実質年率15%のキャッシングでは、利息・利子はいくらになるのか?

実質年率15%のキャッシングでは、利息・利子はいくらになるのか?

実質年率15%だと、利息はいくらになるのか。たとえば「1ヶ月借りる」場合、借入金額によって、下のようになります。

  • 1万円…120円
  • 5万円…600円
  • 10万円…1200円
  • 30万円…3600円
  • 50万円…6000円
  • 100万円…1万2000円

…という風です。要は「1万円で、120円」で、あとはそれを掛け算するだけです。

「年率15%」というのは、銀行カードローンのほぼ平均的な金利。逆に消費者金融で平均的な金利は「年率18%」です。こちらは「1万円を1ヶ月借りて、150円」となっています。つまり「1万円あたり、30円の利息差」ですね。

「意外と小さい」と思うかも知れません。実際「少額の借り入れ」だったら、確かに小さいのです。当たり前ですが、金利差というのは「借入総額が大きいほど、重くのしかかる」ものです。

金額が大きいほど、消費者金融との差は大きくなる

「1万円」では「1ヶ月に30円」の利息差しかありませんでした。では、もっと金額が増えるとどうなっていくか。一覧にすると下の通りです。

  • 10万円…300円の差
  • 30万円…900円の差
  • 50万円…1500円の差
  • 80万円…2400円の差
  • 100万円…3000円の差

という風に、どんどん広がっていきます。そしてこれは「1ヶ月」の場合なので、「年間」に直すと下のようになります(あくまで単純計算ですが)。

  • 10万円…3600円
  • 30万円…1万800円
  • 50万円…1万8000円(上と似ているけど、注意)
  • 80万円…2万8800円
  • 100万円…3万6000円

…という風です。「1ヶ月」だと差が実感できませんが、年間にすると、かなり大きな差というのがわかるでしょう。

逆に言えば「1ヶ月で完済してしまえば、消費者金融を銀行カードローンと比較しても「それほど高くない」ということなんですね。早期返済は、低利息で借りるための鉄則ですが、それはこのように利息のシミュレーションからもわかるわけです。

早期返済するためのポイント・コツ

キャッシングの早期返済をするためには、ポイント・コツがあります。箇条書きすると、

  • 臨時収入があったら、とにかく「すぐに、全部」返済に回す
  • 手数料が多少かかってもいいので、ATMからすぐ振り込む
  • ↑(もちろん、かからないのが理想)
  • 日払いのアルバイトなどをして、臨時収入を増やす
  • 不要品をガンガン売る。部屋を整理する
  • ↑(部屋を整理すると「買ってもほとんど使わなかったもの」を捨てることが多く、物欲が衰える)

…という風です。コツというより心構えに近いかも知れませんが、これを意識していると、かなり早いペースで借金が減っていきます。

手数料がかかっても、臨時返済をした方がいい?

これは、キャッシングの知識がある人の間でも意見が割れる所です。もちろん、

  • いくら返済するのか
  • 手数料がいくらなのか(100円か、300円か)

という条件によって違いますが、私は「3000円の返済で、100円の手数料」だったら臨時返済してしまっていい、と考えています。理由は、

  • とにかく「完済」がいつも頭の中にあるようにする
  • 人間の体は、潜在意識でかなり支配されているので、
  • 「いつも念じていること」は実現しやすい(オカルトではなく)
  • ↑(「思考は現実化する」というナポレオン・ヒルの有名な言葉の通り)

…というのが「精神的」な理由で、「物理的」な理由としては、

  • 人間は「一定回数繰り返したこと」は習慣になる
  • 特に「3週間継続したこと」は習慣になると言われている
  • 「3週間毎日返済」は当然できないが(日払いのアルバイトならできるが)、
  • 「3週間、一定間隔で返済」ならできる
  • そうして返済が習慣化したら、負担が小さくなる
  • 一度返済がスムーズになったら、そこから先は簡単

ということです。借金返済に限らず、どんなことでもそうですが、一番大変なのは最初の一時期なので、ここを乗り越えるためには、多少の手数料がかかってもいいので、早くこの世界(返済の世界)に慣れるということが肝心…というわけです。

青木雄二氏も「唯物論」を説いている

『ナニワ金融道』の作者である青木雄二氏は、このように「お金に強くなる態度・生き方」として「唯物論」を主張されていました(過去形なのは、もう亡くなってしまったからです)。唯物論とは、簡単に言うと人間は、物体であるという考え方です。順に追っていくと、

  1. 心とは「脳波」である
  2. 脳波は「脳」という物体から生まれる
  3. 故に、心も「物体」である

という考え方です(はしょって言うと)。

もちろん、これが正しいかどうかは賛否両論あります。脳科学の世界では、これは意識のハードプロブレムと呼ばれていて、「脳科学で一番難しい」(というより、そもそも脳科学で扱えるのかどうかも不明)というテーマになっています。

で、青木雄二氏の言われていたことは、

  • 「お金を稼ぐ習慣」にしても、
  • 「借金を返せない習慣」にしても、
  • どちらも所詮「自分という機械」が、
  • あらゆる「物理的な原因」によって、
  • 「そのように動作している」に過ぎない

ということです。ということは、

  • その「物理的な原因」を、
  • 一つ一つ「除去」していけば、
  • 借金の習慣はなくなり、貯金の習慣がつく
  • 人間は「物」なのだから、変わることは簡単だ

ということです。青木雄二氏の主張とは少々違う部分もあるかも知れませんが、唯物論自体を突き詰めると、こういう発想になります。

ちなみに、これは「人間機械論」とも言って、『トムソーヤの冒険』などの作者、マーク・トウェインの主張としても有名です。(『人間とは何か』など)

…と、脳科学や人生論の話が少々長くなりました。要するに私が多少手数料がかかっても、返済の習慣をつけた方がいいと考えるのは、こういう理由です。

  • 自分は「自分の意志」で動いているのではなく、
  • 90%が習慣で動いている、「ほとんど、ただの機械」なのだから、
  • その機械に「いいプログラミング」をするのがいい

…ということです。これは借金返済に限らず、人生のあらゆる場面の改善に、使える考え方でしょう。(もちろん「使える」と思ってくださった方だけ、使ってみてください。私ではなく、マーク・トウェインの主張です)

年率15%で借りられるキャッシングの種類は?

実質年率15%で借りられるキャッシングの種類―。これは、主だったものを一覧にすると下の通りです。

  • 銀行カードローン(正確には14.5%程度)
  • クレジットカードのショッピング
  • 消費者金融で「100万円以上」借りた場合
  • クレカのキャッシングで「100万円以上」借りた場合

…という風になっています。クレジットカードは、ショッピング枠とキャッシング枠で金利が違っていて、

  • ショッピング枠…実質年率15%
  • キャッシング枠…実質年率18%

というのが基本です(100万円未満の借り入れの場合)。この2つの金利はよく混同されていて、クレジットカードなら、年率15%でキャッシングできると勘違いされやすいですが、それはあくまで「買い物=ショッピング」の場合のみです。くれぐれも注意してください。

銀行カードローンの「15%」より安い借り入れ

銀行カードローンの15%(14.5%)という金利は「安い」とよく言われます。確かに、消費者金融やクレジットカードのキャッシングよりは大分安いですが、それでもろうきんカードローンと比較すると、少々高くなっています。

ろうきんカードローンとは、「労働金庫のカードローン」のことで、大体「4%~9%」程度の実質年率で借り入れできます。一番高くても9%程度なんですね。

つまり、銀行カードローンの3分の2~3分の1くらいの利息で済むのですが、金利だけ比較したら、「ろうきんカードローンの圧勝」というくらい、低金利になっています。

ろうきんカードローンは、審査基準が厳しい

ただ、低金利な借り入れは、審査基準が厳しいというのがキャッシングの世界の鉄則。ろうきんカードローンでは、下のような条件を満たした人しか借り入れできません。

  • 勤続1年
  • 年収150万円以上
  • 18才以上

…という条件です。18才以上という年齢条件については、まったく問題ありません(むしろ、未成年でも借りられるわけですから、消費者金融・銀行カードローンより借りやすいです)。

少々厳しいのは勤続1年・年収150万円以上という条件。特に年収の点で、フリーター・アルバイトの方などは、この条件を満たしにくいでしょう。

しかし、条件さえ満たしていれば「銀行カードローンよりはるかに低金利で借りられる」というのは、大きな魅力です。この労働金庫の条件を満たしている方は、ぜひろうきんカードローンでのキャッシングも、検討して見るといいでしょう。

まとめ「実質年率15%の時の利息」

以上「実質年率15%のキャッシングの利息」について、関連する知識や注意点などをまとめました。ポイントのみもう一度まとめると、

  • 1万円を1ヶ月借りた場合、「120円」の利息
  • あとは、借入金額に応じてこれを「掛け算」するだけ
  • 15%は銀行やクレカのショッピングの平均的な金利
  • 消費者金融やクレカのキャッシングは「18%」
  • 30万円くらいまでは、18%との利息差もあまりない
  • 高額・長期間の借り入れになるほど、金利差は大きくなる
  • 銀行よりろうきんカードローンの方がさらに低金利

…ということです。これから銀行カードローンなどでお金を借りようとしている方の、参考になれば幸いです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP