銀行カードローンの借り方は?身分証明書を提出するだけで基本OK!

銀行カードローンの借り方は?身分証明書を提出するだけで基本OK!

銀行カードローンの借り方は簡単で、基本的にはネット申込みするだけです。その他は、本人確認資料の提出にしても何にしても、難しいことは一切ありません。以下、ポイントをまとめると、下のようになります。

  • 郵送・来店などなしで、ネットのみで大丈夫
  • 自分の携帯への電話連絡はある
  • 勤務先への在籍確認もある
  • 三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行などは、郵送もなし
  • その他の銀行カードローンは「ローンカードの郵送」が基本的にある
  • ↑(ない銀行カードローンもある)

以下、詳しくまとめていきます。

来店や郵送なしで、ネット申込みのみで借りられる

銀行カードローンというと、審査が厳しいイメージがあるでしょうが、確かに若干厳しいです。ただ、あくまで「基準」が厳しいだけであり申込方法自体は非常に簡単です。上に書いた通り、ネット申込みだけで大丈夫です。

そもそも、申込方法は簡単な方が「審査する側も楽」ですからね。ネット申込みだったらその人の審査情報を、全部本人がタイピングして送ってくれるのだから、これほど便利な方法はないわけです。送信された時点で、自動的にデータベースが出来上がっていく…ということですからね。

というわけで、どの銀行カードローンで借りる場合も、少なくとも大手の銀行カードローンであれば、ネット申込みのシステムがしっかり整備されています。なので、来店や郵送などの審査は一切なしで、即日借入できる…ということです。

自分の携帯への連絡は来る

ただ、完全にネット審査だけというわけではありません。当然といえば当然ですが本人の携帯への電話確認は必ず来ます。これをやらなかったら、誰かがその人になりすまして申し込んでいる…という可能性もあるからです。

だから、自分の携帯への電話連絡だけは必ず来ますが、これは別に特に難しいものではありません。ただ「こういう申し込みを受けましたが、間違いありませんか?」という確認をされるだけです。実際の審査作業は、そこから始まっていくので、この時点で何か審査される…というようなことはありません。

(もちろん、電話口での態度があまりに悪かったりしたら、それは審査落ちの原因になりますが)。

勤務先への在籍確認もされる

そして、これは消費者金融の審査でも同じですが、職場への在籍確認の電話も当然されます。これもやらないと本当にその職場で働いているのかわからないからです。

ただ、この勤務先への在籍確認は「法的な義務」ではないので、省略されることもしばしばあります。たとえば、例を出すと下の通りです。

  • 申し込み者の信用度が高く、確認しなくても十分な場合
  • 土曜日・日曜日・祝日・夜間など「確認が取れない」事情がハッキリしている場合
  • ↑(やむを得ないと判断される場合)

こうしたケースです。これらの場合は、銀行カードローンでも消費者金融でも、在籍確認が省略される…ということはしばしばあります。

ただ、その省略される割合としては、当然銀行カードローンのほうが低くなります。低金利である以上、審査が厳しくなるので、当然ですね。

銀行カードローンの審査は、カードの郵送がある

銀行カードローンと消費者金融の審査の決定的な違いとして、審査完了した後、ローンカードが郵送されるかどうかという点があります。簡単に書くと下の通りです。

  • 消費者金融…郵送されない
  • 銀行カードローン…郵送される

なぜこのような違いが生まれるのかというと、下の通りです。

  • 消費者金融…「自動契約機」で発行できる
  • 銀行カードローン…「自動契約機」がない

逆に言えば銀行カードローンでも自動契約機がある銀行だったら、郵送でなくてもローンカードの発行ができる…ということですね。

なので、そのようなローン契約機を持っている―。

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 新生銀行カードローン レイク
  • 三井住友銀行カードローン

…の3つの銀行カードローンについては郵送でローンカードを受け取る必要がないというシステムになっているのです。

そもそも、ローンカードとは何か?

ローンカードというのは、要するに「キャッシュカード」のようなもの。これを使って、提携ATMで借入・返済する…ということです。提携ATMを使わないなら要らないのですが、基本的には提携ATMで借入・返済するのが一番便利なので、やはりあった方がいい…ということですね。

そして、そのローンカードを発行する方法ですが―。

  • 来店
  • 郵送
  • 自動契約機

…の3通りがあります。そして、この中の「自動契約機」を選べば、当然郵送されることはないのですが、銀行カードローンは、自動契約機がないところが多いということで、「郵送されることが多くなる」というわけなんですね。

銀行の店舗で審査を受けるなら、OK

もう一つの発行方法である「来店」も、もちろんありです。これはつまり銀行の店舗に直接行って、そこでキャッシング審査を受けるというもの
。自分の顔を相手に見られるという恥ずかしさはありますが、これだったら郵送でカードを受け取る必要はありません。

要は「家族バレをとるか、銀行員バレをとるか」ということですが、特に地元に知り合いもいなく、恥ずかしくない…というのであれば、店舗に行って契約するというのもありでしょう。

ローンカードが郵送されても、家族バレはない

ただ、補足しておくと、別に銀行カードローンからローンカードが郵送されてきたからといって、それで家族にキャッシングがバレるということはありません。理由は下の通りです。

  • 銀行名は書かれているが、「カードローン」とは書かれていない
  • 民間の会社と違い「銀行」なので、家族も特に怪しむことはない

このようなことです(正確に言うと、銀行ももちろん「民間の会社」ですが)。

そして、特に自分が日頃使っている銀行のカードローンであれば、怪しまれる確率はかなり低くなります。銀行からは定期的に郵便物が届きますが、その一つだろうと思ってもらえる…ということですね。

なので、ローンカードが郵送されてきても、別に家族バレが必ず起きる…というわけではありません。ただ、受け取る態度があまりに挙動不審だったりすると、それでキャッシングがバレるリスクがある…という点は注意してください。

(要は、うまく自然に受け取れば問題なし、ということです)

ローン契約機がなくても郵送なしの銀行カードローン

先に書いた通り、ローン契約機がある銀行カードローンの場合は、ローンカードが郵送されてくることはありません。しかし、もう1つローン契約機はないけど、ローンカードの郵送はないというパターンの銀行カードローンもあります。ポイントをまとめると、下のようになります。

  • すでにその銀行の口座を持っている場合―。
  • 当然「そこのキャッシュカード」を持っている
  • そのキャッシュカードが、「そのまま使える」ようになる
  • 「いつも使っている」キャッシュカードを、コンビニ・提携銀行のATMに差し込めば、今まではなかった「カードローンのメニュー」が、使えるようになっている

たとえばあなたの口座番号が「999-9999」だったとすると、審査に通った時点で、その銀行が「999の人は、カードローンのメニューも使えるようにする」という設定をしてくれた…ということです。要は「あちら側で、システムをいじった」ということですね。

そして、この場合は郵送も当然ないですしカードの見た目も、完全に今までどおりです。(何もいじってないわけですから)なので、普通のローンカードと違って、万が一家族にカードを見られても「なにこれ」と言われることはありません。

「キャッシュカード兼用型」を提供している銀行

このようなスタイルを「キャッシュカード兼用型」というのですが、このシステムでカード発行をしている銀行カードローンは、たとえばみずほ銀行などがあります。このシステムだと―。

  • すぐに使えるようになるので、即日借入しやすい
  • 家族バレのリスクがない

このような2通りのメリットがあります。なので、どの銀行カードローンで借りるか迷った場合は、基本的に自分が日頃使っている銀行を、最初に検討するということを意識してください。そして、その日頃使っている銀行のカードローンがいまいちだった(あるいは借りられなかった)という場合は、他の銀行カードローンで借りる…という選び方をおすすめします。

提出する書類は「身分確認資料」だけでOK

「借り方」という点では、提出書類も当然気になるでしょう。銀行カードローンのキャッシング審査で提出する書類は基本的に「身分証明書」だけでOKです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 個人番号カード

…などを出せばいい、ということですね。一般的に必要と思われてる「収入証明書」などは、なくてもOKなのです。

100万円~300万円までは、収入証明書なしでOK

銀行カードローンの審査では、借入金額が100万円~300万円に達するまでは、収入証明書なしで借入可能というルールになっています。ポイントをまとめると、下のようになります。

  • 三菱東京UFJ銀行…100万円以上
  • みずほ銀行…200万円以上
  • その他の銀行カードローン…300万円以上

これがボーダーラインになっています。これ以上の金額を借りる場合に限って、所得確認資料が必要になる…ということですね。なので、よほどの高額借り入れをするのでなければ、年収証明書も必要ないというわけです。

100万円以上の高額キャッシングは、基本的にできない

そして、基本的に100万円以上の高額借り入れをできる人というのはいません。理由は下の通りです。

  • キャッシングで借りられる金額は、「年収の5分の1~10分の1」が基本
  • 特に初めてのキャッシングの場合「10分の1」が多い
  • 100万円借りるには「年収1000万円」が必要

もちろん、これは「初めてのキャッシング」の場合であり、借入実績を積んだ後であれば、5分の1・3分の1と、借入枠が増えていくというシステムになっています。

なので、そのように借入実績を積んだ後だったら「年収の3分の1まで借りる」ことは簡単で、つまり「年収300万円あれば、100万円借りられる」ということ。このように「借入・返済の実績がある人」であれば、100万円のキャッシングはそれほど厳しくないのですが、初めてキャッシングで借りられることは、めったにないというわけです。

そして、そもそも借りられないということは、「収入証明書を提出する必要もない」ということ。なので、「銀行カードローンの審査で提出する書類は、身分証明書だけでOK」というわけなんですね。

自営業・個人事業主は、収入確認資料が必要

ただし、例外として職業・属性が自営業・個人事業主という場合があります。これは消費者金融のキャッシング審査の場合でも同じですが、こうした独立系の職業の場合は借入金額がに関わらず収入確認資料の提出が必須なのです。

理由は当然「職業自体が不安定なので、できるだけ収入を確認したい」ということですが、もう一つそもそも、本当の個人事業主なのかわからないという点があります。

これは自営業・個人事業主の方ならよくわかっているでしょうが、自営業・個人事業主というのは「名乗るだけなら誰でもできる」もの。開業届など、A4一枚の簡単な書類(慣れれば5分で書ける)を、税務署に提出すればそれでOKなのです。

会社経営者のように「法人化」している場合は、合同会社で7万円、株式会社で23万円程度出す必要があるので、誰でもすることはできません。また、手続きも最短で2週間程度はかかります。

このように法人化している場合は「誰でも名乗れる」ということはないのですが、個人事業主の場合は、完全に「誰でも名乗れる」のです。なので、「実際に稼いでいる証拠」がなければ「仕事をしているとは、認められない」ということなんですね。

会社員・OL・公務員の方々の場合「勤務している」ことさえわかれば「働いている」といえるのですが、自営業・個人事業主の場合「稼いでいる」ことが「働いていることの証拠」なのです。

これはなかなか示唆的ですね。つまり、自営業・個人事業主として独立した時点で―。

  • 「どれだけ働いた」ということには意味がなく、「どれだけ稼いだか」で、基本的に判断される

もちろんあくまで「基本的に」というだけで、「お金がすべて」と言っているわけではありません。

銀行カードローンで在籍確認の代替措置はある?

勤務先への在籍確認の電話をどうしてもしてほしくない場合、銀行カードローンの審査でも「在籍確認の代替措置」をとることはできるのか―。これは、できません。

在籍確認の代替措置というのは、プロミス・モビットが「特別に」提供しているものです。プロミス・モビットでも「一定条件を満たした人」しかできないものであり、誰でも代替措置をとれるわけではありません。

消費者金融でもそのように「例外的な処置」なので、消費者金融より審査が厳しい銀行カードローンでは、在籍確認の代替措置は基本的にない…ということです。ただ、先に書いた通り「省略される」ことはたまにあります。

なぜ、在籍確認がそらされるのか

なぜ銀行カードローンのキャッシング審査で会社への在籍確認が省略されるのか―。これは上にも書いてきましたが、あらためてポイントを整理すると、下のようになります。

  • 在籍確認は「法的に義務付けられている」わけではない
  • あくまで「返済能力調査義務」の一環である
  • ということは「返済能力」さえわかればいい

これが前提です。

  • 明らかに「返済能力が高い」人や、返済能力は普通でも「借入金額が小さい」人なら、「問題なく返済できる」ことはわかっている

このようなわけですね。なので、こういう場合は銀行カードローンの判断で、在籍確認を省略することがある…というわけです。あくまで「そういうこともある」という話ですが。

「やむを得ない事情」がある場合も、省略されやすい

「信用度が高い」というのはもちろん必須ですが、これに加えて在籍確認を回避するやむを得ない事情があるというのも、省略されやすいケースの一つとなっています。やむを得ない事情というのは、たとえば、例を出すと下の通りです。

  • 勤務先が閉まっている日時である(土曜日・日曜日・祝日・夜間など)
  • 勤務先が「外部からの個人的な電話」を受け付けていない
  • 勤務先が「金融機関」である

このような内容ですね。「職場が閉まっている」というのは簡単にわかるでしょう。閉店後・終業後であれば、誰でも在籍確認の電話に出ることができませんからね。

「外部からの私用電話を受け付けていない」というケースについては、これはその人の個人申告なので、「本当かどうか」はわかりません。(そんな社内ルールは、公表されているわけがないですからね)

なので、この理由で在籍確認が省略されるかどうかは、その人の信用度によります。

  • 信用度が高い人…信じてもらえる
  • 信用度が低い人…「他で借りて下さい」と言われる

別に銀行カードローンは「慈善事業」でやっているわけではなく、あくまで投資・ビジネスとしてやっているわけですからかなりの確率で返済できるとわかる人でなければ、融資はしてくれないのです(私達が株や国債を買うのと、まったく同じです)。

金融機関勤務の場合、省略されやすい

例外的なケースとしては金融機関に勤務しているというものがあります。金融機関というのは、下のように言えるからです。

  • 銀行
  • 信用金庫
  • 労働金庫
  • 信用組合

こういった「割と公的な」組織に加えて―。

  • 消費者金融
  • クレジット会社
  • 信販会社
  • リース会社
  • 個人信用情報機関

…などもあります。「金融機関」というと「銀行」のイメージが強いでしょうが、金融業をやっている会社は、基本的に全部「金融機関」なんですね。

  • 銀行など…「預金取扱」金融機関
  • 消費者金融など…「一般」金融機関

これが違いなのです。両者の違いは預貯金の機能があるかないかだけなんですね。

ということで、これらの企業に勤務している方の場合、万が一職場にキャッシングがバレたらクビになるというリスクもあるので、この場合は「勤務先への在籍確認をなしにしてくれる」ということです。

(絶対ではありませんが、そういう確率が高い…というわけです)

専業主婦の借入審査では、何が必要になるか?

ここまでは主に会社員・OL・公務員・アルバイトなど自分の収入がある人の銀行カードローンでの審査について語ってきました。これとは違い、「無収入の専業主婦」の場合は、どのような書類が必要になるのか―。これはポイントをまとめると、下のようになります。

  • 「住民票」が必要
  • ↑(婚姻関係の証明書として)
  • 「夫・旦那の同意書」については、半分の銀行は必要
  • 約半分の銀行は、夫・旦那の同意書も不要
  • 「夫・旦那の収入証明書」は、どこでも不要

このようなルールになっています。以下、詳しくまとめていきます。

婚姻関係の証明書として「住民票」がいる

まず、必ず必要なのは「住民票」です。「婚姻関係の証明書」として出すものです。なぜ「婚姻関係の証明書」が必要なのかというと、下の通りです。

  • その女性が今「生きている」以上、誰か、彼女の生活を支えられるだけのお金を稼いでいる
  • それが誰でも別にかまわないが、結婚していて「夫・旦那」がいるなら、おそらくその人が「安定収入を持っている」と判断できる

そして、住民票・戸籍抄本・戸籍謄本などの「婚姻関係の証明書」を見れば、夫・旦那がいることはわかるので、それでOKということです。

夫・旦那の収入証明書はなしでOK

こうして「結婚している」ということだけ証明すれば、後は「夫・旦那の所得確認資料」などを出す必要はありません。理由は上に書いた通りで、その女性が専業主婦として生活しているということ自体が、夫・旦那の収入が安定していることを、証明しているからです。

(夫・旦那の収入が安定していなかったら、この時代に女性が専業主婦をすることは無理ですからね)

というわけで、収入がない専業主婦の方が銀行カードローンで借入審査を受ける時も、夫・旦那の年収確認資料などを提出する必要はありません。基本的には―。

  • 身分証(自分の)
  • 婚姻関係の証明書

だけでOKなのです。

半分ほどの銀行カードローンは「同意書」が必要

ただ、厄介な書類としては、半分ほどの銀行カードローンは夫・旦那の同意書が必須という点に注意してください。当然ですが夫・旦那の同意書をもらうということは、キャッシング審査を受けているということが、夫・旦那にバレるということです(相談しなければいけないですからね)。

そして、夫・旦那にキャッシングがバレてもいい、という専業主婦の女性はいないはずなので、こうした銀行カードローンでは基本的に借りられない、と考えてください。家族全体がお金がなくて、家族・夫婦で生活していくための資金を一緒に借りるという場合は話は別ですが、基本的にそれはレアケースでしょう。大抵はやはり「一人」で借りるはずです。

そして、話を戻すと大部分の銀行カードローンは「配偶者の同意書が必須」という条件になっています。なので、夫バレ・旦那バレせずにキャッシングしたいと思っている方は、そうした銀行カードローンは避けるようにしてください。

楽天銀行なら住民票もなしで借入可能

銀行カードローンでの専業主婦の借り方について、「一番申し込みやすい銀行カードローン」を書くと「楽天銀行」です。他の銀行の場合、配偶者の同意書が不要というシステムでも、住民票だけは必要です。しかし、楽天銀行の場合「住民票すらなしで借りられる」という条件なんですね。

もちろん、これはあくまで「提出書類が少ない」というだけであり、決して「審査が甘い・審査が緩い」ということではありません。なので、その点は勘違いしないようにしていただきたいですが、とりあえず審査にかかる時間・手間が、一番少ない…ということは確かでしょう。


以上、銀行カードローンの借り方について、多方面からまとめてきました。基本的にはネット申込みして、身分証明書を提出するだけでOKなので、特に難しく考える必要はありません。

普通の生活をしている人であれば問題なく審査に通るので、お気軽に申し込んでみて下さい。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP