即日借入をするには、融資希望金額はいくらで申し込むべき?→10万円~30万円

即日借入をするには、融資希望金額はいくらで申し込むべき?→10万円~30万円

即日借入をしたいなら、希望金額はいくらで申し込むべきか―。これは基本的には、10万円から30万円までと言えるでしょう。30万円までなら、大手の消費者金融でも銀行カードローンでも、割と審査に通りやすくなっています。ポイントをまとめると、

  • 会社員・OL・公務員なら、大体30万円は借りられる
  • アルバイト・パート・フリーターなどの非正規雇用でも、
  • 月収8万円~10万円程度稼いでいる人なら、30万円は借りられる
  • その業者・銀行での実績がなくても、初回から借りられることが多い

…という風です。以下、詳しくまとめていきます。

サラリーマン・OLなら、大体30万円キャッシング可能

初めてキャッシングであっても、サラリーマン・OL・公務員という「しっかりした」職業・属性であれば、大体30万円は即日キャッシングできるようになっています。なので、希望金額は30万円まで出しても大丈夫でしょう。

しかし、特に30万円も必要ない、10万円で十分…という場合には、10万円にしておいた方がいいでしょう。理由は、

  • 30万円の場合、ギリギリのラインで審査落ちする可能性もある
  • 仮に審査に通るにしても、借入希望金額が少額の方が、審査が早い
  • 万が一その日中に借りられなかった時のことを考えて、
  • できるだけ審査が早く完了する方を選ぶべき

…ということです。融資希望金額が、審査スピードに影響するというのは知らない人もいるかも知れませんが、これは一般的な常識で考えればわかることです。

たとえば「自分が借金を申し込まれた」として、その金額が高額の時と、少額の時では、断然少額の時の方が、すぐ返事するでしょう。これはそのまま大手の消費者金融・銀行カードローンの審査でも、同じ結果になるのです。少額の方が、あちらもリスクが少ないので、すぐに審査結果を出してくれる…ということです。

アルバイト・パート・フリーターでも、30万円は借りられる

サラリーマン・OL・公務員のように「正規雇用」の人々でなくても、非正規雇用であるアルバイト・パート・フリーターの人々も、30万円はキャッシングできるようになっています。

冒頭に書いた通り、その業者・銀行でこれまでに借入・返済の実績を積んでいなくても、最初のキャッシングから30万円借入可能…となっています。

これは計算上の根拠があり、箇条書きすると下のようになっています。

  • キャッシングの借入可能金額は「総量規制」というルールで決まる
  • これによれば、「年収の3分の1まで借入可能」となっている
  • ということは、30万円借りるには「90万円」の年収があればOK
  • つまり、アルバイト・パート・フリーターであっても、
  • 「月収が8万円以上」あればOK

…という計算になるわけですね。そして、アルバイト・パート・フリーターでも「毎月8万円以上稼いでいるという人は多いでしょう。なので、「しっかり働いているアルバイト・パート・フリーターの人の場合、最初のキャッシングでも「いきなり30万円借りられることが多い」というわけです。

勤務先・勤続年数などのその他の条件も重要

当然ですが、上の「月収8万円あれば、アルバイト・パート・フリーターでも30万円キャッシングできる…というのは「単純計算」です。

  • そもそも、「ギリギリ年収の3分の1」なので、もう少し稼いだ方がいい
  • 同じ月収8万円でも、勤務先の安定度・勤続年数などによって変わる

…ということが言えます。これはカードローン審査の基本中の基本ですが、年収などの何か一つの条件で決まるわけではなく、その人の信用度を、総合的にチェックして判断する…ということですね。なので、上に書いた「月収8万円以上」という金額についても「あくまで参考値」というわけですが、それでも大体の基準にはなるかと思います。

借入希望金額は、出せる&出せない業者・銀行がある

そもそも、借入希望金額をいくらにするかは、

  • 自分で選べる業者・銀行
  • 選べない業者・銀行

…の2通りがあります。この割合は半々といったところですが、「もし、自分で融資希望金額を選べない場合はどうすればいいのか」という疑問があるでしょう。これは、「特になにもしなくていい」というのが答えです。理由は、

  • 業者・銀行の側で融資枠を完全決定するので、申し込み者は何もできない
  • また、何もしなくても「その人の年収に適切な借入枠」にしてくれる
  • それ以上借りようとしても「借りたら返済できなくなる」可能性が高いわけで、
  • 「それ以上借りられない」というのは、むしろ良いこと

…と考えてください。老荘思想の「無為自然」ではありませんが、キャッシングでの借入枠についても決まったものは大体正しいので、受け入れた方がいいということですね。

融資枠のリクエストは出さない方がいい

こういう「融資希望金額が出せない業者・銀行で、借入可能な金額をリクエストする」というのは、やめておいた方がいいでしょう。理由は、

  • 最初から受け付けていないという時点で、
  • 業者・銀行の側には「リクエストに答える」気がない
  • その状態でリクエストを出すのは「図々しい」と考えられ、逆効果

…ということです。これもやはり自分がお金を貸す時を想像するとわかるのですが、

  • 「お金は貸すけど、金額はこっちが決めるよ」とあなたが言った
  • しかし、借り手が「できれば50万円借りたいのですが…」と言ってきた

…という場合、明らかにあなたの印象は悪くなるでしょう。逆にこれが「わかりました。金額はおまかせします」という謙虚な態度だったら、融資してあげよう…という気分になるはずです(少なくとも、金額をリクエストされるよりは)。

なので、最初から借入希望金額を受け付けていない業者・銀行で申し込む場合は下手に焦って、融資枠のリクエストなどは出さないということに注意してください。

希望金額を出せる場合でも、極限まで下げる

これも先に書いてきた通りですが、借入希望金額を出せる業者・銀行でも、極限まで小さくした希望金額を出すというのが鉄則です。その方が審査に通りやすいし、同様に審査に通る場合でも「より早く借りられる」からです。

実際に「最低限必要な金額」が少額であるなら、別に無理してそれ以上の金額を借りる必要はないでしょう。

実際「今すぐ20万円必要だ!」と思った場合でも、冷静にいるもの、いらないものを分析していくと「20万円も必要ない」ということが多いのです。バッサリ切れるもの、あるいは切るべきものを切っていない…というだけのことが多いんですね。

実はキャッシングというのは「自分の人生を見つめ直すいい機会」でもあります。借金が必要になったということは、その人の資金繰りはどこかが間違っていたということ。そして、資金繰りが間違っていたということは、人生の何かが間違っていた…ということなのです。

なので、「これ以上融資希望金額は小さくできない」と思った場合でもそもそも、この買い物・用事自体が必要なのか?という一番根本的な問題を常に考えるようにして下さい。

キャッシングは最大でいくらまで借りられるのか?

消費者金融・銀行カードローンなどの借り入れでは、最大いくらまでキャッシングできるのか―。これは、

  • 消費者金融・クレジットカードのキャッシングなら、
  • 「総量規制のルール」によって「年収の3分の1まで」
  • 銀行カードローンついてクレジットカードのショッピングなら、
  • 「総量規制の対象外」なので、規制は特にない
  • しかし、銀行クレカのショッピングでも、
  • 大体「最大で、年収の半分まで」

…というのが基準です。もっと簡単に書くと、

  • 消費者金融・クレカのキャッシング…年収の3分の1まで
  • 銀行カードローン・クレカのショッピング…年収の半分まで(最大で)

…という風です。ただ、これはあくまで「法律上の最大値」であって、実際にここまで借りられるという保証はありません。法的にギリギリの金額なので、実際にはもっと小さくなる…ということの方が多いです。

最初は、年収の5分の1程度が最大

あくまで一つの目安ですが、最初のキャッシングの場合は年収の5分の1程度までと考えてください。たとえば「年収200万円」だったら、「40万円までキャッシングできる」ということです。

あくまで概算ですが、実際に年収200万円の人が借金を返済しようと思ったら、借入金額は40万円程度までに抑えておかないとまずいでしょう。50万円になると、返済はかなり大変になるはずです。

こういう理由で、キャッシング業界でハッキリと決まっているわけではありませんが、最初のキャッシングの場合、大体年収の5分の1までになることが多いです。あくまで1つの参考値ですが、借入金額を予想する時の目安にして下さい。

公式サイトの「最高限度額」はあまり意味が無い

大手の消費者金融でも銀行カードローンでも、公式サイトには「最高融資枠」が書かれています。たとえば、

  • ノーローン…300万円
  • プロミス・アコム・アイフル…500万円
  • モビット…800万円
  • 三菱東京UFJ銀行…500万円
  • 楽天銀行…800万円

…というような金額ですね。で、これを見ると「最高融資枠が大きい業者・銀行の方が、高額キャッシングをしやすいと思う人が多いでしょう。確かに一見そう見えますが、実際にはこの「最高極度額」というのは、ほとんどの人のキャッシングにとって、基本的に関係ないのです。その理由を説明します。

300万円借りるには、年収900万円が必要

大手の消費者金融・銀行カードローンの中で、一番最高極度額が少額なのはノーローンの「300万円」です。で、これを借りる場合にいくらの年収が必要かというと、総量規制のルールの「年収の3分の1」という基準によって「年収900万円」が必要なんですね。

一番小さいノーローンの最高融資枠でも、これだけの年収が必要なのです。ましてその他の消費者金融・銀行カードローンの「500万円」や「800万円」になったら、それぞれ、

  • 500万円…年収1500万円
  • 800万円…年収2400万円

…が必要なんですね。ちなみに、大手の銀行カードローンで一番最高極度額が大きいみずほ銀行は「1000万円」で、これは「年収3000万円が必要」ということです。

年収3000万円というのは、世界的に見ても「富裕層」と認められるレベル。ベストセラー『お金持ちの教科書』で有名な加谷珪一氏によれば、

  • 年収3000万円
  • 資産1億円

この2つ(年収3000万円については、コンスタントに達成している)が、世界的な富裕層の基準ということです。それを達成しているような人でなければ、みずほ銀行カードローンの「1000万円」という最高融資枠は、借りられないということですね。(誰も借りようとは思わないでしょうが)

ということで、みずほ銀行にしても、その他の銀行カードローン・消費者金融にしても、最高借入枠まで借りるのは無理なので、ほとんどの人には関係ない…ということです。

最高借入枠は何のために設定されているのか?

「どうせ借りられない最高借入金額」を、一体何のために公式サイトに表記しているのか―。これは、

  • 一応、そのレベルまで借りる人もいるかも知れない
  • ↑(起業家で、ビジネスローンでもまだ足りなかった時など)
  • 「最高借入金額が少額」だったら、利用者に余計な不安を与える
  • 不安を覚えて利用者が減ったら、業者・銀行の利益が小さくなるので、
  • サービスも悪くなり、結果的に全体の不利益になる
  • その逆に、利益を出してサービスを改善し、
  • 全体の利益を図った方がいい

…ということです。実際、たとえば三菱東京UFJ銀行・バンクイックの最高融資枠が「80万円」などと書かれていたら、みんな一気に借りる気をなくすでしょう。そうして利用者が減ったら、

  • これまでのバンクイックの利用者も、
  • これからバンクイックを利用する人も、

両方困るということなのです。この点、多くの人(特に学生)が勘違いしていますが企業が利益を出すということは、サービスを向上・改善させるために、必要なことなんですね。その「利益」だけが目的になってしまってはいけませんが、ある程度までは、企業は利益を出すべきだし、出さなければいけないのです。この点を、多くの日本人は勘違いしています。

私企業が利益を出すのは、良いことである

少し補足として、この点についても書いておきましょう(キャッシングとは直接関係ありませんが)。「企業が利益を出すのは正しいことである」というのは、それを表現する言葉として「経済のない世界では、一杯のラーメンを作るにも、奇跡を起こす必要がある」という言葉が知られています(ラーメンだったり、焼きそばだったり、バージョンはいろいろありますが、要は「麺類」です)。

まずラーメンを作るには当然「製麺」が必要です。麺を作るということですが、そのためにはまず小麦が必要です。

で、「経済がない世界」では「小麦を買ってくる」ことはできないので「自ら栽培」する必要があります。

  • 土地を確保し、
  • 耕し、
  • 水を引いてきて、
  • 小麦の「種籾」をどこかから入手してきて、
  • それを撒き、
  • 一年間雑草を抜いたり、
  • 灌漑工事をしたり、
  • 肥料を与えたり、
  • その他もろもろのケアをして、
  • ようやく小麦がとれる

…ということです。で、小麦を収穫した後も、

  • 脱穀する
  • 粉末にする
  • 粉末から、麺を作る

…という作業があるわけですね。ここまででも、すでに気が遠くなる人がほとんどでしょう。気が遠くなるでしょう。しかもここから、ラーメンの他の材料である、

  • もやし
  • キャベツ
  • コーン
  • わかめ
  • ナルト
  • ザーサイ
  • メンマ
  • バター
  • みそ
  • のり
  • とんこつ

…なども小麦の時にやったことと、まったく同じ手順で用意してくる必要があるのです。もうここまで来たら「ラーメン一杯作るのが、一生かかってもできない大事業」ということがよくわかるでしょう。

こうして例え話をするだけでも、人間が何千年もかけて築いてきた「経済」というものが、いかに人の生活を豊かにし、幸せにしているかわかるはずです。

「経済が人を不幸にした」などと言う意見もわかりますが、自分にその考えを吹き込んだ書籍すら、経済によって生まれたものだということを忘れてはいけません。

『僕はお金を使わずに生きていくことにした』という世界的なベストセラーもありますが、この著者の方が住んでいる「使われなくなったキャンピングカー」というのは、要するに「経済」によって生まれたものです。また、この人の生活を支えている周りの人も、やはり「経済」によって生活しているから、その著者を支えることができるのです。

…と、少々本質的な話になりましたが、消費者金融・銀行カードローンなどの企業が利益を出すということは、必要なことなんですね。これらの企業が利益を出せば出すほど、利用者もより低価格(キャッシングの場合は低金利)で、より良いサービスが利用できるようになる…ということです。

なので、上に書いた通り「最高借入枠」は一種の飾りなのですが、その飾りによって、イメージをよくし、利用者を集めることは、キャッシングでお金を借りる人たちにとっても利益になる、プラスになる…ということを理解して下さい。

まとめ「借入希望金額はいくらで出すべきか」

以上「経済とは何か」という本質的な話もしつつ、キャッシング審査の融資希望金額はいくらで出すべきかということをまとめてきました。最後に要点を整理すると、

  • 借入希望金額は、できるだけ小さく申告する方がいい
  • その方が審査に通りやすくなるし、
  • 審査完了までの時間・スピードも早くなる
  • 会社員・OL・公務員の場合、30万円までは普通に借入可能
  • まったく初のキャッシングでも借入可能
  • アルバイト・パート・フリーターでも30万円は融資可能
  • 月収8万円~10万円あれば、確率が高くなる

…ということです。これからキャッシング審査を受けようとしている人は、融資希望金額に迷った時は、参考にしていただけたら幸いです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP