写真がないとダメというなら、保険証だってダメですからね。なので、住所などがないのがNG…というわけです。

外国人登録証明書の提出

外国人登録証明書については、ルールはシンプルで、

  • 表面・裏面両方のコピー
  • 有効期限内

というだけです。なお、この外国人登録証明書というのは「古い表現」で、今は在留カードに切り替わっています。(大体2012年から切り替わっています)

在留カードは外国人の「住民基本台帳カード」のようなもので、要は日本人でも外国人でも、すべての人が「住基カード」で管理されるようになったわけですね。2012年頃から。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP