横浜銀行カードローンのデメリットは? ~土日借入不可・即日審査の締切が早いなど~

横浜銀行カードローンのデメリットは? ~土日借入不可・即日審査の締切が早いなど~

横浜銀行のカードローンでお金を借りるデメリットは、

  • 神奈川県・東京都・群馬県に在住・在勤していないといけない
  • 土日借入ができない
  • 横浜銀行の口座を当日開設しないといけない(持っていない人は)
  • 平日の午前中までしか、即日審査していない
  • ↑(夜間審査ができない)

という点になります。以下、詳しくまとめていきます。

横浜銀行カードローンは、在住・在勤エリアに制限がある

横浜銀行は地方銀行なので当たり前ですが、在住・在勤エリアに制限があります。冒頭に書いた通り、神奈川県・東京都・群馬県に住んでいるか、そのエリアの勤務先に勤務している人のみ…という審査条件ですね。

なので、他の都道府県に住んでいる人や、働いている人の場合、横浜銀行カードローンでお金を借りようとしてもできないのです。もっとも、都市銀行やネット専業銀行のカードローンが多くある中で、あえて横浜銀行カードローンにこだわる理由もないでしょうが…。

ちなみに、「群馬県」と書きましたが、群馬県のどこでもOKというわけではありません。

  • 桐生市
  • 高崎市
  • 前橋市

という3つの都市だけです。いわゆるグンマー帝国の国民だったら、誰でも借入可能というわけではないので、帝国の人々は注意してください。(グンマー帝国の威光が及ばない未開の金融機関も、残念ながらあるわけです)

ちなみに、日本という小国では、日本銀行が「政府系金融機関」となっていますが、グンマー帝国では言うまでもなく「群馬銀行」がそれに該当します。群馬銀行であれば、帝国の臣民であれば問題なく融資可能なので、帝国の方々であれば、横浜銀行に無理にこだわらなくても、群馬銀行を選べば問題ないかも知れません。

千葉県・埼玉県では借入不可なので注意

横浜銀行は当然神奈川県にありますが、その位置関係からすると、

  • 群馬県より、
  • 埼玉県・千葉県の方がキャッシング可能となるはず

と誰もが思うでしょう。いわゆる「ひっかけ問題」のようなルールですが、こうした複雑な設定になっているので、千葉県や埼玉県民の方々は、注意してください。

(もちろん、注意するまでもなく公式サイトを見ればわかることなので、問題ないとは思いますが…)

ちなみに、横浜銀行が千葉県や埼玉県を対象としていないのは、

  • 千葉県…千葉銀行
  • 埼玉県…埼玉りそな銀行

などがあるからです。余談ですが、埼玉りそな銀行は、日本で5つしかない「都市銀行」にも分類されています。

(埼玉りそな銀行は外して、りそな銀行だけを入れて「4つ」とする分類もありますけどね)

何はともあれ、このように東京都・神奈川県・群馬県の人しか、横浜銀行は利用できない…というのが、まず最大のデメリット(というか最初のハードル)と言えるでしょう。

横浜銀行カードローンは、土日キャッシングができない

横浜銀行カードローンは低利息で人気のカードローンですが、反面土日キャッシングができない…というデメリット・短所があります。

基本的にこういう「借りやすさ」と金利は相反するものです。というのは、

  • 「借りやすくて」しかも「低金利」というキャッシングがあったとする
  • 当然、みんなそれに殺到する
  • そこのスタッフさんでは、審査作業が追いつかなくなる
  • あるいは、1ヶ月に融資できる金額の上限を超えてしまう
  • 結果、審査が厳しくなる

ということなんですね。これを読んで、

  • いや、人員増やせばいいじゃん、とか
  • 融資金額を増やせばいいじゃん

と思う人もいるかも知れませんが、

  • いつまでもその状態が続くとは限らないのに、
  • 人員を増やして人件費を増やすのはハイリスクである
  • ↑(スタッフというのは、リストラするのにも、それなりのコストがかかる)

というのがスタッフの増員についてで、融資金額については、

  • 増えれば増えるほど、当然貸し倒れのリスクも高まる
  • 貸せば貸すほど増えると信じて、
  • 融資しまくって失敗したのが、バブル期の日本の金融機関である

ということ。なので、上のような考え方は、直感的には誰でも考えることで、間違っていないのですが、実際にやると大変なことになるわけですね。

というわけで、

  • 人員も増やせない
  • 融資金額も増やせない

となると、自ずとこういう「申込者が殺到した金融機関」というのは、「審査が厳しくするしかない」わけです。結果、

  • 「低金利」で「借りやすい」という部分から、
  • 「低金利」の部分だけが残り
  • 「借りやすい」は消える

ということです。あるいは「借りやすい」を残して「高金利」にする…という選択肢もあります(これが消費者金融です)。

ということで、結局「あちら立てれば、こちらが立たず」ではありませんが、どちらかを選ぶしかないんですね。消費者金融でも銀行カードローンでも。で、横浜銀行のように「低金利」な銀行カードローンは、その分「最短即日借入しやすい態勢」というのが、あまり整っていないのです。これは人間の世界だったら当たり前のことで、別にキャッシング業界だから云々…という話ではないのです。

横浜銀行の口座がなければ、カードローンの申し込みに当日開設が必要

これはメリットと言うかデメリットというか、半々のポイントですが…。

  • 横浜銀行で借り入れするには、
  • 横浜銀行の口座が必要である
  • ただし、申し込みの時点では、
  • 持っていなくても大丈夫

という風になっているわけですね。つまり、

  • 当日口座開設ができずに、
  • しかも「口座が必須」という条件の銀行カードローンよりはいい

ということです。ただ、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行などのメガバンクと比較するのは少々酷ですし、その他新生銀行カードローン・レイクもやはり「口座開設すら不要」ですが、これも「新生銀行レイクは、横浜銀行より金利が高い」ということを考えると、やはり横浜銀行が不利とはいえないでしょう。

(結局、ここでも金利をとるか、借りやすさをとるか…という選択肢の問題になるわけです)

横浜銀行カードローンは、平日の午前中に審査申込みしないといけない

横浜銀行で最短即日借入をしようと思ったら、平日の午前中に審査申込みをする必要があります。絶対に午前中と決まっているわけではありませんが、こう言われる理由を箇条書きしましょう。

  • 横浜銀行の審査の所要時間は、大体数時間と思われる
  • 銀行振込によって融資するので、
  • 銀行の営業時間である必要がある

ということ。銀行が開いている時間というのは、言うまでもなく「平日の15時まで」です。ということは、

  • キャッシング審査に数時間かかるなら、
  • 15時から逆算して、正午には審査申込みしていないといけない
  • 正午はボーダーラインなので、
  • それより前の時間…ということで午前中

という風になるわけですね。こうした計算から、横浜銀行で最短即日キャッシングを規模するのであれば、平日の午前中の審査申込が必要…となるわけです。

(もちろん、これは平日の午前中に申し込んでいれば、必ず即日借入できる…という意味ではないので、この点は注意してください。)

横浜銀行カードローンはメリットの方が上回る

以上、横浜銀行カードローンのデメリットをいろいろ書いてきましたが、途中でも何度か書いている通り、

  • キャッシングの借りやすさと、実質年率は相反する
  • 横浜銀行のように実質金利が安い銀行カードローンは、
  • それだけ「借りやすさ」をある程度犠牲にしないといけないし、
  • ↑(というか、するべきだし)
  • これは他の金融機関のカードローンでも同じなので、
  • 横浜銀行だけのデメリットというわけではない

ということです。強いて言うなら「人生全般に言えるデメリット」ということです。デメリットというより、もはや「法則」と言った方がいいでしょう。

これは他の業者・銀行のデメリットについての記事でも書いていることですが、

  • そもそも、メリットとデメリットは何でもセットである
  • たとえば「オリンピックに出る」ことのメリットは、人から賞賛されることである
  • 逆にデメリットは「難しい」ことである
  • しかし、賞賛される理由はそもそも「難しい」からである

ということです。オリンピックに出ることが「簡単」になったら、

  • それで「デメリット」は消えるが、
  • 代わりに「賞賛」されなくなるので、
  • メリットも同時に消えてしまう

ということなんですね。当たり前ですが。ちなみに、ある選手が「オリンピックに出るため」に、とある途上国の国籍に変えて、その国からオリンピック選手として出場した…という事実があります(どの選手かは言いませんが)。

その国では、その選手に対して非難轟々だったようです(リアルタイムで聞いたわけではありませんが)。これを見ても、

  • 「オリンピックに出る」から賞賛されるのではなく、
  • 「難しいこと」を達成したから賞賛されるのであって、
  • 「難しい」というデメリットとセットでなければ、
  • 「オリンピックのメリット」は享受できない

ということなのです。これを中村うさぎ氏とマツコ・デラックス氏の往復書簡では、

天国と地獄は、反対の場所にあるのではない。地獄の中心に、天国がある。

という風に表現されていました。まさにその通りで「地獄のようなデメリットを受け入れた人」でなければ、「天国に昇るようなメリット」は享受できないのです。

もちろん、その「メリット」が良いものかどうかはわかりません。「向上心は、人を不幸にする」という考え方もあります。要は、どういう道を選ぶにしても「自分の意志で選ぶべき」ということです。(世間の常識や価値観に流されるのではなく)

*ちなみに、私は上の例のマラソン選手に対しては、やはりあまり良い気がしません。それは「苦労を嫌った」からではなく「苦労を嫌いながら、成果だけ手にしようとした」(ように見える)からだと思います。


…と、少々人生論的な話になりましたが、結局デメリットというのは単独では存在しないのです。銀行カードローンで借りるにしても、消費者金融でキャッシングするにしてもですね。なので、

  • 結局、その人の問題であり、
  • 銀行カードローンや消費者金融の側で、
  • 最初から「メリット」とか「デメリット」を「用意」しているわけではない

ということ。もちろん、「その人にとって最適」という借入先は存在するでしょうし、あるいは横浜銀行のエリア制限のように「そもそも利用不可」ということもあるでしょう。

そういうメリット・デメリットはありますが、万人に共通のメリット・デメリット…というものは、ないと思ってください。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP