今すぐ2万円借りたい!どこで即日借り入れするのがベスト?

今すぐ2万円借りたい!どこで即日借り入れするのがベスト?

今すぐ2万円借りたい―。という場面では大手の消費者金融でキャッシングするといいでしょう。というより、銀行カードローンなどの他の選択肢は、2万円という超小口借入では消費者金融ほどのメリットはありません。こういう超小口借入では、消費者金融が断然有利です。

以下、なぜ2万円のような超小口借入で、大手の消費者金融で借りるのがいいのか、その理由を紹介していきます。

少額借り入れだったら、利息はほとんど発生しない

まず、消費者金融でなく銀行カードローンなど他の借り入れを選ぶ理由・メリットとして消費者金融より利息が安いという点があります。低金利ということですね。

確かにこの「低金利」というのは、当然大きなメリットです。しかし、低金利が効果を表すのはあくまで借入総額が大きい時であって、2万円のような少額借り入れでは、金利の影響はあまりないのです。

なので、銀行カードローンなど消費者金融以外でお金を借りるメリットが、2万円という少額融資では、特にないということ。なので消去法によって、消費者金融で借りるのがベスト…という結論になるわけですね。

2万円必要な時は、とにかく急ぎで借りることが重要

もう一つ、2万円という少額が必要な時というのは、大体が「大至急」のはずです。「大至急」とまでは行かなくても「至急」くらいはいくでしょう。

で、そのようにスピードキャッシングをしたいという場面では、これもやはり大手の消費者金融で借りるのがベスト、ということなんですね。その理由をまとめると、

  • 最短30分という短時間で審査が終わる
  • 審査が早く終わるだけではなく、実際に審査に通る
  • ↑(審査が早く終わっても、借りられないのでは意味が無い)
  • 当日審査の受付日時が長い
  • ↑(いつ申し込んでも「まだ間に合う」という確率が高い)

…ということです。これらの理由によって大手の消費者金融はクレジットカードや銀行カードローンと比較して特にスピード借入がしやすいわけですが、さらにこれらのポイントを詳しくまとめていきましょう。

大手の消費者金融なら最短30分で審査完了する

プロミス・アコム・アイフルなどの大手の消費者金融の審査のメリットとして、最短30分で審査完了するという「スピードの早さ」があります。この「最短30分」という審査時間の早さについては、銀行カードローンでも一部そういう所があります。

  • 三菱東京UFJ銀行・バンクイック
  • 三井住友銀行カードローン
  • 新生銀行レイク

…といった銀行カードローンがそうですが、これらの銀行カードローンは「最短30分」とは書かれているものの、「実際に最短30分で終わる割合」は少々低いのです。

それは当然で、新生銀行レイクはともかく、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行については「大手の消費者金融より断然低金利」なわけですから、ある程度審査が厳しくする必要があります。審査が厳しくするということは、当然審査の所要時間も長くなるということです。

逆に言えば、この3つの銀行カードローンの中で消費者金融とほぼ同レベルの金利である新生銀行レイクについては、実際に最短30分で審査完了する割合も高くなっています。

そういう点では、もし大手の消費者金融で申し込むのでなければ、銀行カードローンの中では「新生銀行レイクで申し込むのがベスト」…と言えるでしょう。

大手の消費者金融は、早いだけでなく実際に借りられる

これも非常に重要なことですが、2万円のような少額借入をする場合も、「ただ審査が早く終わる」というだけでなく、実際に審査に通って、お金を借りられるということが重要なのです。

当たり前ですが、審査は早く終わったけど、借りられなかったというのでは、まったく意味がないわけですね。なので、銀行カードローンと違い「実際に審査に通りやすい大手の消費者金融」は、2万円のような超小口借入をするには、持って来いというわけです。

ちなみに、この「審査時間は短いけど、審査通過率が低い」というパターンでは、大手の消費者金融だと「ノーローン」があります。ノーローンは最短20分ということで、大手の消費者金融の平均の最短30分よりもさらに早いですが、審査通過率は「30%程度」と、他の大手の消費者金融の「40%程度」よりも、かなり低くなっています。

…というように「審査は早い、でも通らない」ではなく「審査も早い、しかも通る」という点で、大手の消費者金融(ノーローン以外)で申し込むのが、2万円の即日借入ではベストということです。

即日審査の受付日時が、大手の消費者金融は長い

大手の消費者金融の即日キャッシングのもう一つのメリットとして即日審査の受付日時が長いという点が挙げられます。これについてポイントをまとめると、

  • 平日はもちろん、土日・祝日でもOK
  • お盆・ゴールデンウィーク・年末年始なども、ほぼ休みなし
  • 年末年始でも、元旦以外全日即日審査(モビット・プロミス)
  • 時間は毎日21時から22時までOK

…となっています。このような条件によって、「いつ申し込んでも即日審査がしやすい」というのも、2万円の当日借入で、大手の消費者金融をおすすめする理由です。

2万円なら、月々の利息はほとんど発生しない

先に書いた通り、2万円というような少額キャッシングであれば、月々の利息はほとんど発生しないんですね。最初に整理すると、

  • 大手の消費者金融で1万円借りる時の月々の利息は「150円」
  • 2万円キャッシングした場合、月々の利息は「300円」
  • つまり、吉野家の牛丼より安い
  • しかも、すぐ完済できるから、何度もこの利息が発生するわけではない

…ということです。なので、大手の消費者金融を銀行カードローンと比較した時のデメリットである利息が高いというマイナスは、帳消しになるということなんですね。なので、やはりこの点でも大手の消費者金融がいい…というより「銀行カードローンで借りる理由が特にない」ということなのです。

「初回30日間無利息」で借りたら、完全利息ゼロ

さらに、プロミス・アコムであれば初回30日間無利息というシステムによって借り入れする…ということもできます。これだったら最初の1ヶ月で完済すれば利息ゼロとなっているので、一円足りとも利息を払わなくていい…ということです。

(プロミスでは、メールアドレス・WEB明細利用の登録が必要となっています)

そして、2万円という少額であれば、1ヶ月あれば全額返済できるという人が多いでしょう。なので、この「初回30日間無利息」の期間内で完済する…ということは、割と簡単にできるはずです。

もちろん、別に無理に利息ゼロにこだわらなくても、そもそも、利息がかかったとしても、月300円に過ぎないのです。なので、まじめに考えるほどの金額ではないのですが、とりあえず「その300円の利息すらゼロにできる」…ということですね。

銀行カードローンでも「初回30日間無利息」はある?

このプロミス・アコムのような初回30日間無利息というサービスですが、これは銀行カードローンでも一部提供しています。

  • 楽天銀行
  • 新生銀行レイク

…などですが、2万円という少額ではなく、もっと高額をキャッシングする…という場合には、これらの銀行カードローンで借りるメリットは大きいでしょう。

しかし、ここでは2万円という超小口借入のキャッシングを考えているわけなので、やはりわざわざ審査が厳しいこれらの銀行カードローンで申し込む必要はないといえます。

やはり「簡単に審査に通って」「審査にかかる時間も短い」という大手の消費者金融の方が断然便利と言えるでしょう。

ノーローンの「何度でも1週間無利息」も使える

一方、大手の消費者金融の1つに「ノーローン」がありますが、ノーローンの「何度でも1週間無利息」という無利子期間も、2万円という超小口借入には、かなり使えます。

この無利子期間の仕組みは名前どおりで1週間という短期間限定で、無利息となります。

普通の20万円・30万円という高額借り入れだったら、1週間で完済するのはなかなか難しいでしょう。しかし、2万円だったら「1週間で全額返済する」というのは、それほど難しくありません。

なので、わざわざプロミス・アコムや楽天銀行などの「初回30日間無利息」に頼らなくても、ノーローンの「何度でも1週間無利息」で十分という考え方もできるわけですね。(十分というのも変ですが)

ただ、先に書いた通り「ノーローンは大手の消費者金融の中で一審査が厳しい」ので、そもそも、審査に通るかどうかが微妙…ということも意識しておいて下さい。

2万円の即日借入をするのに必要なもの・書類は?

2万円の即日キャッシングをするのに必要なもの・書類―。これは、特にありません。そもそも、大手の消費者金融・銀行カードローンの当日キャッシング自体が、金額の多寡に関わらず、自分の本人確認書類だけがあればOKというルールになっています。なので、

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 各種健康保険証

などの身分確認資料さえ提出すればそれでOK、ということです。これら3種類の身分証はキャッシング審査の身分証明書の「三種の神器」とも言えるくらいメジャーなものなので、とりあえずこれらを提出しておけば、それでOKです。

むしろ、他のマイナーな書類を提出すると、審査するスタッフさんの側も慣れていないので、審査の所要時間が長くなる可能性もあります。なので、余計なことはしない方がいいでしょう。

ちなみに、上に書いた3種類の身分確認資料の中で、一番信用度が高いのは「運転免許証」です。例えばモビットの審査項目の中で運転免許証の有無という項目があるくらいです。

なので、もしどの本人確認資料を提出するか迷ったら「とりあえず生」ではありませんが、「とりあえず運転免許証」と思っておけばOKです。

なぜ、運転免許証の信用度が一番高いのか?

なぜ、ありとあらゆる身分証明書の中でも、運転免許証の信用度が一番高いのか―。理由を箇条書きすると、

  • 多くの人がもっとも「持ち歩く」身分証明書である
  • つまり、紛失した時に、一番気づきやすい
  • ということは「誰かが盗んでなりすまししている」というリスクが、
  • 他の身分確認資料と比較して、低い

…ということです。逆に言うと、他の身分証明書の場合は、誰かが拾ったり盗んだりしてなりすましているという可能性があるわけですね。当然ですが、そうした不正な申し込みは落とさなければいけないので、なりすましの可能性がある本人確認資料に対しては、銀行カードローン・消費者金融の側も警戒するわけです。

実際、パスポートが盗まれても気づかない…という人は主流でしょう。よほどひんぱんに海外旅行に行くような人だったら話は別ですが、そのようなうらやましい生活をしている人はほとんどいないはずなので、やはりパスポートだと「なりすましの疑惑が多少なりとも残る」と考えるべきでしょう。

…というような理由から運転免許証の信用度が、身分証明書の中で一番高いとなっているわけですね。なので、どの本人確認資料を提出するべきか迷ったら、とりあえず運転免許証を出すようにしておいて下さい。

無収入の専業主婦だと、必要書類が変わる

ここまで書いてきた必要書類についての内容は、会社員・OL・公務員やアルバイト・パートの方など「自分の収入がある人々」の場合です。収入がない専業主婦の方の場合は、2万円を即日借り入れするにはどのような書類が必要なのか―。これは簡単にまとめると、

  • 配偶者の同意書(夫・旦那の同意書)
  • 婚姻関係の証明書(住民票・戸籍抄本・戸籍謄本など)
  • 自分の本人確認資料

…となっています。「本人確認資料」は当たり前なので、必要なのは、

  • 夫・旦那の同意書
  • 婚姻関係の証明書

…という2種類のどちらかになる…ということですね。で、このうち「夫・旦那の同意書」については、なしで借りられる銀行カードローンが、たくさんあります。

配偶者の同意書なしで借りられる銀行

配偶者の同意書…つまり「夫・旦那の同意書」なしで借りられる銀行カードローンは、ざっと一覧にすると、

  • みずほ銀行
  • イオン銀行
  • 東京スター銀行
  • じぶん銀行
  • 楽天銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 横浜銀行

…などとなっています。他にも地方銀行のカードローンを中心にして、同じ条件で借りられる所がいくつかありますが、どこにせよ、こうした銀行カードローンで申し込むようにすれば、夫・旦那の同意書を用意するために、夫・旦那に借り入れがバレるという危険がなくて済みます。

基本的に、キャッシングする無収入の専業主婦の方々で「夫・旦那にキャッシングがバレてもいい」という人はいないはずなので、事実上、専業主婦が借り入れするには、こうした「配偶者の同意書不要」の銀行カードローンで借りるしかない、という結論になるわけですね。

なので、2万円という少額であってもなくても、自分の収入がない専業主婦の方々がキャッシングする時には、上に一覧にしたような「配偶者の同意書なしで借りられる銀行カードローン」で申し込んでみて下さい。

学生が2万円借りる時に必要な書類は?

2万円のキャッシングを学生がする場合、必要書類は身分証明書だけです。学生証は基本的に不要です。

これは2万円という金額であってもなくても同じです。学生というのは、キャッシングの世界では基本的に「アルバイト」として扱われます。

学生であってもなくても「アルバイト収入があればいい」ということですね。逆に言えば「アルバイト収入がない学生は、キャッシングはできない」ということです(もちろん、返済のことを考えると、アルバイト収入なしで借りるのは危険なので、むしろ審査落ちした方が、破産のリスクがなくていい…という考え方もできますが)

何はともあれ、学生が2万円の当日融資を受ける時も、学生証を提出する必要はないので、学生証を出したくない、あるいは現時点で紛失している、などの状態の学生さんでも、安心してください。

まとめ「2万円の即日キャッシング」

以上、2万円の当日借入・即日審査について、ありとあらゆる切り口からまとめてきました。最後に再度要点を整理すると、

  • 2万円のような超小口借入では、
  • 利息はほとんど発生しないので、
  • 「低金利の借入先」にこだわる必要はない
  • それより「急ぎでお金を借りる」ことだけ考える
  • そのためには、銀行カードローンより消費者金融で借りた方がいい
  • 「2万円だけ」は借りられないが、
  • 「10万円」という融資枠をもらって、
  • その中で2万円だけ自分で自主的に借りればいい

…となります。これから2万円や3万円など、それに近い少額キャッシングをしようとしている方は、ぜひ参考にしてみてください。

今すぐ借りたい!キャッシングランキング

今日中に借りたい!カードローン

内緒で借りたい!カードローン

専業主婦でも借りたい!

おまとめローン(乗り換え)

TOP