キャッシング未経験でも審査に落ちる原因・理由 ~年収・職業など~

キャッシング未経験でも審査に落ちる原因・理由 ~年収・職業など~

キャッシングの経験がないのに審査に落ちる原因―。これは、

  • 年収が少ない
  • 不安定な職業である
  • そもそも、その業者・銀行で借入不可な職業・属性

…というような理由が挙げられます。以下、詳しくまとめていきます。

キャッシング未経験は、プラスとは限らない

一般の感覚だと、キャッシングなどの借金をしたことがないというのは「プラスの要素」として考えられています。しかし、カードローンやクレジットカードの審査では、必ずしもこれはプラスではないのです。というのは、

  • 借金したことがない人は、
  • 実際に借金を背負った時、本当に返済できるかわからない

というリスクがあるからです。実際実力はあるのに、ピンチになるとめっぽう弱いという人がいますが、高収入で安定した職業にについていても「借金したら、とたんに不安定になって、返済できなくなる」ということは、あり得るわけですね。

消費者金融でもクレジット会社でも、貸金業者というのは基本的に「性悪説」に立っています。なので実際に返済した事がある人しか、基本的には信用しないというスタンスに立っているんですね。

なので「キャッシング未経験」というのは、「場合によってはマイナスになることもある」というわけです。「未経験なのに審査に落ちた」というのは、実は特別なことではなく、むしろ未経験だから審査に落ちた可能性もある…ということですね。

もちろん、他社借入がないのは良いこと

上のように書いたものの、もちろん現時点で他社でのキャッシングがないというのは非常にいいことです。「未経験」というのはプラスにもマイナスにもなりますが、他社借入がないということは完全にプラスです。

こういう点では、確かにキャッシング未経験の方は、審査に通りやすい部分もあります。それなのに審査に落ちたということは、冒頭に書いた通り、

  • 年収が少ない
  • 仕事が不安定

…などの原因によって落ちたと考えるべきでしょう。

低年収なら、当然キャッシング審査は落ちる

当たり前ですが、年収が少ない場合、キャッシング審査は落ちやすくなります。そもそも、返済するためにはお金が必要なわけですから、これは当然でしょう。

「借りられるかどうか」というよりも、本人だってこれから返済していかなくてはいけないわけですから、本来年収がないと安心できないはずなんですね。

なので「審査に通るため」ではなく、あくまで「借りた後、安定して返済していくため」に、一定の年収が必要ということ。それなしで借りた場合、むしろ後で自分が困るわけなので、低年収だったら借りられないと言うのは当然ですし、またその方が安心なのです。

(低年収でも貸してくれる業者といったら、究極はヤミ金などの違法業者になりますからね)

職業が不安定な場合も、カードローン審査に落ちる

収入についで、職業の安定性も、カードローン審査では重要な要素です。「不安定な職業」というと、多くの人はフリーター・アルバイト・パートなどの職業・属性を想像するかも知れません。しかし、実はキャッシング審査ではこれらの雇用形態の方々は、それほど審査で不利ではないのです。

キャッシング審査で「不安定な職業」として扱われる最たるものは自営業・個人事業主などの「独立系の職業」なんですね。少々意外かも知れませんが、カードローンやクレジットカードの審査においては「社長は、フリーターよりも下」なのです。法人経営者・会社代表者などの属性は、フリーター・アルバイト・パートよりも審査で不利になるわけですね。

ただ、あくまでこれらの独立系の職業は「不利」というだけでありそれだけで審査に落ちるというほど悪いわけではありません。「職業・属性だけで落ちた」のではなく、その他、

  • 年収が少ない
  • これまでに返済の遅延・延滞があった

などのマイナス要因がいくつか重なって、審査落ちした―、と考える方が妥当でしょう。

キャッシング未経験の人が、ついやってしまう失敗

これも「審査落ちの原因」としてかなり多いものですが、キャッシング初心者・未経験の方がよくやってしまう失敗があります。それが複数の業者に、同時・連続で申し込んでしまうということ。

これは「多重申し込み」といって、キャッシング審査ではご法度となっています。その人の総合的な信用度にもよりますが、これだけでブラックリスト入りすることもあるというくらい、やってはいけないことの1つです。

こうした連続申込み・同時申込みによって審査落ちすることを申込みブラック・審査ブラックといいますが、これになる理由について説明します。

なぜ申込みブラック・審査ブラックになるのか

同時・連続で申し込むことが、なぜブラックリスト入りするほどいけないことなのか―。理由をまとめると、

  • 普通の人は、そんな申し込みはしない
  • 同時・連続で申し込むということは、かなり焦っている
  • 焦っているということは、その人は経済的に少々危うい
  • 返済不能になるリスクがある

…ということです。「焦ってる人に融資するのが、貸金業者の仕事では?」と思うかも知れません。確かにその通りですが「焦りすぎている」人には融資したくないわけです。

(当たり前ですが、すでに借入総額が200万円を超えているような人に、融資してはいけないですよね)

で、同時・連続でカードローン審査に申し込む人というのは、そういう「危険水域に達した人」が多いわけですね。なので、キャッシング業者や銀行カードローンの側も、警戒するわけです。

2件まではいいが、3件からブラックになる

もちろん、多重申し込みについても「2件くらいまで」は、普通の人でもやるでしょう。審査に落ちた時のため、念のためということですね。このくらいはカードローン業者の側ももちろんわかっています。

なので「2件まで」はOKなのです。しかし「3件目」から危なくなり、「4件目」になったら、完全アウトということですね。普通に考えて、

  • いくら不安でも、3件同時に申し込むことはない
  • 4件となったら、もう絶対アウト

…ということです。これは「同時」の場合で「連続」だったら「3件目」でほぼ確実にアウトです。

2件の消費者金融で審査落ちしたら、3件目も通らない

まず、一般的な生活をしている人であれば、消費者金融の審査で2件連続で落ちる…ということは基本的にありません。この時点でキャッシング業者側は「この人は危ない」と判断します。

もし、その「2件連続で落ちた」中に銀行カードローンなど、審査が厳しい借り入れ先が含まれていたという場合は、3件目に申し込んでもOKです。「銀行カードローンで落ちた」→「次に消費者金融で申し込んだ」というのは、よくある自然な流れだからです。

なので、銀行カードローンなどの場合はカウントしなくていいのですが、「消費者金融で3件連続で申し込む」というのは、その時点で申込みブラックになるのが基本…と思ってください。

絶対にブラックリスト入りするわけではありませんが、かなりの確率でそうなります。そして、これら申込みブラック・審査ブラックになった場合半年間は新たな借入審査にきわめて通りにくくなるので注意してください。(クレジットカードでも住宅ローンなどでも、通りにくくなります)

切羽詰まった時は、キャッシング以外の方法も検討する

申込みブラックになる原因は当然「切羽詰まっている」ということですが、こういう時はえてして視界が狭くなっているもの。つまり「もっと簡単にお金を借りる方法があるのに、それを忘れている」ということがしばしばあるのです。

もっとカンタンな方法を箇条書きすると、たとえば下のようなものがあります。

  • 定期預金担保貸付
  • 生命保険の契約者貸付制度

…といったものです。以下、これらについて紹介していきます。

定期預金担保貸付とは?

定期預金担保貸付とは自分の定期預金を借りるというもの。もともと自分の預金なわけなので「すぐ借りられる」のは当たり前です。無審査でOKです。

ただ、定期預金というのは本来満期までは引き落としできないというもの。そういう条件で高い利子がもらえるようになっているわけですから、いわばこれは「銀行にとっては、約束が違う」わけですね。

なので、自分のお金ではあるものの「金利」を払います。

  • 自分の定期預金を借りて、
  • それに対して金利を払う

…ということです。少々おかしな感じもしますが、上に書いた通り「約束が違う」わけですから、わかりやすく言うと「違約金」のようなものです。

もちろん「もともと自分のお金」なので住宅ローン並の低金利で借りられるシステムになっています。そして、返済期間についても特に決まりはありません。返済できなければ、定期預金から自分がもらう利子が減るだけですし、その間「こちらがむしろ利息を払っている」わけですからね。

なので、「すぐ借りられる」という点では定期預金担保貸付は、「一番借りやすい手段」でもあるのです。「自分のお金を借りる」という点で、少々矛盾していますし、デメリットもありますし、できればあまり利用しない方がいいのですが「申込みブラックになるよりはマシ」と考えてください。

生命保険の契約者貸付制度

もう一つ、定期預金担保貸付と似たような借り入れとして生命保険の契約者貸付制度があります。これの仕組みを箇条書きすると、

  • 生命保険では、自分がお金を積み立てている
  • その「積み立てたお金」は、満期になったら返ってくる
  • このお金から、借り入れをする

…というものです。定期預金担保貸付とほぼ同じということがわかるでしょう。そして、条件も同じで、

  • 金利は奨学金なみの低金利(2%程度)
  • 完済の期限は特に決まっていない
  • 極端な話、完済できなくてもいい
  • 生命保険の満期時に、自分が受け取る返戻金が減るだけ

ということです。これもやはり「自分のお金を借りて、利息を払う」という点で、少々矛盾しています。なので、やはり「最後の手段」ですが、消費者金融の審査に連続で落ちるようなことがあれば、こうした借り入れ方法も検討してみてください。

まとめ「キャッシング未経験なのに審査落ちする理由」

以上キャッシング初心者でも審査落ちする原因をまとめてきました。最後に要点を整理すると、

  • 未経験は必ずしもプラス評価になるとは限らない
  • 「返済実績がない」ということで、マイナスに見られることも
  • ただ「他社借入がない」という点は確実にプラス
  • 3件以上同時・連続で申し込むと、「審査ブラック」になる
  • 審査ブラック・申込みブラックになると、半年は続く
  • 半年間は、その業者・銀行も含めてすべての借入審査に通らなくなる
  • 切羽詰まった時は、定期預金担保貸付なども検討する

…という風です。特に申込みブラック・審査ブラックというのは本来ブラックリスト入りするような人ではないのに、ブラックになるという点で、非常にもったいないことです。なので、このような失敗をしないよう、キャッシング未経験の方は特に注意してください。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP