三井住友カード ゴールドローンは最短当日審査・即日キャッシングもできる?

三井住友カード ゴールドローンは最短当日審査・即日キャッシングもできる?

三井住友カード ゴールドローンの審査期間は、最初に要点を整理すると、下のようになります。

  • 審査日数は、最短3営業日
  • そこから融資まで、大体1週間

つまり最短即日融資はできないということですね。なので、どうしても今日中にお金が必要という人の場合、三井住友カード ゴールドローンでお金を借りることはできないので、この点は注意してください。

(以下、三井住友カード ゴールドローンの融資・審査にかかる期間についてまとめていきます)

低金利な分、最短即日融資はできない

三井住友カード ゴールドローン以外の借入先では、消費者金融でも銀行カードローンでも最短即日審査・最短即日融資が当たり前になっています。なので、それに慣れている方からしたら審査だけで最短3営業日というのは、かなり長く感じられるかも知れません。

しかし、もともと昔の消費者金融やキャッシングは、これが普通だったんですね。「最短即日融資」という、今のキャッシングのスピードの方が、よほど異常だったのです(もちろん、それが実現したというのは、非常にいいことです)。

ということで、三井住友カード ゴールドローンは昔ながらの「時間をかける審査」をしているということ。当然ですが、別に利用者にいじわるをしているわけではありません。

信販系は、最短即日融資できない所が多い

三井住友カード ゴールドローンだけでなく、信販系の会社は「最短即日キャッシング不可」という所が多くあります。信販系というのは、クレジットカード・分割払いなどのサービスを提供している会社で、三井住友カード ゴールドローンの場合、三井住友カードという会社です。

そして、信販系はなぜ当日キャッシングできないところが多いのかというと、大抵の場合、信販系の会社は「クレジットカードがメイン」だからです。

箇条書きしていくと、下の通りです。

  • クレジットカードのメインは「ショッピング」である
  • ショッピングで便利にするには「加盟店」が多数必要
  • 加盟店を増やすには「できるだけ多くの人に買い物してもらう」必要がある
  • そのためには、現金の借り入れの「キャッシング枠」より、買い物用の「ショッピング枠」を優先する必要がある
  • だから、現金の最短即日融資は控えめにする

ちなみに、キャッシングで控えめにするのは「最短即日融資」だけではなく「限度額」も同じです。ショッピング枠では100万円近くの限度枠を持っているのに、キャッシング枠はゼロ円という人も、多くいます(私ですが)。

というように、三井住友カードのような信販系の会社は「ショッピングを重視」するので、現金の当日キャッシングはしにくい…ということなんですね。

最短即日融資しないことで、利用者を選別する

もう一つ、三井住友カード ゴールドローンなどのサービスが最短即日融資しない理由としてこれによって、利用者を絞り込むということがあります。これは一種のフィルタリングですが、ポイントをまとめると、下のようになります。

  • 業者・銀行にとって、一番避けたい利用者は「返済不能」になる人
  • そうした人のパターンとして「最短即日融資を希望する」というものがある
  • ということは、最短即日融資不可としておけば、返済不能になりやすい人の申し込みを、排除できる

これが合理的であるというのは、日常生活の感覚でも何となくわかるでしょう。

「いや、そういう困っている人に融資するのが、信販系の会社の仕事じゃないのか?」と思う人もいるかも知れません。確かにそうなのですが、下のように言えます。

  • 彼らもビジネスであり、慈善事業をしているわけではない
  • だから「損失」は減らさなくてはいけない
  • つまり「貸し倒れ」を出してはいけない
  • そのためには「貸し倒れのリスクが低い人」に融資する必要がある

実際、キャッシング会社の貸し倒れが少なくなったら、その分彼らはコスト削減ができるので、より低金利にできるのです。つまり、「審査が厳しくすることは、全体の利用者にとって利益になる」ということなんですね。

私達は、キャッシングでも何でもこの「全体の利益」ということを、しばしば無視して感情でものを語ってしまいます。全体の利益は一見、自分個人の利益と相反するようですが、実はそうではありません。

こういう視点で見ると、三井住友カード ゴールドローンのように審査が厳しかったり、最短即日融資ができなかったりするのは、「必ずしもマイナスではない」ということがわかるでしょう。

三井住友銀行カードローンなら最短即日融資ができる

ここまで書いてきた通り、三井住友カード ゴールドローンは最短即日融資のための借入先ではありません。なので、もし今日中にお金が必要という方がいたら、三井住友カード ゴールドローンに近い借入先として、三井住友銀行カードローンをおすすめします。

三井住友銀行カードローンは、大手銀行の中でも特に最短即日融資がしやすいので、急ぎでお金が必要な場面でも、問題なく最短即日融資することができます(もちろん、審査に通ればですが)

ここではその三井住友銀行カードローンの最短即日キャッシングについて、どのように申し込みやすいのかを説明していきます。

三井住友銀行が最短即日融資を申し込みやすい理由

三井住友銀行カードローンが当日キャッシングをしやすい理由は、箇条書きすると下のようになります。

  • 土曜日・日曜日のキャッシングにも対応している
  • 毎日夜9時まで最短即日審査している
  • 三井住友銀行の口座を持っていなくてもOK
  • 審査の所要時間が最短30分と、早い

このような4つの理由となっています。以下、これらの理由について詳しくまとめていきます。

三井住友銀行は土曜日・日曜日・祝日でも最短即日融資可能

まず第一に、三井住友銀行カードローンは土曜日・日曜日・祝日でも最短即日融資ができる…という点が大きいです。これは大手の銀行カードローンでもあまり対応していないんですね。

土曜日・日曜日・祝日でも最短即日借入できる銀行カードローンは、一覧にすると下のようになっています。

  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 新生銀行カードローン レイク
  • オリックス銀行カードローン
  • イオン銀行カードローンBIG
  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)
  • ソニー銀行カードローン

(※オリックス銀行カードローンは、カード発行後、最短即日融資可能)

「何だ、結構あるじゃん」と思うかも知れませんが、実はこの中の半分以上は土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入では、口座が必要という条件になっています。つまり「その銀行の口座を持っていない人は、最短即日融資できない」ということです。

口座なしでも土曜日・日曜日の借り入れができる所は少ない

上に一覧にした銀行カードローンのうち―。

  • ソニー銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)
  • イオン銀行カードローンBIG
  • オリックス銀行カードローン

…の4つの銀行カードローンは土曜日・日曜日・祝日に最短即日キャッシングするためには、口座が必要となっています。(イオン銀行・ソニー銀行は、平日でも口座が必須ですが)

オリックス銀行・楽天銀行については「平日は、口座なしでもOK」なのですが、土曜日・日曜日・祝日の最短即日融資については「口座が必要」という条件になっています(※オリックス銀行カードローンは、カード発行後、最短即日融資可能)

なお、オリックス銀行は、ジャパンネット銀行の口座でもOKです。

なぜ、土曜日・日曜日・祝日だと口座が必要になるのか

なぜ平日は口座なしでもOKなのに、土曜日・日曜日・祝日の審査だけ口座が必要になるのか―。この理由は下の通りです。

  • 土曜日・日曜日・祝日はどの銀行も閉まっている
  • なので、振り込みが反映されない
  • しかし、同じ銀行だったら、振り込みできる
  • だから、土曜日・日曜日・祝日だけその銀行オンリーになる

そしてもちろん、同じ銀行でも、土曜日・日曜日・祝日は振り込みが機能していないという銀行もあり、そうした銀行カードローンでは、口座がある人でも、土曜日・日曜日・祝日は即日借入不可となっています。

(たとえば、みずほ銀行・横浜銀行・静岡銀行などです)

こうした理由によって、平日は口座不要で借りられる銀行カードローンでも、土曜日・日曜日・祝日になると口座が必要という条件になるのですが、何はともあれ三井住友銀行カードローン以外では、このように最短即日融資がしにくいんですね。なので、銀行カードローンに最短即日融資を求めるのであれば、三井住友銀行か、もしくは三菱東京UFJ銀行・新生銀行がいい…ということなのです。

夜間でも、毎日21時まで審査している

また、三井住友銀行カードローンは「最短即日審査の受付時間の長さ」でも申し込みやすくなっています。毎日21時までという条件は、大手の消費者金融と同じ長さであり、銀行カードローンとしては最も長い部類です。

銀行カードローンの中では、他に新生銀行カードローン レイクも同様に「毎日夜9時まで」最短即日審査しています。大手の消費者金融では、SMBCモビット・アイフル・ノーローンが、この時間まで最短即日審査しています。

プロミス・アコムはもう少し長く「22時まで」となっています(店舗やその時によって、多少時間が変動します)。また、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の場合、三井住友銀行や新生銀行よりはやや短く―。

  • 平日…20時まで
  • 土曜日…18時まで
  • 日曜日・祝日…17時まで

このように、大手の銀行カードローンの中では三井住友銀行・新生銀行カードローン レイクが並んで一番審査時間が長いという状態になっているわけですね。

金利を考えると、三井住友銀行が有利

そして、このように即日借入をしやすい三井住友銀行カードローン・新生銀行カードローン レイクを比較した時、どちらで申し込むべきか―。これはその人の選択の基準にもよるのですが、低金利を重視するのであれば、三井住友銀行カードローンです。

それぞれの実質年率(金利)を一覧にして比較すると、下のようになります。

三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%(実質年率)
新生銀行カードローン レイク 4.5%~18.0%(実質年率)

このようになっています。下限金利(安い方の金利)についてはあまり変わりませんが、上限金利(高い方の金利)は全然違うということがわかるでしょう。

下限金利・上限金利の違いは知らない方もいるかも知れませんが、それぞれの意味を簡単に書くと下の通りです。

  • 上限金利…100万円以下の借り入れで適用される金利
  • 下限金利…最高融資枠近くまで、借りた時の金利

なので多くの人のキャッシングでは、上限金利だけが関係するということですね。100万円以上借りるのは、ほとんどの人には無理なので。

「最高融資枠」については、三井住友銀行・新生銀行カードローン レイクではそれぞれ下のようになっています。

  • 三井住友銀行…800万円
  • 新生銀行カードローン レイク…500万円

このように、どちらの下限金利も、500万円~800万円という超高額を借りて初めて適用されるわけです。当然ですが、このような高額キャッシングは誰もできないので、「どちらで借りる場合も、下限金利は関係ない」ということなんですね。

なぜ、500万円以上の借り入れはできないのか?

500万円以上…というより、基本的に100万円以上の借り入れが、すでにできないのですが、その理由を説明します。

まず、キャッシングのルールとして「貸金業法第13条の2第2項の規定」というものがあります。これは「年収の3分の1まで借りられる」というルールですが、逆に言えば年収の3分の1までしか借りられないということ。

つまり、100万円をキャッシングするためには「年収300万円」が、最低でも必要ということですね。ギリギリの年収で、これだけ必要ということです。

今の日本人の平均年収は大体420万円程度なので、年収300万円稼げていない人も、結構いるでしょう。そうした方では、法的に100万円を借りられないということなのです。

そして、さらに上の金額…たとえば「150万円」などをキャッシングしようとすると、今度は年収450万円が必要になるということ。ここまで来ると平均年収を少し上回るので、借りられない人はますます増えるでしょう。

そして、これがさらに増えて「200万円」になったら、年収は600万円必要なので、もう大部分の人が借入不可となる…ということです。もちろん、年収600万円の人自体はいますが、そうした方が、わざわざキャッシングを利用するというのは稀でしょう。

こうして考えてくと、新生銀行カードローン レイクと三井住友銀行の最高借入限度額は―。

  • 新生銀行カードローン レイク…500万円なので「年収1500万円」
  • 三井住友銀行…800万円なので「年収2400万円」

このような金額が、それぞれ必要になります。見ての通り「相当な高額所得者」ということです。

このくらい稼いでいる人が少ないのはもちろん、これだけ高収入な人が、キャッシングを利用することも考えにくいということで、実質最高借入枠まで借り入れるというのは、不可能に近いということですね。(借りられる人は、借り入れを必要としていないという、一種のジレンマです)

クレジットカードは即日借入が難しい

三井住友カード ゴールドローンはクレジットカードではありませんが、三井住友カードという主にクレジットカードなどを発行する会社が提供するサービスです。

そして、このような会社(信販系)やクレジットカードでの最短即日融資は、基本的に難しいんですね。「三井住友カード ゴールドローン」のような「キャッシング」だったらまだいいのですが、完全な「クレジットカード」となると、最短即日融資はできないのが普通です。

クレジットカードで即日発行できるものも、あるありますが、キャッシング枠については、即日の利用は不可ということがよくあります。クレジットカードは2つの機能があって、下のようになります。

  • キャッシング機能
  • ショッピング機能

このようになっているのですが、このうちショッピング機能だけはその日中にすぐ使えても、キャッシング機能は即日は不可ということですね。

クレジットカードのキャッシング枠は審査が厳しい

即日利用ができるかどうかに限らず、クレジットカードのキャッシング枠は、全体的に審査が厳しくなっています。

  • ショッピング枠の審査は通っても、キャッシング枠の審査は通らない
  • キャッシング枠の審査も一応通ったが、ショッピング枠より限度額が小さい
  • ショッピング枠はすぐ利用できるが、キャッシング枠はすぐには利用できない

などです。なぜこのような違いが生じるのかを説明します。

即日利用できるクレジットカードの特徴

クレジットカードで即日利用できるものの大部分が店舗で発行して、そこの買い物で使えるというもの。たとえば、例を出すと下の通りです。

  • スポーツ用品店
  • ショッピングセンター
  • 家電量販店

などが発行しているものですね。そして、これらのショップがクレジットカードを発行するのはなぜかと言ったら、言うまでもなく自社で買い物をしてほしいということでしょう。

本来コストがかかるはずの「即日利用」を可能にしているのは、そういう理由なんですね。「たくさんショッピングしたいけど、手持ちのお金がない」という人に対して、「どうぞどうぞ。うちのクレジットカードを発行していただければ、今すぐ30万円まで買い物できます」というように、勧めるわけです。要は「販売促進」なんですね。

ということで「ショッピング枠だけ」にしないと、意味がないのです。キャッシング枠をつけて、最短即日融資できるようにしてしまったら、「それで現金を借りて、他のところで買い物してしまうかも知れない」ですからね。ショッピング枠だったらその量販店で買い物したら、通常より多くポイント・マイルが貯まるということで「じゃあ、買い物してみようかな」と思ってもらえるのです。

ということで「即日発行できるクレジットカード」は確かに存在するのですが、それはショッピング機能しか使えないということが多いわけですね。このように、信販系の会社が提供するサービスは、クレジットカードでもそれ以外の三井住友カード ゴールドローンのような融資でも「最短即日融資はしにくい」ようになっているのです。

三井住友カード ゴールドローンは長期利用向け

そもそも、三井住友カード ゴールドローンは「急ぎでお金を借りたい!」という人のためのサービスではありません。このサービスがどのような人のためにあるのかというと、下の通りです。

  • 急ぎで借りる必要がない
  • 高額キャッシングをしたい
  • 長期利用をしたい

このような人のためのサービスなのです。特に「長期利用」については、毎年金利が下がって行くという点にも、そのメリットが良く現れています。

何しろ、毎年滞納・延滞なく利用するだけで4年間で1.2%も金利が安くなるわけですからね。特に長期間借り入れをしたいという人にとって、これほどメリットが大きいサービスもないでしょう。

ということで、確かに三井住友カード ゴールドローンでは最短即日融資ができませんが、それは別に三井住友カード ゴールドローンのデメリットではないのです。最短即日融資が当たり前の消費者金融・銀行カードローンなどと比較すると、最初から、サービスの目的が違うというだけの話です。

急ぎでお金が必要な時は、消費者金融がおすすめ

最短即日キャッシングを希望する人は、当然「急ぎでお金が必要」なわけですが、そのような人には三井住友カード ゴールドローンのような審査が厳しい借入先よりも、アコム・プロミス・アイフルなどの大手の消費者金融をおすすめします。

これらの大手の消費者金融が当日キャッシングしやすい点として、(三井住友銀行カードローンと似ていますが)ポイントを挙げていくと、下のようになります。

  • 平日だけでなく、土曜日・日曜日・祝日でも最短即日借入可能
  • 最短即日審査の時間は、毎日21時から22時
  • 審査の所要時間は最短30分(実際に30分で終わることが多い)
  • 指定の銀行口座は当然なし
  • 自分の身分証明書だけあれば借りられる

このような即日借入しやすい条件が揃っているので、急ぎでお金が必要な場合には大手の消費者金融で借りた方がいい…ということなんですね。

30万円以下の小口借入なら、金利は無関係

急ぎでお金が必要な人の大部分は、30万円以下の少額キャッシングしかしないでしょう。そして、このような小口借入の場合は、キャッシングの金利は、高くても低くてもほとんど関係ないというのが、キャッシングの世界の常識となっているんですね。

具体的に「金利が高い」と言われている大手の消費者金融で、1ヶ月お金を借りると、利息はいくらになるのか、借入金額ごとに一覧にしてみましょう。

  • 5万円…750円
  • 10万円…1500円
  • 20万円…3000円
  • 30万円…4500円

見ての通り、30万円借りても、1ヶ月の利息は大した金額ではないということなんですね。そして、ほとんどの人は「30万円即日借入できれば十分」なはずなので、これが一番高い利息…ということになるのです(急ぎでお金が必要な人にとって)。

ちなみに、これが「銀行カードローン」だったら、下のような利息になります。

  • 5万円…600円
  • 10万円…1200円
  • 20万円…2400円
  • 30万円…3600円

銀行カードローンは大手の中でも金利がバラバラなので、これはあくまで平均的な「14.5%」の上限金利の場合です。上限金利が14.5%付近なのは、一覧にすると下のような銀行カードローンです。

上限金利が14.5%か、近い銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 14.6%(実質年率)
楽天銀行スーパーローン(カードローン) 14.5%(実質年率)
三井住友銀行カードローン 14.5%(実質年率)
横浜銀行カードローン 14.6%(実質年率)
静岡銀行カードローン「セレカ」 14.5%(実質年率)

主要な銀行カードローンは大体10ほどありますが、そのうち約半分が、14.5%程度の上限金利…ということですね。100万円以下のキャッシングでは、上限金利が適用されるのが普通なので、多くの人が銀行カードローンで借りる時には、これらの金利が適用される、ということです。

そして、その場合は先に書いた「1ヶ月の利息」になるわけですね。これらの銀行カードローンより―。

  • やや低金利なグループ
  • やや高金利なグループ

もありますが、「やや高金利」な方では、大体消費者金融と同じレベルと考えて下さい。

三井住友カード ゴールドローンは50万円からしか借入不可

もう一つ重要なことを書くと、三井住友カード ゴールドローンの借入金額は、最低でも50万円からというルールがあります。つまり、最低でも50万円借りられるだけのクレジットスコアが必要ということなのです。

これは、年収でいうと「150万円」は絶対必要です。三井住友カード ゴールドローンは貸金業法第13条の2第2項の規定の対象なので、「年収の3分の1まで」という規制が適用されるんですね。

なので、50万円借りるにはその3倍の「150万円」の年収が必ず必要…というわけです。そして、この「150万円」という年収はあくまで「ギリギリ」なので、確実に審査に通ることを考えると、もっと上の年収があった方がいい、と言えるでしょう。

何にせよ、急ぎでお金が必要な人も「それだけのハイレベルな審査に通らなければいけない」ということ。この点を考えても、やはり急ぎでお金が必要というケースでは、三井住友カード ゴールドローンではなく、アコム・アイフル・SMBCモビット・プロミスなどの大手の消費者金融で申し込んだ方がいい…と言えるでしょう。

まとめ「三井住友カード ゴールドローンの最短即日融資」

以上、三井住友カード ゴールドローンでの当日キャッシングについてまとめてきました(と言っても、できないという結論なのですが)。最後にポイントをまとめると、下のようになります。

  • 三井住友カード ゴールドローンの審査は、最短でも3営業日はかかる
  • 実際の融資までは、さらに1週間かかる
  • 最低でも50万円からしか融資枠がもらえない
  • それだけ厳しい審査をパスする必要がある
  • 急ぎでお金が必要な時には向いていない
  • 少額キャッシングだったら金利は関係ないので、三井住友カード ゴールドローンのような低金利の借入先で借りる必要もない

こうした理由から、三井住友カード ゴールドローンは急ぐ必要がない人のキャッシング方法として、おすすめします。そうした余裕のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP