自営業・個人事業主でも即日キャッシングは可能?収入証明書を提出すればOK

自営業・個人事業主でも即日キャッシングは可能?収入証明書を提出すればOK

自営業・個人事業主でも最短即日キャッシングはできるのか―。これは可能です。ポイントをまとめると、下のようになります。

  • 必ず収入証明書を提出する必要がある
  • 借入金額がいくらでも、収入証明書が必要
  • その他の条件は、どの職業・属性とも変わらない

審査の厳しさについては下の通りです。

  • 会社員・OL・公務員よりは、もちろん厳しい
  • フリーター・アルバイト・パートよりも、やや厳しい

以下、詳しくまとめます。

自営業・個人事業主の審査は、職業・属性的に一番厳しい

自営業・個人事業主のキャッシング審査は、職業・属性的に一番厳しい条件となっています。それは、他の職業・属性と違って、必ず所得確認資料が必要になる…という点からもわかります。

基本的にキャッシング審査では、所得証明書は提出しなくてもいいというルールになっています。一応―。

  • 大手の消費者金融で50万円を超える時
  • 大手の銀行カードローンで100万円~300万円を超える時
  • 他社を含めた借入総額が、消費者金融で100万円を超える時

…などの条件では収入証明書を提出する必要がありますが、それ以外の条件(つまりほとんどのキャッシング)の場合は、年収確認資料を提出しなくていい…という条件なんですね。

しかし、自営業・個人事業主がキャッシングする場合、借入金額がいくらだろうと、必ず提出が必須…ということです。もちろん、「収入証明書さえ提出すればいい」わけなので、確定申告書などをすぐ提出できる状態の方は特に問題ないかも知れません。

というより、しっかり個人事業をしているのであれば、確定申告書はすぐ見つかるようなファイルに管理しているはずなので、特に問題ないはずですが…。何はともあれ、こういう「収入確認資料を出さなければいけない」という点が、自営業・個人事業主のキャッシング審査が、他の職業・属性より審査が厳しくなる点といえます。

自営業・個人事業主だと、いくらまで借入可能なのか

これは特に決まっていません。キャッシング審査全般に言えることですが、下の点が指摘できます。

  • 職業・属性によって決まるのではなく、その人の年収・他社借入状況など、総合的な条件で決まる

そのため、要はその人の年収によるということですね。キャッシングの知識がある人からしたら当たり前のことかも知れませんが、借入審査ではこれが基本なので、自営業・個人事業主の方もまず「自分の年収」を意識して下さい。

(一般にキャッシング審査で不利と言われている自営業・個人事業主の方々であっても、収入さえしっかりあれば、カードローン審査は問題なく通るようになっています。

一番多く借りられて、年収の3分の1まで

一応の目安をあえると、一番多くキャッシングできた場合で、「年収の3分の1まで」となっています。これは、自営業・個人事業主の方々に限った話ではなく、どの職業・属性の人が借りる場合でも共通のルールです。

この「3分の1まで」という基準は貸金業法の総量規制というルールによるもので、銀行カードローンだったらこの総量規制を超えて融資してもいいのですが、消費者金融ではそれは許されないわけですね。

…ということで、限界まで借りられたとして「年収の3分の1まで」というわけです。そして、これはあくまで「限界値」なので、実際の借入可能金額は、もっと小さくなると考えてください。

大体の目安としては、信用度が低い人の場合「年収の10分の1」から、「平均的な信用度」を獲得した人で「年収の5分の1程度」…と考えた方がいいでしょう。そして、かなり高いレベルの信用度を得た人で、年収の3分の1ということです。

(あくまで一つの目安ですが)

審査時の収入確認資料は何を提出すればいいのか

自営業・個人事業主の人々がキャッシング審査に申し込む時は、どのような書類を年収確認資料として提出すればいいのか―。これは一覧にすると下の通りです。

  • 確定申告書
  • 納税証明書
  • 課税通知書
  • 所得証明書
  • 住民税決定通知書

こういった書類です。これらの年収確認資料は、個人で事業をしている人であれば必ず持っているはずのもの。全部の書類ではなくても、どれか1つは必ず持っているはずです。

ということで、収入確認資料の提出についても、特に難しいことはありません。なので、しっかり事業をしている人であれば、何も問題ないと考えて下さい。

多数の源泉徴収票がある場合、一つにまとめる

特にフリーランスで活動している方の場合、複数の取引先から多数の源泉徴収票をもらっているということもあるでしょう。この場合、これらをバラバラでそのまま年収確認資料として提出することはできません。

当然ですが、そんなことをされたら、消費者金融・銀行カードローンの側も大変だからです。計算も大変ですし、それぞれが本物かどうかチェックするのも大変…ということで、複数の源泉徴収票があるというフリーランスの人の場合、それらがまとめられた年収確認資料を提出するようにしてください。

基本的に、フリーランスの人であれば確定申告はしているはずですし、確定申告書だったら複数の源泉徴収票でも全部一つにまとめた数字になっているわけですから、それでOKです。

キャッシング審査で源泉徴収票を収入確認資料として提出するのは、基本的にサラリーマン・公務員の方と考えて下さい。

まだ確定申告をしていないという場合は?

たとえば自営業・個人事業主になったばかりで、まだ一度も確定申告をしていない…という人もいるでしょう。残念ながらまだ確定申告をしていないという人は、キャッシング審査には通りません。

自営業・個人事業主でまだ確定申告をしていないということは、「年度をまたいで事業を継続したことが一度もない…ということです。つまり事業年数1年未満なので、キャッシング審査では残念ながら信用度が足りない…と考えられるわけですね。

「サラリーマン・公務員なら、勤続数ヶ月でも審査に通るじゃないか」と思う人もいるかも知れませんが、確かにやや不公平です。しかし、自営業・個人事業主の信用度では、残念ながら「最低1年は、事業をしていないといけないということなのです。

正確に言うと「1年経過」はしていなくてもいいのですが、「事業年度をまたぐ」ことだけは、必ず必要ということですね。実際、そのくらいしていなければ、自営業・個人事業主と名乗っても「ただのお店屋さんごっこ」に過ぎないのです。

別にキャッシング審査に通るためではなく、「今後も自分自身が事業をして、生活をしていく」わけですから、その生活を安定させるためにも、最低限そのくらいの事業の継続は必要…と考えてください。

事業性資金の融資だったら、ビジネスローンもあり

自営業・個人事業主の方の場合、個人の生活用ではなく事業用の資金を借りるという場面もあるでしょう。そうした時は、普通の消費者金融・銀行カードローンなどのキャッシングではなく、事業者向けローン(ビジネスローン)を借りる…という方法もあります。

ビジネスローンでキャッシングする利点として、下のような点が挙げられます。

  • 数百万円の借り入れでも、最短即日キャッシングしやすい
  • 銀行の企業向け融資と違い、審査に通りやすい(そして早い)

このような点です。たとえば造園業者などの方の場合―。

  • 急ぎの仕事で、大口の案件が入った
  • 材料費・人件費などが必要だが、手元に資金がない
  • しかし、この仕事を受注すれば、数ヶ月後に数百万円もらえる

このような資金繰りの場面がよくあります。そして、こういう時は借金してでもこの仕事を受注して、数ヶ月後の数百万円を手に入れるというのが、自営業・個人事業主のセオリーです。もっと規模が大きくて法人化している会社経営者の方でも、それは同じです。

(この仕事のとり方を否定する人がいたら、よほど仕事を選べる安定した経営者か、もしくは商売をしたことがない、というサラリーマン・公務員の方でしょう)

そして、こういう場面では、銀行や信用金庫などのゆっくりした融資など、待っているわけにはいきません。こういう時にはビジネスローンであっても、最短即日融資が必要であり、特に消費者金融の事業者向けローンは当日キャッシングも可能となっているので、特に小規模な自営業・個人事業主の方々には、非常に適している…ということです。

大手の消費者金融のビジネスローン・一覧

大手の消費者金融が提供するを一覧にすると下の通りです。

  • プロミス…自営者カードローン
  • アコム…ビジネスサポートカードローン
  • アイフル…事業サポートプラン

そして、それぞれの金利を一覧にすると下の通りです。

プロミス 6.3%~17.8%(実質年率)
アイフル 12.0%~15.0%(実質年率)
アコム 7.7%~18.0%(実質年率)

見ての通り、下限金利・上限金利ともに、プロミスが一番低金利…となっています。

  • 上限金利…借入金額が小さい時に適用される金利
  • 下限金利…借入金額が大きい時に適用される金利

これがキャッシングの金利のルール。上限金利は、3つの消費者金融ともそれほど差がないので、「借入金額が小さい時」は、それほど利息差は出ない、ということになります。

借入金額が大きい時は、プロミスで借りるべき

上に書いた内容に対して、「借入金額が大きい時」のビジネスローンでは、プロミスを選ぶべきでしょう。借入金額が大きい時には「下限金利」が適用されるのですが、再度下限金利(安い方の金利)を一覧にしてみましょう。

  • アコム…12.0%(実質年率)
  • アイフル…12.775%(実質年率)
  • このように、断然プロミスが低金利となっています。アイフル・アコム、どちらと比較しても「半分近い低金利」です。

    キャッシングの知識がある人だったら、「借入可能金額が違うのでは?」と思われるかも知れません。最高限度額が大きければ、それだけ下限金利も低くなるということですね。

    この指摘は正しいのですが、この3つの消費者金融の最高限度額は、「みんな同じ」(最高300万円)となっています。なので、「最高借入枠によって、下限金利が違う」…というわけではないんですね。

    なので、自営業・個人事業主・会社経営者などの方が事業用の資金を借りたいという場合、3つの消費者金融のビジネスローンの中では、プロミスの自営者カードローンを選ぶのが一番…ということです。

    ビジネスローンの審査では、法人化している方が通りやすい?

    個人事業主として事業をしている人よりも、やはり株式会社・合同会社などとして法人化している経営者の方が、通りやすくなります。これは、個人用のキャッシングで借りる場合もそうですし、事業用のキャッシングで借りる時も、やはり同じです。

    当然ですが、実際の事業でも―。

    • 法人化している経営者
    • まだ個人事業主として活動している人

    このような両者であれば、どう考えても法人化している方が信用できるでしょう。そういう通常の事業での信用度が、そのままキャッシング審査にも適用される…ということです。

    場合によっては、事業を辞めるのもあり

    もし個人用のキャッシングでもビジネスローンでも借りられない…となったら、場合によっては事業自体をやめるという選択肢も検討するべきでしょう。これは借り入れを考える時だけではありませんが、自営業・個人事業主や会社経営者の方々の人生全般について、儲からないとわかった事業からは、すぐに撤退した方がいいというのは、鉄則と言ってもいいでしょう。

    『闇金ウシジマくん』の初回でも、「いろいろな理由」によって丑嶋にお金を借りに来る人たちが登場しますが、その中に経営者の方(経営者というより、ただのおじいさん)がいて、こう言います。

    「今月入金できなかったら、倒産ですわ。先代から受け継いだ工場がワヤですわ」

    確かに、気持ちはわかりますがウシジマのようなヤミ金からお金を借りるようになった時点で、もうその事業は終わりと言っても仕方ないでしょう。事業継続のために「サラ金から借りる」というならわかりますが、「ヤミ金から借りる」というのは、明らかにゲームオーバーを意味しています。

    なので、こういう状況になったら「潔く事業から撤退する」という選択肢も検討するべきでしょう。

    まとめ「自営業・個人事業主でも最短即日キャッシング可能?」

    以上自営業・個人事業主や会社経営者などの方でも、当日キャッシングはできるのかというテーマでまとめてきました。最後に要点を整理すると、下のようになります。

    • 収入証明書を提出すれば問題なくキャッシングできる
    • 収入証明書は確定申告書などを提出すればOK
    • 給与所得者より、審査基準は少々厳しくなる
    • 確定申告をまだしていない人は、審査に通らない
    • 最低でも事業年度をまたいで、確定申告する必要がある
    • 事業用資金だったら、ビジネスローンで借りるのもあり
    • ビジネスローンだったら、プロミスが一番低金利
    • 事業者向けローンでも借りられない時は、潔く事業から撤退することも、選択肢に入れる
    • v

    自営業・個人事業主・法人代表者の方などは、参考にしていただけたら幸いです。

    今すぐ借りたい!キャッシングランキング

    プロミス 6.3%(実質年率 *下限金利のみ記載)
    審査時間最短30分融資時間即日融資
    診断1秒診断収入証明書原則不要(50万以下)

    今日中に借りたい!カードローン

    内緒で借りたい!カードローン

    専業主婦でも借りたい!

    おまとめローン(乗り換え)

    TOP