キャッシュカード一体型のローンカードで、キャッシングするメリット

キャッシュカード一体型のローンカードで、キャッシングするメリット

銀行カードローンでお金を借りる場合、ローンカードをわざわざ発行しなくても、キャッシュカードでそのままお金を借りることができるというメリットがあります。全ての銀行カードローンがそうではありませんが、

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • ソニー銀行

…などは、そのようなシステムでキャッシングを利用できるようになっています。こうしたタイプのローンカードを、

  • キャッシュカード兼用型
  • キャッシュカード一体型

などと呼びますが、以下、こうした兼用型・一体型の銀行カードローンのキャッシュカードについて、メリットなどをまとめていきます。

キャッシュカード一体型の仕組み

ます、こうしたキャッシュカード兼用型のローンカードの仕組みを箇条書きすると、

  • 普段使っている、まったく普通のキャッシュカードである
  • もともとは、それにキャッシングの機能はついていない
  • しかし、キャッシング審査を受けた後、無事に審査通過すると、
  • そのキャッシュカードに「カードローンの機能」が追加される

…という風です。あとはこのキャッシュカードを、コンビニ・銀行ATMに挿入すれば、それでカードローンのメニューが出てくるということですね。もちろんカードローンのメニューだけではなく、通常の預貯金のメニューも出てきます。

で、あとは通常のローンカードと同じように、それで借入・返済の操作をするだけです。これがキャッシュカード一体型の、ローンカードの仕組みです。

キャッシュカード兼用型のメリット

では、このようなキャッシュカード一体型のローンカードは、どのようなメリットがあるのか。箇条書きすると、

  • 自宅への郵送がないので、家族バレしにくい
  • 審査通過したら、すぐに利用できる
  • 何枚もカードを持ち歩かなくていい
  • カードを家族に見られても、キャッシングがバレない
  • 「自動貸越・自動振替」などのサービスがある

…という風です。以下、詳しくまとめていきます。

自宅への郵送がないので、家族バレのリスクが少ない

まず第一のメリットは家族バレしにくいということ。通常だと、キャッシングでは「専用のローンカード」が自宅に郵送されてくるのえdすが、それがごく稀に、家族バレの原因になることがあります。

もちろん、自宅に郵送されるくらいでは、そう簡単に家族バレはしませんが、何にせよ、家族バレのリスクが多少増えることは確かです。

なので、そうした自宅へのローンカードの郵送はない方がいいわけですね。キャッシュカード一体型なら、ここまで書いてきた通り、自宅に郵送されるものは何もないので、断然家族バレしにくくなる…ということです。

なので、特に家族に内緒でキャッシングしたいという人にとって、このような兼用型・一体型で借りられる、みずほ銀行・三井住友銀行・ソニー銀行などの銀行カードローンは、非常に便利と言えるでしょう。

審査完了した後、すぐにキャッシングできる

キャッシュカード一体型のローンカードは、当然ですが手元に、すでにキャッシュカードがあるわけです。で、それがそのまま使えるので、「審査通過したら、そのまますぐにキャッシングできるようになる」わけですね。

通常だったら、

  • ローンカードが自宅に郵送されてくるのを待つ、か
  • ローン契約機・自動契約機で、自分で発行する

…のどちらかになります。後者のローン契約機で発行する方法だったら、即日発行が可能ですが、それでも「ローン契約機まで出かける」という時間・手間は必要になります。

その点、キャッシュカード兼用型だったら、

  • どこにも出かけることなく、
  • 自分では何の作業もすることなく、

「そのまますぐに」キャッシングできるようになるわけです。もちろん、ATMで借り入れする場合は、最低限コンビニか銀行まで出かける必要はありますが、それでももっとも労力が少ない借入方法なのは間違いないでしょう。

複数のカードを持ち歩かなくていい

もう一つのキャッシュカード一体型のメリットは多数のカードを、携帯しなくていいということ。財布の中にありとあらゆるカードが入って、もうパンパンになっている…という人は多いでしょう。(私もですが)

通常の「キャッシュカードとは別のローンカード」が発行されると、持ち歩く場合、それでカードが2枚になってしまうわけです。しかし、キャッシュカード兼用型だったら、当然そうしたデメリットがありません。

こうして財布の中がスッキリすると、現金の管理も自然としやすくなり、金銭感覚が正しくなるというメリットもあります。昔、『稼ぐ人は、なぜ長財布を使うのか』というベストセラーもありましたが、あれも同じことを言っています。

  • 長財布だと、お札の様子がよく見える
  • 自分の手持ちのお金の状態が、把握できる
  • 常に自分のお金の状況がわかるということは、
  • どれだけ「増減しているか」もわかる、ということ
  • 「増減」の把握は、そのまま「収支」の把握につながる
  • 「収支」の把握は、そのまま「金銭感覚」につながる

…ということです。なので、キャッシュカード兼用型によって持ち歩くカードの枚数が減るということは、金銭感覚をスマートにするという点でも、プラスになるわけですね。

家族にカードを見られても問題なし

キャッシングを利用していて、家族バレする原因の1つとして利用しているローンカードを見られるというものがあります。ローンカードは、見た目ですぐに「キャッシング用のカード」とわかるデザインにはなっていませんが、それでも「キャッシュカードでも、クレジットカードでもない」ことはすぐわかります。

(クレジットカードだったら、VISA・Master・JCBなどのマークがつくはずですからね)

というように、通常のローンカードを持っていると、家族バレのリスクがあるわけですが、キャッシュカード一体型だったら、こうしたデメリットも解消される…ということなんですね。

なので「自宅への郵送がない」ということと並んで、これもキャッシュカード一体型の「家族バレを防ぐメリット」と言えるでしょう。

「自動貸越・自動振替」のシステムがある

このメリットは、他のメリットとは少々タイプが違うので、独立させて説明します。簡単に書くと、

  • 自動貸越…口座引落のお金が足りない時、自動的に融資してくれる
  • 自動振替…余分に返済した時、それを貯金に回してくれる

…という風です。これだけだと、どういうことかわからないと思うので、詳しく説明します。

「自動貸越サービス」とは?

自動貸越サービスというのは、内容を箇条書きすると、

  • 公共料金などの「毎月の口座引落」で、
  • 引き落とすお金が足りなかった」という時、
  • その銀行カードローンからの限度枠にまだ余裕があった場合、
  • その融資枠の範囲内で、足りないお金を融資してくれる

…というシステムです。具体的に金額を出すと、

  • 電気料金で、5000円引き落とすはずだった
  • しかし、口座には1円もなかった
  • こういう時、通常だと「引落し失敗」となる
  • しかし、たとえばそれが「三井住友銀行」だとする
  • そして、三井住友銀行カードローンでの借入枠に、
  • あと「5万円」余裕がある
  • この「5万円」の中から、足りない5000円を融資してくれる

…というものです。ここでは例として三井住友銀行を出しましたが、他にもいくつかの銀行カードローンが、この自動貸越サービスを採用しています。

自動貸越サービスのデメリット・注意点

この自動貸越サービスは非常に便利なサービスですが、デメリット・注意点もあります。それは、金銭感覚がなくなるので、ついつい借りすぎるということ。

通常だったら、ここで電気料金の引き落としができず、自分の収支・お金のやりくりについて反省するところです。そして、現実に電気代を払わないと行けないので、何らかの方法でお金を用意して、「これ以上の借金」はしないで済むようにするでしょう。

しかし、自動貸越サービスを利用していると、そういう当たり前の習慣がなくなってしまうんですね。ありとあらゆる支払いで、そうやって「銀行カードローンが、自動的になんとかしてくれる」と思うと、人間は苦労してお金を用意するということをしなくなるのです。

ということで、金銭感覚がルーズな人、あるいは自立心があまりない人がこのサービスを利用すると、デメリットも多いわけですね。もちろん、これは自動貸越サービス自体が悪いわけではなく、どんなサービスでも、使う人次第なのです。

  • 自動車…スピードを出しすぎれば、事故る
  • 包丁…下手な使い方をしたら、指を切る
  • お酒…飲み過ぎたら体を壊す
  • 水…同じく、飲み過ぎたら危険(そういう拷問もあった)

…ということです。人類にとってもっとも自然かつ安全な「水」という飲食物であっても、「使い方によっては危険」なのです。

なので、上のように自動貸越サービスのデメリットを書きましたが、、これは最終的には使う人の問題であって、サービスの内容自体は、まったく問題ないわけです。これはキャッシングというサービス自体にも言えることなので、よく意識しておいて下さい。

自動振替サービスとは?

続いて「自動振替サービス」ですが、これも内容を箇条書きすると、

  • 銀行カードローンの借入残高が「3万5000円」とする
  • 手元に「4万円」しかないとする
  • いちいちお札を崩して来るのは面倒

…という場面はよくあるでしょう(キャッシングしたことがない人はわからないかも知れませんが、よくあります)。で、そういう時、

  • 自動振替サービスがある銀行カードローンだったら、
  • そのまま「4万円」返済すればいい
  • 余分な「5000円」は「その銀行の口座に入金」してくれる

…というシステムです。つまり、この銀行カードローンが「みずほ銀行カードローン」だったらみずほ銀行の口座に、その5000円を貯金してくれるということですね。

もちろん、これを利用するためにはその銀行の口座を持っている必要があります。三井住友銀行カードローンなどは、「融資自体は、口座なしでもOK」という条件ですが、こうしたサービスを利用したいのであれば、即日借入をした後でもいいので、口座開設をしておくといいでしょう。

(いいでしょうというより、しないと利用できないのですが)

自動振替サービスのデメリット・注意点は?

これは、特にありません。自動貸越サービスと違って、自動振替サービスは返済を促進するためのサービスなので、返済が進んで悪いことなどないのです。

さっきの「自動貸越サービス」は「借り入れを促進するサービス」だから、使い方に注意する必要があったわけですね。キャッシングというサービスの難しいところですが、基本的に、

  • 借り入れ…危険
  • 返済…安全

…というのが鉄則なのです。もちろん、借り入れも「計画的に」やっていればまったく問題ありません。誰でもわかっていることだとは思いますが要は、借り過ぎないようにということですね。

通常のローンカードのメリットは?

ここまでは、キャッシュカード一体型のローンカードのメリットについて書いてきました。では、こうした兼用型ではない「普通のローンカード」のメリットはあるのか―。これは結論を言うと、特にありません。

強いて言うなら、

  • キャッシュカード兼用型は「その口座を持っていなければいけない」
  • だから「口座なしで即日借入」することができない
  • また、キャッシュカード一体型自体、
  • 提供している銀行カードローンが限られている
  • つまり、一体型にこだわると「選択肢が狭まる」

…ということでしょう。簡単に言うと借りる銀行カードローンの選択肢が狭まるということです。逆に言えば、

  • 三井住友銀行・みずほ銀行・ソニー銀行など、
  • 「キャッシュカード一体型」が使える銀行カードローンで、
  • すでに通常のキャッシュカードを発行している場合、
  • 何もデメリットはない

…ということです。

みずほ銀行だけは、土日借入できないので注意

唯一注意する必要があるのは、上に書いた3つの銀行カードローンの中でみずほ銀行カードローンだけは、土日キャッシングができないということ。すでに審査に通った後なら、土日・祝日でも借入・返済はできるのですが、「土日・祝日に即日審査することはできない」ということです。

これはみずほ銀行カードローンだけでなく、

  • 横浜銀行カードローン
  • しずぎんカードローン

なども共通していますが、こうした「土日・祝日の当日審査はできない」という銀行カードローンはいくつかあるので、休日にお金を借りたいという人は、注意してください。

兼用型と通常型は、希望することもできる

みずほ銀行カードローンなどは、キャッシング審査に通った後、ローンカードのタイプを、

  • キャッシュカード兼用型、にするか
  • 通常のローンカード、にするか

を選択することができます。で、この時「通常のローンカード」を選ぶメリット・理由は何もないので、普通にキャッシュカード一体型を選んでおきましょう。

通常型を選んだ方がいい場合

ただ、唯一の例外として「通常のローンカード」を発行した方がいい場合もあります。家族と、キャッシュカードを共有しているという場合です。この場合、当然ですが「キャッシュカード一体型」にすると、家族がそのキャッシュカードを使った時、あなたがキャッシングを利用していることに気づいてしまう…という難点があります。

こうしたケースはあまりないとは思いますが、もし「キャッシュカードを家族で共用している」という人がいたら、ここは普通のローンカードにした方がいいと言えるでしょう。

まとめ「キャッシュカード一体型のローンカード」

以上、キャッシュカード兼用型のローンカードについて、そのメリットや仕組みなどをまとめてきました。最後に整理すると、

  • 通常のキャッシュカードで、そのままカードローンが利用できるようになる
  • 審査に通ったらすぐにキャッシングできるようになるので、スピード面でも便利
  • 見た目もただのキャッシュカードとまったく同じなので、家族バレのリスクもない
  • ローンカードが自宅に郵送されることもないので、やはり家族バレのリスクが下がる
  • 銀行カードローンによっては、「自動貸越・自動振替」などのサービスも使える

…となります。最後に書いた例外的なケースを除けば、キャッシュカード兼用型にはメリットしかないので、選択できる場合は、ぜひ選択するようにしましょう。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP