キャッシングの用語まとめ|低利息のカードローン&高利貸しの融資など

キャッシングの用語まとめ|低利息のカードローン&高利貸しの融資など

この記事では、

という、主に金利・利息に関する用語・トピックスをまとめていきます。特に日本人の「低利息」に関するイメージは間違っている部分も多いので、参考にしていただけたら幸いです。

「低利息」のキャッシングについて

低利息でキャッシングをする方法は3通りあります。

という3通りです。もちろん全部満たすの方が理想ですが、

というのがまず一点。なので、このどちらかを選んで、それプラス「自分が早期返済する」というのが、一番低利息でお金を借りる方法となります。当たり前のようですが、実はキャッシングで利息を小さくするには、「少しでも早く、全額返済する」というのが一番いいのです。

短期間で完済するなら、ヤミ金でお金を借りても大丈夫

極端な話、数日という短期間で完済できるなら、トイチなどと呼ばれるヤミ金でお金を借りても、大丈夫なくらいなんですね。たとえばトイチで5万円借りたとすると、

  • 10日で1割なので、
  • 10日で「5000円」の利息
  • ということは、1日で「500円」の利息
  • 翌日返済するなら「500円」の利息しか発生しない

ということです。「いや、高いだろ」と思う人は、かなり金銭感覚のしっかりしている人です。

確かに高いのですが、要は「そのお金を、何のために借りたのか」ということなんですね。たとえば沖縄の国際通りなどの観光地では、観光シーズンになると、こういう「トイチ」の地場の街金が、商店主にお金を貸している光景が、現代でも見られます。これは、

  • 彼ら商店主にとって、
  • 観光シーズンに一日数万円稼ぐのは、それほど難しくない
  • それより、仕入れのための現金が必要で、
  • 一人で切り盛りしている店だと、お金を誰かが持ってきてくれて、
  • 回収(督促)もしてくれる方がありがたい

ということです。だから、

  • 1日500円程度の利息を払ってもかまわないし、
  • むしろ「あちらから取り立てに来てくれる高利貸しはありがたい」

ということなんですね。よく考えると「ATMの利用手数料だって、1回250円はとられる」わけです。そう考えたら、、5万円借りて、1日で500円取られるというのも、別にそれほど高くない…というのがわかるでしょう。

ただし、念押ししておきますが、

  • その借りた5万円で「稼げる」計算が立っている時のみ
  • しかも、1日か数日で完済できる時のみ

こういう高利貸しを使ってもいい…ということです。そうでない人が使ってはいけません。

「ギャンブルで増やす」というのは、絶対NG

当たり前ですが、この「5万円で稼げる見込みが立っている」というのは、投資ギャンブルでは絶対にダメです。(こういう人がやる投資は、ギャンブルに含みます)

たとえばGoogleで、「競馬」「競艇」「スロット」「パチンコ」などのキーワードと合わせて「借金」検索すると、それぞれのギャンブルで破産した方々、どういう生活をされているかがよくわかります(現在進行形で更新されているブログさんが多いです)。

それを見ると、彼らが「借りたお金を、ギャンブルで増やす」ということに対して「自信満々だった」というのがよくわかります。「自分だけは大丈夫」と皆思っていたんですね。

第二次大戦中の日本軍でもそうですが、人間はとかくこういう「現実を見ない妄想」を信じこむものです。夢を見るのはいいことですが、その夢を現実にするには、徹底したリアリストにならなければいけません。

「短期間で、資産を一気に増やす」ということを考えたら、確かにギャンブルやFXのような、ハイリスク・ハイリターンな賭けに挑む必要があるのですが、そもそも短期間で増やす必要があるのか?ということを考える方がいいでしょう。

多少時間がかかってもいいなら、ほぼノーリスクで資産を増やす方法はあります。要は「地道にハードワークをすればいい」のです。カーネル・サンダース(KFC創業者)は「ハードワークは役に立つ」という名言を残していますが、まったくその通りです。正しい仕事でハードワークをしているなら、「苦労」はありますが、「リスク」は一切ないのです。

(仕事が好きであれば、デメリットもありません)

つまり「お金持ちになりたい」という気持ちは、まったく悪くないし、むしろ良いものなのですがそのやり方を、よく考えた方がいいということですね。基本的に自分でコントロールできないものに期待するのは危険なので、

  • 自分がコントロールできる仕事で、
  • それに、常人離れした労力をつぎ込む

というのが、一番確実にお金を稼ぐ道だと、私は思います。(カーネル・サンダースも、CoCo壱番屋創業者の宗次氏も、そういう方でした)

「高利貸し」とは

高利貸には、2通りの意味があります。

という2通りですね。要は法定金利を、

  • 守っている
  • 守っていない

という2通りです。そして、私から言わせれば利息制限法最高金利を守っている消費者金融は、高利貸でも何でもありません。もし消費者金融を高利貸しというなら、消費者金融に近い金利で融資をしている、

などの銀行カードローンも「高利貸し」ということになってしまいます。もちろん、そう分類してもその人の自由なのですが、そうやって、これらの銀行カードローンを否定すると、

  • 審査が厳しくて、即日借入がしにくい銀行カードローンだけが残る
  • 急ぎでお金が必要な時に資金調達する手段がなくなるので、
  • 世間のお金が回らなくなる
  • 結果、日本経済がさらに冷え込む

ということも覚悟しておくべきでしょう。つまり「自分のお給料も減る」ということです。

お金はよく「血液」に例えられます。社会が人体だとして、その隅々まで栄養素を運ぶために、「お金」という名前の「血液」に乗せて、いろんなもの「物・サービス」などを回していく…ということですね。

お金の流れが止まってしまうと、血流が止まった人体と同じで、ありとあらゆる弊害が出るのです。これは財政政策に失敗して「ハイパーインフレ」になった国などを見ればわかるでしょう。

ということで、社会のお金は常に回さなくてはいけないのですが、そのためには、多少他より金利が高くなっても、

という金融機関の存在が、どうしても必要なんですね。必要だから、消費者金融というビジネスは「それが、まったくなかった戦後」から生まれて、

などと呼ばれる時代を経て、現代まで成長し続けてきたのです。(90年代は、日本人の高額納税者の上位に、ことごとく消費者金融の社長・会長がランクインしていましたが、消費者金融というビジネスが始まった頃は、こんなことは誰も想像できなかったのです)

そのくらい、社会にお金を回すために必要だったから成長したのです。同様に、「消費者金融に近い上限金利で融資している銀行カードローン」というのも、

  • それによって、低金利な銀行カードローンとは別のやり方で、
  • 経済を回すことに貢献できる

ということで、しっかり価値があるんですね。低金利でも高金利でも、そこに融資のスピードが絡めば、それぞれの役割がある…ということなのです。

余談ですが高利貸という言葉は戦後、隠語で「アイス」と呼ばれていました。アイス=氷菓子=高利貸…ということですね(一種のダジャレですが)。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP