土曜日・日曜日にお金を借りる方法 ~消費者金融と銀行、どっちがいい?~

土曜日・日曜日にお金を借りる方法 ~消費者金融と銀行、どっちがいい?~

土曜日・日曜日・祝日などの休日にお金を借りる方法―。これは簡単で、大手の消費者金融で申し込むだけです。銀行カードローンでもいいのですが、銀行カードローンの場合、下のようになります。

  • 土曜日・日曜日・祝日の融資に対応していない銀行がある
  • 対応していても「土曜日・日曜日・祝日はその銀行の口座が必要」という条件の銀行もある

このようなことで、消費者金融の方が土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシングはしやすくなっているんですね。なので、よほど低金利にこだわるのでなければ、土曜日・日曜日・祝日などの休日にお金を借りるには、大手の消費者金融で申し込んだ方がいいのです。

大手の消費者金融なら土曜日・日曜日・祝日でも最短即日審査可能

大手の消費者金融というのは、プロミス・SMBCモビット・アイフルなどのブランドのことですが、これらの消費者金融であれば、すべて土曜日・日曜日・祝日でも最短即日審査・最短即日融資、というシステムになっています。

他にもアコム・ノーローンなどの大手もありますが、これらのキャッシング業者もやはり同じです。大手の消費者金融の最短即日融資の体制は、土曜日・日曜日・祝日でも平日でもまったく変わりないので、平日と同じように、安心して申し込んで下さい。

大手の消費者金融のキャッシングで、平日と土曜日・日曜日・祝日で違う部分があるとしたら、土曜日・日曜日・祝日は銀行振り込みによって借りることができない…ということくらいです。その他の点は、申込方法にしても受付時間にしても完全に同じで、土曜日・日曜日・祝日の方が借入審査が不利になる…ということは何もありません。

土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査は何時までに申し込めばいいか

では、大手の消費者金融で土曜日・日曜日・祝日に最短即日キャッシングする時は、何時までに審査申込みをすればいいのか―。これは、下の通りです。

  • アコム・プロミス…20時~21時まで
  • SMBCモビット・アイフル・ノーローン…19時~20時まで

これが大体の目安となっています。(あくまで大体の目安であり、正確に決まっているわけではありません)

この時間の根拠は、それぞれの「最短即日審査の締切時間」が下のようになっているからです。

  • アコム・プロミス…22時(夜10時)
  • アイフル・SMBCモビット・ノーローン…21時(夜9時)

このような風です(これも、店舗やその日によって、時間が多少変動することがあります)。

そして、この締切時間から大体1~2時間前には申し込む必要があるということ。そうして計算すると、先に書いた通りの時間になるわけです。

1時間前でもギリギリ間に合いますが、確実にその日中に借りたいのであれば、2時間前には申し込んだ方がいいでしょう。

土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入は「カード発行」が必要

土曜日・日曜日・祝日の最短即日融資と平日の最短即日融資の違いとして土曜日・日曜日・祝日は、ローンカードの発行が必要という点があります。先に書いた通り「銀行振り込みで借りることができない」からです。

最短即日キャッシングの借り入れ方法は2通りで「銀行振り込み」か「提携ATM」となっています。そして、土曜日・日曜日・祝日は銀行が営業していないため、銀行振り込みによって借りる、ということができないというわけです。

片方の選択肢が使えない以上、もう片方の「提携ATM借り入れ」になるわけです。そして、提携ATMで借り入れするには当然「提携ATMを動かすためのカード」が必要。それがローンカードということですね。

銀行の預貯金でいう「キャッシュカード」とまったく同じです。そして、土曜日・日曜日のキャッシングの場合(消費者金融でする場合)は、このローンカードを自動契約機で発行する必要がある、ということです。

なぜ「自動契約機で」発行しなければいけないのか?

「ローンカードが必要」という理由はわかったけど、なぜ自動契約機で発行しなければいけないのか?郵送や来店でいいのではないか?と思う人もいるでしょう。その疑問はもっともで、実際、これらの方法でも確かにローンカードは発行できます。しかし、下のようにも言えます。

  • 郵送…「即日」はできない
  • 来店…土曜日・日曜日・祝日は消費者金融も「休業日」である

つまり平日だったら、来店してローンカードを発行するというのももちろんアリなわけです。もっとも、わざわざ有人店舗まで行くのも面倒なので、ほとんどの人はこのようなやり方はしないでしょうが…。

こういう理由から、土曜日・日曜日・祝日にローンカードを即日発行する方法は「無人契約機」しかないんですね。なので「無人契約機でのカード発行が必要」となるのです。

ローンカードの発行は何時まで出来るのか?

これは最短即日審査の締切時間と同じで―。

  • プロミス・アコム…22時まで
  • ノーローン・アイフル・SMBCモビット…21時まで

このようになっています。ここで注意すべきことは、ギリギリの時間で審査完了した場合、ローンカードを発行する時間がないというリスクもある、ということです。

たとえば「先に自宅でネット申込みで審査」→「審査結果が出てから、自動契約機に行く」というやり方ですが、この「審査結果が出る」のが21時や22時など「ギリギリの時間」だった場合、自動契約機に行く間に締まってしまうんですね(自動契約機が)。

なので、このようにギリギリの時間帯の場合は審査申込みした後、自動契約機に行って審査結果を待ち構えるというやり方が必要です。これなら、自動契約機が閉まる直前に審査結果が出てくれれば、そこから先は時間をオーバーしても「もう閉まる前に自動契約機に入っていた」ということで、そのままローンカードの発行をしてくれる可能性が高いです。

フロドに

SMBCモビットではそれなりに多くの書類を提出する

SMBCモビットの代替措置では、多くの提出書類が必要になります。簡単に箇条書きすると下のようになります。

  • 収入証明書
  • 在籍証明書
  • 身分証明書
  • 指定の銀行口座

それぞれ詳しく書くと下の通りです。

  • 収入証明書…源泉徴収票・確定申告書・納税証明書など
  • 在籍証明書…社会保険証・組合保険証など
  • 身分確認資料…運転免許証・パスポートのどちらか
  • 指定の銀行口座…三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行のどちらか

通常の審査より厳しくなる点は、「本人確認資料が限定されている」という点もあります。

なぜ「パスポート・運転免許証」に限定されているのかというと、下の通りです。

  • どちらも「顔写真つき」である
  • その他の身分証と比較して、どちらも偽造がしにくい
  • 保険証は、どのみち「在籍証明書」として提出させる
  • だから、三大身分証のうち、残り2つである運転免許証・パスポートになる

このようになるわけです。

まとめ「土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入について」

以上、土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシングについて、在籍確認の回避なども含めて多方面からまとめてきました。ラストに要点を整理すると、下のようになります。

  • 土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入は、消費者金融が一番やりやすい
  • 平日と同様、21時から22時まで最短即日審査している
  • その1~2時間前までに申し込めば間に合う
  • 銀行カードローンの土曜日・日曜日の借り入れは少々厳しい
  • 土曜日・日曜日・祝日の融資していない銀行カードローンがいくつかある
  • していても「その銀行の口座が必要」という条件がある
  • だから、基本的に消費者金融で借りた方がいい
  • 土曜日・日曜日のキャッシングでは会社への在籍確認が1つの難関
  • プロミス・SMBCモビットだったら、在籍確認の代替措置がある

休日だけど急ぎでお金が必要…というピンチになったらここで紹介した知識を参考にしてみてください。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP