三井住友カード ゴールドローンは会社への在籍確認が必須?回避の方法は?

三井住友カード ゴールドローンは会社への在籍確認が必須?回避の方法は?

三井住友カード ゴールドローンの審査でも、他の借入先と同様、勤務先への在籍確認は必須となっています。プロミス・SMBCモビットなどのように代替措置をとることはできませんし、三井住友カード ゴールドローンの判断によって省略される…ということもめったにありません。

というわけで、三井住友カード ゴールドローンでお金を借りたいという人は、自分の職場に在籍確認されると考えておいて下さい。以下三井住友カード ゴールドローンの在籍確認について、詳しくまとめていきます。

在籍確認の電話の内容は?

多くの人が気になるのは、まず在籍確認の電話の内容はどのようなものかということでしょう。これについてポイントをまとめると、下のようになります。

  • 基本的に、ただ電話に出ればOK
  • 自分本人が出なくても、職場の人が出て在籍の事実がわかればOK
  • 稀に、氏名・生年月日・住所などを答えることもある
  • しかし、基本的には何も質問されないし、審査の類もない

つまりただ電話がかかって来るというだけなんですね。「それだけでいいのか?」と思うかも知れませんが、それで十分なのです。なぜなら在籍確認する時点で、キャッシング審査はほぼ通ったようなものだからです。

在籍確認する時点で、審査はほぼ通っている

キャッシング審査の世界では、業者・銀行の側が「在籍確認する」という時点で、もうほとんどその審査は通ったよなものなんですね。在籍確認というのは、キャッシング審査の仕上げとして行う「最後の作業」なのです。

実際、申し込み者の職場まで電話をかけるというのは、三井住友カード ゴールドローンなどの業者・銀行の側にとっても、それなりに負担がかかることなんですね。なのでせっかく在籍確認までしたのに、他の条件によって審査落ちしたというのは、業者・銀行の側にとっても労力がムダになるので、そのようなことは、できるだけしたくないわけです。

というわけで、在籍確認というのは文字通り「本当に在籍しているか、確認するだけ」の電話なんですね。なので、これで何か審査されて、それによって審査落ちする…などということはないのです。

(電話面接のようなものではない…ということですね。もちろん、本当は在籍していない…という場合は審査落ちしますが)

本人が電話に出なくても、在籍確認はOK?

在籍確認の電話は、キャッシング審査を申し込んだ本人が電話に出なくても、いいのか―。これは、先にも少し書きましたが、もちろんOKです。職場の同僚でも誰でもいいので、とにかく誰かが出て、申し込み者本人が在籍していることがわかれば、それでOKということですね。

具体的には、会社の同僚が電話に出た場合、下のようなやり取りになります。

  • 審査担当「剛田と申しますが、骨川さんはお見えでしょうか」
  • 会社の同僚「骨川は休みをとっております」
  • 審査担当「ご休憩されている所でしょうか」
  • 会社の同僚「はい、またサボっております」

これだったら、勤務態度に問題があるとはいえ、一応在籍していることはわかるわけです。

「ご休憩中でしょうか」と確認したのは「休みをとっている」という表現だと、休職中の可能性もあるからですね。

三井住友カード ゴールドローンの審査も、一応休職中でも通ることは通るのですが、通常通り勤務している人に比較すると、少々審査で不利になります。なので、在籍していることがわかっても、休職中でないかどうかなども、こうしてさりげなく自然に確認する…ということですね。

このように、本人が出ても出なくても、三井住友カード ゴールドローンの在籍確認(というよりどこの借入先でも)は、問題なく遂行できるので、その点は安心してください。

(つまり、自分が仕事を休みの時に申し込んでも審査に通る、ということですね)

在籍確認の電話によって勤務先にバレることは?

こうした在籍確認の電話がかかることによって、三井住友カード ゴールドローンでキャッシング審査を受けていることが、職場の同僚にバレることはあるのか―。これは「基本的にない」といえます。

「ない」と言える理由は下の通りです。

  • 「三井住友カード」などの社名は名乗らない
  • 「個人名」で「普通の用事」のようにかける
  • かけ直し対策も、場合によっては実施されている

社名を名乗らない、というのが大事なのは言うまでもなくわかるでしょう。そして、その時も何らかの名前は名乗らないといけないので「個人名で、普通の用事を装ってかける」というのも、理解できるかと思います。

少々わかにくいのは「かけ直し対策」でしょう。これについて詳しく説明します。

在籍確認のかけ直し対策とは?

在籍確認のかけ直し対策とは、簡単にポイントをまとめると、下のようなものです。

  • 在籍確認の電話をかけて、誰も電話に出なかった場合―。
  • その在籍確認の電話の「着信履歴」が、職場の電話に残る
  • 会社の同僚がそれを見つけて、かけ直すことがある
  • かけ直したら「三井住友カード」という社名を名乗るので、それによって「クレジットカードなどの審査」ということが、わかってしまう

これが職場の人のかけ直しによって、キャッシングがバレるパターンです。そして、それに対する「対策」はどのようなものがあるかというと、下の通りです。

  • 在籍確認の電話を「専用の携帯電話」からかける
  • 発信専用の電話番号からかける
  • かけ直されたら、いつも話し中になる設定にする
  • かけ直されたら、別の社名を名乗る

このようなものです。一番多いのは、下の2つです。

  • 発信専用
  • 在籍確認専用の携帯電話

前者だったら、かけた後は何も心配しなくてOKですし、後者だったら「通じなかった場合(職場の人が電話に出なかった場合)は、そのまま携帯電話の電源を切ればいいということです。

「別の社名を名乗る」というやり方は、特に大手の消費者金融で使われています。アコム・プロミス・アイフルなどですね。「別の社名」といっても虚偽ではありません。在籍確認をする専用のセンターを、別の株式会社として設立し、そこからかけるからです。

確かに、最終的にはその在籍確認の結果を、それぞれの消費者金融の本社に伝えるわけですが、とりあえず在籍確認の電話をかけている事務所自体は、確かにその社名なのです。なので、別に虚偽ではないんですね。

そして、具体的にどんな名前で出るのかというと、消費者金融ごとに下のような名前になっています。

  • プロミス…事務センター
  • アコム…ACサービスセンター
  • アイフル…AIセンター

アコムの「ACサービスセンター」については、もし職場の同僚がキャッシングの知識がある人だったら、わかってしまうかも知れません。というのは、「ACというアコムの略称は、アコムのクレジットカードでも使われている」からです。

知っている人もいるかも知れませんが「ACマスターカード」というクレジットカードです。もし勤務先の同僚がこれを知っていたり、あるいは「自分で発行していたり」した場合、この名前で気づいてしまうかも知れない…というリスクは少しあります。

しかし、それはかなり例外的なケースですし、ほとんどの在籍確認ではそのようなことはないので安心して下さい。

三井住友カード ゴールドローンのかけ直し対策は?

三井住友カード ゴールドローンの在籍確認では、どのようなかけ直し対策をしているのかは不明です。というのは、これも三井住友カード ゴールドローンだけでなく、在籍確認の詳細を明かしてしまうと、それを悪用する業者が出てくるからです。

つまり、いわゆる「アリバイ会社」などですね。在籍確認のかけ直し対策などの手口が知られてしまうと、それをくぐり抜けるノウハウを売りにして「あなたの代わりに、在籍確認を受けてあげます!」というような商売をする輩が、必ず出てくるわけです。

なので、そのようなイカサマを防ぐためにも、三井住友カード ゴールドローンでもどこでも在籍確認や、キャッシング審査の詳細を明かすわけにはいけないわけですね。当然と言えば当然ですが、こうした理由で、かけ直し対策も含めて、三井住友カード ゴールドローンの在籍確認の詳細は、ベールに包まれているのです。

(ベールなどとというと大げさかも知れませんが…)

在籍確認の言い訳は何と言うべきか?

これも三井住友カード ゴールドローンに限らず、どの借入先から借りる時も考えておくべきことですが、職場の同僚が在籍確認の電話に出た時、会社の同僚に何と言い訳(説明)するかは、事前に考えておく必要があります。

そして、どのような言い訳が一般的に使われているのかというと、一覧では下のようになります。

  • 生命保険の更新で、保険会社からの確認
  • クレジットカードの審査で、その在籍確認
  • 子供の保育園の入園手続きなど、金融が関係ないもの

このようなものです。その他雑多なものがいろいろありますが、基本的にはこれらのメジャーないいわけをするのが無難です。

「クレジットカードの審査」が一番安全

これらのメジャーな言い訳の中で、一番安全なのは「クレジットカードの審査」でしょう。理由は下の通りです。

  • 一番「本当のこと」に近い
  • ほぼ事実である分、演技が自然になる
  • 堂々と振る舞えるので、職場の同僚にも怪しまれない
  • 多くの人が経験しているので、別に変に思われない

もちろん、クレジットカードの審査も必ず在籍確認するとは限らず、会社によってはしないこともあるのですが、大体の会社はするようになっています。

そして、日本人の成人は平均して「一人3.5枚程度」はクレジットカードを持っているので、その中の「どれかの審査」で、みんな職場への在籍確認を体験しているんですね。

(絶対ではありませんが、かなりの確率で体験しています)

なので、「クレジットカードの審査」というのは、一番無難に会社の同僚に納得してもらえる在籍確認のいいわけなのです。「言い訳」と連呼していると、何となくやましい感じがしますが、とにかく職場バレを防ぐために、このような工夫もぜひなさってください。

「クレジットカード会社から」といえば完璧

さらに三井住友カード ゴールドローンの在籍確認の場合、下のようになります。

  • 「クレジットカードの審査」だと嘘ですが、「クレジットカード会社からの電話連絡」

このようにいえば、本当になります。三井住友カード ゴールドローンを提供しているのは「三井住友カード」という会社ですが、ここは「三井住友VISAカード」などのクレジットカードを提供している、有名なクレジットカード会社なんですね。

(おそらく、日本で一番有名なクレジットカード会社でしょう)

ということで、下のように言えます。

  • 「三井住友カード ゴールドローン」はクレジットカードではない
  • しかし「発行している会社」は「クレジットカード会社」である
  • だから「クレジットカード会社からの電話確認」と言っても、事実である

ちょっとした言葉遊びのようなものですが、何はともあれ嘘はまったく言っていません。

これはキャッシング審査の在籍確認に限った話ではありませんが、人間は「自分は本当のことを言っている」と思っている時、自然と振る舞いが堂々とするものです。「嘘をつかない」というだけでも、その人の演技力は格段に増すんですね。

(だって、普通にしているだけでいいわけですから)

なので、どれだけ演技力のない人であっても、三井住友カード ゴールドローンの在籍確認では「クレジットカード会社からの職場連絡と言っておけば、それで問題なく職場バレを防げるのです。よほど勤務先に鋭い人がいたら別ですが、基本的にはこれだけで、会社にバレることはない、と考えて下さい。

どうしても在籍確認を回避したい場合

ここまで書いてきた通り、三井住友カード ゴールドローンでは「在籍確認を回避する」ということはできません。しかし、たとえばアルバイト・パートの人などで、どうしても回避しなければいけないということもあるでしょう。

会社員・OL・公務員の方などと違い、たとえば飲食店のパート・アルバイトの方々などは、「自分宛ての電話」など、かかって来ないのが普通ですからね。いくら「職場バレしないような在籍確認」をしてもらったとしても、「電話がかかって来たこと自体」によって、会社バレしてしまう…ということがよくあるわけです。

ということで、特にフリーター・アルバイト・パートの方々などは「在籍確認の回避」が必要なのですが、その場合はどうすればいいのか。結論は、プロミス・SMBCモビットで借りるということです。理由を詳しく説明します。

SMBCモビット・プロミスなら「代替措置」がある

SMBCモビット・プロミスのキャッシング審査の大きな特徴として、在籍確認の代替措置が用意されているという点があります。簡単に書くと下の通りです。

  • 信用度が高く、在籍確認の回避が本当に必要、という人のみ
  • そうした人が「所定の書類」を提出して、プロミス・SMBCモビットがそれを審査した上で、OKになる(問題なければ)

以下、この「SMBCモビット・プロミスの代替措置」について書いていきます。

指定された書類を提出する

プロミス・SMBCモビットの代替措置の基本は「書類の提出」。主に下のような書類を提出します。(提出しても、それで電話連絡なしでOKになるとは限りません。その点は注意して下さい)

そして、主な提出書類を書くと下の通りです。

  • 職場の保険証
  • 職場の給与明細

このような2種類になります。詳しく補足していくと、下の通りです。

  • 保険証は「社会保険証・組合保険証」のどちらか
  • 「国民健康保険証」ではNG
  • 給与明細は、大体二か月分くらい必要になる(人による)

さらに詳しく説明しましょう。

なぜ社会保険証・組合保険証なのか?

この理由は簡単で組合保険証・社会保険証の場合、その会社で本当に働いていないと、発行されないというもの。つまり、「その保険証を持っている」ということ自体が、その勤務先に所属しているという証明になるんですね。

一方「国民健康保険証」については、規定の保険料を払っていれば、誰でも加入できるということで「特定の職場に在籍しているという証明にはならない」わけです。

当然ですが、「在籍確認の代替措置」という以上その書類だけで、勤務先に在籍していることが確認できなければいけないわけですね。なので、無職の人でも発行できるような「国民健康保険証」ではダメなのです。

(これは国民健康保険証が、組合保険証・社会保険証などよりも劣るということではありません。あくまで「在籍確認の代替措置」としては、制限があるということです)

SMBCモビットではさらに、条件が追加される

SMBCモビットではさらに、その人のクレジットスコアに応じて、代替措置の条件がさらに追加される場合があります。具体的には、下のような条件になります。(条件というよりも、書類ですが)

  • 収入証明書…源泉徴収票・確定申告書など
  • 身分証明書…パスポート・運転免許証のどちらか
  • 特定の口座…三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行のどちらか

これに加えて、先に書いた「会社の保険証・給与明細書」が必要になる…というルールです。

ただ、これはある信用できるキャッシングの情報サイトから仕入れた内容であり、実際にはすべての人のSMBCモビットでの審査がこのようになるとは限りません。しかし、その人の信用度に応じて、こうして確認する内容が増えていくのではないか…と思われます。

(キャッシングの審査基準は正確には公表されていないので、こうして推測するしかないのですが…)

ただ、基本的に難しいことはありません。本当にその職場に勤務している方であれば
これらの書類は問題なく提出できるはずです。身分確認資料についても、大抵の人は運転免許証は持っているので、それでOKでしょう。

(運転免許証もパスポートもないとなると、キャッシング審査の代替措置だけではなく、実生活のありとあらゆる場面で不利になるので、どちらかはこの機会に、は発行しておいた方がいいでしょう。

在籍確認が省略されるケース

実はこのような「在籍確認の代替措置」を取れなかった場合でも業者・銀行の判断によって、在籍確認が省略されるということもあります。どういうことかというと、下の通りです。

  • この人は「在籍確認を回避するまでもなく、信用できる」と判断され、借入希望金額も小さく、在籍確認をできない事情がある場合は、業者・銀行の側で、在籍確認をしないまま融資する

このようなことがあるのです。こう書くと審査が緩い・甘いということか?と思われるかも知れませんが、そうではありません。ポイントをまとめると、下のようになります。

  • そもそも、在籍確認は「法的な義務」ではない
  • なので、するかしないかは業者・銀行の判断で決めていい
  • だから、明らかにする必要がないという人の場合―。
  • 電話連絡なしで融資してもまったく問題ない

このようなことなのです。そして、具体的に「信用できる」というのは、どういう状態なのか。それをまとめます。

クレジットスコアが高ければ、省略される

簡単に言うと、クレジットスコアが高ければ、電話連絡なしになる…ということです。そして、クレジットスコアとは何かというと、下の通りです。

  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数
  • 借入状況
  • 個人信用情報
  • 自宅情報

こういった諸々の審査情報を、すべて点数化したものです。それぞれがどのような条件だったらハイスコアになるかは、大体想像がつく通りです。一例を書いていくと、下のようになります。

  • 年収は高額なほどいい
  • 職業は、非正規雇用より正規雇用がいい
  • 契約社員・派遣社員より正社員がいい
  • 中小企業より、大企業がいい
  • 大企業より公務員がいい

このような、結婚相手を女性が選ぶ時のような条件が並んだ後―。

  • 勤続年数は長い方がいい
  • 他社借入件数は少ない方がいい
  • 他社借入総額も少ない方がいい
  • 個人信用情報は、事故情報・異動情報がない方がいい

このような条件も追加されます。(もちろん、全部満たすのが必要なわけではなく、満たせば満たすほどクレジットスコアが高くなる…ということです)

そして、さらに自宅情報についても書いていくと、下のようになります。

  • アパート・マンションより、一軒家がいい
  • 賃貸住宅よりも、持ち家がいい
  • 家族名義よりも自分名義がいい
  • 居住年数が長い方がいい
  • 同居家族の人数が多い方がいい

このような条件となっています。大体多くの人の想像通りだと思いますが、一般的に高評価となるこれらの要素を満たせば満たすほど、キャッシング審査でも有利になる…ということなんですね。

というように、クレジットスコアを決める条件も、それほど難しいものはありません。ただ、審査項目の数が多いというのは少々厄介かも知れませんが、内容自体は「大体、一般的な常識の通り」と考えていいでしょう。

銀行カードローンでも、省略されることがある?

こうした「在籍確認の省略」は、大手の消費者金融だけでなく、大手の銀行カードローンでもしばしばあります。地方銀行ではめったにありませんが、大手の銀行カードローンだとたまにあります。

省略される状況・条件は上に書いた通りですが、大手の銀行カードローンの方が割合が高い理由は下の通りです。

  • 大手銀行の方が資本力がある
  • 貸し倒れ1件当たりのダメージが小さい
  • それより、毎日の申込件数が膨大である
  • これらをスピーディーにさばく方が、利用者にとって有益である
  • だから、必要ない人に関しては在籍確認を省略する

これはキャッシング以外の業界でも言えることですが、何でもていねいにすればいいとは限らないわけですね。

マッキンゼーのコンサルタントの方が書かれた『スピードが全てを解決する』という本もありますが、そこでも書かれている通り「丁寧さ」というのは、ただの自己満足の場合もあるのです。

そして、それをキャッシング審査に置き換えると、「貸し倒れを一件も出さない」というのは確かに大事ですが、それは人間の性質上、無理なのです。

それより「ほぼ確実に返済していくれる、大部分の人を待たせない」ことの方が大事なんですね。経営上の利益でもそうですし、顧客サービスとしてもそうなのです。

なので、大手の銀行カードローンでは「必要ないと判断した時は、在籍確認を省略する」という方針で審査しているわけです。もっとも、在籍確認を省略してもらえるのは、相当信用度が高い人だけなので、この点は注意してください。

まとめ「三井住友カード ゴールドローンの在籍確認」

以上、三井住友カード ゴールドローンの審査での在籍確認について、あらゆる観点からまとめてきました。最後に要点を整理すると、下のようになります。

  • 三井住友カード ゴールドローンでは在籍確認が必須
  • SMBCモビット・プロミスのような「代替措置」はない
  • 「省略されること」はごく稀にあるが、ほとんどない
  • 在籍確認によって職場の人にキャッシングがバレることはない
  • 「三井住友カード」などの社名は名乗らず、個人名でかかって来る
  • 在籍確認の電話は、本人が出なくても職場の同僚でOK
  • 要は「実際に在籍している」ことがわかれば大丈夫
  • 在籍確認の電話をかける時点で、審査はほぼ完了している
  • なので、在籍確認の電話で何か聞かれたり、審査されたりすることはない

これから三井住友カード ゴールドローンでお金を借りようとしている方も、あるいは他の借入先で借りようとしている方も、どちらも参考にしていただけたら幸いです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP