銀行カードローンなら、収入がない専業主婦でもお金を借りられる

銀行カードローンなら、収入がない専業主婦でもお金を借りられる

銀行カードローンなら、収入がない専業主婦でもお金を借りることが可能です。信販系など一部の消費者金融でも専業主婦がキャッシングすることはできますが、ここでは銀行カードローンがおすすめの理由をまとめます。

銀行カードローンがおすすめの理由

夫・旦那に内緒でキャッシングできる

まず、銀行カードローンが専業主婦におすすめの理由は「夫・旦那に内緒でキャッシングできる」ということ。夫・旦那の同意書なしで借入可能という銀行カードローンで申し込めば、一切夫・旦那にバレることなく、キャッシングできます。

もちろん、それでもバレる場合はあるのですが、それは主に重度の遅延をして、自宅に督促の電話・ハガキが来たという場合です。普通に返済している限りは、そのような督促が来ることもないので、夫・旦那にキャッシングがバレることは、まずありません。

「夫・旦那の同意書なし」でOKの銀行

キャッシングの知識がある人にはかなり知られていると思いますが、下の銀行カードローンだったら、「夫・旦那の同意書なしでOK」となっています。

  • 楽天銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 東京スター銀行
  • 横浜銀行
  • イオン銀行

東京スター銀行・横浜銀行については「地方銀行」なので、在住・在勤エリアに多少制限がありますが、その他はすべて大手銀行なので、制限なしです。特にみずほ銀行・三菱東京UFJ銀行があるので、ほぼ誰でも借りやすいといえます。

これら「配偶者の同意書不要」の銀行カードローンで申し込めば、同意書をもらうために夫・旦那に相談して、それでキャッシングがバレるというリスクがなく、内緒で借りることがしやすくなります。

というより「配偶者の同意書が必須」の銀行カードローンでは、この「相談によってバレる」のが絶対なので、基本的に専業主婦の借り入れには向いていない、といえるでしょう。

(借金のことを堂々と話している夫婦などまずいないので、別に後ろめたく思う必要などありません)

信販系の消費者金融では同意書が必須

銀行カードローンでも、上の6つの銀行を除けば配偶者の同意書が必須というところはいくつかあります。ただ、銀行は上の6つのような例外があるわけです。

これに対して信販系の消費者金融などで専業主婦がキャッシングする場合、配偶者の同意書が必須なことがほとんどです。というのは、「消費者金融の方が銀行カードローンよりも政府の規制が厳しい」からです。

これは想像がつくと思いますが、一時期、消費者金融の過剰融資が問題になったので、消費者金融の融資については、金融庁が厳しく監督するようになったんですね。なので、銀行カードローンだったら「配偶者の同意書なし」と審査基準をゆるめるのがOKでも、消費者金融だとそれは許されない…ということです。

ということで信販系の消費者金融でも借りられるけど、そちらは夫バレ・旦那バレ必須ということですね。なので、「銀行カードローンの方がおすすめ」なのです。

銀行キャッシングは消費者金融より低金利

金利は消費者金融の「8割」程度

銀行キャッシングと消費者金融の金利を比較すると、消費者金融の金利を100とすると、銀行キャッシングは大体80くらいです。実質年率という数字で比較すると、

  • 消費者金融…18.0%
  • 銀行キャッシング…14.5%

というのが、それぞれの平均的な金利となっています。金利は借入総額によって変わりますが、10万円~100万円の時の適用金利です。

ということで「消費者金融より低利子で借りられる」というのも銀行カードローンの魅力。特に「高額を長期間」で借りる場合は、この金利差は大きいでしょう。

そもそも、大手の消費者金融は借入不可

書くのが少々遅くなりましたが、そもそもプロミス・アコム・モビット・アイフル・ノーローンなどの大手の消費者金融では、専業主婦は借入不可となっています。「審査に通りにくい」のではなく「最初から、融資不可」なんですね。

なので、ここまでも「信販系の」消費者金融と書いてきたのですが、信販系も含め、大手以外の消費者金融で借りることには、下のようなデメリットがあります。

大手以外の消費者金融で借りるデメリット

大手以外の消費者金融(信販系・中小業者)でお金を借りるデメリットは、下の通りです。

  • 借入・返済が不便(ATMが少ない、手数料がかかる)
  • ↑(中小業者だと、ATM自体使えない)
  • 即日キャッシングがしにくい
  • 「借入種別」が悪い

ということです。借入種別というのは、「その人が、どれだけ信用度の高いところから借りているか」という審査情報です。

私達の借入・返済の履歴は、すべて「個人信用情報」という情報で記録されています。そして、その中に中小の消費者金融からの借り入れがあると「借入種別が悪い」ということで、低評価になるわけです。「大手の消費者金融から借りられないから、こういう中小業者から借りている」と思われるわけですね。

(実際、そういうケースが多いでしょう)

このように、個人信用情報の評価が低くなると、クレジットスコアが低いということで、クレジットカードなど、あらゆる借り入れの審査に通りにくくなります。

新たにお金を借りる時はもちろん、高還元率のクレジットカードの審査を受ける時など、お金を増やしたい場面でも不利ということですね。

というように、借入種別で低評価を受けることは、避けた方がいいのです。この点でも、消費者金融で借りるなら「大手以外は避けた方がいい」ということ。

そして、その大手の消費者金融は「専業主婦には融資していない」ので、専業主婦は、消費者金融では借りない方がいいということです。

(説明が少々長くなりましたが)

まとめ「専業主婦に銀行がおすすめの理由」

以上、「専業主婦のキャッシングには、銀行カードローンがおすすめ」という内容を書いてきました。最後にもう一度ポイントをまとめると、

  • 専業主婦は大手の消費者金融では借りられない
  • 大手以外の消費者金融では「配偶者の同意書が必須」
  • つまり、夫バレ・旦那バレが確実
  • だから、銀行カードローンの方がいい
  • 銀行カードローンなら、「夫・旦那の同意書不要」の所が多い
  • みずほ銀行・イオン銀行など、6つの銀行ならOK
  • これなら夫バレ・旦那バレの心配がない
  • 銀行は消費者金融より低金利で借りられる

…ということです。主に「夫・旦那に内緒で借りられる」という理由で、おすすめということです。専業主婦の方がお金が必要になった時は、参考にしていただけたら幸いです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP