専業主婦がキャッシングの返済・支払いに遅れた時はどうすればいい?

専業主婦がキャッシングの返済・支払いに遅れた時はどうすればいい?

専業主婦がキャッシングの返済に遅れた時はどうすればいいか―。これは、専業主婦以外でも同じですが―。

  • まず、業者・銀行に電話連絡する
  • 「いつなら返済できるか」という「支払日」を約束する
  • その日までに、確実に返済する

こういうことになります。これをやるだけで、業者・銀行の印象は大分よくなるのです。

以下、このような「予定通り、キャッシングの返済ができない時」について書きます。

まず業者・銀行に相談するのが最重要

上にも書いた通り、最初に業者・銀行に連絡・相談するというのが一番重要です。会社の仕事でも「報連相」が命ですが、キャッシングの返済でもそれは同じなのです。連絡することで―。

  • 「申し訳ない」と思っていることを伝えられる
  • ↑(本心がどうかよりも、行動が重要)
  • 連絡することで、ブラックリスト入りを避けられる
  • 場合によっては「利息だけの返済」でもよくなる

などのメリットがあります。通常キャッシングの月々の支払いは「元金+利息」ですが、それが「利息だけ」になるんですね。

もちろん、その分元金が減っていくのが遅れるので、最終的な利子総額は多くなります。しかし、それでも―。

  • 「利息だけ」に負けてもらうことで、「予定通りの返済」という実績を残せる
  • クレジットスコアが高くなる

こういうメリットがあります。たとえ少額だろうと遅れずに返済した、ということはそれだけの価値があるわけです。

しかし、この「利息だけ返済」というのは「連絡しない限りは」できないもの。だから、遅れる時はまず何よりも「連絡する」というのが大事なのです。

ブラックリスト入りするかは「印象」も重要

キャッシングでブラックリスト入りするかどうかは、遅延日数などの「データ」も重要。たとえば61日~3ヶ月以上の遅延で、ブラックリスト入りするなどの条件です。

しかし、実はこうした「数字」だけですべて決まるわけではなく「印象」も重要なんですね。

  • この人は「態度が誠実」だったのでOK
  • この人は「態度が悪かった」ので、ブラック入り

こうした区別が、しばしばされているのです。これは決して「いいかげんな審査・分類」というわけではありません。消費者金融は50年近くの営業の経験から現場のスタッフが感じた印象と、実際の貸し倒れ率は比例するということを発見しているのです。

なので、むしろ「すべてを数字だけで判断する」というよりも「この方が正確」なのです。「合理的」というのは、すべてを「無機的にする」ことではなく「要は、一番結果が出るやり方にする」ことなのです。

少々余談になりますが、これはアメリカ海軍の「戦争時の艦長の選び方」でもわかります。アメリカ海軍の指揮官の選び方は徹底していて、「これまで、一度も軍艦を沈めたことがない人」というのが、絶対条件です。たとえそれが「本人と関係のない原因」であったとしても、一度でも沈めた人は、アウトなのです(運が悪い、ということですね)

世界最強のアメリカ海軍でも、このように人間的な、あまりに人間的な選抜方法をとっているのです。だから、キャッシングの審査でも「現場のスタッフさんが感じた印象」を重視するのは、合理的なことなんですね。

(さらに余談ですが「人間的な、あまりに人間的な」というのは、ニーチェの著作の1つで、よくパロディに用いられる言葉です)

専業主婦の場合は、自宅に電話がかかって来る?

専業主婦の方がキャッシングする場合―。

  • 自分はよく自宅にいる
  • 業者・銀行もそれを知っているので、督促電話は自宅にかかって来るのでは?

と思うことも多いようです。しかし専業主婦だろうと、他の職業・属性の人だろうと、自宅に督促電話がかかって来ることはまずないので、この点は安心して下さい。

そもそも、キャッシング業者や銀行カードローンがなぜ「自宅への催促の電話」をしないのかというと、「第三者に借金の事実を知らせてはいけない」というルールが、キャッシングの世界にはあるからです。貸金業法などの法律で決められているんですね。

家族はキャッシングの世界では「第三者」に分類されるので、たとえ家族であっても、借金がバレるリスクがある「自宅への督促電話」は、業者・銀行も「基本的にしないようにしている」のです。

それでも自宅にかける場合―。

  • 本人の携帯に何度かかけても出なかった
  • 電話には出るが、約束した再支払い日にも、連続で払わなかった

こうしたケースです。簡単に書くと下の通りです。

  • 電話に出なかった
  • 何度も遅延を重ねた

つまり普通に携帯で応答して、再支払い日に返済していれば、自宅に督促電話がくることはないということです。逆に言えば「自宅に催促されるようなことがあれば「相当危ない」と思ってください。

再支払い日を決めると、その日まで電話連絡はない

自分の携帯に督促電話が来た後、「いつなら払えます」という再支払い日を決めたら、その日までは、業者・銀行は一切電話連絡をしてはいけないという規則になっています。それぞれの業者・銀行の規則ではなく「貸金業法」などの「法律」の規則です。

ということでキャッシング業者や銀行カードローンは、下のようになっています。

  • 「顧客サービス」のためだけではなく、「法律を守るため」にも、「再支払い日」までは、絶対に連絡してこない

のです。なので、一度再支払い日を約束したら、それまでの期間は、督促の不安など、一切感じる必要はありません。

キャッシングの返済に遅延したらどうなるか?

上に書いたような注意点を守ったとしても、そもそも、返済すると自分にはどういう影響が出るのか。簡単に書くと下の通りです。

  • 「まったく遅延しなかった」場合、融資枠が増額されやすい
  • 「少しの遅延」だったら、増額されないか、されても少額になる
  • 「増額に影響がある」だけで、大きなトラブルはない
  • 「1週間以上の延滞」になると、その業者・銀行内では軽いブラックに入る
  • 「個人信用情報」に登録される遅延は「61日以上~3ヶ月以上」という日数
  • 一つの業者・銀行でブラック入りすると、グループ内でもブラックになる

(簡単と言いつつ、項目が多くなりましたが)

以下、それぞれの項目について、もう少し詳しく解説していきます。

個人信用情報に記録される延滞は「61日以上」から

キャッシングの延滞・滞納は、何日以上から個人信用情報に記録されるのか―。これは、CIC(シーアイシー)の場合公式サイトで「61日~3ヶ月以上」と明記しています。

個人信用情報機関には―。

  • CIC(シーアイシー)
  • JICC(日本信用情報機構)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

の3つがあり、CIC(シーアイシー)はクレジットカード・信販系の情報を中心に、個人信用情報を扱っています。JICCは消費者金融系、KSCは銀行系…という区分です。

ただ、最近はこの区分も徐々になくなっていて、CIC(シーアイシー)でも消費者金融系・銀行カードローン系の信用情報が蓄積されています。

このように、要するにキャッシングするなら、ほぼ全員CICに関係があるわけですが、そのCICの日数が「61日以上」となっているわけです。ということで、これが「個人信用情報機関すべてで、大体共通の、ブラックリストに登録される遅延日数」と考えていいでしょう。

同じグループ内でのブラックリスト入りについて

長期遅延をした業者・銀行の中でブラックリスト入りする…というのは「社内ブラック」と呼ばれます。そして、これが発展してといいまlass=”bg_blue”>系列の業者・銀行でもすべてブラックリスト入りすることを「グループブラック」

  • 新生銀行系…レイク・ノーローン・アプラス
  • 三井住友フィナンシャルグループ…三井住友カード・モビット・プロミス
  • 三菱東京UFJ銀行系…バンクイック・アコム・三菱UFJニコス

これらの中の「どれか1つでブラックリスト入りすると、グループ全体で、今後の借入審査に通りにくくなる…ということですね。

逆に言えば良好な返済実績を残した場合は、逆にグループ全体で審査に通りやすくなるということです。物事は何でも「人間万事塞翁が馬」ですが、「グループ内で借入実績が共有されている」ということも「悪い面もあれば、良い面もある」ということなんですね。

遅れずに返済を続ければ、融資枠が増額されやすい

当然ですが、遅れずに返済を続けている人は「この人は信用できる」と業者・銀行から思ってもらえます。そして「この人ならもっと融資してもいいと、「借入限度額を増やしてもらえる」ということもあるのです。

もちろん「遅れずに返済していれば、必ずそうなる」とは限りません。そもそもの年収が少ない・職業が不安定という場合、遅延がなくても増額できないということもあります。ただ、「遅延した人」よりは「一度も遅れていない」人の方が、断然増額されやすい…というのは確かです。

ということで「将来的に、もっと大きな融資枠をもらいたい」と思っている人がいたら、そうした人は特に延滞・滞納をせずに返済した方がいい…、といえるでしょう(もちろん、誰でも延滞・滞納しない方がいいのは当たり前ですが)。

まとめ「専業主婦が返済で遅延しそうな時」

以上、専業主婦のキャッシングで返済に延滞してしまいそうな時にすべきこと…などをまとめました。再度重要な点をまとめると、下のようになります。

  • 遅れることがわかったら、必ず事前連絡する
  • 事前連絡した「再支払い日」までは、督促は一切来ない
  • 延滞した場合の督促電話は、自分の携帯にしか来ない
  • ↑(自宅の電話にはかかって来ない)
  • 遅延の日数は、61日~3ヶ月以上で、ブラックリスト入り

専業主婦の方に限らず、キャッシングする場合は大体共通のルールですが、参考になれば幸いです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP