キャッシングとカードローンの違いは?→クレカを含むか、カードを発行するか

キャッシングとカードローンの違いは?→クレカを含むか、カードを発行するか

キャッシングとカードローンの違いは、下の通りです。

  • キャッシング…クレジットカードを含む
  • カードローン…クレジットカードを含まない

厳密な定義とは違いますが、これが一番身近で、実用的な区別です。もっと説明すると下のようになります。

  • クレジットカードには2つの機能がある
  • 「キャッシング」と「ショッピング」である
  • だから「キャッシング」ならクレカも含む

で「カードローン」とは下のようなものです。

  • 消費者金融
  • 銀行カードローン

このように「買い物はできず、現金を借り入れるだけ」のものですね。「現金の融資に、特化したサービス」ということです。

さらに言うと「カードローンは、カードが発行される必要がある」わけですが、今の時代、どんな融資でも大抵「カードが発行される」ので、「カードの有無」は無視してかまいません。

クレカのキャッシングと、カードローンの違い

カードローンの方が融資枠が大きい

クレジットカードのキャッシング機能と、カードローンの違い―。一番大きいものは「限度額」です。クレジットカードは本来「買い物」が中心の機能なので、キャッシング枠は小さいのです。

もちろん、キャッシング枠の大きさは―。

  • カードのステータス
  • その持ち主のクレジットスコア

などの諸条件によって違うので、決して一概に「クレジットカードの現金枠は小さい」とは言えません。ただ全体的に、ショッピング枠より小さいというのは確かです。

クレカは、両方の枠を大きくすることはできないのか?

「ショッピング枠が中心だから、キャッシング枠が小さくなる」という説明を読んで両方大きくすればいいのでは?と思う人も多いいでしょう。確かに理想はそうです。

また、アメックスのゴールドカードなど、ステータスの高いクレジットカードを持っている人の場合「どちらの枠も、変わらず大きい」ということがほとんどです。

要は「しっかり払える人であれば、両方大きくしても構わない」「また、カード会社としてもそうしたい」わけです。しかし、下のようにも言えます。

  • 実際には、多くの人は「払える金額」に限界がある
  • だから、「両方無限に大きくする」わけにはいかない

よく考えれば当たり前のことですね。

そして、「じゃあ、限りがある中で、ショッピング枠とキャッシング枠のどちらを優先するか?」となったら、「ショッピング枠を優先せざるを得ない」のです。この理由を説明します。

ショッピング機能は「多数の参加」が必要

クレジットカードのショッピング機能は―。

  • 多くの加盟店
  • 多くの買い物客

の両方が揃っていないと、意味がないのです。それぞれがあれば―。

  • 加盟店「お、VISAの利用者はこんなにいるのか。導入したら売上が伸びるな」
  • 利用者「お、VISAが使える店がこんなにあります。持っておいたら便利だな」

そのため、下のように言えます。

  • 「少しでも多くの人」
  • 「少しでも多くの金額」

このように、カード会社は使ってほしいのです。だからキャッシング枠を減らしてでも、ショッピング枠を増やすということなんですね。

この原理はどのクレジットカードのブランド(JCB・VISA・MASTERなど)でも変わらないので、基本的にクレジットカードは「キャッシング枠が小さめ」になるのです。

(だから「現金を単純に借りるだけ」だったら、クレカのキャッシングより、カードローンの方がいいんですね)

「現金の融資」で「カードがないもの」はあるのか?

中小の消費者金融なら「カードなし」もある

大手の消費者金融はすべて「カードが発行される」ので、名実ともに「カードローン」です。しかし、中小の消費者金融なら「カードが発行されない」ものもあります。

カードなしでどうやって融資するのかというと銀行振り込みです。追加で借り入れしたい時は、その業者に「5万円お借りしたいです」というように、電話するんですね。

そして、業者がその人の情報をチェックし、「5万円ならいいかな」と思ったら「その人の口座に振り込む」という風です。つまり、すべて「振り込み」で借入・返済するので、「カードなしでもOK」ということですね。

これは実際に私がある学生専用ローンで借りていたので、よくわかります。その学生ローンでは「カード」は発行されず「ナンバーを書いた紙」だけ送られてきました(すぐなくしましたが。笑)。

ナンバーがわからなくても、電話口で自分の名前や生年月日をいえば、それで借り入れも返済もできました。というようにこの業者の場合は、「電話さえあればよかった」わけです。

というように「カードのない業者」なので、これは「カードローン」には入らず「キャッシング」に入るものだったでしょう。例外的なものですが、こういう「カードローンとキャッシングの違い」もあります。

「カードなし」のキャッシングは非常に不便

実際に使ってわかりましたが「カードなしのキャッシング」というのは借入・返済が非常に不便です。詳しく書くと下の通りです。

  • 提携ATMが使えないので、毎回電話する必要がある
  • 借り入れはともかく、返済でも電話連絡が必要
  • 少額の返済だと、いちいち連絡するのが気まずい
  • 臨時返済がしにくく、自然と完済が遅れる

もしこれが大手の消費者金融だったら下のようになります。

  • コンビニ・銀行の提携ATMで、いつでも返済できる
  • 特に自社ATMだったら、手数料もなしで返済できる

こういうことで、数千円の少額でもどんどん臨時で返済していこう、という気が生まれます。結果早期返済でき、利子総額も小さくてすむわけです。

「カードなし」の中小業者でも、確かに「強い意志でお金を貯め続けて、月一の返済で、一気に返す」というやり方をできればいいでしょう。しかし、そこまで意思の強い人はほとんどおらず、臨時返済に回さないと、そのお金は大抵使ってしまうものなのです。

そういう理由で「臨時返済がしにくい、カードなしの業者」は、あまりおすすめしません。どの中小業者がそれかはここには書きませんが(かなりの数なので)とりあえず「大手を選んでけば、まず間違いない」と思ってください。

「あえてカードレス」のカードローンもある

最近は「あえてカードレス」のカードローンも増えています。カード発行のコストを削減し、その分低金利にするということです。有名どころでは―。

  • 三井住友カード…『ゴールドローン・カードレス』
  • オリックス・クレジット…『カードレスVIP』

などです。それぞれ原型として―。

  • ゴールドローン
  • VIPローンカード

があり、その「カードレス版」ということですね。

もちろん、これもカードがない以上、提携ATMでは使えません。しかし、先ほど書いた中小業者のように不便でないのは―。

  • 利用者は「最初からそれを目当て」で申し込んでいる
  • そもそも「提携ATMなんか不便だから、使いたくない」という人々
  • 「ネットバンキングでの借入・返済の方が楽」という人々である
  • 中小業者は「電話」だが、カードレスローンは「ネット」で出来る

一番の違いは、最後の「ネット」で借入・返済できるということでしょう。

「カードなし」の中小業者が不便なのは「カードがないから」というよりも「電話連絡が必要だから」なんですね。カードがなくて、提携ATMが使えなくても「ネットでできれば」何も問題ないわけです。

ということで、同じ「カードなし」でも、このように大手が「あえて」カードをなくしたものは、むしろ利便性が高まっています。

(ネット利用の便利さが命ですから、そちらに普通以上に磨きをかけていますからね)

まとめ「キャッシング・カードローン」の違い

以上「キャッシングとカードローンの違い」をまとめると、下のようになります。

  • クレカを含むか、含まないか(キャッシングは含む)
  • カードローンは基本的に「カード発行」が必須
  • 中小の消費者金融では「カードがない」ところもある
  • 大手のカード会社は「あえてカードレス」もある
  • まとめると、本質的な違いは特にない

参考になれば幸いです。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP