キャッシングの契約の仕組みとは?包括&個別契約の違いのまとめ

キャッシングの契約の仕組みとは?包括&個別契約の違いのまとめ

キャッシングの契約の仕組みは、

  • 「○○万円までは、何度でも借り入れ可能」という枠をもらう
  • その範囲内で、自由に借入・返済する
  • 枠いっぱいになったら、もう借りられない

という風です。これを専門用語で「包括契約」といいます。

 

キャッシングの「包括契約」とは?

包括契約の逆の「個別契約」を知るとわかる

「包括契約」の意味を説明するには、その逆(対義語)である「個別契約」を知るのがいいです。個別契約は、

  • 「50万円借りる」という契約をする
  • 現金を受け取る
  • 以後は「毎月返済する」だけ
  • 残高がどれだけ減っても「追加の借り入れ」はできない

というものです。つまり、たとえば30万円返済して「借金は残り20万円」となっても「また30万円借りる」ということはできないんですね。

一度契約して借りたら、後はひたすら返済するだけというのが個別契約です。もし追加で借りたく鳴ったら、「もう一度、別の契約」をします。

目次に戻る

「包括契約」なら、再契約なしで借入可能

で、包括契約だったら50万円の範囲内で、何度でも自由に借りられるということです。つまり、上のケースだったら「30万円返済した」ので、「また30万円まで、いつでも自由に借りていい」ということですね。

ということで、

  • 借りる側
  • 貸す側(業者側)

の双方にとって楽なのです。個別契約だと追加で借りたくなる度に、契約の作業をしないといけないですからね。

このため、今のキャッシングは、消費者金融でも銀行カードローンでもほとんどが「包括契約」になっています。個別契約は、「銀行の定額制フリーローン」のみと思ってください(身近な借り入れの中では)。

目次に戻る

借りやすいだけに、注意が必要

このように包括契約は「借りやすい」のですが、それだけに注意が必要です。言うまでもなく「借りすぎて破産する」というパターンに陥りやすい…ということですね。

包括契約に限らず「借りやすい」ものは全て、便利な半面、危険でもあります。

  • 自動契約機
  • ネット申込み
  • 独自審査の業者
  • ヤミ金
  • クレジットカードの現金化

…という風ですね。ヤミ金やクレジットカードの現金化などと自動契約機・ネット申込みを同列に語ってはいけませんが。要はまともなサービスでも、そうでないものでも「借りやすいほど、危険度も高まる」ということです。

これは別に「キャッシングが悪い」というわけではありません。人間が生み出す商品やサービスは全て、便利であるほど危険なのです。

  • 自動車…高速移動できるほど便利だが、危険
  • 睡眠薬…効果が強いほどよく眠れるが、危険
  • ナイフ…切れ味がいいほど使いやすいが、危険
  • スマホ…いつでもいじれる分、危険(中毒になりやすい)

…ということです。たとえばiPhoneも「世界を変えた商品」と絶賛される一方で、『依存症ビジネス』などの書籍で、典型的な「中毒型製品」としても扱われています。「良いものは、すべて危険でもある」のです。

なので、別に「キャッシングというサービスが危険」ということではありません。世の中のすべての商品・サービスで「一長一短がある」ということです。

それを意識して、どんな商品・サービスとも、常に距離を置いて、適度な距離感で付き合っていく…ということが大事です。(これは人間でも言えることかも知れませんが)

目次に戻る

契約は、郵送や来店なしでできる

審査だけでなく、契約もWEBで完結する

キャッシングをするには、「審査」と「契約」をする必要があります。両者はよく混同されていますが、違いを書くと、

  • 審査…「貸せるかどうか」を業者が判断する
  • 契約…「借りるかどうか」を、申し込み者が決める

…ということです。契約の段階では、

  • 思っていたより、金額が小さかった
  • 高い金利を提示された(ヤミ金でなければ、これはない)

というように「予想外のこと」もありうるわけです。それがあったら「契約しなくていい」ということですね。

で、大抵はそういうことはないので、「審査完了したら、即契約」になります。なので「審査=契約」と混同されていますが、両者は本来違うものです。

目次に戻る

来店・郵送なしで、ネットのみで契約可能

今のキャッシングは、郵送や来店など一切なしで「ネットのみで契約可能」となっています。「ネットのみ」といっても自分の携帯への確認電話はさすがに来ます。

これだけは確認しないと「誰か他人が、なりすまして申し込んでいる」可能性もありますからね。ということで、携帯への確認電話はありますが、それ以外の電話・郵送・来店審査などは一切なしで、借り入れ可能となっています。

ただ、これは「通常のキャッシング」の場合で、おまとめローン・事業者向けローンなどの、特殊なローンの場合、来店か自動契約機(無人契約機)での契約が必要…ということもあります。つまり「顔が見える手続き」をする必要がある、ということですね。

目次に戻る

事業者ローン・おまとめローンは対面が必要

事業者向けローン・おまとめローンの場合、

  • 審査はネットでもできる
  • しかし、契約は「来店」か「自動契約機」でなくてはダメ

というルールがあります(消費者金融の場合)。理由は、

  • 金額が大きいので、対面で信用度を確かめる必要がある
  • 事業者ローンの場合、自営業という時点で信用度が低いので、しっかり審査する必要がある

ということです。消費者金融の普通のカードローンの場合は、限度額はせいぜい「50万円」程度ですが、おまとめローンや事業者ローンだと100万円以上は普通だからですね。

特におまとめローンについてはこれに申し込んでくる時点で、多重債務者ということ。多重債務者は当然、普通の人に比べて「リスクのある借り手」ですから、審査も契約も、より慎重にする必要があるわけです。

もちろん、それでもおまとめローンには、

  • 他社の売上を奪える
  • 自社の売上が伸びる

というダブルのメリットがあるので、あえて「リスクの高い借り手」にも融資しているわけですが…。何にしても「審査・契約を厳しくする必要がある」のは、変わりません。

目次に戻る

まとめ「キャッシングの契約の仕組み」

以上、キャッシングの契約の仕組みについてポイントをまとめると、

  • 「個別契約」ではなく「包括契約」
  • 「決まった極度額の範囲内で、何度でも借りられる」という仕組み
  • 契約手続きは、郵送や来店なしでできる
  • 「ネット契約」といっても、携帯電話への確認だけはある
  • 事業者向けローン・おまとめローンは対面契約が必要

…という風です。これからお金を借りる人に参考にしていただけたら幸いです。

目次に戻る
 

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP