専業主婦のキャッシングでおすすめの返済方法 ~銀行のネットバンキングなど~

専業主婦のキャッシングでおすすめの返済方法 ~銀行のネットバンキングなど~

専業主婦がキャッシングする時、おすすめの返済方法―。専業主婦がお金を借りる先は基本的に「銀行カードローン」なので、ネットバンキングがおすすめです。理由は下の通りです。

  • 手数料がかからない
  • パソコンでもスマホでも、好きなときに返済できる

ネットバンキングにまだ登録していない人は、普段使っている銀行がネットバンキングを提供しているはずなので、それで申し込むといいでしょう。借金返済以外でも何かと便利なので、ネットバンキングは登録しておくべきです。

銀行カードローンの返済方法は、手数料なしが基本

消費者金融と違い、銀行カードローンでお金を借りる場合は「返済の手数料はかからない」というのが基本です。これもポイントをまとめると、下のようになります。

  • 消費者金融は「自社ATM」だったら無料
  • しかし、コンビニ・銀行の提携ATMは、ほとんど有料
  • 例外は、プロミス・モビットの「三井住友銀行」など

一方銀行カードローンの提携ATM利用については下の通りです。

  • 自行のATMは当然無料
  • 他の銀行の提携ATMも、無料のことがある
  • 特に「ネット系の銀行」は、他の銀行の提携ATMが無料

更に詳しく解説します。

ネット系の銀行は、他の銀行でも無料になる

ネット系の銀行というのは、たとえば下のような銀行です。

  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)
  • ソニー銀行カードローン
  • オリックス銀行カードローン

このようなものですね。そして、これらの銀行カードローンは、下のようになっています。

  • コンビニの提携ATMは全部無料
  • 三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行などのメガバンクも無料
  • その他、西日本シティ銀行など一部の地方銀行も無料

このようになっています。

  • コンビニ
  • メガバンク

の提携ATMが全部無料であれば返済の提携ATMを探すのに困ることはないといえるでしょう。

ネット系の銀行カードローンが、無料提携ATMの多い理由

三井住友銀行などの都市銀行より、ネット系の銀行カードローンの方が、無料の提携ATMが多い理由―。これは、下の通りです。

  • そもそも、ネット系の銀行は「店舗」や「提携ATM」がない
  • つまり、カードローンだろうと、通常の預貯金業務だろうと、最初から「他の銀行の提携ATM」を頼らないといけない
  • だから、日頃から「他の銀行の提携ATMが無料」で使えるようになっている
  • カードローンでも、それが応用されている

つまり自行のATMがないから、他行のを使えるようにせざるを得ないということですね。

逆に三菱東京UFJ銀行など「自行の店舗・提携ATMがある」場合―。

  • わざわざ他の銀行の提携ATMに頼らなくてもいい
  • 提携ATMの利用手数料が、自行に集まる方がいい

このように他の銀行の提携ATMは使えないようにした方が、むしろ都合がいいのです。だから、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行などの都市銀行のカードローンほど、「他の銀行の提携ATMが使えない」ようになっています。

基本的に「日頃使っている銀行」で借りる方がいい

上のように書くと、楽天銀行などの「ネット系の銀行カードローン」で借りたほうがいい…と思われるかも知れません。しかし、基本的には、日頃自分が使っている銀行のカードローンで借りた方がいいといえます。理由は下の通りです。

  • 審査に通りやすい
  • 家族バレしにくい
  • 手数料の話も関係ない
  • よく提携ATMに行くので、自然と返済が進む

特に専業主婦のキャッシングの場合夫・旦那や家族にバレないというのは大事な要素なので、2番目が大きなメリットです。

日頃使っている銀行だと家族バレしない理由

なぜ、日頃使っている銀行のカードローンで借りると、家族バレしないのか。理由をまとめると、下のようになります。

  • 審査後、ローンカードの郵送がなしでOK(なことが多い)
  • ↑(今持っているキャッシュカードに「カードローン機能」をつけてくれる)
  • 仮に郵送されるにしても「いつも、その銀行から郵便物が届いている」ので、家族や夫・旦那も、怪しいとは思わない
  • 返済のために提携ATMに行っても、全然不自然さがない
  • 万が一遅延・延滞して、督促の電話やハガキが来てもバレにくい

2番目の「カードローン機能をつけてくれる」というのは、キャッシュカード兼用型というものです。つまり―。

  1. いつも使っているキャッシュカードを、普通にATM・提携ATMに差し込むだけ
  2. そこで出てくるメニューが、いつもと違って、「カードローン」のメニューもある
  3. あとは、それを選んで借入・返済などの内容を選ぶ

銀行の方で「システム」をいじって「山田花子さんは、カードローン機能も使えるようにしよう」と設定してくれるわけですね。

なので、下のようになります。

  • 見た目も完全に「いつものキャッシュカード」ですし、一番家族バレの原因になる「郵送」がない

こういうことで、日頃使っている銀行で申し込むというのが、家族に内緒で借りる上では、一番合理的なのです。

返済方式は、基本的にリボ払いしか選べない

カードローンの返済方式は、銀行でも消費者金融でも基本的に「リボ払いが一般的」です。リボ払いというのは、下のように言えるからです。

  • 「毎月2万円」などの「一定金額」だけを返せばいい
  • 返した後、枠が空いた分をまた借りてもいい
  • 借入残高がどれだけあっても「毎月2万円」などの定額を返済する

他の返済方式と何が違うかというと、下の通りです。

  • 一括返済…借りた分は、かならず翌月全部払う
  • 分割返済…決められた分割金額を、必ず毎月払う

一括返済はわかるでしょうが、分割返済とリボ払いの違いが、少々わかりづらいでしょう。これを説明します。

分割返済とリボ払いの違いは?

たとえば分割返済で「10万円を、5回で返済」するとします。「毎月2万円」の返済ですね。

そして、これは一度決めたら「絶対固定」です。その後―。

  1. 追加で「20万円」を借りた
  2. これは分割で「月4万円ずつ」返すことにした

となったら「2万円」+「4万円」で、「毎月6万円」を返済するわけです。もしこれが「リボ払い」なら―。

  1. 追加で「20万円」を借りた
  2. 借入残高が「30万円」になった
  3. でも、リボ払いは「借入残高がいくらだろうと、関係ない」
  4. よって、月々の支払いは、今まで通り「月2万円」だけ

という風になります。これでわかると思いますがリボ払いの方が月々の負担は小さい分、返済が遅くなるわけですね。そして、返済が遅くなるということは、当然最終的に支払う利子総額が大きくなるということです。

なので、本当はリボ払いにしない方がいいのです。ただ、リボ払いはキャッシングでは一番一般的な返済方式ですから、消費者金融で借りても銀行カードローンで借りても、最初に設定されている返済方式は、リボ払いというのが普通です。

「知らぬ間リボ」に注意する

知らぬ間リボというのは、名前の通り「知らない間に、勝手にリボ払いになっていたというもの。これはキャッシングだけでなく、クレジットカードの買い物でも何でもあります。知らぬ間リボになる理由は下の通りです。

  • 最初から「リボ払い専用カード」だった
  • 自分で設定しない限り「リボ払い以外は選べない」カードだった

このようなもの。特に最近は発行時にポイントがたくさんつく代わりに、リボ払いでの返済しかできないというクレジットカードも増えています。銀行カードローンではこれはめったにありませんが、クレジットカードではよくあるので注意してください。

まとめ「専業主婦におすすめの返済方法」

以上、専業主婦のキャッシングでおすすめの返済方法をまとめると、下のようになります。

  • 銀行で借りることが多いので、オンラインバンキングがおすすめ
  • オンラインバンキングにまだ登録していなければ、登録した方がいい
  • 消費者金融で借りる場合、自社ATMなら無料なので、自社ATMを使うようにする
  • ↑(無収入の専業主婦では借入不可だが、パートをしていれば借りられる)
  • キャッシングの返済方式は、リボ払い以外は基本的に選べない

最終的にはネットバンキングだろうと提携ATMだろうと、臨時収入をできるだけ得て、早期完済するというのが一番です。早く返済すれば、キャッシングの利息というのは全然大した金額ではないので、まず早期返済を最重視してください。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP