プロミス・ノーローンの比較 ~最短即日借入がしやすい&低利息なのはどっち?~

プロミス・ノーローンの比較 ~最短即日借入がしやすい&低利息なのはどっち?~

実際の利子総額は、プロミスの方が安くなる

まず、プロミス・ノーローンでは、実際の利子総額はプロミスの方が安くなるといえます。理由は初回30日間無利息のシステムがあるからです(利用には、WEB明細利用・メールアドレスの登録が必要)。

ノーローンも無利息サービスはあるのですが、「何度でも1週間無利息」というシステムなので、日数が短いわけですね。なので、利子総額が安くなるのは、プロミスの方なのです。

何度でも1週間無利息にも、独自のメリットがあるが…

もちろん、言うまでもなく「何度でも1週間無利息」にも独自のメリットがあります。たとえば、

という風です。こういう定期的に何度も訪れる…とわかっているお金が必要なピンチで、ノーローンの「何度でも1週間無利息」の方が、確かに役立つわけですね。(自営業・個人事業主の場合は、定期的ではありませんが、何度も来るというのはわかっています。コストのかかる実業をやっている方だと、これは残念ながら常識でしょう。あまり嬉しいことではないでしょうが…)

というわけで、このような方々にとっては、確かにプロミスやアコムなどが提供する「初回30日間無利息」のように「1回きり」のものよりも、ノーローンの方がいいのです。「何度でも繰り返し」使えるものの方が、使い勝手がいいわけですね。

なので、一概に、

  • 初回30日間無利息と、
  • 何度でも1週間無利息の、
  • 「どちらが上」ということは決められない

のですが、全体的に見て「初回30日間無利息の方が便利」という人が多いのは確かでしょう。だからこそ、アイフルもアコム・プロミスもやっているわけですし。さらに言うなら新生銀行カードローン・レイクもやっていますし、楽天銀行スーパーローンも一時期、採用していました。

ということで、ノーローンの「何度でも1週間無利息」も便利なのですが、多くの人にとってはプロミスの初回30日間無利息の方が有利なので、この点で「利子総額では、プロミスが有利」と言えるでしょう。

そもそも、キャッシングは繰り返しするべきではない

これはノーローンの無利息期間を否定するものではなく、要は人間の金銭感覚についての意見なのですが…。キャッシングというのは、やはり繰り返し使うようなものではありません。借金は麻薬とよく言われますが、繰り返し借金をしていると、その人の問題解決の能力が落ちていくことが、科学的にも説明できます。

  • 人間の理性を司るのは、大脳新皮質という部分である
  • 脳も臓器なので、筋肉と同様に、「使った部分」が鍛えられる
  • 借金に慣れてしまうと、難しい課題から「逃げる」習慣がついてしまう
  • つまり「大脳新皮質」を「使わない習慣」がついてしまう
  • 逆に、「お金が必要になったら、日払いのアルバイトをする」
  • というように「苦しいけど正しい方法」で解決する人は、
  • その時点で大脳新皮質を働かせているので、
  • 自然と大脳新皮質が強くなっていく
  • そのため、「難しい行動」が簡単にできるようになっていく

ということです。誰の名言か忘れましたが、

偉大な人々は、偉大な仕事を、何と「簡単に」こなすことだろう!

という言葉があります。偉大な仕事は、いつも「簡単に」達成されているのです。つまり、野球の守備でいうなら、

  • ダイビングキャッチで取るのではなく、
  • あらかじめ守備位置にいて、真正面から取る

というイメージですね。もちろん、ダイビングキャッチが必要な場面もありますし、それはそれですごいのですが、要はすごい人が、すごい仕事をする時ほど、大体慌てふためかないということです(慌てながら何かを達成するのは、大体凡人ということですね)。

…と、少々仕事論になりましたが、これを見ても「脳は臓器であり、トレーニングが必要」ということがわかります。そして、借金を何度も繰り返し利用してしまうと、その「脳のトレーニング」ができなくなってしまうのです。理性的な行動が「物理的に」とれなくなるわけですね。

なので、ノーローンのサービスは良いのですが、個人的にはやはり借金は繰り返しするものではなく、緊急措置として借りて、できるだけ早く完済して、その後は利用しない…というのがベストだと思うわけです。

なので、その意味でも、何度でも1週間無利息より「初回30日間無利息」の方をおすすめするわけですね。

無利息期間を始めた、ノーローンの歴史は素晴らしい

私はキャッシング業界の歴史が好きなので補足しておくと、無利息期間を始めたのはプロミスでもアコムでもなく、ノーローンなのです。この点は非常に素晴らしいことです。

そもそもノーローンというブランド名も、無利息という意味なんですね。この「斬新なサービス」を提供するために、ノーローンは生まれたのです。

(当時、「苗字が同じ」という理由で、俳優のジョン・ローンをCMに起用しようとしていました。「苗字って…(笑)」と思わず笑ってしまいましたが。ノーローンの無利息期間の開発の歴史は、ユーモラスで面白いです。公式サイトで読めます)

ということで、利用者の方々にとっては「初回30日間無利息」をおすすめしますが、そもそもこういう無利息サービス自体を生み出したのがノーローンである…ということを忘れてはいけません。これはアコムのむじんくんが自動契約機の走りになったり、プロミスが1983年頃から「自動与信システム」を、世界に先駆けて開発した…というのにも、並ぶくらいの偉業なのです。

金利は、プロミスの方が安い

無利息期間を抜きにした、通常金利…つまり実質年率では、プロミスの方が安くなっています。というのは、上限金利だけで比較すると、

  • プロミス…17.8%
  • ノーローン…18.0%

というように、プロミスの方が0.2%安くなっているからです。0.2%というのは、実際の利子総額に換算するとそう大した違いではないのですが、企業にっては非常に難しいことを、プロミスが実践している…ということに意味があります。

なぜ「上限金利」だけ見るのか?

これは100万円以下のキャッシングでは、上限金利が適用されるからです。利息制限法のルールで、100万円以上から法定金利が変わるので、どのキャッシング業者(プロミスもノーローンもブランドですが)でも、100万円の借入金額を超えるあたりから、適用金利を下げる…というルールになっているんですね。

で、ほとんどの人の借り入れは当然、キャッシング金額が100万円以下で終わります。なので、上限金利以外が適用されることはないのです。

まして下限金利になると、最高限度額近くまで借りないと適用されない金利ですから、ほとんどの人にとって「全く無縁の世界」なんですね。一応、たまにそういう高額キャッシングをする方もいるので、どの消費者金融でも銀行カードローンでも設定されていますが、下限金利が使われる機会というのは、年間でもほとんどない…というのが実情です。

(それでも決めておかないと、高額借入をする申込者の方々にとっては大変なので、やはり決めてあるわけですが)

下限金利はノーローンの方が安い

で、下限金利で比較するとノーローンの方が低金利となっています。プロミス・ノーローンの下限金利を一覧にすると、

  • プロミス…4.5%
  • ノーローン…4.9%

という風です。あれ?と思った人もいるでしょう。プロミスの方が低金利じゃん、と。

しかし、これは最高借入限度額が、プロミスの方が大きいからなんですね。

というのが、それぞれの最高限度額になっています。で、

  • キャッシングは、借入金額が大きければ大きいほど低金利になる
  • 普通の商品のまとめ買い割引と同じである
  • なので、最大の融資枠が大きいほど、
  • 当然下限金利も安くなってく
  • 逆に言えば、最大の借入枠が大きいのに、
  • 下限金利が高いという金融機関があったら、
  • それは「高金利」ということである

ということなので、

  • 最高の借入可能金額が大きいプロミスが、
  • 小さいノーローンより「下限金利が低い」というのは当たり前であり、
  • そうでなかったら、プロミスがおかしくなってしまう

ということです。で、安いのは当たり前…という、「山王工業が勝って当たり前」(スラムダンク)というのと同じ前提に立って比較すると、

  • プロミスは、「500万円」で4.5%
  • ノーローンは「300万円」で4.9%

ということで、これはおそらく、ノーローンの方が低金利だろうといえるわけですね。

消費者金融は、借入金額ごとの適用金利が正確にわからない

「おそらく」と書いたのは、銀行カードローンや信用金庫のカードローンと違って、消費者金融は「借入金額ごとの適用金利」というものがわからないからです。「200万円借りたら何%」…というような適用利率が、特に決まっていないんですね。なので、推測するしかないわけです。

で、推測すると、

  • 最高限度額まで借りたら、
  • 下限金利に「近い金利」になるのは確か
  • なので、300万円の時、ノーローンは4.9%近くになる
  • 一方、プロミスは「500万円まで借りて」4.5%近くになる
  • ということは、プロミスは300万円の段階では
  • おそらく「4.9%」近くまではいかない
  • しかし、ノーローンは行く可能性が高い
  • なので「300万円」付近の借入総額では、
  • ノーローンの方が低金利になる可能性が高い

と推測できるわけです。あくまで推測ですが、推測の仕方としては、間違っていないでしょう。なので、下限金利で比較すると「ノーローンの方が低金利」と言えます。

しかし、下限金利は関係ないので、プロミスの方が低金利

最後にどんでん返しをするようですが、先に書いた通りそもそも、下限金利はほとんどの人の借り入れには無関係なんですね。300万円借りるにしても、年収900万円が必要だからです。貸金業法総量規制という規則ですね。

年収の3分の1までしか借りられない…というものです。知っている人も多いでしょう)

ということで、下限金利では確かにノーローンの方が金利が低いのですが、実際には上限金利以外は無意味なので、それで「プロミスの方が低金利」おtなるわけです。

(ただの金利比較でも、このように「キャッシングの知識」がいろいろ関わってくるわけですね)

審査通過率は、プロミスの方が高い

審査通過率では、ノーローンよりプロミスの方が高くなっています。大体の数値ですが、

  • プロミス…40%前後
  • ノーローン…30%~35%前後

という風になってます。プロミスは公式サイトの月次データなどの資料で、新規の貸し付けの率が公表されていて、それを見れば大体の審査通過率がわかります。

(審査通過率というデータ自体が「大体」のものなので、あまり精緻に把握しても意味がないのですが)

で、ノーローンの方は審査通過率は公表されていません。なので、具体的な数値はわからないのですが、口コミ・評判をまとめてみる限り、

  • 消費者金融と銀行カードローンの中間程度の審査通過率…ということで、
  • 銀行カードローンが20%~30%程度なので、
  • ノーローンの審査通過率も、30%~35%程度と推測される

というわけです。あくまで推測に過ぎませんが、大体これで近い数字になるかと思います。

ノーローンは、かなり審査が厳しい

何はともあれ、ノーローンは消費者金融としてはかなり「審査が厳しい」わけです。これは別にプロミスやその他の消費者金融が「緩め」ということではなく、単純にノーローンが厳しいわけです。

なので、クレジットスコアが低い人だと、ノーローンでの審査申込みは控えた方がいいかも知れません。クレジットスコアというのは要するに信用度のことですが、過去の自分の借入・返済の履歴などを振り返って、任意整理個人再生などの債務整理をしていたり、あるいはクレジットカード強制退会になったことがある…などのブラックリストの履歴がある人は、ノーローンは避けた方がいいでしょう。

いや、プロミスでも避けた方がいい…というより審査に通らないのですが、

  • すでに5年~10年が経過していて、
  • いわゆる「喪明け」となった人でも、
  • ノーローンのように審査が厳しい借入先だと、
  • 審査落ちのリスクがある

というわけです。何にせよ、自分のクレジットヒストリー年収月収などの属性情報に、あまり自信がないという人は、ノーローンではなく、プロミスやその他の消費者金融で申し込んだ方がいいでしょう。

よほど何度でも1週間無利息などのシステムを必要としていなければ、無理にノーローンにこだわる必要もありませんしね。

最短即日審査の受付時間は、プロミスの方が長い

最短即日審査を受け付けている時間ですが、これはプロミスの方がノーローンよりも長く設定されています。

  • ノーローン…夜9時まで
  • プロミス…夜10時まで

という時間設定です。この締切時間は、状況・条件によって多少短くなったり変更になることもありますが、何はともあれ、大体このくらいの時間まで、それぞれ最短即日審査をしている…と思ってください。

で、見ての通りプロミスの方が「1時間長く」最短即日審査をしているわけなので、

  • ギリギリでお金が必要、という駆け込み審査の時には、
  • プロミスの方が「ギリギリセーフ」となる可能性が高い(物理的に)

ということです。1時間長いわけですから、これは当然ですよね。もちろん、「そのようなギリギリの審査申込みは、しない方がいい」というのは確かです。ただ、現時点でもうそれしかない…という時には、ギリギリで申し込むしかなく、そういう時、ノーローンよりプロミスの方が、申込者に取って有利…ということができるでしょう。

即日振り込みも、プロミスの方がやりやすい

上に書いた最短即日審査の受付時間というのは、

というやり方の場合の締切時間です。これがもし「銀行振込によって借りる」というやり方だと、プロミスでもノーローンでも、締切時間はもっと早くなります。銀行振込をするには、銀行が営業していないといけないので、当然ですね。銀行の営業時間の範囲内…となるわけです。

で、その締切時間ですが、

  • ノーローン…12時30分
  • プロミス…14時50分

というのが、大体の締切時間の目安となっています。状況・条件によって多少変動しますが、大体このくらいの時間までに、振込手続きが必要と思ってください。

見ての通り、かなり時間差がある…というのがわかるでしょう。プロミスの方が2時間以上、長く即日振り込みを受け付けているというわけですね(繰り返しますが、申し込み日などの諸条件によって、この時間は変わることがあります)。

なので確定ではありませんが、とりあえずノーローンよりもプロミスの方が、銀行振込での最短即日借入が、時間的にだいぶやりやすいというのは確かでしょう。なので、特に振り込みでキャッシングしたい…という方にも、ノーローンよりはプロミスの方をおすすめします。

プロミスは三井住友銀行ATMも無料

また、さらにプロミスを利用するメリットとして、三井住友銀行のATMが利用手数料なしで、借入・返済ともに利用できる…という点があります。ノーローンや他の消費者金融は、このように利用手数料無料で使えるコンビニATM・銀行ATMがないので、この点でプロミスの方が有利だといえます。

プロミスもコンビニATMは無料では使えないのですが、銀行ATMに関しては、三井住友銀行がこのように無料で使えるわけですね。

ノーローンは新生銀行のグループなので、新生銀行のATMは無料で利用できそうな気もしますが、今のところは、使えないようになっています(つまり、利用手数料がかかります)。

これはノーローンだけが不便なのではなく、アイフルやアコムなどの他の消費者金融でも、やはりコンビニATM・銀行ATMは無料では使えないようになっています。モビットが期間限定で、プロミスと同様に「三井住友銀行のATMが無料」となっていますが「常時無料」なのはプロミスだけです。

返済の手数料が無料だと、早期完済しやすい

こうしてプロミスのように無料で使えるATMが多いと、特に返済で有利です。つまり、返済手数料を気にしなくていいので、小まめに臨時返済することができ、それで早期完済できる…というわけですね。当然ですが、早期完済すればするほど、最終的な利子総額は安くなります。ということで、ただ便利というだけではなく、利息総額を小さくするという金銭面でも、返済手数料がかかりにくいプロミスは有利なのです。

ノーローン・プロミスの比較、まとめ

以上、プロミス・ノーローンの比較のポイントをまとめると、

  • 利子総額…プロミスの方が安い(初回30日間無利息のため)
  • ↑(WEB明細利用・メールアドレスの登録が必要)
  • 受付時間…プロミスの方が1時間程度長い
  • 即日振り込み…プロミスの方が2時間程度、締切時間が長い
  • 限度額…プロミスの方が大きい(500万円)
  • 利用手数料…プロミスなら、三井住友銀行ATMも無料
  • 審査スピード…ノーローンの方が早い(最短20分)
  • 審査通過率…プロミスの方が高い

…という風になっています。つまり、ノーローンがプロミス勝る部分は、

  • 審査時間が「最短20分」
  • 「何度でも1週間無利息」のシステムがある
  • ↑(代わりに、プロミスは初回30日間無利息がある)

となります。基本的に「最短20分」で審査できるというのが、ノーローンが唯一プロミスにまさる部分…と言っていいでしょう。その他は、「何度でも1週間無利息」に魅力を感じる人であれば、利益があるし、そうでない人だったら、プロミスの「初回30日間無利息」の方がいいわけです。

…ということで、基本的にほとんどの人はノーローンよりプロミスで借りた方がいい…と言えるでしょう。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP