今すぐ20万円借りたい!フリーター・アルバイトでもキャッシングできる?

今すぐ20万円借りたい!フリーター・アルバイトでもキャッシングできる?

今すぐ20万円借りたい―。という時は、下のようなポイントを抑えておいて下さい。

  • 消費者金融でも20万円程度なら、割と簡単に借りられる
  • フリーター・アルバイト・パートでも問題なし
  • 会社員・OL・公務員なら、30万円借りられることが多い
  • フルタイムのアルバイトも、30万円は割と行く
  • 月収5万円程度のアルバイト・パートは、10万円程度
  • 月収8万円くらいあれば、20万円も借りやすい

…ということです。以下、詳しくまとめていきます。

会社員・OL・公務員だったら、30万円が多い

会社員・OL・公務員がキャッシングする場合、融資枠は30万円ということが多いです。絶対ではありませんが、数年程度勤続した場合、かなりの確率で30万円になります。(他社借入などがない場合ですが)

これは数字的な根拠もあり、箇条書きすると下のようになります。

  • キャッシングには「総量規制」というルールがある
  • このルールでは「年収の3分の1まで借入可能」となっている
  • 普通の会社員・OL・公務員は、年収200万円はある
  • ということは、「60万円~70万円」は借りられるということ

…というわけです。で、理論的には60万円や70万円を借りられる人々であれば、キャッシングの最低融資枠である「10万円」はもちろん「30万円」でも全然OKということですね。

理論的に融資できる金額の「半分」なわけですから、これで返済不能になることはそうそうないと言えるわけです。会社員・OL・公務員の借入枠は大体30万円になるというのは、こういう計算によるものなんですね。

もちろん「絶対に30万円になる」というわけではなく、その人のこれまでのクレジットヒストリーなどによって、もっと大きく50万円になったり、あるいは10万円・20万円程度になることもあります。

ただ、下がったとしても、20万円を今すぐ借りたいというニーズについては、かなりの確率で満たせると考えていいでしょう。

フルタイムのアルバイトなら、30万円借りやすい

会社員・OL・公務員でなくて、アルバイト・パート・フリーターという場合でも、

  • フルタイムで働いていて、
  • 年収が150万円以上ある

…という場合などは、30万円借りやすくなっています(なので20万円も余裕です)。

これもやはり先ほどと同じ計算で年収150万円あるなら、その3分の1で「50万円まで借入可能」だからです。それより少ない金額なので、20万円や30万円という融資枠であれば、問題なくもらえる…ということが多いんですね。

総合的なクレジットスコアによる

もちろん、当然ですが上の条件を満たせば、どんなフリーター・アルバイト・パートの人でも30万円キャッシングできる…というわけではありません。あくまでクレジットスコアが一定以上であるという条件が必要です。

クレジットスコアというのは、その人の経済的な信用度を数値化したもので、たとえば、

  • 年収100万円以上…+10点
  • 勤続1年以上…+15点

…というように加点していきます(もちろん、減点もあります。また上の点数はあくまで一例です)

というような「クレジットスコア」によって最終的には決まるので、フルタイムのアルバイトだったら、必ず30万円借りられるということではありません。この件に限らず、キャッシング審査では常に言えることですが、「最終的には、すべてその人の総合条件で決まる」…ということなのです。

月収5万円のアルバイトなら、融資枠は10万円程度

ここまでは、会社員・OL・公務員やフルタイムのアルバイトなど「よく稼いでいる人」について書いてきました。逆に月収5万円程度しか稼いでいないというアルバイト・パートなどの人の場合、融資枠は10万円程度…と思ってください。消費者金融でも銀行カードローンでも、審査に通ったとして、この金額になります。

そもそも、月収5万円では審査に通るかもやや微妙なラインです。借入状況・クレジットヒストリーなどに問題なければ、特に消費者金融なら審査に通ることが多いですが、銀行カードローンだとかなり難しいかも知れません。

もちろん、銀行カードローンと言っても銀行によって金利差がかなりあり、それにつれて審査通過率もだいぶ違っています。なので、月収5万円でも簡単に審査に通る…という銀行カードローンもあるのですが、逆にかなり厳しい銀行カードローンもある、と思ってください。

20万円借りるには、月収8万円は欲しい

20万円を確実に借りたいという場合、やはり月収8万円は欲しいところです。実は月収5万円でも法的には、20万円まで借り入れできるようになっていますが、それだとギリギリなので、やはり余裕を持って「月収8万円」程度は欲しいわけです。

月収5万円だとどうギリギリなのか説明すると、

  • 月収5万円ということは、年収60万円である
  • 総量規制のルールによって、この3分の1まで借り入れできる
  • 60万円の3分の1なので、20万円ジャストでOK

…ということです。なので、総量規制の理論からいけば、「月収5万円あれば、20万円のキャッシングはできる」ということなんですね。

しかし、やはり月収5万円では信用も小さいし計算上もギリギリということで、もっと余裕のある月収が必要といえます。そう考えると月収8万円か、少なくとも「7万円」と考えるべきでしょう。

実際、このくらい稼ぐ程度のアルバイト・パートをしていれば、それなりに仕事も覚えていますし、勤務先にとってもある程度重要な人材となっていることが多いので、そうそうクビにならないし、本人もすぐに辞める確率は低いでしょう(その仕事に慣れて、ある程度やりやすくなっているはずなので)。

…という勤続の安定性まで考えると、やはり20万円を確実に借りたい場合は「月収8万円は必要」…ということなんですね。

同じ月収でも勤続年数が長いと借りやすい

先に「クレジットスコア」についての話をしましたが、その中でも特にわかりやすい要素は「勤続年数」です。同じ月収のアルバイト・パートの人でも、勤続年数が長ければそれだけ20万円借りられる確率は高くなります。

勤続年数は1年以上からキャッシング審査での評価が高くなりますが、特に数年ある場合、かなり有利になります。それは20万円の借り入れでも、もっと少額あるいは高額の借り入れの審査でも同じです。

「勤続1年」が1つの境目というのは、ろうきんカードローンの審査を見ればわかります。ろうきんカードローンは「銀行の半分程度」という低金利で借りられるのがメリットですが、それだけ高待遇のキャッシングの審査で「勤続1年以上」という条件になっているのです。

このろうきんカードローンの例を見ても勤続1年というのは、一定の信用度を示す基準の1つといえます。もちろん「勤続11ヶ月」と「勤続1年」の差は本来はほとんどないのですが、それでもゴール手前で止まった人より、確実にゴールラインを切った人の方が信用できるという点でも「勤続1年」を達成した人の方が、信用できると考えていいでしょう。(キャッシング審査でも、普通の職場での人材評価としても)

同じ勤続年数でも、勤務先の安定度によって変わる

さらに、同じ年収・同じ勤続年数という条件だったとしても勤務先がどれだけ安定した職場であるかどうかによっても、また審査の通りやすさが変わります。たとえば、

  • 芸術系・新興IT系…低評価
  • 官公庁・製造業系…高評価

…という風です。もちろん、たとえば製造業でも「トヨタ自動車」と、どこかのいつ倒産するかわからないような町工場では、当然評価が変わります。なので、一概に業界・ジャンルで評価できるわけではありませんが、要は業界も含め「その勤務先の安定感」を審査する、ということです。

特にアルバイト・パート・フリーターの方でも「官公庁に勤務している」というのは強いです。民間企業と違って、そうそうリストラなどをすることはありませんし、もちろん職場自体の倒産もありません。また、体調が悪化したなどの理由で仕事ができなくなった場合でも、ある程度まではお給料や勤続を保証してもらえるなど、官公庁の勤務はアルバイト・パートでも、かなり優遇されています。

というように、「安定した職場」についていれば、勤続年数や年収などの条件が同じだったとしても、20万円のキャッシング審査に通りやすくなる…、あるいは「もっと大きい金額も借りやすくなる」ということなのです。

20万円借りると、1ヶ月の利息はいくらになるのか

もし20万円を無事にキャッシングできたら、今度は「返済」が重要になります。登山は、山頂に登った後、下山という仕事があるわけですが、それと同じで「キャッシング審査に通過したら、今度は返済が待っている」ということです。

で、20万円を借り入れした場合の利息がいくらかを知っておく必要があります。消費者金融・銀行カードローンごとに整理すると、

  • 消費者金融…3000円
  • 銀行カードローン…2400円

…となります。多少10円単位などで違うことはありますが、大体この金額です。ちなみに、クレジットカードの場合は、

  • キャッシング枠…3000円
  • ショッピング枠…2400円

となっています。キャッシング枠は消費者金融と同じ、ショッピング枠は銀行カードローンと同じという金利・利息なんですね。(ショッピング枠の方が低金利なのは、加盟店に利益をもたらすために、クレジット会社がショッピング枠を重視しているからです)

ということで、20万円を借りた場合の1ヶ月の利息は上のようになります。これを知っているだけでも「借り過ぎ」や「返済ペースの遅れ」はなくなるので、これはぜひ覚えておいてください。

必ず返済シミュレーションをしてから借りよう

これは20万円を借りる場合だけではありませんが、「今すぐ借りたい!」と焦っている場合でも、返済シミュレーションは必ずするようにしましょう。

  • 「月々いくら」払うと、
  • 「どのくらいの期間」で完済できて、
  • 「最終的に支払う利子総額」はいくらになるのか

…ということを、必ずチェックする、ということです。返済シミュレーションは大手の消費者金融・銀行カードローンなら公式サイトに設置されているので、それを利用するようにしましょう。

個人サイトで提供されているものでもいいのですが、「自分が借り入れすると決めた業者・銀行」の方が、計算式が、そこの金利で設定されているという点で、より信用できます。また「月々の最低支払金額」は、業者・銀行によって多少違うので、特に最低支払額で返済していく予定の人は「必ず借りる予定の業者・銀行で」返済シミュレーションするようにしましょう。

まとめ「今すぐ20万円を借りたい場合」

以上「今すぐに20万円をキャッシングしたい!」という人のために、必要な情報をまとめました。特に重要な点をまとめると、

  • 20万円借りるには、月収8万円はあった方がいい
  • 月収5万円でもギリギリ借りられるが、かなり厳しい
  • 同じ月収でも勤続年数・勤務先の安定度などによって変わる
  • 勤続年数が長い人などは、低年収でも20万円借りられる
  • 会社員・OL・公務員などは、大抵20万円キャッシングできる
  • 20万円を1ヶ月借りた時の利息は、
  • 消費者金融は3000円、銀行カードローンは2400円である

…という風です。20万円という金額が決まっている人も、そうでない人も、参考にしていただけたら幸いです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP