キャッシングの用語解説 ~事業者金融・紹介屋・実際の利子総額の比較など~

キャッシングの用語解説 ~事業者金融・紹介屋・実際の利子総額の比較など~

この記事では、キャッシングの用語の中でも、特に、

などについてまとめていきます。用語の意味だけではなく、関連する話題も解説しているので、キャッシングの知識深めたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

キャッシングの「実際の利子総額」

キャッシングの実際の利子総額というのは、主に「初回30日間無利息」などの無利息期間を考慮した利子総額…ということです。つまり、

という事実があるんですね。これは消費者金融の宣伝とかではなく、計算でそうなります。なので、

  • 消費者金融と銀行カードローンのどちらが低利息かは、
  • 実質年率」つまり「金利」だけで決まるのではなく、
  • 無利息サービスがあるかどうかと、
  • 自分が何ヶ月で完済できるかの兼ね合いによる

ということです。以下、最初の5ヶ月という計算の根拠(シミュレーション)を書いていきます。

「最初の5ヶ月は、消費者金融の方が低利息」という計算

消費者金融といっても、プロミスアコムアイフルという、「初回30日間無利息」で借入可能な消費者金融だけです。

(プロミスでは、WEB明細利用・メールアドレスの登録が必要)

で、その前提で計算していくと、

  • たとえば「10万円」キャッシングしたとする
  • その場合、消費者金融と銀行カードローンの「本来の月々の利息」は、下のようになる
  • 消費者金融…約1500円
  • 銀行カードローン…約1200円
  • そして、消費者金融は「初回30日間無利息」なので、
  • 最初の1ヶ月の利息は、それぞれ下のようになる
  • 消費者金融…0円
  • 銀行カードローン…約1200円

ということで、アコム・アイフル・プロミスなどの消費者金融の方が「1200円」リードするわけですね。

  • で、このリードを、
  • 銀行カードローンが毎月縮めていく
  • で、いくら縮めるのかというと、
  • 月々の利息が、
  • 消費者金融…1500円
  • 銀行カードローン…1200円
  • なので「300円」ずつ縮める
  • 「1200円」の差を、
  • 毎月「300円」ずつ縮めるので、
  • 「4ヶ月」で追いつく
  • 最初の1ヶ月と、この4ヶ月をプラスして、
  • 合計で「5ヶ月」
  • だから「最初の5ヶ月」は、
  • 初回30日間無利息の消費者金融の方が、
  • 銀行カードローンよりも低利息になる

ということなのです。

キャッシングの「比較」について

キャッシングの比較は正直、あまり意味がないです。これは否定しているのではなく、

  • 金融業というのは、もともと「違いを出しにくい」商売である
  • つまり、「お金を貸して、利息をとる」というだけのシンプルなビジネスモデルなので、
  • 家電製品などのように、新しい発明をしにくい

ということですね。一応、

など、「キャッシング業界が変わるきっかけになったイノベーション」は確かにあるのですが、

  • 家電製品や自動車以上に、それを「すぐ真似る」ことができる
  • そのため、その違いはすぐに消滅してしまう
  • 結果、資本力だけに左右される
  • よって、大手や銀行系しか生き残れない

となるわけです。実際、改正貸金業法以後、中小のキャッシング業者はもうほぼ全滅状態ですし、大手にしても、アイフル以外はみんな「銀行系」になっています(銀行の傘下ということですね)。

…というように、ぶっちゃけ大手の消費者金融や銀行カードローンであれば、ほとんど違いはありません。むしろ違いを生むのは、

  • 自分がどれだけ稼いで、
  • どれだけ早く早期完済するか

という点にあります。サミュエル・スマイルズの『自助論』という名著も、

  • 「結局、政策など『用意されたもの』で人間が救われることはなく、また、救うこともできず、」
  • 「個々人が、自分で自分を救うしかないのだ」

という意味で『自助論』というタイトルになっています。要は「世界は変えられないけど、自分は変われる」というような考え方ですね。

と、話が膨らみましたが、要するに、

  • 比較してもあまり変わらない、
  • 金利借入枠などの細かい条件を、あれこれ比較するよりも、
  • さっさと日払いのアルバイトなどをして稼いで、
  • 早く全額返済してしまうのが、一番いい

ということです。身も蓋もないというか、「そんなことはわかっている」という結論かも知れませんが、本当にそれしかないのです。

(心理学的には、人間は「それしかない」と言われると、逆に「反発(リフレクション)」して、やる気をなくすらしいですが、それでもやはりそれしかないのです。と言われてやる気をなくす人が多い中で、自分がやる気を出せばチャンスなわけですから、これはむしろ良いことだと、おいしい話だと思ってください)

借り入れの「早期完済」

キャッシングでもクレジットカードでも、早期完済が重要であることは言うまでもありません。そして、そんな早期完済のために必要なのは、

という2点が特に大きいです。まず「仕事を増やす」というのは当たり前です。

  • 今までの仕事量とお給料では、
  • お金が足りなかったからキャッシングに頼ることになった
  • 今後はさらに「返済」があるのだから、
  • 今と同じ仕事料・報酬では、更に厳しくなるに決まっている
  • だから、仕事を増やすのはほぼ必須条件である

ということですね。「いや、そこまでしなくても返済できるから」という人もいるかも知れませんが、

  • 多重債務者として、返済不能になった方々も、
  • 最初はそう思っていた
  • しかし、最初はうまく行っていても、
  • 健康上のトラブルや、家族のアクシデントなどがあって、
  • 返済が行き詰まり、そのまま借入超過者になっていった

というパターンが多いんですね。最初はみんな「自分は大丈夫」と思っていたのです。

また、このように「貸し倒れ」にはならなかったとしても、

  • 仕事を増やさない限り、返済が長引くのは事実
  • そうなると、最終的な利子総額は増え、
  • 結果的に、自分が損することになる

ということですね。なので、どの道仕事を増やして稼いだ方がいいのです。そもそも稼いでいれば、その時お金が必要な用事が何だったとしても、借り入れに頼る必要はなかったのですから。

(マイホームを買うにしても、現金で買える人も、世の中にはたくさんいるのです)

「キャッシング業界」について

キャッシング業界というものは正式にはありません。強いて言うなら「貸金業界」と同じ意味です。つまり貸金業者に分類される金融機関・会社によって作られる業界ですね。で、貸金業者に分類される業種は何かというと、

などがあります。「抵当証券業者」などの少々マイナーなものもありますが、一般人がキャッシング業界という場合、そのような「知らない」業者は含まないでしょう。ということで、主に消費者金融やクレジットカード、信販会社(分割払いを担当する会社と考えてOK)…などとなります。

「事業者金融」とは

事業者金融というのは、文字通り「事業用の融資」のことです。消費者金融の対義語です。

  • 人間が何か支出をする時は、
  • 必ず「消費者」としてするか、
  • 「事業者」としてするかの、どちらかに分かれる

ということ。そして、その「事業者」のとしての出費に対して融資するのが、事業者金融ということですね。

などの言葉で呼ばれるものは、皆これです。また「商工ローン」という表現もあります。商工ローンはよく「悪徳業者」と勘違いされていますが、それは「商工ファンド」です。2000年頃に「腎臓売れ」で有名になった会社ですね。

名前がよく似ているせいで、商工ローンというだけでヤミ金と勘違いしてしまう人がいるのですが、実際には全然違うので注意してください。

キャッシングの「悪徳業者」について

キャッシングの世界では、悪徳業者は山のようにいます。基本的にキャッシングをする人というのは切羽詰まっているので、冷静な思考力をなくしているわけですね。こういう人は、詐欺のターゲットになりやすいのです。

(騙すなら、相手が冷静でない時…というのはどんなジャンルの悪人でも基本中の基本です)

で、キャッシングの世界の悪徳業者の手口や種類としては、下のようなものがあります。

…などですね。他にも山程ありますが、それぞれ簡単に内容を書くと、

  • 貸します詐欺…好条件の融資をうたい「手付金」を振り込ませて、そのまま融資しない
  • 紹介屋…まともな貸金業者を装って、やってきた申込者に対して「ヤミ金」を紹介する
  • 整理屋…多重債務の一本化のお手伝いをします…といって、保証金だけ取って逃げる
  • 偽装質屋…質屋のふりをしたヤミ金。本来の流質期限である3ヶ月を過ぎても、まだ利息をとり続ける
  • 闇金業者…単純に高金利。貸金業者登録はしていることが多い

というものです。他にもアルバイト詐欺など、手口は山のようにありますが、これらの悪徳業者にはくれぐれも注意して下さい。

「紹介屋」とは

悪徳業者の部分でも簡単に書きましたが、紹介屋の手口を箇条書きすると、

  • そして、集まった申込者に対して、
  • 「残念ながら、審査の結果、うちでは融資できませんでした」
  • 「しかし、知り合いのいい会社があるので、そこを紹介します」

という風に、闇金業者を紹介する…という手口です。当初は、

  • 確かに紹介はしたけど、
  • 「あちらの業者さんがヤミ金になっているとは知らなかった」

などと言って言い訳していたのですが、当然これは「見え透いた嘘」なので、今では紹介屋も闇金業者として、警察に取り締まられるようになっています。

(要はヤミ金の出先機関のようなものですからね)

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP